帰り道はスキップになる♩
心と色の教室   小林りえです

昨日は、カラーメンタリング®︎の指導者コース
だったんです

指導者コースというのは

カラーメンタリスト®︎を養成できる

インストラクターになれるんですね

その前に、
カラーメンタリストさんでは、あったので

それに合わせて

そして、今日からの5日間

自主キャンペーンを張っていた生徒さん

なぜなら、来週、私の授業が終わるので

その前にたくさん
実践しておいて

授業内で私に質問し、スキルをしっかり
身につけたいから。

だそうです。すごくないですかー

感動しましたよー!

まなびのチャンスを最大限に活かす姿勢



私も、はりきりますよ!!


そこで、生徒さん

モニター価格でカラーメンタリングの
フルセッションをネットで
募集していましたら

なんと7名様にお申込み頂き

昨日授業しながらも、
8名めのお客様からのご連絡が!!あってました

すごいですよねー!

連休返上でがんばるそうです

この話だけ聞くと、ガンガン前を走る方
なんだろうなーとイメージされるかもしれないのですが

ご本人は、どちらかというと
静かなお人柄で、控えめな方

最初の頃は
ご自分のFacebookにお顔を載せることも
苦手で、勇気が必要でした

とおっしゃっていたんですね

ですが、

昨年、1年間毎月、
セミナーを開催していたんですね

最初どなたもいらっしゃらなかったり

途中、色々あって
めげそうになったりしていたんですよ

ですが、お客様が
0人でも、会議室をキャンセルしたりせず

会議室を借りた時間

一人でセミナーの練習をしたり

コツコツした動きは止めなかったんですね

そうしたら、少しずつ
きてくださるようになり

お客様の中から色彩心理学を

学びたいという方が現れ

インストラクターを目指すという運びになりました

コツコツの努力が実って

私もめちゃくちゃ嬉しかったです


お客様に背中を押してもらうって

ほんといいですよね

待っていてくれる人がいると、

俄然頑張れますねーー!




私も生徒さんが生き生き活動して

お客様に喜んでもらえている姿をみるのが

たまらない。喜びなんですよ

養成が好きだなー!としみじみ思ったのでした


そして、今

少し前の、この生徒さんのように

セミナーを募集しても誰もいらっしゃらないとか

周りをみて、焦ってしまったり

活動が苦しくなっていたら

コツコツを続けていたら

目の前が開ける日が来ますよー!!

というのもお伝えしたいなーと

思った次第です




・小林りえ プロフィール

・10日間色彩心理学無料レッスン・メルマガ

・コミュニケーション色彩心理学とは?

・メニュー・金額

・お客様の声

・ご予約可能日

手紙お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

 

お友達申請嬉しいです

↓↓↓
Rie Kobayashi
 

 

帰り道はスキップになる、
心と色の教室  小林りえです

昨日は、 
半年ぶりぐらいの生徒さんのレッスンでした

いろんなことがおありになったのですが

明るく笑い飛ばせていてお元気で


何がポイントでしたかー?
みたいなことお聞きすると

「この、勉強をしていたからですよー!
悩んだり落ち込んでる時間がものすごく短かった」

「渦中にいても、
どこか、今の悩んでる私を、外側からみている自分がいて、冷静になれたんですよ。
だから、こじらす前に立て直せたんですよ」


とおっしゃっていて、

そのたくましさに

ものすごく嬉しかったんですよ〜〜

客観視を手に入れたんですねー!!

「勉強していて、ほんとよかったーー」

と言ってくださってました

嬉しいですね。

で、そのあと。


ママ友と電話していまして

起業した時から、応援してくれている友達で

今も、何かとご縁を繋げてくれていまして

ちょうど、ご紹介いただいた方のセミナーが

終わり

そのお礼の報告だったんですが

「りえちゃんは、いつもやる気があって

元気やけど、落ち込んだり、やる気が起きない時

って、ないやろー」

って、話になったんですが。

それも人間らしくなくて怖くないですか笑

いつも、元気ってねぇ

私「あるよ。あるよ。」

友達「どうやって、解消してる?」

私「そーやね。
絶対私を否定しない。ほめてくれる人
に逢いに行く〜〜」

と言ったら、爆笑していました笑笑

友達「りえちゃんを、否定する人っておるとー?」

とまた、えこひいきな発言してましたけどね

ありますよ。こてんぱんになる時も

ありましたねー遠い目

まぁ。これはさておき

今日は、理由なく

やる気が、わかない時何をしているか?

なんですが!

