2019年の挨拶。ハツカネズミ経営。 | 佐々木雅士公式ブログ
2019-01-07 12:37:04

2019年の挨拶。ハツカネズミ経営。

テーマ:経営についての思い
2019年、明けましておめでとうございます。
今日から新年の事業開始となります。

誰でも同じですが、自分も会社経営において、良い1年にしたいと思っています。どうかよろしくお願いいたします。

さて、人生の節目というのを、年単位で区切るのは世間において当然の考え方ですけど、毎年、1年の初めに抱負を掲げたところで、長く人生をおくってきていると、ハツカネズミがカゴに設置されたローラーの中をクルクルと回しながら走っているようなもので、年の節目に関係なく、変わらぬ想いを持ってただ走っているだけの自分です。

なので、今年は… とあらためて言うよりは、人生における現時点周辺で、会社の経営に対して思うことは、このところ変わらず一貫し続けています。

新しいことに取り組むのが好きな性分なので、つい、いろいろと新しいことに手を出してやってしまうのですが、

類に漏れず当社も、大切な本業において、まだまだブラッシュアップすべきことがたくさんあるわけです。なので、年単位で言う最近では、引き続き、本業ビジネスモデルの洗練化に注力していきたいと思っています。

ビジネスの洗練化、特にマーケティング部分においては、このところ外部のプロフェッショナルの方々と課題解決チームを構成していて、小さな改善を積み重ねてきています。これがかなり即効性があり、かつ効果的だと感じています(外部専門家の活用はおすすめです)。今年もそれを深めていきます。

最近、時代の変化に強い、安定する経営スタイルはどうすべきなのか、長年の見聞と実経験(ほとんどは失敗)を通して、ずいぶん見えてきたと思います。

どう経営するのかは、各会社の株主や取締役が判断することで、定石も決まりもなく自由にやって良いわけですが、

自分は、経営者としての自分がやりたい経営スタイルをするのではなく、できるだけ成功の確率が高い経営に注力してやっていくつもりです。大枠分類で言えば株主のための経営みたいな…(当社の株主は自分だけですが😛)。

事業運営において、どこに落とし穴があるかわかりません。どこに爆弾が仕掛けられているかわかりません。進んでいる道が途切れずにずっと先まで続いている保証もありません。

私生活は別として、経営においては、リスクを取って大きな成功を追わず、リスクをできるだけ抑えて、大抵のことがあっても倒れない経営をしていこうと、昔からずっと変わらず考えています。そしてそれを今年も継続していくだけです。

今年の抱負というわけではなく、今年も変わらずやっていくつもりです。どうか引き続きお付き合いくださいませ。よろしくお願いいたします。

markさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス