石渡誠 Language Teaching for a Better World

石渡誠 Language Teaching for a Better World

Language Teaching Revolutions Inc.
FORWARD代表 石渡誠

大晦日になりました。皆様にとってどんな年だったでしょうか。

 

振り返る余裕もないほど大変な思いをされた方も多いと思います。

 

どんな年であったとしても、また新たな年を迎える時です。

 

心の痛みや重み、辛い嫌な記憶なども、全て取り払っておきましょう。

 

そんな事を自分にも言い聞かせています。

 

そして1年を振り返り、様々な出来事や出会いに感謝しています。

 

2020年には考えもしなかったことが出来た事もあります。

 

逆にこれまで継続してきたものを、さらに積み上げられた事もあります。

 

また2年ぶりにオンキャンパスでのワンデープログラムも、今月から新装して復活できました。

 

新たな人達との出会い、長年お付き合い頂いている方々、特に私の心も癒されるような素晴らしい受講生達、スタッフ講師の皆さんと一緒にいれる事に、心から感謝しています。

 

写真は4週間前の発表会からです。横着してしまい、ブログに載せるタイミングを逸してしまいました。ごめんなさい。でも保井先生がスクールブログに書いてくれた通り、感激と感動の2日間でした。

 

発表会に向けて朗唱に挑戦してくれた高校生達からも、嬉しいコメントも沢山もらいました。

 

そしてこのブログを書きながら、今年あった多くの事を思い出していると、心がとても暖まってきました。

 

新年を迎えるカウントダウンと供に、また新たな良い記憶を作れる一年にしたいです。ありがとうございます。

 

皆様も良いお年をお迎えください。

 

 

プロジェクトワーク発表の数々

 

スピーチ大会出場者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ時が来ました。明日と明後日の2日間に FORWARD主催の発表会が行われます。

 

 

毎年恒例のイベントですが、今年はかなり特別です。

 

最後の最後まで、中々先が見えなかった1年間でした。

 

また明日は、高校生達による朗唱大会も初めて合同で行います。

 

 

Global Leadership Education (GLE) プログラムに参加された3校の代表者が挑みます。

 

司会と進行も高校生たちが担ってくれて、オープニング直後の14時半から開始します。

 

海外からの特別ゲストもご参加されます。

 

「サントリー1万人の第九」の第一ソリスト・オペラ歌手としてお馴染みのキュウ・ウォン・ハンさんです。

 

 

また朗唱コンテスト新人戦ではカナダから、スピーチ大会ではインドから、オンライン出場者がいます。

 

海外在住の受講生が、コンテストに参加するのも今年が初めてのことです。

 

その他全ての発表が、様々なストーリーや困難を乗り越えて実施となります。

 

明日の模様の一部は、GLEのYouTubeチャンネル、またFORWARD Facebook でライブ配信される予定です。

 

もちろん直接ご観覧いただける方も大歓迎です。

 

東京表参道の東京ウィメンズプラザ大ホールでお待ちしています。

 

 

 


Kyu Won Han キュウ・ウォン・ハン
世界最大規模「サントリー1万人の第九」の第一ソリスト・オペラ歌手としてお馴染み。世界各地で幅広く活躍し、国内オーケストラとも多数共演を重ね、テレビ朝日系「題名のない音楽会」に度々出演。母国・韓国では国営放送(KBS)の大河ドラマ「大王世宗」の主題歌や「開かれた音楽会」などに度々出演し、絶大な人気を持つ。2018年、長崎・浦上天主堂で行われたGLEコンサートでは「蝶々夫人」シャープレス役で高校生たちと一緒にオペラを創げ、日本の次世代への音楽教育にも力を注いでいる。

 

 

 

FORWARD英語発表会が、来週末開かれます。毎年11月に開催してきましたが、今年は初めて12月に行います。

 

会場をお借りしての練習が、本日終了したところです。

 

発表会が、オンラインになるのか舞台でできるのか、最後の最後まで分からない。

 

プロジェクトワークのクラスも、オンライン中心で行われた今年。

 

不確かな状況の中で、みんないつも通りの笑顔で準備を重ねてくれたことに感謝しています。

 

2年ぶりの再会だったり、初めて実際に会える人達も多くいて嬉しく思います。

 

またオンラインでの受講が可能になったおかげで、遠方からの受講生も増えました。

 

飛行機で駆けつけてくれる人達や、オンラインで海外から発表してくれる受講生、

そして今回は倉敷、鹿児島、長崎の高校生達も加わります。

 

当日の一部(朗唱コンテストとスピーチ大会)は、facebook FORWARD -English School for Change  にてライブ配信する予定です。

 

混沌とした日々が続きますが、"Every cloud has a silver lining”  (雲の裏地は銀色)、

また新たな景色や幸せが見えてくると実感しています。

 

 

 

年に3回、英語朗唱コンサートを開催しています。練習をしてきた全員が、各々の成果を披露する機会です。

 

11月3日の文化の日から7日まで、教室やオンラインライブ、またはビデオの投稿をしてもらっています。

 

仕上げとして、希望者(今回は78名)には私が最終コーチングを3日間行っています。

 

初日の昨日は13時から21時まで、ステージを使用させて頂き練習をしました。

オンラインでも配信しましたが、直接安心して来れる人達も増えてありがたく思っています。

 

 

今日と明日は教室でハイブリッド型での指導ですが、遠方や海外の人達も加われるのでこれも有難いです。

 

さて、このコンサートには、外部の方へも門戸を広めています。

 

特にクラブハウスで練習を一緒にされてきた方達には、ぜひこのような機会も体験してもらえると嬉しいです。

 

詳細はこちらにあります。

 

選抜者による、最終のコンサートは12月の初めにあるのですが、今回は一般高校生達の発表もあります。

 

そちらも引き続き、練習をお手伝いしているところです。

 

 

 

また、松本亨博士の「英語と私」朗読シリーズも続けています。

 

 

第2話は博士の英会話との出会いと当初の学び方のエピソードから始まります。

 



第3話も、もうすぐ公開予定です。引き続きご視聴ください!

 

故松本亨博士の『英語と私』の朗読を開始すると、前回のポッドキャストで宣言しました。

 

早速その第1回目を今週公開しました。「まえがき」から本の5ページまで、はじめて中学で英語に触れた時のお話です。

 

時代は大正から昭和に移った頃ですが、そんな時代にどのようにして「英語で考える」ことができるようになったのか。

 

まずは2人の英語の先生との思い出が面白く書かれています。

 

今後も、皆さんの参考になることがたくさんでてきますのでお楽しみに。

 

 

また今週から高校生達への指導も始まりました。

 

オンラインで複数の教室をつないで授業する難しさがありますが、みんな熱心に参加してくれているので助かっています。

 

彼らにとっても、英語を学ぶ上で、大きな思い出に残る出会いになってくれることを望んでやみません。

 

 

 

10月となりましたが、昨日とは別の陽気。東京は台風一過の快晴で30度を超えましたね。

 

さて、昨日はポッドキャストの第16回目を公開しました。
 


 

初めて、松本亨博士のことに関してお話をしています。

 

太平洋戦争中に米国で、米国人の日本人に対する偏見や差別を変えるべくお仕事をされていた博士。

 

ご著書の『英語と私』から、カーネギーホールでのスピーチも抜粋して読みました。

 

教育者としての信念も伝わってくる感動するスピーチです。ぜひご視聴ください。

 


博士は次世代への教育を最重要課題として取り組まれていました。

 

私も微力ながら、若い世代への教育も携わっていきたいと願っています。

 

そんな中、楽しみにしていた高校生への英語朗唱も開始となります。

 

Global Leadership Education(GLE)プログラムの活動として、昨年から引き続きお手伝いさせて頂くものです。

今年は岡山県の倉敷高等学校、長崎県の南山高等学校に加えて、新たに鹿児島県の神村学園高等部も参加となり、オンラインで朗唱指導をします。

 