で、こんな時も

この生徒さんと同じで

遠くから自分を見ている自分がおるんですよ

まぁ大丈夫なんだけどなー

という心境で
焦る。不安。

ということは、なくなりました


こんな時って

ただ単純に

バイオリズムだったり

エネルギー不足なことが多いんですよ

身体も意外と疲れていたりしてるんです

なんで、いろんな理由や

証拠を、探したくなったり

こじつけたりしたくなったり

人や、環境のせいにしたくなったり

するんですが。

やることは

ひたすらチャージチャージですよー


エネルギー不足なまま
焦った気持ちで

動き回ると

冷静な判断が出来なくて
必ずといっていいほど失敗するから

じっとして。あえて動きをとめて

養生しています。

・寝たいだけ寝る

・ゆっくり呼吸する

・食べたいものを食べたり

・逢いたい人に逢いに行ったり

・ご飯を、丁寧につくったり

・無心になって部屋の掃除

などなど。ひたすら、きままに出来る範囲で

叶えてます〜〜

とすると、エネルギーが溜まったことろ

ポンって視界が開けまた、やる気が戻ってくる

という感じです

こつは、

やる気がない自分を嫌わないこと!かな

ついつい。元気なときがいい。

絶好調がよいとプラスがいい!

けれど弱っているときの自分も

いいもんですよー

受け入れることができるようになったら

ラク〜〜になれました〜〜

あなたの状態は

ここに出てきますよー!











・小林りえ プロフィール

・10日間色彩心理学無料レッスン・メルマガ

・コミュニケーション色彩心理学とは?

・メニュー・金額

・お客様の声

・ご予約可能日

手紙お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

 

お友達申請嬉しいです

↓↓↓
Rie Kobayashi
 

 


帰り道はスキップで!
心と色の教室  小林りえです

聞いてください!

昨日は、外出している途中、、、
ガスの火をつけたまま?だったような気がして、

目的地についていたのに!!タクシーで
家まで大急ぎで、引き返し

トンボ帰り

鶏肉を小さーな火でコトコト煮ていたんです。

外出前はコトコト料理はいかんですね

しかも、消えていて

なんとかお約束の時間には間に合いました

綱渡りのようでした




気を取り直し

また逢いたくなる人

の続編なんですが。

昨日のブログ記事を読まれて


ジョバンナさんが、

「〇〇ちゃんのお話ですね。

ほんとに嬉しいですね。私も嬉しいです〜〜

リンクもありがとうございます」と

ご連絡くださいまして、

しばし、ほんとによかったと喜びあって

〇〇ちゃんのステキなところをしばし語り。

いないところで、こんなに話題になって!




あーっっ

と気づいたんですよ!

〇〇ちゃん。

すでにまた逢いたくなる人になってるやん〜〜

って。

で、すぐ伝えましたけどねー

そんな、〇〇ちゃんをみていて

また逢いたくなる人。

の共通点に

気づいたんですが



・自分の気持ちに率直だから気持ちがいい
へんに、お世辞とか言わない

・素直でまじめ

・相手に矢印 が向いている
自分のことばかりでなく
相手を尊重したふるまいをする

・だからといって、人優先じゃなく
自分を大切にできる

・心に残る嬉しいことを伝えてくれる

・相手が喜ぶことが自然にできる

・受け入れ体制が万全!!
人を否定しない


があるなー

うーん。まだまだありそうですが

素直!!

まとめると。これにつきます。

あ。あと。


可愛げ!!


年々勇ましく。可愛げ♡をわすれがちになる

ガスの火を切ったか忘れがちになる

自分へのいましめ記事ですー

ではでは!





・小林りえ プロフィール

・10日間色彩心理学無料レッスン・メルマガ

・コミュニケーション色彩心理学とは?

・メニュー・金額

・お客様の声

・ご予約可能日

手紙お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

 

お友達申請嬉しいです

↓↓↓
Rie Kobayashi
 

 

帰り道はスキップに♩
心と色の教室  小林りえです〜〜

昨日は〜〜カラーメンタリスト®︎さんが
誕生したのですが

写真を撮り忘れちゃいました




今年1月から月1ペースで通ってくれていまして

昨日でひと段落だったので、
しばらくお会い出来なくなるなー

と思っていましたら

引き続きお勉強されるとのこと

私の方が、びっくりで。

そして、こんな風におっしゃっていたんです


「これですよねー!私も、ここ目指します!

私。りえ先生に会いたいから!

通って来てるんですね!!

また何か学びたくなる

やはり、人なんですねー!!

