オーダースーツ屋 「スーツ・スタイリスト」春貴政享のブログ(できる男のスーツスタイル)東京 南青山・福井

オーダースーツ屋 「スーツ・スタイリスト」春貴政享のブログ(できる男のスーツスタイル)東京 南青山・福井

オーダースーツ屋
ZEGNA エルメネジルド・ゼニア生地の正規取扱代理店で出張可能なオーダースーツ専門店ドゥ・カンパニー
スーツスタイリスト春貴政享がスーツ、ジャケット、シューズなど大人の男のスーツスタイルを提案!
東京 南青山・福井

スーツ着こなし提案 スーツスタイリストMasakyoです。
春貴 政享 (はるき まさきょう)
スーツを愛し、スーツを研究し、スーツを心理的面から考える出張可能なオーダースーツ屋です。東京サロン/福井ショップ共に、お越しの際には、お電話・メールで事前にご連絡ください。(予約制)

オーダースーツ専門店→ DoCompany(ドゥ・カンパニー)
当社のオーダースーツ購入スタイルは「予約制」となっています。

【オーダースーツ購入に関してのお問い合わせ】(入力フォーム)
TEL : 050-3692-4434 東京・南青山
TEL : 0776-28-5233 北陸・福井
直通電話 TEL : 090-3769-1191 「ブログで見た・・・」でOK


【オーダースーツ販売店募集(独立支援・新規事業支援)】
オーダースーツ専門店 ドゥ・カンパニーでは、販売代理店を募集!個人・企業・異業種問いません。新規事業や独立事業としてオーダースーツの事業を取り入れてみませんか?安価な国内生地から海外ブランド生地を用意しエルメネジルド・ゼニア生地の正規取扱代理店で様々なご用意ができます。職人と数社縫製工場で、様々なスーツにも対応可能。
お問い合わせ

LINE公式アカウント/オーダースーツ専門店DoCompany
友だち追加数


創業1997年の本格派オーダースーツ「DoCompany」


氷川きよしCMの格安SIM

最近はオーダーシャツを着てる人を多く見かけました。

どこでもシャツをオーダーできるような感じになってきたのか、少しでもオシャレをしようというビジネスマンが増えてきたのかなんとなく多い気がします。

 

私自身もオーダーシャツですが販売は余り強くしていません。

こだわると良いシャツ生地にしてオプションまで入れると2万円~3万円くらいにまでなるようなシャツもあるのでそれだったらジャケットやスーツにお金をかけましょうと言ってしまうんですよね。

 

しかし、1万円前後でもオーダーシャツは出来ますので十分楽しめます。

 

その楽しみのポイントの一つとしては生地を選びサイズを合わせるだけではなく、「刺繍」なんですよね。

 

オプションでネーム刺繍やワンポイント刺繍が入れることが出来ます。

 

 

お薦めはカラーの先に入れるワンポイント刺繍。

この程度であれば目立たないので何か付いてると言われるくらいです。

 

全く気が付かれないときもあります。

 

色やデザインによってはこのように目立つこともありますので注意が必要ですがさり気ないのは面白いと思います。

 

 

カフスにネームを入れるのは普通になってきました。

よく見かけるようになりました。

 

また刺繍を入れれる場所は、カフスやカラー以外にボディの左下あたりとか、背の肩あたりにも入ります。

 

オーダーシャツはデザインだけでなく、刺繍で楽しむと幅が広がります。

 

さらっとビジネスでのシャツでも楽しみましょう。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyのスーツスタイル講座

 

 

 

 

オーダースーツ屋さんは独自の織りネームを持っているのが普通です。

それぞれに店のロゴなどが記されていて、昔見た面白かった織りネームが、仕立て屋さんの店名と同時に電話番号まで入っているのを見ました。

それもありだわと当時思ったものです。

 

ブランドの織りネームのようにカッコ良くしたいという感じもありましたが、当社はシンプルなデザインを採用しています。

 

開業当初はこんな感じ。

開業当初から変わらないデザインを使用しています。

 

このデザインを作ってもらったときの光景を想い出すのですが、1997年の開業当時(私が25歳)に付き合っていた女性が勤めていた印刷屋さんにデザインできるスタッフがいるということで頼んだんですよね。

当時はまだまだアナログな時代でしたので、名刺などもいろいろ頼みましたね。

 

そして、今の織りネームがこちら。

ベースの色が変わっただけ。

何度も変更しようと思ったのですが私の好きなメジャー級の高級ブランドの織りネームはシンプルなんですよね。

 

なのでこのまま使用しています。

 

そして、開業前に勤務していたオーダースーツ屋の織りネームがこちら。

もう一つ古い織りネームもありましたが画像が見つからない。

当時勤務していた時の社長がバブル時代の代表的なハウスマヌカンでしたので、ブランドかぶれしていたのですが経営は上手くいかず倒産。

仕方なく私は自分で独立したということで、オーダースーツ専門店DoCompanyが出来上がりました。

 

なので、織りネームを見ると歴史を感じるんです。

 

織りネームは大量に作りますので早々には無くならないのですが作ろうとする度にデザインを変えようかと悩みますね。

しかしずっとそのまま。

 

福井県内には多くの織りネーム工場がありますし有名です。

開業当初は知人の織りネーム屋さんに依頼しました。

 

そんな織りネームですが、そろそろ追加注文をしなければいけないんだなぁ。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyのスーツスタイル講座

 

 

 

 

 

 

エルメネジルド・ゼニア生地でシアサッカー生地を仕入れていたので昨年は自分用にジャケットを作りました。

 

トラベラーのシリーズからJASPEというのがあり、ジャケット用の生地です。

シアサッカーでストレッチがある生地なので着心地が良い。

 

なんといってもエルメネジルド・ゼニア生地なので高級感もある。

 

夏のジャケットとして愛用しています。

 

 

こんなイメージです。

私は外出時にメガネをするので、こんなのを目指しましたがさすがにこんなオシャレなモデル用のようにはなりませんでしたが、イメージは伝わると思います。

 

この雑誌掲載のモデルが着用してるシアサッカー生地のジャケットも肩パットが無い軽量仕立てになっています。

インナーにTシャツを着るコーデも私と同じ。

 

パンツまで見えていませんが、私であれば白のジーンズもしくは、ライトグレー系の綿パンなどを合わせたいところです。

 

この時期は暑いですが、何か1枚羽織る物が欲しいと思います。

そんな男性が増えたとも思います。

 

オシャレな男性はTシャツだけでいるよりも建物内でくつろぐ時は何か羽織ってることが多くなりました。

ですが、肩パット裏地付のジャケットでは暑すぎますし、堅すぎるようなイメージなるので、シアサッカー生地のように見た目からカジュアルで軽量の仕立てが良いということです。

 

年齢のせいなのか、飲食店でもエアコンで寒いときがありますし、新幹線の中でも寒いと感じる事が多いので本当にジャケットが必要です。

 

さらにカジュアルでもジャケットを着てたり、持ってるような男性はカッコ良く見えますので是非実践して頂きたいですね。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyのスーツスタイル講座

 

 

 

 

 

Amazon Prime Videoを何気に検索していたら「ジャッカル」が観れるようになっていました。

ブルース・ウィリスとリチャード・ギア共演の名作と思っています。

日本公開は1998年(?)、アメリカ公開は1997年の映画ですがムッチャ面白いですよね。

 

1997年と言えば私がオーダースーツ専門店DoCompanyを立ち上げた歳なので、映画の中のファッションなど理解できるシーンがあります。

 

 

 

しかし、ブルース・ウィリスとリチャード・ギアともにカッコいい!

ブルース・ウィリスなんて髪の毛がありますからね。

 

どちらかというと私はリチャード・ギアが好きなんですが、若いリチャード・ギアはアクション系としてもイケていたということですね。

 

ジャッカルのあらすじですが、ご紹介います。

(ネタバレの可能性があるので注意です)

