オーダースーツ屋 「スーツ・スタイリスト」のblog (できる男のスーツスタイル)

ビジネス・エグゼクティブ向けのオーダースーツ屋です。Ermenegildo Zegna ゼニア生地の正規取扱代理店で出張可能なオーダースーツ専門店です。大人の男のスーツスタイル(着こなし)を提案!

スーツ着こなし提案 スーツスタイリストMasakyoです。
春貴 政享 (はるき まさきょう)
スーツを愛し、スーツを研究し、スーツを心理的面から考える出張可能なオーダースーツ屋です。東京サロン/福井ショップ共に、お越しの際には、お電話・メールで事前にご連絡ください。(予約制)

オーダースーツ専門店→ DoCompany(ドゥ・カンパニー)
当社のオーダースーツ購入スタイルは「予約制」となっています。

【オーダースーツ購入に関してのお問い合わせ】(入力フォーム)
TEL : 050-3692-4434 東京・南青山
TEL : 0776-28-5233 北陸・福井
直通電話 TEL : 090-3769-1191 「ブログで見た・・・」でOK


【オーダースーツ販売店募集(独立支援・新規事業支援)】
オーダースーツ専門店 ドゥ・カンパニーでは、販売代理店を募集!個人・企業・異業種問いません。新規事業や独立事業としてオーダースーツの事業を取り入れてみませんか?安価な国内生地から海外ブランド生地を用意しエルメネジルド・ゼニア生地の正規取扱代理店で様々なご用意ができます。職人と数社縫製工場で、様々なスーツにも対応可能。
お問い合わせ

LINE公式アカウント/オーダースーツ専門店DoCompany
友だち追加数

オーダースーツ屋 「スーツ・スタイリスト」のblog (できる男のスーツスタイル)-スタイル

好印象を与える大人のスーツ着こなしをアドバイスしています
テレビ電話を使用する

NEW !
テーマ:

LEONに「ファッションデザイナーの新しい形とは?」という記事があった。

冊子は購入していないので、WEBのLEONです。

ファッションに関わってる方であれば、「デザイナー」という職業に憧れを感じたり、意識したりしたと思います。

その「デザイナー」という形は昔と違い新しいカタチを迎えてるという内容です。

 

https://www.leon.jp/articles/6595

 

 

私がファッションに興味を持った時代のメジャーブランドは、デザイナーの名前がそのままブランドとなっていました。

そのようなブランドで今でも活躍しているデザイナーさんは多くいますが、ブランド名は残しつつ新しいデザイナーさんが引き継いでいく流れなんですよね。

 

そのブランド創立デザイナーの感覚や雰囲気を意識しつつ引き継ぐデザイナーは大変でしょうが、新しいデザイナーがブランドを活性化していくらしいです。

 

例えば、エルメネジルド・ゼニアであれば最初からエルメネジルド・ゼニア本人がデザイナーだったわけでは無く、外部のデザイナーを起用してブランドしていったりしています。

GUCCIもHERMESもそうですよね。

 

また、イブ・サンローランやシャネルなどはデザイナー名ブランドですから引き継ぎデザイナーがブランドを守っているということですよね。

 

ブランドを守り、永く続かせるために新デザイナーの採用で活性化したり革新しているのですよね。

ある意味、ファッションの世界は変化を楽しむので面白いと思います。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyのスーツスタイル講座

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本当に寒くなりました。

秋晴れという感覚が無いまま冬に突入なのかと思わせるくらいの佐草ですよね。

 

この寒さを感じて思うことは、やはりこの時期の素材は「カシミア」なんです。

 

カシミアは何が良いのか?

 

カシミアは繊維の目が細かいので軽くて暖かい、という誰でもが知っている事ですが、カシミアヤギから採れるというこの素材は昔から「繊維の宝石」といわれているんです。

 

しかし、素材の勉強をしていると分かりますが、同じカシミアヤギからでも採れるカシミアの質は違います。

そして、採れた素材を撚って糸にして織っていく工程でも生地となって仕上がるときの輝きは違います。

 

ダイヤの原石から、工程で磨きをかけて美しくするのと同じ事です。

 

なので、ブランドによって違いが出ることは間違いないのです。

 

しかし、カシミアは最高峰の生地なので、エルメネジルド・ゼニアのカシミア素材でコートを作ると、30万円~になります。

ロロピアーナ社のカシミアでも20万円~でしょうね。

 

だからといって、カシミアと表記されていても普通のウールと変わらない感覚のものでは意味が無いので、ちゃんとしたカシミアがほしい。

オーダーコートとして15万円くらいでカシミア素材の良さを体感できて肌触りも満足するようなカシミアを入手しました。

 

 

ちゃんと伝えておきますが、エルメネジルド・ゼニアのカシミアよりも劣ります。

ゼニアより素材、風合い、艶など全ての面で劣りますが、カシミアとしての特性と普通のウールとは違う良質な感覚は十分に感じられるカシミアです。

 

普段に着こなすコート素材としては十分ではないかと思います。

一般的にビジネスで少し超高級コートは必要無いかも知れませんが、かといって安い合繊系のコートもどうかと思います。

 

ちゃんとしたカシミアコートでこの冬を乗り切って下さい。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyのスーツスタイル講座

