佐々木雅士公式ブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-04-16 20:03:37

2018年の誕生日を迎えた時の素直な気持ち

テーマ:自分なりの人生の生き方・考え方

たくさんの人から誕生日のお祝いメッセージをいただきました。
本当にありがたいことです。

人間の欲求には、承認欲求というのがありますが、
それがとても満たされて、心から嬉しいと感じ、幸せだと思わされます。

Facebookで繋がりをいただいている人たちには、
自分の人生の行動の一部を公開しているわけですが、

当然ながら自分は、幸せなこと、楽しかったことだけをSNSで公開しているわけで、
一見楽しそうなことだけしてるような人に見えていることでしょう。

もしかすると自分の中に意図的にそうしている部分もあって、
それは自分なりのメッセージを含んで発信しているかもしれません。

それは、努力、目標設定、ど根性だけの生き方じゃないのもいいもんだよ、
っていう想いみたいなもんかと思います。
けどそれは、自分の中でも何なのか正しく把握できていないですけど。


人生って、努力とか、高い目標設定を立てて一生懸命走ることで
満足できるものを得れるわけじゃないっていまは思っています。
(今はダン・アリエリーの行動経済学に同意できるようになれました)

若い頃の自分は、何か強迫観念みたいな思いで、焦って仕事を頑張っていました。
優秀な人が時間をたくさん使って事業経営をやっているわけだから、
それに勝つには、さらにもっと時間を使って、
かつ時間の使い方を効率的にして頑張らないといけない。

さぁ、どうする自分! とか考えて、
朝8時から26時まで、1日18時間は働いてました。
(それ以上やると金曜夜にフラフラになるので限界点がここだったわけです)

そして自分と同様の考え方を持てていない人間には、
このような頑張って進む生き方をするようにと説いてました。

しかしそれでも、事業で大きな躍進が得られないでいました。
いったいなぜだろうか?きっとまだ努力が足りてないんだろう。
時間を伸ばすのはもう無理だから、もっと時間の使い方を効率的にやらなきゃ…。

こう仕事に取り組み、それでも思う通りにできていない理由は何かと求めましたが、
その時には答えがわかりませんでした。
努力したら何かしら報われるべきだと心に強く思っていたからです。

けど、社会で もまれて大人になってみると、
世の中には努力しても報われないことがたくさんあることを知りました。

悪い人がのさばったり、良い人が報われない生き様で終わっていくこと
もあったりすることを知りました。
頑張った人が報われ、頑張らない人が報われない資本主義の方程式が
崩れているときがありました。

思い込みが作った間違った方程式が自分の中に多くあることに気付かされました。

その1つですが、
努力と結果は関連性はありますが、完全なる正比例ではなかったわけです。


また、自分よりも基礎能力がきっと低いだろうなと思う人でも
事業で大成功している人たちがたくさんいるように思いました。

社長の器を超える人は雇えないとか世間から聞こえ、
だからこそ自分の器をもっと磨かなきゃ!とも思った時もありました。
(本当は社長の器を超える部下を揃えることで組織は強くなるんですけどね)


器用貧乏とは自分をよく言い得た言葉です。
何となく自分でいろんなことができてしまったことにより、
自分が努力すれば何かしら報われる、という考え方の枠組みから
なかなか出られなかった時間が長く続いてしまいました。

そしてやっと今から数年前くらいでしょうか、
自分がとことん努力すれば事業で成功できるわけではなかった、
ということを人生の中盤にきてやっと知れたのです。

やっと、努力の量を追求する考え方を止められるようになりました。


同じ頃の時期に、幸せの判断基準も人それぞれであることに気付き、
自分の幸せの定義を考えるようになり、
その結果、他人からの目や評価に重きを置かなくなりました。

そして自分が自然体でいれる生き方が大切になりました。
同時に、他人に対して、自分の持つ幸せ判断基準の押し付け行為も減りました。

これらによって、他人からは自由(てきとう)そうに見える生き方
になったように思います(笑)。

そんな見え方でもいいかなぁと今は思うようになっています。

また数年後には考え方が変わってきているかもしれませんが、
生身の人間ですから、考え方も変わる、それも当たり前だと思っています。
なので、これらは今現在の気持ちです。


自分の生き方は、大きな目標を持たない生き方に見えて、
若い頃の自分にとったら、忌み嫌うものでした。
そんな人が近くにいたら、若い自分はきっと説教していたと思います。

自分が大学3年生の時に立てた人生の目標がありますが、
それだけが自分の人生のミッション(存在価値)と思ってやり遂げようと思っています。
あとは基本的にケセラセラ(マイペンライ)です。



自分の生き方は何に例えたらいいのかと、過去に思ったとき、
それをTwitterにも書きましたが、
風に揺られるススキのように生きたらいいかと思っています。


不謹慎に伝わることだけは避けたいのですが、
自分にとって会社経営とは「ゲーム」だと、ずっと思っていました。
それはギャンブル的な意味ではなく、勝ち負けがはっきりするものの意味です。

知識も人脈も資金力もある強敵とのハンデ無しの勝負で、
負けたら社会から強制退場させられるくらいの真剣なものです。
その中でのビジネスモデルでの駆け引きによる勝負は、
とてもワクワクして取り組めるものです。

このゲームの中で緊張感を持って仕事に取り組むことは、
自分にとっては楽しくて、苦痛にはなりません。

自然体で力まず、自分なりの幸せ基準の中で、
ススキのようになびきながら、事業を楽しんで取り組んでいく。

これがこの年の生き方になるかと思っています。


1年に一度の誕生日なので、現状の素直な思いを綴ってみました。
ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

佐々木雅士

 

2018-01-06 08:06:12

街中に人がいない…過疎化の激しい田舎に帰省して思ったこと…

テーマ:自分なりの人生の生き方・考え方

2018年始に用があり故郷に帰省した。

街中を車などで移動しながら見ていると、人の気配が本当に少ない。商店街にも活気がなく、昔に比べて過疎化の進行が肌で感じ取れる。



こんな人の気配が感じられないところで商売をしていくのは難しいと感じる。ほとんどの商売で人口数は重要なファクターだからだ。



美容室も、喫茶店も、病院も、服屋も、生命保険販売も、ガソリンスタンドも、地元のすべての仕事において、人口数が減れば売り上げは減る。商売にならない…。



田舎だから東京と比べて物価がめちゃくちゃ安いわけではない。ガソリン代なんか逆に高いくらいだ。利益が低くても維持コストが安いから大丈夫という言い訳も通らない。



先進国の中での円(YEN)の価値がだんどん低くなっている最近において、さらにその弱い円経済圏中の地方都市で、どうやってグローバル視点の利益を上げていけるんだろうか? どんなに経営が巧みな社長でもここで利益を上げることは難しい…というか、パイが小さ過ぎて頑張るに値しないだろう。



田舎にいて勝てる商売、ほぼ存在しないと思う(工場系、公共事業系は除くよ)。



田舎でも、弱っていく通貨の円ではなく、グローバルにおいて価値が上がっているグローバル通貨で稼げるもの…、そう、田舎で唯一利益を上げていくことができるのは仮想通貨投資だけだろうな、と思った。



もし、FXで日本円とビットコイン間の通貨レバレッジ投資ができてたとしたら、ビットコインを爆買い投資してただろうなー。



日本社会全体においても、弱っている円通貨から、カレンシーとして価値が上がっている通貨のビットコイン等の仮想通貨に換えることで、次のブロックチェーン革命後に、世界的に日本人が裕福で有利な立ち位置に立てることになる。



田舎の人たちを救うことができる唯一のツールは、仮想通貨投資を教えて投資させてあげることしかないかと思えた。



2033年、あと15年後には、日本は3件に1件が空き家になると試算されていて、それに向かってまっしぐらだ。過疎化は今以上に深刻になる。小さい頃に育ちお世話になった故郷を見て、その未来を心配せずにはいられなかった…