私も、また会いたくなる人になれるよう

頑張ります」

と言ってくださったんですよー

嬉しいですねー!




この生徒さんは

月一通ってくださるなかで、

資格取得しながら感情や頭の中が
整理できていったそうなんですよ。

私が通える方法は、ありますか?

というような、率直な

リクエストをくださったから

せっかくなら、カウンセリングを受け続ける

より、通い終わった後。資格になって

提供できるようになった方がいいと思う

と、カラーメンタリング®︎をお勧めしたんですよ

で、ジョバンナさんのファッションもご紹介し


みるみる美しく心も整っていかれたんですよ

嬉しい😆





たしかに、心と色の教室は
こんな感じで
長く通ってくださる方が多いのが特徴です


こんな、経過をたどる方が多いのです。

・最初  心と色の教室に来られ

そんなラクに生きる!考え方あったのか!!

と、知る。

・生活の中で、やってみる!!

・あ。ちょっと周りの景色が変わって来たみたい!すごーい

変化を感じる。しばらくしたら

・あれ?あれ?
なんか変。前の考えに戻ってないか?


レッスン日が来る。
感情や考えを整理でき
そうだった!この感じだ!と修正される


・また生活の中で、選択。行動を変えていく


を繰り返していくと

だんだん、元の思考に戻る間隔が、長くなり

あれ?最近落ち込まない、、、

あれ?すぐ気持ちが立て直せてる、、、

あれ?ずっとなんか幸せ♡な気がする、、、


というふうに。すっかり。

ご自分のものになり

前の考え方をしようとしても、
もはや、わからなくなってる!


卒業!!となっていくんですよ〜〜

で、終わるころには、

あら。資格取得ができていて、
この幸せ♡な考え方を

次にご自分が、
関わる人にバトンタッチできるようになっている!!

そうして、お客様に喜んでもらえて
わぁー嬉しい♡という

ハッピーな循環!!を体験できる〜〜
というわけなんです。



マインドを整えながら

技術を身につけることができる。

という、教室なんですよ〜〜


ただの!資格取得だけで終わらせない

心と色の教室です。←強気やねー!!笑

ではでは

今週も、はりきって参りましょう







・小林りえ プロフィール

・10日間色彩心理学無料レッスン・メルマガ

・コミュニケーション色彩心理学とは?

・メニュー・金額

・お客様の声

・ご予約可能日

手紙お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

 

お友達申請嬉しいです

↓↓↓
Rie Kobayashi
 

 

心と色の教室
小林りえです

昨日お越しいただいたお客様は
生徒さんの受講生さんで

生徒さんが、まだ担当できない講座を
私が任せていただいたんです

子どもさんたちは
それぞれに成人されていて

立派に独立されています

子育てのお話を聞いていたら

・どんなに小さくても1人の人として
尊重してて、ほんとのことを伝えていましたよ!

・たくさん話をしてきたから
大きな反抗期もなく大人になりましたよ!

と言われていて

お聞きすると

アドラー心理学の勇気づけ!

そのもの!の子育てを実践してこられて
ありました〜〜

今でも、子どもさんたちとも

たくさん話すそうなんです

やはり、お互いの気持ちや考えを

確認しあい話すことって大事ですね

話せばわかることいっぱいあります

まるごと認め

ひとりの人として尊重する。

私も我が家の子どもたちで

実践してまいりまして、

小さいときから、言ってもわからないと

子ども扱いせず、やってはいけないことは

なぜだめか?をくどくどと、説明していましたら

納得してくれていたんですよね

その後色彩心理学を取り入れて

思春期のもやもやも、色に助けられてきて

手ごたえは感じているものの

なんせ2人とも学生。

社会人だとどんな感じか??

は未知なんで。

ものすごーく勉強になりました




これでよかったんだーと。

背中を押して頂きました

でも、どこまでいっても

子育てに正確なんてないですよね!

と、笑いあいました

そんなものなんだと思います

子どもは、親の所有物でなくて

ひとりの個人として、付き合っていくと

子どもは、

尊重されたと感じながら大きくなるんですよね

自分の人生に責任をもち

自信を持って歩いていけるようになる

今までの、ご経験を

今子育て中の、不安をもっている

ママたちに伝えていきたいと思っているんですよ

色でお手伝いさせてくださいね






・小林りえ プロフィール

・10日間色彩心理学無料レッスン・メルマガ

・コミュニケーション色彩心理学とは?

・メニュー・金額

・お客様の声

・ご予約可能日

手紙お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

 

お友達申請嬉しいです

↓↓↓
Rie Kobayashi