迷子の大人たち2

迷子の大人たち2

~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

東京五輪開催or中止?
 
なんていうニュースが未だに流れている。開催日7/28ですよ?後一ヶ月半しかないのにそんな呑気なこと言ってて大丈夫なんすかね?
 
この歯切れの悪さは政府が選挙に向けて支持率低下とかそんなクダランことをこの有事にネチャネチャと考えているからに違いない。国民の健康と命を考えたら断然中止にすべきでしょう。
 
リスクが少しでもあるのに、なんだかんだ言うて開催したら盛り上がってのちに我々の支持が伸びる、なんて考えで開催を断行しようという政権に断固不支持を表明すべきです。
 
 
ま、いいや。いつものやつ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梅原デザイン事務所  梅原 真 様 

 

いつも有り難うございます。

 

ついに身近な所でもワクチン接種が始まりました。件(くだん)のサウナ仲間なオジサマたちの多くが65歳以上ということもあり、また高知の過疎地は公の仕事量も少なく割とスムーズに事が進むということでしょう。最近サウナ内では、撃った・撃たないなど物騒な話題で盛り上がっております。

 

さて、このワクチン接種。中には拒否する人たちも居るようです。実家の70過ぎた母も先日電話を掛けて来て、ワタシ・ワクチン・ウタナイなどとボヤいておりますので一喝してやりました。

 

どこぞのメディアの調べでは1割くらい拒否する人がいるらしいです。その理由はどうやら副反応が怖いということと、ワクチン接種の効果が半年しかもたないという誤った情報を信じているからのようです。

 

新型コロナワクチンの予防接種の副反応については厚労省がデータを載せてますが注射部位の痛みなどに関するものがほとんどで、2回目接種時の倦怠感(約65%)及び発熱(約35%)がやや多いですがアナフィラキシーショックなどの重篤な副反応はたったの0.002%です。

 

また効果についてはアメリカ政府の新型コロナウイルス対策チームの博士が、最低でも半年後で90%以上抗体を保持している、と言っているのであって半年で効果が無くなるとは一言も言っておりません。

 

更に横浜市大の山中竹春教授らは一年後に97%の人で抗体があると報告している。この場合の97%は100人中97人の人が一年後に感染予防となる有効な抗体量を保持しているという意味です。

 

前者の90%は一人の人の体内で2回目ワクチン接種の約2週間後にピーク(100%)を迎える抗体量が半年後に約90%になるという意味であって全く違うことを言っています。

 

2年ほど前「日本人の1/3は日本語が読めない」という衝撃的な日経ビジネスの記事がありましたが、パンデミックなどの非常時にはデマに踊らされて社会の安全のみならず自分の安全すら確保できない現代人は、自己の状況分析や判断能力が直で生死に結びついていた縄文期頃までの人類と比べて果たして進化していると言えるのでしょうか。

 

話が逸れました。接種を拒否する人に言いたい。ワクチン接種の意義は集団免疫の獲得です。集団免疫を獲得するには人口の最低でも70-90%がワクチン接種をして抗体を獲得している必要があるそうです。

 

集団免疫の獲得とは、例えば日本で感染が落ち着き感染者がほとんど居なくなったとしましょう。そんなある日感染した外国人が来日し検疫をすり抜けてしまった。万が一そんなケースでも日本人の90%以上の人口が抗体を持っていればその外国人がスシ、テンプーラ、メイドキッサ!と楽しんだとしても、予防接種を拒否した自分勝手な日本人だけ(とは限りませんが)の被害で済み、現在のように社会全体で自粛などというパンデミックにはならないという訳です。自分のためではなく、日本全体のために予防接種を受けて欲しいものです。

 

さて、パンデミックと言えば。「コンテイジョン」という2011年に制作された映画が新型コロナの予言ではないか、と騒がれているそうです。コンテイジョンの意味は伝染病。監督は「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ。

 

私も最近たまたま見ましたが、致死率が25-30%と異様に高いこと以外は新型コロナウイルスによるパンデミックにかなり酷似している。発生源も中国。元々の宿主もコウモリ。

 

映画の最後に発生源の回顧。森林開発で居場所を追われたコウモリが家畜である豚にウイルスを感染させるシーンが。その後人へ、人から人へ。

 

数年前。元世界一の富豪であるマイクロソフトのビルゲイツ氏がブログで人類を殺す生物のランキングを発表していた。それによると2位が人間(殺人:戦争を除く)の47,5000人で1位が蚊の725,000人。

 

とは言え蚊が媒介する細菌やウイルスが原因であり死因はマラリア・デング熱・黄熱病など。マラリアは細菌ですがそれ以外はウイルス。生物という限定が無ければ恐らく人間を殺す原因はウイルスが一番だと思います。

 

人は目に見える物しか信じない傾向が強いけど、熱帯には目には見えない未知なるウイルスや細菌がごまんといる。

 

地球上で現在1分間で東京ドーム約2個分の森林が消えている。私たちは人類が衣食住に困らないことだけ、人類の平和だけを考えていてはいずれ・・・

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 


農業・畜産ランキング

高知県ランキング  

 

 

ベンチャー企業あるある。
 
投資家が入って規模拡大を図ると全く別の会社になってしまう。
 
今はスタートアップとかカッコよく言うそうで。私が大学院を出て始めて就職した会社が従業員15名ほどの当時ベンチャー企業と言われる下町会社だった。創立5年目だったかな?
 
この会社は未だにベンチャーキャピタルの投資が入っておらず従業員規模もほぼ変わらないようだから規模拡大に走らず地道に経営者が好きなことをやっているらしい。
 
ベンチャー企業の、働く面で良いところは仕事の守備範囲が広いこと。小規模なので色々なことをやらんと回らない。お陰でそれまで音痴だったIT関係の知識が著しく向上した。経営者の考え方がやや世間とずれていることもあり、たったの8か月で転職したのだが。
 
大企業に新入社員として入社する場合の5倍速くらいで仕事ができるようになるよ。やる気さえあればね。ないと圧力に潰されてノイローゼかも。
 
 
さ、いつものやつ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梅原デザイン事務所 梅原真さま

 

いつも有り難うございます。

 

突然ですが「食べチョク」をご存じでしょうか。今話題沸騰中の1次産業を中心とした産直サイトです。ローカルには流れてませんが昨夏よりテレビCMも始まり、代表の秋元氏は30歳とまだ若く、まるでアイドルのような可愛らしい女の子であるがためテレビや雑誌に引っ張りだこ。メディアでこの名を知った方も多いかも知れません。今回はそんな産直サイトについてマジメに考えてみます。

 

ニワトリノニワもちょうど一年前からこのサイトに出品しており先月は母の日ギフトもあって10万くらいの売り上げまで。昨年第一回目の緊急事態宣言が出されデパートからの取引が減少。これはヤバいと直販を強化し始めた際に色々な産直サイトへの登録を始めたのが4月の半ば頃。

 

そうは言っても既存流通になるべく頼りたくないというのは私の創立当初からの目標でした。従って今から8年前、開園二年目の2013年に一度産直サイトを調査して片っ端から登録してみました。

 

その頃には確か5社くらい似たような産直サイトがあったと思いますが鳴かず飛ばずの売れ行き。次第に産直サイトの存在は忘れ去られて行きました。機が熟していなかったのです。

 

今回のコロナ禍はまさに、というタイミング。自宅待機でネット販売の好調に乗り、またSNSなどでの情報発信力も増し、正体不明な生産者が消費者に直接結びついた。

 

ニワトリノニワは2013年に楽天・アマゾン・ヤフーショップへの出品も始めましたが、簡単に言えば産直サイトはこれらネットモールと比べ出店費などの固定費が掛からず手数料だけにしている。従って売れなければ課金されずリスクが少ないので誰でも参加しやすいメルカリのようなショッピングサイトだと言うことです。

 

この傾向はネットショップ全体にとって良いことだと思います。楽天などは出品する側だけがリスクを負うバカげた古臭いビジネスモデルであって消えて無くなれば良いとずっと思っておりました。

 

因みに我々は楽天からたったの1年で撤退しております。ヤフーについては2013年から初期費用が無料になりましたが広告を出さないと全く売れないのは楽天と変わらず。オペレーションを忘れた頃にポツンと注文が入ったりするので逆にややこしいから昨年撤退しました。

 

しかしながら売れるか否かは運営側の意向次第なのは初期の楽天も産直も変わりません。出品数が膨大になるほどトップページや催事など目立つところに表示されないと全く売れません。

 

つまり生かすも殺すも運営側の意向次第という訳です。そして産直サイトも不公平感をなくすためその内広告料を取るようになる可能性は大だと思います。これで良いのでしょうか?

 

食べチョクの運営会社であるビビッドガーデンは経営ビジョンに「生産者のこだわりが正当に評価される世界へ」を掲げております。しかし、例えば卵のジャンルで一番売れているのは平飼いの、玄人から見れば正直ウサンクサイ卵。

 

コダワリという点から言えば放し飼いの方が、何だかんだ言うて鶏舎に閉じ込めている平飼いな飼い方よりよほど手間がかかり産卵数も悪く、こだわりがないとできないハズです。

 

それにエサだって一般的な工場で大量にプレミックスされた安いだけのエサにちょっと菌体飼料(人間でいえばヤクルト)を添加して付加価値を高めたチープなモノ。割高になる単品の良いエサをそれぞれ取り寄せて毎朝人力で混ぜ合わせる手間なんてほぼありません。これで生産者が正当に評価されていると言えるでしょうか?

 

私が思うに産直の問題点、いや、既存流通の問題点は言ったもん勝ちになっているところです。これらのサイトは商品登録者が自由に商品を表現できる。つまり売れるように見せたモノが売れるんです。

 

具体的に言えば放し飼いなんて一切していないのに青々と茂った野原に鶏がいるイメージ写真を商品ページに載せていたりする。いわば放し飼いに見せている。

 

絶対的に足りないのは客観的な評価・視点。「生産者のこだわりが評価される」産直を目指すなら運営側が農業や一次産業についてもっと勉強し客観的評価システムを作り上げねばなりません。

 

とはいえ実はこの食べチョク、昨年の夏頃まではスーパーに並ぶような生産物はダメで、それなりにコダワリのある物しか出品できないという漠然とながら基準がありました。ニワトリノニワの卵も審査を通るまで3日ほど待たされたのです。

 

しかし昨年の8月、ベンチャーキャピタルなどから6億円を調達というニュースが流れてから方針が急変。広く出品者を募集、生産物が急増。見たことのある近所の若手農家がみんな並び始めた。マーケティングの理論に巻き込まれ投資家を喜ばせる、売れることが正義の方針になってしまった感があります。あーあという感じです。

 

しかし目指すところが規模拡大ならこれからが試練です。一つ産直サイトでの成功例を作ったので追随が始まることでしょう。今のマーケットは独占を許してもらえませんから。恐らく数年内に似たようなサイトが立ち上がるか既存サイトが同様な手段によって追いついてくるかも知れません。

 

しかし、ま、そんなことはどうでもいいです。

 

私はニワトリノニワの卵が一番コダワリがあり、もっとたくさん売れれば良いなんて思っていません。こんな飼い方をしていたら規模拡大なんて簡単にはできませんしね。規模的には既にマックス。これからやるべきことは既存流通→直売への移行。

 

なによりもっとも大切にしている経営ビジョンは100年先も続くような農的ライフスタイルを創ること。そして多くの人が自給自足的なことに参加すること。農業なんて概念さえ無くなればいい、と。

 

そういえば、元ブルーハーツの甲本ヒロトがどこかでこんなことを言ってました。

 

「売れてるモノが良いものなら世界一うまいのはカップラーメンだ」

 

もうちょっと良い世の中にならないものでしょうかね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 


農業・畜産ランキング

高知県ランキング  

 

 

「池江璃花子が4冠、競泳5輪代表は5減の29選手に」
 
というネットニュースが今流れている。池江選手の活躍には驚愕するが、このタイトルはまるで池江氏が頑張ったお陰で五輪代表が5人も減ったみたいな感じになっちゃってる。
 
実際の記事を読むと前半と後半は別。池江が日本選手権で4冠取った。日本選手権が終わり五輪代表は男女合わせて29名に決まりましたよ、とのこと。
 
ま、誰もが池江氏以外の選手は何しとんねん、と思ってただろうからそれでもいいのかも知れないが、本人見たら気悪くするんじゃなかろうか。
 
ネットニュースはタイトルしか見ない人も多いだろうから注意しなきゃならんと思うのだが、わざと誤解させるように書いている見出しも多いから我々読者側が気をつけなきゃならんということだ。
 
いずれにせよ真理を見極める力を自ら持たないと情報操作しようとする側に操られるだけの烏合の衆になってしまう。SNSの情報により右往左往する愚かな若者たちのように。
 
 
はい。じゃ、いつものやつ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梅原デザイン事務所 梅原真さま

 

いつも有り難うございます。

今年は桜の開花が異様に早かったですが色々順番がアベコベで、いつもは桜の落花後に咲き始めるプラムの花が先に先、いや先に咲き、なんと4月下旬から5月にかけて咲くグミの花や藤の花までが桜の開花中に咲き始めました。

 

藤と桜が一緒に見られるとは・・・様々な花が一度に咲くなんて雪の降る北国ににでもなったかのような春でした。

 

あるシミュレーションによると、気温の上昇が最大限に進んだ場合100年後には桜の開花が見られなくなるそうです。良く知られるように、休眠打破と言って桜は冬の寒さで休眠して春の暖かさで目覚めて開花するのです。つまり温暖化が進むと休眠しなくなるということらしいです。

 

ま、20世紀を経験してきた我々が異様に思えることがこの先多々起こって来るのでしょうが、私がニワトリを飼い始めて10年間。これまで妙チクリンな卵というものを色々見て来たので今回特別にご紹介したいと思います。

 

<たぶん市場には出ないヘンな卵>

 

   ウズラの卵ほどの大きさのヤツ。中身は卵白だけ、もしくは黄色い小さい点くらいの卵黄が入ってる→生物学的観点から言えば完全に産む意味なし。無駄な労力。やり直し!

 

   普通の卵の大きさだが中身はほぼ卵白もしくは①のように小さな卵黄が入ってる→うーん、メレンゲにピッタリ!ってそりゃないゼ。業界用語でハズレ。業界用語じゃなくてもハズレ。速やかに生産元へ問い合わせて代替を要求してください。

 

   有り得ないほどビッグなヤツ→双子の卵は大体1%くらい産まれ我々は案外見慣れているのだが想像を上回るようなデカいヤツがたまにいる。人間で言えばジャイアント馬場。割ってみると卵黄は2個なことが多いんだが過去一度だけ三つ子だった例がある。

 

  うっかりしたスタッフがちゃっかり持ち帰った卵で誠に遺憾ながら写真すらも撮らなかったとのこと。「普通に食べましたよ」じゃないっつーの!未確認だがもし本当だとすると、昨日(4/9)までの産卵総数が1,918,841個なので確率なんと0.000052% あ、因みに我々クロートなんで卵黄・卵白と呼ばせてもらってますよ。

 

   卵を割るとまた卵の殻が現れる→お前はロシア製か!とツッコみたくなるがこれホントにあった卵。勿論一回りデカいヤツで当然次も期待したのだが2個目の卵はフツーだった。

 

  卵版マトリョーシカ。だが最近テレビでマトリョーシカは箱根の伝統工芸品が起源だったと言うてるのを見て大いに残念に思ったことだった。しかも1900年のパリ万博でのことらしい。案外新しいし。ロシアと言えばコサックダンスとマトリョーシカによって若干ドストエフスキーな暗いイメージを覆していたのに。

 

ああ、マトリョーシカ。あの期待感と残念感とを同時に味わえる人形は、まさにロシア人が抱くプーチン大統領への思いの過去と今の偶像ではないか。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 


農業・畜産ランキング

高知県ランキング  

 

10年前。
 

そう、アレが起こる直前の2/22のこと。我らの養鶏場がひっそりこじんまりチンチロリンと(意味なし)誕生していた。ま、今回はそんな節目なので一応原点に返って考えてみた。

 

当時私は男40を目の前にして職場もなく家族もなく、貯金も底を尽きかけてはいたものの、夢と希望と情熱だけは溢れていた。そして助けてくれる友達もいた。8か月前に移住したばかりの異郷の地なのだが。

 

じゃ、いつものやつ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梅原デザイン事務所 梅原真さま

 

いつも有り難うございます。

先月2/22にニワトリノニワは創業10周年を迎えることができました。これもひとえに私の運と努力のタマモノなんじゃないかと自負しております。冗談です。あの時梅原さんに助けて頂いたお陰で今も農家を続けられております。

 

思えば当初農場は「ねはんの里」という名前でした。涅槃(ねはん)はインドの古代語サンスクリット語でニルバーナ。仏教やインド密教において究極の悟りの境地を表します。

 

究極の悟りと言うのは精神性の向上、輪廻からの解放、至福の追求でもある。つまり私はこの農場に、生きる意味というかイデオロギーを重ねたのです。

 

私が農業を始めたのは日本の食糧自給率が40%未満と低迷していたことからこれを何とかしたいと思ったからです。そのために私が描いた未来は二つ。

 

一つはロボットや機械、大量の農薬散布など人工的な手法を駆使して効率的に食糧生産を行う無機質な未来。もう一つは食糧生産現場に多くの人が関わり活気のある未来。

 

私は後者が理想と思いました。そのためには現在著しく減少しつつある農業生産者を増させねばならない。あらゆる政策にも関わらず減少の一途をたどる農業人口を増加に転じるためには思い切った文明的なパラダイムシフトが必要だと思ったのです。

 

それが私の描く自給自足を主体とする、半農生活を軸としたライフスタイル。人口が減少して行くこのタイミングだからこそ描ける未来。全国に土地がたくさん余って行く。

 

そして一方で(ここから先述の涅槃が出てくるのです)。いかにも資本主義的な、貨幣を持つこと、経済を動かすこと自体が目標となっている忙しい都市型の生活から、誰もが生産者であり貨幣を通さず物々交換を主体としたノンビリした田舎型の生活への移行こそが、人類の幸福や精神性の追求に必要だと思ったのです。

 

現在の文明は経済主体。チカチカした広告でトレンドを追求させ忘我を促している。しかしゆったりと瞑想なんぞする時間でも持ち、己をしっかりみつめ直すことから幸福や精神性の追求が始まるのです。つまり究極的には食糧自給率の向上と精神性の向上(涅槃)を目指す半農的ライフスタイルは相性がいい。

 

当初ニワトリノニワには発展的な目標がありました。規模拡大を目指し養鶏以外にも野菜・果樹など複合的循環的な農業を志していました。仲間を増やそうと思っていたのです。それにはリスクヘッジのため複合化、発展が必要です。幸せな村社会の実現、社会実験を行おうと思っていたのです。

 

しかし「ヤマギシ会」の例や他の多くのカルト教団などに見られる似たようなエコビレッジ風社会主義的集団がかつて幾つもあり、いずれも幾多の問題を起こして失敗(?)しております。

 

私の考えですが、組織には運営者が必要なので、どうしても経営者と労働者に分かれてしまう。これは社会主義も資本主義も同じ問題を抱えていて、経営する側が利益をより多く取ろうとし不平等を産んでしまうのです。

 

参加者全員が同じくらい貨幣やモノより精神性の追求という目標を重んじていなければ大小の不平等(に見える事)を乗り越えられない。つまり現在の段階では人間が精神的に未熟という訳です。

 

こうして徐々に発展的目標は薄れて行きました。ならば個人としてあまり経済に流されず精神性を追求するサンプルになろう、と。

 

振り返ると私は梅原さんに促されて「ねはん」というイデオロギー的なシンボルを捨てました。その代り「鶏の庭」というこじんまりした生き方を得ることができました。

 

ニワトリノニワで良かったとしみじみ思います。ま、そんなことを考えながらまた次の10年も悩みながらボチボチ歩いて行きます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 


農業・畜産ランキング

高知県ランキング  

 

雇用関係にある絆は弱い」
 
働き方改革が叫ばれフリーランス(自営業者)が増えた。日本では労働人口の約15%、1千万人(2020)がフリーランス。アメリカの35%に比べればまだかなり少ない。ただ日本の場合、副業フリーランスがほとんどで完全独立のフリーランスはその中の33%、345万人に過ぎない。
 
近年ユーチューバーなんて職業が認知され人気を集め、またコロナ禍で見た目ほぼフリーランスのようなテレワークが増加してフリーランスが増殖するかと思いきや、実は本当の自営業者は減り会社員の割合が増えている。
 
その理由は簡単。発達心理学的な見方で考えると現代人は中期自我と後期自我の間に居る人がほとんどだからである。
 
簡単に言えば中期自我は親などの価値観判断に頼っている状態。後期自我は親が道徳や倫理観、社会の規律的なモノに変化しているが基本的に自らのオリジナルの思考により物事を判断するのではなく人間中心でモノを判断する。いずれにせよ、誰か、や何か、に頼っている。依存している人間が現代人ということ。
 
自分が何かに頼っているかどうかはそれがないと不安になるかどうか、で判断できる。例えば親が居なくなったら不安ではないか?社会人であれば会社が無くなったら不安ではないか?
 
そう、かつての私も含め会社を辞めて独立する際には自己紹介に会社の名刺を渡せない不安があるものだ。自分で作った名刺では何だか胡散臭い者になってしまったようである。勿論毎月決まった日に給料が振り込まれそれを見込みに生計を立てることもできなくなる。不安だらけだ。
 
だから一時的にフリーランスが増えてもコロナ禍みたいな世に不安が溢れる時は特に何かに依存しようとするものなのだ。
 
テレワークで地方移住みたいなのが流行っているけどあんなのも絶対に一時的なもので3年もしたらそれ何でしたっけ?という具合になる。都会という文化に依存しているからである。
 
あ、話がそれた。冒頭の言葉は誰かの名言ではなく私が実感していることである。だからフリーランスが一時的に増えるのは分かる、という話だ。
 
童話「桃太郎」の話で桃太郎がキビ団子をエサに犬猿キジを雇用し鬼退治に向かう。これは現実味が全くない。桃太郎はバカだからすぐにキビ団子を差し出してしまう。現実なら有り難うと礼ぐらい言うだろうが旅の途中で逃げて結局お一人様になる。
 
あの話を現実的に解釈するなら、「とりあえず入隊金として一個あげよう、無事鬼を退治できたら成功報酬として残り10個をあげましょう」と言ったハズだ。しかし雇用関係にあるのはここまで。あとはちりじりバラバラ。
 
ここで冒頭の言葉が出て来る。雇用関係の絆は弱いのだ。ではどうすれば組織を維持し強い絆を形成できるのか。
 
私は何かを始める上で最も大切なモノはビジョンである、と思う。会社であれば誰もが共感できる経営理念である。ニワトリノニワでは「みんなが本当の意味で幸せになれることを考える」ことを掲げている。
 
桃太郎氏の例で言えば、「俺は鬼が毎晩好き勝手暴れまわり強奪を繰り返す世の中なんてものを子供たちに残したくない。誰しもオッカナイだろうが皆が明るく笑って過ごせる世の中を取り戻すためには誰かが立ち上がらねばならぬ。その発起人として私は立ち上がった。みんなついてきてくれないか?」
 
このように鬼が居なくなってみんなで村を立ち上げるビジョンをコンコンと説明したらキビ団子なんぞ配らんでも仲間になってその後も村の復興に力を貸してくれたのではないか。
 
フリーランスや独立起業するのであればビジョンを共有することがいかに大切か。かつて高知大学で私が話したセミナーのプレゼン資料をHPに載せてあるのでご参考まで。
 
 
 
毎度前置き長くなりましたがいつものヤツどーぞ。何気に以下の伏線になってます。気づかないと思いますが。
 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梅原デザイン事務所 梅原真さま

 

いつも有り難うございます。

 

本日はこれまでずっと言えずにモヤモヤしていたことをこのタイミングで言いたいと思います。それは、梅原さんとお約束していた卵を使った商品開発の件です。

 

2013年頃に卵黄の醤油漬けから始まりそれをドレッシング風にアレンジした調味料的なものを梅原さんと開発していたところまでで一旦中止のまま。その理由を、当初お金がないためにストックを抱えるリスクを負えない、と申しておりました。しかしいつまで経っても前に進まない私に呆れていたことだと思います。

その頃、ニワトリノニワでは鶏種の国産化という試みを行っており、国の家畜改良センターで開発された「岡崎おうはん」という黒と白のシマシマの鶏を導入しておりました。しかしそのカタログに有った卵肉共に優れたスペックと現実の飼育との間には遥かな差があり、実際にはエサをよく食べる産卵数の非常に少ない鶏でした。少なくとも我々のような放し飼いという飼育方法では。

 

そのためこの鶏を導入した2年ほどは慢性的な産卵不足で実際経営が傾きかけておりました。という次第でお金がなかったのは事実です。しかし本当の理由は商品開発における未来を懸念していたのです。

 

何もしないで、一つの商品がずっと売れ続けることはありません。もし販売数維持や右肩上がりを続けているならそれは販売の努力をしているからでしょう。そして加工商品において何より心配なのが飽きられるのが早いことです。

 

プリンという今や国民のおやつ的な商品にしても30年くらいずっと右下がりなのです。その間、製造業者は増え商品数も増えクリームやフルーツを載せたりバリエーションを増やしたにもかからず、です。

 

再々ですが私はかつてコンビニ業界におりました。コンビニは毎週何百という新商品が生まれそして消えて行きます。1年後まで売れ続ける商品は何万分の一でしょうか。

例え余剰の卵を使って作る商品だったとしてもパッケージや容器、加工賃、商品ストック代、売れ残りのリスクなど周辺の費用をペイするにはかなりの努力をしなければならない。また売れないから販売中止という決断をするにしても容器の在庫など備品過多だったりするとそのためにまた商品開発を行わねばならない。行きつく先は商品開発地獄でしょうか。

農業の6次産業化なんて10年も前から農水省が始めて未だにコンテストなんかやっている状況。莫大な借金と補助金を使って加工場を建設し次々に加工品を生み出す農家が増殖しせめぎ合っています。しかし彼らの中でちゃんと借金を返済し終え利益が出ている所なんて本当にあるんでしょうか。

 

素人が農業の傍ら商品開発を続けるのは無理があるため結局商品加工メーカーや、或いはバリエーションを増やすため地域の他の食品を扱って利益を確保する商社のようにならねばならない。行きつく先は背広を着て全国の物販展に走り回る営業マン。

 

道の駅とおわの畦地氏のようです。いいえ、彼らは元々そういうコンセプトの元に生まれたのだから問題ないのでしょうが、私はそんなことをするために農業を始めた訳じゃない。そして商品開発で土産物なんぞ作ってしまっていたら昨今のコロナ禍で喘いでいたことでしょう。

規格外の卵を使って金儲け。なんてちょっと詐欺まがいの甘い文句に惑わされそうにもなりますが、もし本気で金儲けがしたいなら株式投資をやります。私は人間の裏側というか内側の事を知っているので社会の流れが分かる経済の流れが読める。株をやればかなりの確率で稼げる自信があります。でもやりません。その先を知っているからです。

まずは百万円を元手に1千万にする目標で始め運良く稼げた、とします。儲かったら使いたくなるのが心情でしょう。1千万あればそこそこのレクサスくらいは買えますか。別に車に興味はありませんが、例えばです。

 

でも使ったらすぐに無くなってしまう。当たり前ですが。そして喪失感を伴う。ではもう一度、と言って5千万まで増やす。今度はフェラーリいけるか。しかし使ったらやはり無くなってしまう。次は1億円。車は飽きたから田舎にしてはちょっと豪勢な家を建てよう。ガレージつけちゃうか。しかし金が無くなったら貧困の寂しさ。本当は貧困ではなくそれまでの暮らしに戻るだけなのですが。

 

次は10億、その次は50億・・・と果てなく満足しないのが人間の欲望です。次第に株の投資でだけでは物足りず一攫千金を狙って新興ベンチャーなんかに投資を始める。その頃には一日中幾つもの新聞を読みラジオでマーケットプレスなんかを流し続けパソコンのモニターに囲まれてグラフの上がり下がりを血眼になって追い続ける生活になります。

行きつく先は世界の大富豪と同じ。節税の亡者となり努力しないヤツのために使う税金なんぞを取られてタマルものかと大して苦労して稼いだ訳じゃない金を必死に抱きしめる守銭奴になり下がる。きっといつまでも心は満たされないハズです。

 

もっともっと、と金儲けに走るくらいならその時間でプールや打ちっぱなしにでも行きのんびりサウナに入りオバちゃんやオッサンとクダラン冗談でも言うて心身ともに元気。ストレス・フリー。資本主義の妙な労働束縛的価値観に捕らわれない。まさに放し飼い。それが私の生き方だと思っているのです。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 


農業・畜産ランキング

高知県ランキング  

 

うっかり失念しておりました。
 
更新するのを。そういや先々週だったか、あ1/7-9にかけて四万十市は三日連続で雪が降り、しかも凍結しました。最低気温が氷点下6℃だったとか。最高気温も0℃くらいでした。バカヤローな感じですな。
 
農場の方でも水道管やら浄水器やらが凍結→破裂して厄介なことに。しかし三日も連続で雪が降ったのは相当珍しいことで地元のおっちゃんらもこんなことはまずないな、と驚いてました。
 
ここらの方言で寒いことをヒヤイと言うんだけどジーさんらに合わせるつもりで「今日はヒヤカッタですね」なんて声をかけると「寒かったよね」なんて標準語で返しやがる。なんなんだよ、って思いますがもしかしたら微妙に私のイントネーションが悪いせいかも知れませんな。
 
さて、今年は年末に都合が合わず年明け早々元旦に餅つきを行いました。もちろん杵と臼でぺったんぺったんとやるヤツです。ニワトリノニワでは3年前から恒例行事となっており、大体年末に従業員と友人数名を招いております。
 
もしやってみたい方がおりましたら・・・是非自分で杵と臼を買ってやってみてください。暇ならうちにどーぞご参加くださいと言ってあげたいのは山々なんですがなにぶんにもちょーメンドくせーので。今年も何とかメンドクササに耐えながら終えることができましたとさ。
 
あ、杵臼羽釜セイロなど一式で多分10万円くらいで買えるハズ。杵は重い方がつきやすいですがぎっくり腰なんかにならないように。腰痛をお持ちの方は軽い子供用のヤツ、或いは中国で開発されたという餅つきロボットなんぞで代用してくだされ(↓写真参照:ウソ)
 
 
 
 

ま、そんな話はさておき、いつものヤツどーぞ。

今回は金、カネの話です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梅原デザイン事務所 梅原真さま

 

いつも有り難うございます。明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。

 

再び緊急事態宣言が出されコロナ禍の緊張が高まっております。年明けのニュースでは失業者が8万人に迫る勢いだとか。世が不況になると弱者から切り捨てられていく。これで更に派遣切り、パート切りが加速することでしょう。雇用保険制度、大丈夫でしょうか。

さて、と。そんな不景気の最中、世界の富豪ランキングが発表されました。テスラの創業者イーロン・マスクがアマゾン創業者のジェフ・ベゾスを抜いて世界一位になったと。

 

その資産なんと19兆円6000億円也。3位はお馴染みマイクロソフトのビル・ゲイツで3人ともアメリカ在住。そしてなんと三人ともアメリカに9つある所得税ゼロの州に住んでいるそうです。

 

金持ちはケチだというけれど絵に描いたようなドケチ。日本では老後資金が2千万円必要とか言われるけど、それを73万人分も有しているのに更に入ってくる所得の税金を渋るとは。

 

因みに約20兆円(1400億ドル)と言えばインドネシアの国家予算(2012歳入)と同じくらい。つまり発展途上国2.6億人の国を1年間動かすことができる。私が同じ資産を持っていたらインドネシアを買い取って人間はどうすれば幸せになれるかという社会実験をしてみるかな。

 

てなことを話題にするつもりで、件の世間的なことをなーんにも知らない同い年のパートさんにイーロン・マスクって知ってる?と問いかけた所、「イエローマスク?」「コロナに絶対かからないマスクですか!」なんてぬかしやがる。

 

そう言えば80年代に光戦隊マスクマン☆ていうのがあって例によって色分けされたキャラクターの黄色いヤツが「イエローマスク、ハルカ」って名乗ってましたな。

 

で、そのパートさんにはテスラの説明からスペースXからアマゾンからマイクロソフトからの説明を30分以上も話した挙句、一体何の話だったかな?と我を忘れたりしながら説明を終え、あー疲れたとため息をつきながら、

 

「あなたが20兆円持ってたら何に使う?」と尋ねたところ、1位、仕事を辞める 2位、旅行する 3位、美味しいものを食べる だそうです。

 

それそんなにお金要らないのでは?そもそも金を持ったら仕事を辞めて遊んで暮らそうなんて人はお金持ちにはなれないのです。

 

しかし金持ちであればあるほど抜け目なく税金対策に精を出すものですね。自分が払う税金で世の人が救われればそれでいい、なんて考えないものでしょうか。きっと心はいつも満たされていないはずです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 


農業・畜産ランキング

高知県ランキング  

 

あったらいいな、を形にしたものが発明。

 

かのアインシュタインは「複利は人類による最大の発明だ。知っている人は複利で稼ぎ、知らない人は利息を払う」とか言うたそうだがこれを素直に資本主義の金融システムは素晴らしい、なんて思うようじゃ毒されている。

 

複利というのは銀行に預けた元金に利子が付き、更にその元金と利子の合計に対して利子が付く、という言わば雪だるま式に金が増えていくシステムのこと。

 

良く知らんけどアインシュタインの真意は、金持ちが更に金持ちになり貧乏人は金持ちのために利息を払う、という格差社会の行く末を案じて皮肉を込めて言ったのではないだろうか。

 

 

今回は私がテキトーに考えた卵に関する発明の話です。

ま、いつものヤツどーぞ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梅原デザイン事務所 梅原真さま

 

いつも有り難うございます。

 

もう皆すっかり慣れてしまった。感染拡大からの収束も見込めぬ、にも関わらず政府の外出キャンペーンは何故か続いている。この愚かな政府を100年後の日本人はどう見るのだろうか。

 

100年先の未来。何だか閉塞感にも慣れ切ってしまったこのご時世だからこそたまには明るい未来を夢見てみたいというもの。そんな正義感があるかどうかは別としてたまにはエエ加減でフザけた話題で笑ってみたくて100年後、までにきっと実現するんじゃなかろうか、な発明、勿論卵に関する発明をテケトーに考えてみました。

 

「卵に関する100年後の10大発明(9個しかないけど)」

 

○ゆで卵を生卵に戻すレンジ

・・・時を戻そう、な感じ。折角の池田なませんをTKGで味わおうと思っていた娘さん、気が付いたらお父さんが全部ゆで卵にしてしまった時なんかに便利。っていうか「なません」って書いてあるじゃないすか、お父さん。あんたは板東英二か!しかしタンパクの熱変性は高次構造が崩れるだけで一次構造は変化しないからマイクロ波かなんかで振動を与えて立体構造を崩して再編してやればきっと・・・

 

○生卵の賞味期限を10年間にする保存方法

・・・こんなの今でもできそうな技術。生卵は冷凍保存できるし、短期間の冷凍なら少々水分が蒸発して卵白の粘度が上がりプリプリ卵になってむしろ食味が増すというもの。長期間の冷凍保存は冷凍焼けが心配。だがそもそも生鮮食材の冷凍焼けというのは水分の蒸発と脂質の酸化によって食材がカスカスになる現象。だから真空パックで急速冷凍すれば卵のたんぱく質は構造を保持したまま長期間保存可能。とは言え今の技術じゃ10年は難しいか・・・

 

実は、の話なんですが卵はそのものに免疫機序を備えているので腐敗に強いのです。従って本当は一般的な冷蔵庫(4℃未満)であれば1ヶ月以上生食OKと考えられております。しかし市販の生食用鶏卵の賞味期限が2週間程度なのは鶏卵業界の絶対安全基準という訳ですね。

 

○絶対に割れない卵の輸送方法

・・・水の中に沈めてとか超磁場を使ってプカプカと空中に浮かべて、とか。そう言えば昨年発泡スチロールでできた卵パックを開発したとか営業に来た業者がありました。5mの高さから落としても一個も割れないんだとか。しかし1パック200円くらいするとのこと。回収するシステムがあれば使えるんですが。

 

○殻をリサイクルできる卵

・・・これは粉にしてエサとして再利用とかじゃなく半永久的に使えるカプセルの中に産んでもらうヤツ。仕組みは不明だがニワトリさんに頑張ってもらう方向で。

 

○殻まで食べられる卵

・・・上の技術を使えばチョコボールの中身が卵というのも有りな訳で。というか、今でも頑張って食べてる人が・・・きっとそんな愛好者が・・。

 

○食べられる卵パック

・・・リサイクル云々なんてメンドーだ。生卵につけてサクサクっと食べちゃえば良くね?的な発想。いや、今でも頑張れば・・・

 

○ゆで卵を産むニワトリ

・・・温泉卵から固ゆでまで産み分けられる優れモノ。 ※ただしゆで卵の方が賞味期限は短いのでご注意ください。

 

○家庭で簡単に卵が栽培できる産卵キット

・・・カイワレ大根や豆苗のようにパックを開けて水を与えて窓際に置いとけば翌朝から卵が出来てるみたいな。いやいや、100年後には国民みんなが家庭菜園できるような庭があって、その傍らに囲った柵の中に鶏が5羽くらい居て、ですねぇ。

 

○池田なませんの卵かけご飯を食べた気分になれるVR

・・・そんな未来はいらないな。

 

ま、こんなことを考えたのも最近ネットで「草サンダル」なるものを発見して大いに触発された次第。これサンダルのインソールが人工芝でできておりご丁寧に枯れた芝も混ざったコダワリよう。裸足で草原を歩いているような感覚が味わえるんだとか。

 

何だか矛盾とアイロニーを抱えたこのサンダル。どこもかしこもアスファルトで覆われた現代、素足の感覚を味わうのにハキモノを履かねばならんとは。150年前の江戸時代の人が見たらどう思うだろうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 


農業・畜産ランキング

高知県ランキング  

「タダより高いものはない」
 
というコトワザの本当の意味。
 
空から降って来る雨、人間にとって欠かすことのできない水。普段意識することすらない空気。無ければそれだけでハンデを背負いその瞬間から不自由になってしまう、手・足・耳・・・身体。
 
これらは全て天からタダで与えられている。もし買おうと思っても金では買えないシロモノ。そういうことだと銀座まるかんの斎藤一人氏が語っていた。

 

ありきたりだが、本当に大切なものは金では買えない。今回はお金の話。

 

 

さ、いつものヤツどーぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梅原デザイン事務所 梅原真さま

 

いつも有り難うございます。

 

半年くらい前のこと。たまたまテレビで「億男」という映画を見ました。あらすじは、ある男が弟の借金を肩代わりし妻子と別居。昼夜の労働、娘と会うことだけが生き甲斐だった。そんな折、たまたまもらった宝くじで3億円が当選。返済額を遥かに上回る金の使い道に迷い人間として大切なものを見失いそうになるが冷静になり起業して富豪となっていた親友に使い道を相談。彼の導きによってお金の真の価値に気づいて行く、という感じです。

 さて。アメリカの選挙でトランプからバイデン氏に。これでアメリカも落ち着きを取り戻す?かどうかは不明ですが、あの4年間を端的に表現するならばアメリカにおける格差社会への不満の表れと言えるでしょう。

 

アメリカでは0.1%の富裕層が国全体の富の20%を、世界全体においてもたった1%の富裕層が82%の富を独占している状態(2018)です。その対立である貧困層に支持されたトランプ氏はまさに大富豪。しかしバイデン氏も金持ちで富裕層である。更に言えばたたき上げの苦労人として庶民の味方と持ち上げられた菅総理も金持ちならご実家もイチゴ農家として大成功した金持ちである。

 

結局政治家は選挙のために貧困層に媚びたことを謳っているだけで現実を見れば誰が総理になろうが大統領になろうが一向に格差は改善されていないばかりか更に広がりつつあります。

 先月のこと。世界一貧しい大統領として有名な元ウルグアイ大統領のホセ・ムヒカ氏が健康を理由に政界から引退。彼は政治を、国民の多数派である貧困層の利益を守る仕事と捉えており、そのため「金持ちは政治家になってはいけない」として給与の90%を慈善団体に寄付し自ら貧困生活を選んだ。

 

また大統領の仕事は多くの人の話を聞くことであると言って困惑する警備をよそに公園に出向いてはベンチに腰掛けると瞬く間に大衆に取り囲まれるという。彼は言う、「自分は貧しいとは思っていない。貧しい人とは常により多くを望む人たちのことだ。」

 さて、富とは、お金とは一体何なんでしょう。お金持ちになれば幸せになれるという人もいます。ドイツの詩人ブロッケスは「愚者は金を持って死んでいくために貧乏で暮らす。」と言っているがこれを金は使わねば意味がないという意味に捉えるのではいかにも寂しい。そもそも生きるとはどういうことでしょうか、人生とは?幸せな人生には潤沢な金が必要でしょうか?

私はかつて歩き遍路をする際、ガイドブックに必要最低限の荷物しか持って行かぬようにと書かれていたので何度も繰り返し精査した挙句最低限と絞り込んだ荷物を、歩き始めて1週間で段ボール一箱分送り返しました。万が一の予備にと持って行ったモノを全て不要と判断したのです。

 

最後に残ったのは身に着ける衣類の他は水を入れる空のペットボトルだけ。暑い夏でしたがバッグが軽くなりとても快適に楽しく歩けるようになりました。人生が歩くことと同じだとすれば荷物は少ない方が身軽に行動でき道中幸せなのではないでしょうか。

先述の映画「億男」で主人公の親友を演じていたのが高橋一生氏。この映画で彼に興味を持ち観たのが「僕らは奇跡でできている」という2018年のTVドラマ。感想を一言で言えば稀に見る良いドラマ。

 

ざっくり趣旨は、僕ら生物は奇跡のような確率を経て宇宙から生まれて来ている。そのことを小動物の観察という目を通して人間にも当てはめて確認して行き、ゆっくりと自らの自己肯定感を養って行くというもの。人間は、いや生き物は存在することが奇跡なのであり、どのように生きるかに価値があるのではなく生きているだけで価値がある、と。

 

「人間の幸せは自己肯定感によって量られる」 というシンプルな悟りを得ている人がこの世の中に、他にも居るのかな、という静かな喜び。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 


農業・畜産ランキング

高知県ランキング  

機が熟した、

とでも言うんでしょうか。

 

これまでなんとなく日常が続いていたので気づかぬフリをしていたことがコロナ禍で改めて意識下に甦りました。

 

私は政府や経済人やマスコミが揃って言う、所得を増やすことで幸せになれるとは思っていません。このことは人間の本質、生物学的・心理学的に極めてシンプルに考えてみて明らかです。

 

しかし世の中がそのことに賛同し文明の流れが変わるのは遥か先、早くても数世紀以上先になるかも知れません。

 

フランスの画家ゴーギャンが100年前、より素朴で単純な生活を求めてタヒチに渡った際に描いた名作の題名は、

 

「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」

 

本当の自分は一体何を求めているのだろうか?その質問に答えるには既成概念を一旦外しもっと己を深く知る必要があのでしょう。

 

 

ま、ともかくいつものヤツ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梅原デザイン事務所  梅原 真  様 

 

いつも有り難うございます。

海の日やらオリンピックの開催予定日のスポーツの日から始まった7月の4連休。結果的に空振りに終わった一回目?のGo To トラベルキャンペーン。

 

しかし外出が少しは増え消費もわずか上向いてきて7月の小売り業全体の売上前年比-2.8%から若干回復し8月は-1.9%に。その中百貨店の前年比はなんと-22%。お陰で緊急事態宣言が出された4月に続き、弊社の最大取引先であるデパートからの出荷制限がじわじわと広がってきております。

 

ニワトリノニワでは4月から取り組み始めているネットでの直売拡販も5月にピークを迎え様々な努力も虚しく8月には前年同様に戻ってしまいました。が、もし4月に直販の努力を始めていなかったら今頃悲惨な状況になっていたことでしょう。

 

・・・と、ちょっと立ち止まって振り返ってみると。

 

経済やら政治的なものやらに翻弄され右往左往するのにまた疲れている己に気づきます。今私は小さながらも組織を立ち上げそれを維持していくために売上を一定以上にしようと苦悶苦闘している。

 

しかしはたしてそんなライフスタイルが100年先も維持できるでしょうか?環境破壊による異常気象、人だけでなく鶏を襲う未知なるウイルス、欲望を膨らませ自分を見失った人間たちによる経済の崩壊。

 

そもそも私が目指しているのは100年先に残る農業。いや、農業を軸としたライフスタイルの確立、いやもっと本質的に言えば人間の本当の意味での幸せの追求なのです。

 

私は経済では人間は幸せになれないことを既に知っている。だとすればやることは一つ。安定的な衰退、です。

 

少しずつニワトリを減らして自給自足の部分を増やします。人口が減少し経済が減衰しても影響を受けにくいライフスタイルを考え自ら実践して行くことに残りの人生を使いたいと思います。

 

ま、農業を始める前から画は描けているんです。まずは山の中に土地でも・・・と、ずっと探しているんですが見つからない訳です。

 

誰か当てがありましたら教えてください。折角なのでここら辺(幡多)で1ヘクタールくらいの山をタダ同然で譲って頂ける方。是非宜しくお願い致します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 


農業・畜産ランキング

高知県ランキング  

人間は考える葦である。

 

16世紀フランスの哲学者パスカルの余りにも有名な言葉である。彼はパスカルの原理で有名だが覚えているだろうか?正しくは「人間は自然のなかでもっとも弱い一茎(ひとくき)の葦にすぎない。だが、それは考える葦である」のこと。

 

広大な宇宙に比べ人間など取るに足らぬちっぽけな存在であるけれどその思考は宇宙全体をも包み込む。的な意味なのだが、現代人はどうやらその思考能力が失われ始めているらしい。

 

LINEでコミュニケーションを取り、Youtubeばかり見ていると人間が人間である証である思考能力が失われバカになっちゃうぞ!と。そしてずる賢い一部の人間に気づかず操作され票や労働を搾取されて行く。

 

人類にとって進化とは思考することなのか、思考するものとしないものに分化することなのか、或いはAIに思考を奪われてしまう運命なのでは・・・

 

ま、いいや。今月も例のヤツです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梅原デザイン事務所  梅原 真  様 

 

いつも有り難うございます。

日本人の読書離れが指摘されて久しいです。その結果として経済協力開発機構(OECD:2019)の調査によると日本人の学力は数学や科学の能力は世界で6位、5位と上位だが読解力に関しては15位(いずれも37国中)と先進国の中では低い方らしいです。

 

さて先日、「社長みたいに分かりやすく教えてもらえると世の中の事が良く分かる」と、うちのパートさんから褒められ?ました。そのパートさんは私とタメで平日は地元の建設会社の事務職をしています。

 

年が同じということでよく世間話をするのですが新聞も読まず特に関心を持ってニュースを見る訳でもなく、政治も経済も、また自宅の住所ですら・・・いや社会的なことを何も知らないので、今話題になっている政治の問題や経済の問題について何度も言葉を変え言い方を工夫して説明してやっとわかってもらえた上で先述のような言葉が出て来るという訳です。

 

学校の先生は一体何を教えているのか!と今更ながら憤慨する思いです。

 

私がパートさんらに苦労して話、いや解説してあげるのはできれば多くの人にちゃんとした目で社会を見てほしいからです。もちろん分からなそうな人には敢えて話はしません。

 

それにしても社会について関心を持たない人が多すぎると思うのです。多少関心があっても情報バラエティ番組のコメンテーターの意見を鵜呑み丸呑み程度。

 

ニュースで気になった情報から自らネットで調べ、また信頼できそうな人の本を購入して読んだりする人、更にはその情報について真偽の目を持って自分なりの考えを構築する人、まで行くときっと現代人では1%いや何万人に一人も居ないことでしょう。

 

何故そうなのか。

 

社会人になったら会社の下でヌクヌクと仕事の事さえ考えておれば生きて行ける。いかにもサラリーマンらしい考え方です。でも本当でしょうか?コロナ禍のような世界的な危機が起これば大企業でも倒産するし、でなくても会社員なんていとも簡単に整理されてしまうというのに。

 

私は最近48歳になりましたが生まれて以来大きな経済的危機は4度ありました。1973年オイルショック、1991年バブル崩壊、2008年リーマンショック、そして現在コロナ禍です。12年に一度は起こっている。

 

これでもサラリーマンは安泰と言えるのか。日頃から世の中の真理を見極めようと自らの知性を磨いてサバイバルに備えておくべきなのではないか?

 

さて、話は戻ります。

 

読書離れは何が良くないか。読書は読解力を育てます。読解力というのは何も文章だけのことでなく、電話での話やメールでのやり取りなどコミュニケーション全てに関わります。つまり、読書をしない人は人とのコミュニケーションで誤解や無理解を生じやすいということ。

 

そういう人が増えれば社会が成り立たなくなります。ただでさえ相手の気持ちを推し量ることは難しいのに。相手の気持ちが分からない人が増えればイザコザが絶えず、紛争ひいては戦争やテロなどに発展することでしょう。

 

読書離れはコミュニケーション障害をもたらし、戦争へ発展する。即ち読解力を育てる教育こそが戦争を減らす原点なのです。若い世代のコミュニケーションツールであるSNSなどの短文のやり取りでは読解力は育ちません。

 

読解力≒真偽を問う力、という見方をすれば政治家などによる印象操作のカモになるのはそのような読解力のない若い者たちです。実際20代の安倍政権支持率はダントツに高い。ネットでは安倍晋三を「かわいいおじさん」として人気があるんだとか。

 

タレ目でニコニコしてる外見に騙されてホントはトンでもないGさんだ、とは第一印象重視の短絡的なSNS世代には見抜けぬものか。そう言えば仲間内だけ大切にするその姿勢は20代に人気のマンガ「ワンピース」に通じるモノがありますね。

 

とか嫌味言ってみたり。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 


農業・畜産ランキング

高知県ランキング