2017-12-18 21:07:11

2018年に向けて、インフォランス人材採用のとらえ方を話します

テーマ:経営についての思い

インフォランスという会社組織は非常に個性的です。


企業の全体規模は小粒ですが、現在は国内で大きくわけて6事業を展開しています。

海外ではアジア3か国で国内とは違った事業を展開しています。

国内の中心業務は税務コンサルティングになります。

事業いろいろな事業をやっているため、本来なら社員数が多くなりがちなのですが、

単純化できる業務は日常の仕事から切り出して社外に出し、

社内には重要な業務だけを残すように努めています。

 

自ら考えて動く社員だけが社内に居ればよいと考えているため、

国内の社員数は業務幅に対して驚くほど少ないという組織です。


営業活動も非効率な部門であると考えているため、

いかにお客様の方から自動的にお問い合わせをいただけるかに注力しています。

そのため新規開拓する営業部門が社内には存在していません。

お問い合わせをいただけたお客様にどうしたら最大限の満足いただけるかということに神経を使っています。


日本な資本主義国にあり、結果を出した人が報われて、

結果を出せなかった人が報われないのを平等という環境であると思っています。

 

なのでインフォランスでは結果を出した人がたくさん報われるようにしており、

逆に結果を出せなかった人は明確に評価されません。

正当評価である環境を重んじています。しかし個人主義はまったくありません。

評価に歩合制もありません。評価にはチーム制評価が導入されています。


インフォランスはさまざまな業務を行っているため、見る角度によっては様々な業種に見えます。

そのため、「何をやっている会社なのですか?」という質問に一言で答えることが苦手です。

 

経営者の課題は多種多様です。

様々な側面から経営課題について相談したり解決したりすることが望まれていることであり、

1つの角度からだけの解決手法では、顧客満足度を得られないと考えています。


インフォランスの社員は、社会人能力が高いと楽しく働ける社内環境であるため、

個人能力値の高い人が生き生きと働きやすい環境があります。

 

よって、他社で働くよりも成長スピードの速い社員が高確率で発生します。

そのため彼らの多くは、さらなる自己成長を目指して、次の職場に羽ばたいていく社員が多くいます。

私は彼らにとってそれを最善の道とは思えませんが、彼らの多くは次の場所でも立派に活躍しています。


インフォランスには上位層に「クリエイティブクラス」という、職階に関係のないクラスを存在させています。

職階に関係ないので、新卒からクリエイティブクラスに入る人もいます。

クリエイティブとして、能力だけではなく会社の未来を真剣に考えてインフォランスに所属している人には、

一般の社員よりも高い評価と、さらに働きやすい環境と給与待遇を提供してあげるべきだと考えています。

これは資本主義における正しいエコひいきであると考えています。


インフォランスでは「社員」の採用をするつもりはありません。

同じ想いで働く「仲間」に加わってほしいと思っています。

「仲間」とは指示待ちではなく、自ら所属する組織のためにどう動くのか自分で考えて進む人であり、

一緒に働く仲間のことを大切にする人のことです。

 

理想の組織が漫画の「ワンピース」であり、

組織の中で各人がマルチタスクをこなしているのがこれから来る未来の会社組織の姿だと考えています。



このようにインフォランスは、「仲間」に加わって、いろいろな仕事に興味を持ち、

いろいろなことに関わって働くことが楽しいと思える人が入る組織であり、

まったく万人受けの会社ではありません。

 

戦略を積み重ねて、ライバルにどうやって勝っていくのか考えて具現化していく、考える組織であり、

その戦略ゲームに加わって楽しめる人向けの組織です。


もちろん、仕組化された社内業務で大切なものもたくさんあって、

そこをしっかり守ってくれる人もいるからこそ当社は成り立っています。

しかし、インフォランスの採用サイトから入ってくる人に、

単純業務をしっかりやってくれることだけの役割の人が来ることを期待していません。

この採用サイトでは、当社の仕事を楽しんで関わる人が来ることを望んでいます。


ブロックチェーンの発達により、これから会社組織の在り方は大きく変わってきます。

数年も経てば昔の経営スタイルと大きく変わったことをほとんどの人が理解できるようになる未来が待っています。

 

インフォランスでは、これから来る新しい会社の在り方に備え、

組織スタイルを未来に向け適正化して、次の時代に羽ばたく準備を整えていきたいと考えています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス