マリモ博士の研究日記

  マリモ博士の研究日記

      - Research Notes of Dr. MARIMO -
  釧路国際ウェットランドセンターを拠点に、特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」と周辺湖沼の調査研究に取り組んでいます

【釧路新聞,2024年4月2日】

 

3月29日は「マリモの日」。「マリモでくしろを盛りあげ隊」の年次総会が開催されました。

 

 

私は、副会長の杉元先生から早くにお題を頂戴。2023年のNHK連続テレビ小説「らんまん」のモデルになった日本の植物学の父・牧野富太郎について、「同じ時代に生きた牧野富太郎とマリモの発見命名者として知られる川上瀧彌との間に交流はあったのか?」そして「牧野はマリモを知り、関心を持っていたのか?」について調べた結果を「『らんまん』 と マリモ研究、あるいは牧野富太郎と川上瀧彌について」と題して紹介いたしました。

 

実は、川上が阿寒湖でマリモを発見した1897年の夏、彼は雌阿寒岳で新種となる高山植物 メアカンキンバイも採取しており、牧野がその標本に基づいて1902年に新種記載しています。学名には、川上の師であり、また牧野の友人でもあった植物学者・宮部金吾の名前がつけられました。メアカンキンバイは師弟愛と友情の花なのです 照れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【釧路新聞,2024年3月22日】

 

3月18日に清明小学校で開催されたマリモ学習会、釧路新聞でご紹介頂きました。有意義な体験となったようで、よかったです照れ。マリモは釧路の宝。こうした機会を増やしてゆく必要があるように思います。

 

 

 

NPO法人くしろ"わっと"の上野岳さんのコーディネートで、3月18日、清明小学校3年生と5年生(計104名)によるマリモ学習会が開催されました。上野さんのFacebookレポートをご紹介。私も子どもたちの笑顔に囲まれて、楽しいひとときを過ごすことができましたニコニコ

 

 

釧路市立清明小学校〜マリモ授業

 

清明小学校の3年生と5年生を対象に若菜先生の出前マリモ授業が実現しました。

 

児童たちはマリモは知っていても見たことはない、見たことはあってもお土産のマリモぐらい。

そんな地元釧路市であっても遠い存在であるマリモについて興味津々にメモをとりながら聞いていました。

マリモ以外の藻類がなぜ安定的に球体にならないのか。

丸くなるという生物はそもそもとても珍しいということ、一時的に丸くなっても安定的に球体を保つのは糸状体マリモが持つしなかやなどに起因すること。

なぜ阿寒湖にマリモはあるのに屈斜路湖にはないのかなど。素朴な疑問からマリモ、阿寒湖地域の持つ特異性がよくわかる内容でした。

また、乾燥した天然マリモの標本を実際に手に取り、触るという体験に児童はとても興奮していました。

 

子供たちにとってぎゅっとマリモが身近に感じたれた授業だっと思います。

このように釧路市に住んでいても、ともすると触れ合う体験がないような様々な資源を、機会を設けて体験するということは子供達にとってとても素晴らしい事だと思います。

今回校長先生をはじめ様々な方の助力で実現した事に感謝し、今後も引き続きこのような地域の人と人、人と物をただ繋ぐのでなく、効果的に機能する形で有機的に繋ぐコーディネート的役割を果たし、地域社会、市民生活の増進に寄与していくことができればと思います。

 

【釧路新聞,2024年2月27日】

 

マリモ茶話会の第2回が去る2月18日に開かれ、釧路新聞でご紹介頂きました。今回も、あれこれマリモ談義に花を咲かせました。「楽しかった~」と言って頂けるのが、何よりのご褒美です。ウインク

 

 

 

 

 

NPO法人くしろ・わっとがマリモとタンチョウをテーマにした「わくわく講座」を開催します。1952年3月29日、「阿寒湖のマリモ」と「タンチョウ」は国の特別天然記念物に指定されました。これにちなんだイベントです。ぜひご参加下さい。