昨日は神村学園の生徒達と初対面、オリエンテーションを行いました。

 

聞きての心を揺さぶらずにはいられない、アマンダゴーマン女史の詩を朗唱練習していきます。

 

2ヶ月間と短い期間ですが、彼らの将来に向けて良いインパクトになってくれるよう願っています。

早いもので9月も残すところあと5日ですね。

 

楽しみにしていた英語朗唱ブーストキャンプも、今週で終了しました。

 

 

今回も90名の熱心な参加者が集ってくれて、素晴らしい2週間でした。

 

受講生同士が互いに刺激や学びを受けて、やる気も能力もブーストされていること嬉しく思います。

 

今後も11月の朗唱コンサートに向けて、様々な練習の場も設けられていて、これからも楽しみです。

 

楽しみといえば、来月からさらなる楽しみがあります。

 

新たに200名の高校生達が、朗唱練習に加わる予定なのです。

 

追ってこのブログでも、ご報告ができればと思っています。

 

あっという間に9月。一気に秋の気配も感じる頃になりましたね。

 

9月といえば、英語朗唱のイベント・セミナーがあります。


春夏秋と年に3回催していますが、

今回もリ多くのリピーター参加者がいてくれて楽しみです。


4月から始めたクラブハウスの朗唱ルームにも、

熱心な方々が毎回集って頂いてくれて嬉しく思っています。


さらに学びを高めるチャンスなので、

先月末に説明会をズームで行いました。

 


録画編集したものがこちらです。

 

 

さらに多くの人達に、

朗唱の楽しさと効果を実感してもらえる秋にしていきたいです。

今日で7月も終わりですね。今月も色々とありましたが、特に2つ嬉しかったことがありました。

 

一つは夏の英語ミニフェスティバル(発表会)。創意工夫に溢れたグループ発表、益々磨きのかかった朗唱やスピーチの発表素晴らしかったです。そして緊急事態宣言も続く中、会場で開催できたことに感謝しています。

 

 

 

そしてもう一つは、朗唱の素晴らしさを、安河内先生が紹介してくれたことです。

 

ご自身の3ヶ月間の体験にも基づいて、朗唱のエッセンスをわかりやすく引き出して頂きました。

 

ちょうど昨日こちらのチャンネルでビデオ2本がアップされたところです。

 

 

 


実は私も簡単な逆インタビューをスマホに納めていましたので公開しました。

 


また秋の発表に向けて、新たなパートを始めたところです。

 

さらに多くの人達に、朗唱学習の楽しさと効果を実感してもらえると嬉しいです。

本日7月17日土曜日午後に、発表会が東京ウィメンズホールで開催されます。

 

13時から14時半まで、朗唱大会(リサイタルコンサート)とスピーチ大会の模様はfacebookライブ配信します。

FORWARD-English School for Change-

 

楽しくも頑張って来た学習仲間を代表する合計21名が、学びの成果を舞台で披露するものです。

 

観ている人達にも、更なる学びや刺激になる機会です。ぜひお時間があればご鑑賞ください。

 

ライブ予定時間

13:00-13:05 オープニング

13:05-13:30 朗唱大会新人戦

13:30-13:55 朗唱大会ベテラン戦

13:55-14:15 3分スピーチ大会

14:15-14:35 朗唱大会王者戦

 

 

なお、朗唱大会(リサイタルコンサート)は一般の学習者の方にも、ご参加いただけるものです。

 

次回は12月になりますが、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

 

クラブハウスでも明晩20時半から「みんなで楽しく英語朗唱練習60分!」ルームを開きます。

朗唱コンサートお疲れ様会をかねて、色々と日本語と英語でもお話したいと思います。

 

まだクラブハウスを使われていない方は、こちらから電話番号を登録して RSVP ボタンをクリックするとメンバー登録が簡単にできます。