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1995年のピアース・ブロスナンがジェームス・ボンド役だった「ゴールデンアイ」からオメガのシーマスターをしているらしい。

 

確か、この時なのか次の作品でなのか忘れたが、007モデルのシーマスターが発売された。

欲しかったが、情けないが手が出なかった。

 

 

この次の作品「スペクター」でもオメガシーマスターだ。

そのオメガのオフィシャルサイトがカッコイイ。

https://www.omegawatches.jp/ja/planet-omega/cinema/spectre/

 

しかし、私としての疑問点がある。

どうもシーマスターはスーツに合わない。

 

確かに、跳んだり跳ねたり、海に入ったり・・・そして爆発したり、レーザーが出たりなど映画の中では多彩な機能が必要とされるのですが、スーツを着ているときはオメガの「デ・ヴィル」とか、「コンステレーション」を付けてほしい。

 

特に、「デ・ヴィル」シリーズはスーツにピッタリだと思う。

ジェームス・ボンドがタキシードを着ているときに「デ・ヴィル」であればかなりのハイセンスになると思う。

 

「デ・ヴィル」は確かに海には似合わないし。

しかし、オメガが007のアンバサダーなので、オメガのウオッチをシーンに合わせて付け替え欲しい。

 

そんな淡い期待を持ちながら次の作品の登場を楽しみに待ちたいともいます。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyのスーツスタイル講座

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

女性の社会進出からスーツを着る女性のイメージは定着しているとかと思いましたが、「女性が絶対にスーツを着てはいけない理由」という記事が海外サイトであり、その日本語翻訳版があります。

面白いので見て下さい。

 

https://www.buzzfeed.com/jp/bfjapan/reasons-why-women-shouldnt-wear-suits?utm_term=.tkjPBgy5z#.bp9LKWlpv

 

 

当社でも一部はレディースのオーダースーツを展開していますが、女性のスーツは難しい。

 

やはり、スーツはそもそも男性の服だからこそ、根本的な仕様は男性っぽい。

だから、男性の仕様を女性に変化させているオーダースーツになってしまうから、男性よりもカスタマイズしないのに縫製代金が高くなってしまう。

 

しかし、仕事をする女性がスーツを格好良く着こなすのは、男性目線で見ていてもカッコいいし、オシャレだと思う。

 

そもそも、男性よりもセンスが高い女性がスーツを着こなすと「決まり」すぎてしまうため、良い意味で目立つ。

その辺のアピール力はさすがに女性だと思う。

だから、このニュース記事では無いけれども、独自の個性がスーツの中に取り入れられて、一辺倒の男性とは差が付いてしまう。

 

この感覚は、男性の多くが学んで欲しいと思う。

 

女性はスーツを着たらいけないというか、もっと男性の方が女性からセンスを学ぶ必要があるのかも知れない。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyのスーツスタイル講座

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インパクトある鮮やかなオレンジ色生地でノースリーブのコートが目に留まった!

カッコイイ!

 

 

クリスチャン・ディオール オムのコートですが、斬新すぎて着こなすことが難しいかも知れませんが、カッコいいし、着ていたら注目間違いないでしょうね。

 

ストリートっぽくボードを持っていますがその同じ手にチップスターを持っているところが若者っぽい。

 

さて、同じ様な感じであれば目立ちすぎて着こなし難しそうですが、ノースリーブのコートということを考えれば斬新で面白い。

 

ジャケットサイズでコート丈にしてノースリーブにする。

これであれば当社の縫製工場でも作れると思う。

 

カシミア系のコート生地であればオレンジはさすがに無いとしても鮮やかな生地が多いので、このようなコートもカジュアルで作ると面白いのかも知れない。

 

機会があればチャレンジしてみたいですね。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyのスーツスタイル講座

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

何度も、エルメネジルド・ゼニア生地「トロフェオ」の魅力を語らせて頂きますが毎シーズン、この生地に触れるとその素晴らしさに惚れ惚れします。

 

秋冬のシリーズには、他にエレクタやヘリテージがあります。

これらもゼニア生地なので最高なのですが、やはりトロフェオに触れてしまうとその違いは歴然です。

 

15milmil15という最高生地もあるのですが、これはこれで高級すぎて別次元の生地ですから、スーツを仕立てても着ることに抵抗が出てしまいます。

 

トロフェオは手頃(?)な感覚の高級素材と言う感じでしょうか。

 

 

エルメネジルド・ゼニア生地シリーズでも「トロフェオ」は一つのブランドであって、秋冬だと「トロフェオ・カシミア」だとかありますし、今シーズンから登場したデニムも「トロフェオ・デニム」とトロフェオブランドになっています。

 

当然ながら世界的な生地屋としてのゼニアですから、このトロフェオの生地を使用するメジャブランドも多いのが事実です。

GUCCIやTOM FORDが良い例ですよね。

 

世界中で愛されている「トロフェオ」だからこそ、スーツを着る男としては普通に着こなして欲しいですよね。

 

エルメネジルド・ゼニア直営店では「トロフェオ」生地での既製品スーツは約38万円となっています。

当社のオーダースーツでもトロフェオ生地であれば18万円~25万円くらいの幅で販売しています。

 

安いとは言えませんが一流の仕事をこなすことを考えれば一流のスーツでビジネスをしてみたいですよね。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyはエルメネジルド・ゼニア生地正規取扱店です

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。