石渡誠 Language Teaching for a Better World

石渡誠 Language Teaching for a Better World

Language Teaching Revolutions Inc.
FORWARD代表 石渡誠

早くも6月、あと半年少しで今年も終わり。充実した年にするための一つの取り組みが、スピーチの朗唱ブーストキャンプです。英語はもとより、お互いからも学び合うことで、様々な成長をもたらしてくれるものです。年に3回主催していますが、春の回が先月ありました。

 

1週間連夜の練習会を経て、最終日は朝から晩まで、一気に学びを高めるものです。コロナ禍でオンライン開催となってから、既に7回目。今回は86名の受講生と7名の講師が参加して、アマンダゴーマン女史の The Hill We Clime 最終編に取り組みました。

 

(7日間連夜の事前練習会)


 

(メインキャンプは朝から始まり、気がつけば外は真っ暗)

 

真剣に取り組めば取り組むほど、朗唱練習の素晴らしさや効果が発揮されます。
 

奇しくも今週発行された Newsweek 日本版のオンラインにこのような題名の記事がありました。

英会話で「本当に英語が身につく」は不可能。だが昔の日本には優れた外国語学習法があった

 

江戸時代の寺子屋での指導のように、明治の初期に、「英語の名文や演説の素読・暗唱」の実践が大きな効果をあげていたことがあるということに触れられていました。

 

私は「暗唱」という言葉を、9年前から「朗唱」に代えているのですが、江戸時代の寺子屋教育用語からヒントを得たものです。
(当時変更した理由と、「朗唱」の効果について、ブログで8回に分けて書いてあります。)

 

さて、来月7月からは、アマンダ女史の詩から、新たなスピーチに取り組むこととなりました。現在の世界情勢をみても、このスピーチを通して、学びを深めたいと思わせるものです。

 

現職米国大統領として初めて被爆地・広島を訪れたオバマの平和公園でのスピーチがそれです。

 


次回秋のブーストキャンプでは、このスピーチを練習することを伝えたところ、今回のブーストキャンプ参加者から、既に77名も次回へ申し込みがありました。

 

戦争、核兵器、人類と平和、さまざまなことを、この重厚で厳粛なスピーチを朗唱しながら学んでいきます。ご興味のある方はぜひご一緒に練習してください。

 

5月になりました!「3年ぶりの行動制限なしのゴールデンウィーク」なんて、新たな形容詞もつくGWもあと3日残すところになりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

私のスクールでは10年ぶりくらいに、ゴールデンウィーク期間中は普段のクラスを休講。代わりに、特別な講座を毎日開いています。

 

私も明日から2つ講座を受け持っていて、いま準備中です。ひとつは古いもので、もう一つは全く新しいもの。

 

古いものと書いたのは、「英語で考える」ためには必須の「英英辞典を活用した英語脳の作り方」講座。前回行ったのは、コロナのニュースが流れ始めてきた、2年前の3月初めでした。クラスにはマスクをつけてくる人達もではじめたころ。オンラインの参加者もいて、ハイブリッドクラス的なクラスにも初挑戦した時でした。

 

録画をしていたので、先ほど見直したのですが、驚きました。いや、自分が話していること覚えていない!!
 

 


教えているポイントはもちろん、忘れていません。でも、セミナーの流れや、時々入れている小話やエピソードのことなどすっかり忘れていました。

 

そんなこと、皆さんはありますか?

 

たった2年ちょっと前のことでしたが、最近私にはそういうこと結構あるような、、、

 

でも救いだったのは、面白い!自分で言うのもお恥ずかしいですが、当時のお話しは面白かったと、録画できていたことに感謝。

 

明日はこの時よりも倍の時間をかけて、3時間みっちりと講義するので、これからしっかりとプランを立て直します。

 

また一方、ハイブリッド型の講義は、コロナのおかげで、相当進歩したので楽しみです。

 

 

そして明後日は、全く新しいもので Managing Difficult Conversations という講座名にしました。

 

コミュニュケーションが難しい相手や、状況下でも、お互いが分かり合える、気持ちの良い会話ができるようになること、ある意味で、本当に試される会話力アップを目指します。

 

そんなわけで、今日は2つの講座の準備をメインの仕事。

 

実は、ずっと隣からは心地よい歌声が聞こえていて準備もはかどりそうです。GW特別講座の一つ、Singing Challenge 7時間にわたり英語の歌詞を綺麗にハーモニーを奏でて歌っているのです。

 

 

春の気持ち良い陽気とともに、また教室で皆んなが楽しそうに声を出せる環境が戻って感謝しています。
 

 

 

Happy New Month!  It's the month of April 2022.

 

やはり4月は特別ですね。桜も咲き、日本では、学校でも職場でも新たなスタートの時ですから。

 

ある意味、新年からの3ヶ月間は、この4月からに向けてのウォームアップ期間とも言えるかと思います。

 

これから、さらにパワーアップして素晴らしい年にしていきたいですね。

 

FORWARDでは、学習効果を高めるために、年に3回英語発表会を行っています。

 

先々週の会は、まさに今年の期待をさらに高めてくれる発表ばかり。

 

 

スピーチも朗唱も、グループプレゼンも、誰もが素晴らしく感激しました。

 

思い返せば、2年前の春の発表会は、コロナ感染症が広まりはじめた時に開催されました。

 

それから様々な制限も課される中、タイミングも良く、毎回会場をお借りして開催できたこと、

 

今思えば、奇跡的なことだったと感謝しています。

 

また、困難にあいながらも、受講を続けてくれた生徒達。

 

オンラインでのコミュニケーションも上達して、新たなレベルでの発表能力も身につけてくれています。

 

育んでいる力を元に、これからさらなる飛躍を期待しています。

Wishing you a very happy new month!

 

 

写真はスピーチ大会、朗唱リサイタル、チームプレゼンの出場者達です。

 


春の陽気になっている東京。2ヶ月間も続いていたまん延防止法も解除されるようで良かったですね。桜の開花ももうすぐです。

 

FORWARDも先月の教室移動からはや1ヶ月が経ちました。今月初めには朗唱リサイタルも開かれて、新教室に訪れてくれた受講生も多く嬉しく思いました。

 

 

朗唱教材として、アマンダゴーマン女史の詩を使用してきていますが、パンデミックや戦争などに直面している時に、まさにマッチングした内容でした。受講生とともに勇気や希望をもらっています。

 

そして今週の日曜日には、春の発表会が東京ウィメンズプラザにて行われます。選抜された18名による朗唱リサイタルをはじめ、3分スピーチやプロジェクトワークのチーム発表が行われます。

 

前半の朗唱リサイタルと3分スピーチは facebook ライブもする予定です。お時間ある方は、ぜひご覧ください。

 

Live ⇨ FORWARD-English School for Change-
https://www.facebook.com/ForwardEnglishSchoolforChange

13:00 ---- Doors Open  開場
13:10-13:15 Opening Talk 挨拶
13:15-13:40 Newcomers League Final Recitals 新人リーグ朗唱リサイタル
13:40-14:05 Veterans League Final Recitals ベテランリーグ朗唱リサイタル
14:05-14:25 Three Minutes Speech Contest 3分スピーチコンテスト
14:25-14:45 Champions League Final Recitals 王者リーグ朗唱リサイタル

アマンダの朗唱に興味のある方は、クラブハウスで週2回練習のお部屋を開いています。

 

 

日曜日 20時半から

水曜日 21時から


今週は特別編で、これまで参加されてきた方達のリサイタル時間を設けています。お気軽にご参加ください。

そして来週からはまた新たなパートの練習を始めていきます。

新たな季節の到来、また新たな挑戦を始めていきましょう。

夜中に原状回復工事が始まったところです。朝までには壁も全て取り壊される予定です。

新型コロナの感染が広まってからちょうど2年経ちました。多くの方が予期しなかった事態の対応に苦心されてきたことと思います。

 

 

私のスクールはすぐにオンライン対応に変えて、休講もすることなく継続してきました。教室にいる受講生とハイブリッドで参加する方法が定着して、地方だけでなく海外からも『通学』コースに入学する受講生が増えるなど、それまで考えられなかったことも当たり前になってきました。

 

 

ただ、その一方、多くの教室は使用されずにという日々が続きました。変化する現実の中で、新たな移転先を探す決心をしたのが1年前。中々希望に沿った物件も無かったのですが、幸運なことに同じビルの同じ階で半分のスペースが見つかったのです。

 

2005年からずっと使用させて頂いてきましたが、おととい2022年2月2日が、この部屋での最後の授業日となりました。そして昨日の定期休校日に引越しをしました。

 

 

ご協力頂いた様々な方々のおかげで、予測された様々な移転に伴う問題点もクリアできました。

住所も変わらない、郵便受けすらも同じで続けられることも奇跡に近いと感謝しています。

 

同時に、今このように壊されていく教室に立ち17年間のことを振り返っています。教室のデザインや家具も備品にもいろいろ思いがありました。そして何より、これまでここに通ってきてくれた沢山の受講生や、様々な教室でのシーン、大袈裟ではなく涙や笑いにつつまれていた教室でした。感謝しかありません。

 

本日から新教室が始まりました。まだ荷物も収まっていない新たな教室に、明日の週末からは集う受講生もいるでしょう。様々な工夫はしましたが、今回はなるべくシンプルに始めたいと思っています。新たな時代に向かって適応しつつ、また一から成長を続けていきたいと願っています。ありがとうございます。

 

 

 


 

2022年の1月もあと3日を残すばかりですね。

 

新年早々楽しみにしていたのが、スピーチ朗唱ブーストキャンプ。2週間に渡ったこのイベントも、あっという間に終了しました。

 

言葉は人と人とを繋ぎ合わせてくれる大切なものです。英語という言葉を学ぶ上でも、お互いに励まし合い、笑い合い、学び合いが出来る環境作りを一番大切にしています。

 

ブーストキャンプは、そんな素晴らしい環境を象徴してくれるもので、今年も皆んな力強くスタートを切ってくれていることに感謝しています。

 

 

もうこの時期になれば、「新年おめでとう!お互い良い年になりますように」と声を掛け合うこともなくなります。でも、何月であろうと、このような励まし合いの言葉やスピリットは大切ですよね。

 

なので、"Happy New Year! Wishing you joy and happiness this year! "という代わりに、こんな挨拶を受講生の皆んなとは広げています。

 

"Happy New Day! Wishing you joy and happiness today! " 皆様も一緒にいかがですか。今日もお互い良い1日をお迎えください。

大晦日になりました。皆様にとってどんな年だったでしょうか。

 

振り返る余裕もないほど大変な思いをされた方も多いと思います。

 

どんな年であったとしても、また新たな年を迎える時です。

 

心の痛みや重み、辛い嫌な記憶なども、全て取り払っておきましょう。

 

そんな事を自分にも言い聞かせています。

 

そして1年を振り返り、様々な出来事や出会いに感謝しています。

 

2020年には考えもしなかったことが出来た事もあります。

 

逆にこれまで継続してきたものを、さらに積み上げられた事もあります。

 

また2年ぶりにオンキャンパスでのワンデープログラムも、今月から新装して復活できました。

 

新たな人達との出会い、長年お付き合い頂いている方々、特に私の心も癒されるような素晴らしい受講生達、スタッフ講師の皆さんと一緒にいれる事に、心から感謝しています。

 

写真は4週間前の発表会からです。横着してしまい、ブログに載せるタイミングを逸してしまいました。ごめんなさい。でも保井先生がスクールブログに書いてくれた通り、感激と感動の2日間でした。

 

発表会に向けて朗唱に挑戦してくれた高校生達からも、嬉しいコメントも沢山もらいました。

 

そしてこのブログを書きながら、今年あった多くの事を思い出していると、心がとても暖まってきました。

 

新年を迎えるカウントダウンと供に、また新たな良い記憶を作れる一年にしたいです。ありがとうございます。

 

皆様も良いお年をお迎えください。

 

 

プロジェクトワーク発表の数々

 

スピーチ大会出場者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ時が来ました。明日と明後日の2日間に FORWARD主催の発表会が行われます。

 

 

毎年恒例のイベントですが、今年はかなり特別です。

 

最後の最後まで、中々先が見えなかった1年間でした。

 

また明日は、高校生達による朗唱大会も初めて合同で行います。

 

 

Global Leadership Education (GLE) プログラムに参加された3校の代表者が挑みます。

 

司会と進行も高校生たちが担ってくれて、オープニング直後の14時半から開始します。

 

海外からの特別ゲストもご参加されます。

 

「サントリー1万人の第九」の第一ソリスト・オペラ歌手としてお馴染みのキュウ・ウォン・ハンさんです。

 

 

また朗唱コンテスト新人戦ではカナダから、スピーチ大会ではインドから、オンライン出場者がいます。

 

海外在住の受講生が、コンテストに参加するのも今年が初めてのことです。

 

その他全ての発表が、様々なストーリーや困難を乗り越えて実施となります。

 

明日の模様の一部は、GLEのYouTubeチャンネル、またFORWARD Facebook でライブ配信される予定です。

 

もちろん直接ご観覧いただける方も大歓迎です。

 

東京表参道の東京ウィメンズプラザ大ホールでお待ちしています。

 

 

 


Kyu Won Han キュウ・ウォン・ハン
世界最大規模「サントリー1万人の第九」の第一ソリスト・オペラ歌手としてお馴染み。世界各地で幅広く活躍し、国内オーケストラとも多数共演を重ね、テレビ朝日系「題名のない音楽会」に度々出演。母国・韓国では国営放送(KBS)の大河ドラマ「大王世宗」の主題歌や「開かれた音楽会」などに度々出演し、絶大な人気を持つ。2018年、長崎・浦上天主堂で行われたGLEコンサートでは「蝶々夫人」シャープレス役で高校生たちと一緒にオペラを創げ、日本の次世代への音楽教育にも力を注いでいる。