正体不明の超大物暗殺者ジャッカル(ブルース・ウィリス)は、チェチェン・マフィアの首領テレク(デイヴィッド・ハイマン)から彼の弟を殺した米国の情報機関の要人暗殺を依頼される。ジャッカルにとっても相手が巨大なだけに最後の仕事となるため、報酬は7千万ドル。この情報をつかんだ、テレクの組織壊滅を図るFBI副長官プレストン(シドニー・ポワチエ)とMVD[ロシア情報局]のコスロヴァ少佐(ダイアン・ヴェノーラ)以下のチームはジャッカルの足取りを追うが、相手は神出鬼没。チームは彼の行動を予測し、狩り出せる数少ない人間として、元IRA幹部で超一流のテロリスト、デクラン・マルクィーン(リチャード・ギア)を起用。彼は仮釈放とジャッカルの素顔を知る元バスク祖国と自由の闘士イザベラ・ザンコーナ(マチルダ・メイ)を協力者にすることを条件に捜査に加わる。実はかつてイザベラと恋仲だったデクランは、武器売買のトラブルからふたりの間の子供をジャッカルに殺されたという因縁があった。さて、ジャッカルは、遠隔操作が可能な超強力な究極兵器を手中にカナダ経由で米国へ潜入。デクランはジャッカルに迫るが、FBIの内部情報まで把握するジャッカルはコスロヴァらを殺し、デクランに「お前は女を守れない男だ」と謎のメッセージを残す。その言葉からジャッカルの標的が大統領夫人(テス・ハーパー)であると知ったデクランは、先回りして遊説先の会場でジャッカルを待ち受ける。はたしてジャッカルの究極兵器が演壇を襲うが、夫人は間一髪で無事。かくしてデクランはジャッカルを追い詰め、苦闘の末彼を倒すのだった。

 

時代背景もあり、アメリカとロシアの構図も出てきますが、アメリカのアクション映画の特徴として命を懸けるシーンがありながら恋愛があるという面白い内容です。

 

これは本当に名作の一つでしょう。

 

映画の中で、ブルース・ウィリス演じるジャッカルが病院を偵察するシーンがあります。

その時に着ていたスーツは当時のスーツを代表するようなスタイル。

アルマーニのようなスーツでした。

また、ヨットを購入しに行くシーンではアメリカのリッチマンをイメージするファッションですが紺ブレのトラッドスタイルでした。

 

ブルース・ウィリスの変奏を観てるのも楽しいです。

 

まだこの映画を観ていない方はこのお盆の時期に是非観てみてください。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyのスーツスタイル講座

 

 

 

 

さすがに暑い時期は仕事でもTシャツで過ごすことが多い私なので、仕事でもプライベートでもTシャツを多く持っています。

 

Tシャツを買おう!と思って買い物に出掛けてもなんか好みのデザインがなかったり、サイズが合わなかったりで、結局何も買わずに帰ることがあります。

Tシャツなのに・・・と思いつつもなんかこだわっていきたい思いが購入を邪魔します。

 

また、仕事もプライベートも併用できるような・・とか考えていると完全にまとまりません。

 

じゃぁ作ってしまえば良いんだ!ってことで1枚からオーダーできるTシャツをおーだーしました。

これは当社が契約してるメーカーで行っているサービスでTシャツ1枚からでもオーダーできるので商材として使ってくださいと言うのをすっかりを忘れていたので、まずは自分用としてオーダーしました。

 

 

まず、市販で探してて見つけにくいのがVネックなんです。

VネックTシャツって少なめなんですよね。

なのでネットで探すこともしていたのですが、それでもなんか違ったりします。

 

あとは、ネットで購入すると素材をチャックし忘れるときがあるんですよね。

Tシャツはコットン100%でなければいけない。

 

汗でくっつくけどコットン100%でなければ汗臭さがTシャツに残るので、男性は気をつけなければいけません。

 

 

さらにこのメーカーではフード付きのTシャツもあったのですが、これは私にとって買いなんです。

その理由は、このTシャツの上からジャケットを羽織ればジャケットの衿が汚れないから。

いろいろとジャケット用のTシャツをここでも紹介させて頂いていますが、これもカジュアルとしては良いジャケット用Tシャツになりそうです。

 

豊富なTシャツデザインを選んだ後は何をプリントするのか。

私は会社のホームページURLをQRコードにしたのをワンポイントでプリントしてみました。

 

また、画像も大きくプリントすることも可能です。

 

これが1枚で注文できるのが素晴らしい。

価格もTシャツのデザインとプリントの大きさなどで違いますがセレクトショップで販売してるちょっとオシャレなTシャツよりも安いです。

 

確かにこれであれば商材として使えます。

 

1点問題は、お客様がプリントしたいデザインをデジタルで頂かなければ行けない点。

しかも、拡張子がJPGかPNGでも違いがあるのでそれを理解してもら無ければいけないことも考えると1つのTシャツ作成までに時間がかかってしまうかも知れません。

 

こちらから、何十種類というデザインを作りTシャツにプリントできるというようにした方が良いのか迷いますね。

 

まぁ、自分自身が着こなしていて宣伝することからですけど。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyのスーツスタイル講座