さて、いつ頃からか電子工作といいますかヘッドホンアンプの開発にハマっておりました。

 

大体一年くらいやってたのかな?とりあえず一通り終わったのでご報告。

 

 

 

 

 

 

多分当時のブログだとこんな感じ。

 

最近はTwitterにお熱❤なんで当高性能ブログはガン無視 まとまってからのご報告をと思ってました。

 

ちょいと腱鞘炎でキーボードをキメる(Enterパシーーン!)のが大変つらたん(ピエン)なので写真を時系列で乗せるからみれ❤

 

 

 

 

 

これは初期ですね。タイマーICである555を昇圧回路に採用、L,C,RとダイオードFETの定数を時間かけて決めてました。

 

あとは発振が発生するとオーディオ用の昇圧回路として使えなくなりますのでノイズの対策、最終的に無負荷の状態であれば

 

電源電圧(5から6V)から大体550VでMAX5mA程度まで取れるようになりました。(効率より低ノイズを一番の目標に)

 

 

 

 

これは試作機1号です。

 

この頃は山水のST-32あたりをアウトプットにしてました。音が変になり低音が出ないし発振するとFETが燃えましたwwww

 

12AX7等の3極でA級アンプ扱いなのでアウトプットトランスの大きさ(具体的に鉄心とか?)が影響したようです

 

わかんねーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは試作機2号

 

この頃になるとほぼ真っ当にアンプになしました。

 

おちゃらけてw復刻版キングパワーでも動作してますw

 

我が大学の優秀な後輩には何度も視聴とご指導を頂いきました。(ハッピーセット氏よ本当にありがとうございます!)

 

ちなみに2019年末に撮影された NHKのドキュメント72時間の秋葉原電子部品を求めて。みたいな感じで撮影されたのは

 

このアンプでした。手に持ってたのはこの2号機でFETの最終的な選定をしてました。

 

もう1年以上まえか~~~

 

 

 

2号機でほぼ回路が決定しました、ですが私はアンプとかオーディオ系の開発は初めて❤

 

色々な人にお試しして貰う必要がありました。

そこで基板化して組み上げてみなさんにご協力頂きました

 

 

そして2020年の夏から秋に掛けて 電子工作マガジンに出すべく執筆。

 

無事に

 

 

 

 

このアンプが記事として載ることができました。

 

あざっす!

 

今の所このアンプは基板も起こしてますし開発費は執筆したおかげでほぼ回収できましたので我がHP、

 

まえ製作所に載せようとしてますが・・・・・

 

腱鞘炎で・・・・❤

 

多分出すとすると1年位は基板頒布になりますがその後はオープンソースハードウェアになると思います。

 

 

おまいら❤

応援してね!

 

お受験第二弾!

 

工業高校卒、電気系理系大学卒としては「電気主任技術者」ってのはかなりの高いハードルであったりします。

 

一応?電気主任技術者の3種であれば簡単であると言われますが4種( 理論、電力、機械、法規 )の科目がありますね(あとはダルいから調べて!)

 

で!2020年度に受験したのですが1科目のみ合格をしました。

 

 

 

 

 

実は今回、勉強時間0分(アフォw)

 

お仕事とか色々ありまして勉強ができませんでしたが1科目合格をしました。

 

科目合格しなければまぁーもう受験しないだろうなと考えてましたが科目でも受かるとチャレンジしないわけにはいきませんな。

 

 

ところで。

 

去年はコロナの異常事態。

 

普段と受験会場が異なるのでしょうね?

 

 

 

 

 

 

 

 

いいですよねwwwwwwww

 

 

第三種電気主任技術者 

試験会場 「オーロラ」の間!!

 

 

いやーさすがに結婚式を上げてる人のよこで受験は不思議な気持ちでした。

 

場所は東京ドームホテルのオーロラの間でした。会場も広い会場でした。

 

2021年2月現在、このクソコロナウイルスの諸特性もだんだんと理解されてきて国民の間でもマスク手洗いなど

 

何がリスクで何がノーリスクか。。。。。。

 

つまりこの受験時「多分来年以降はこういう会場はありえないだろうな」と俺様の光る判断で撮影させてもらえました。

 

受験監視員の人に「多分今後東京ドームホテルが会場になることは無いと思うので写真いいですか?」と聞いたら快くOK.でしたw

 

 

というわけで今年もお受験がむばります!!!1!!!!!!11!!!!!!

 

 

 

ほな、さてさて。高校生から受験し続けた(4回ほど落ちてる)消防設備士乙種6類に合格しました。

 

いやですね?まずすげーブログの毒者のオマイラとはすごくおっひさ~~~な感じかと存じるが

 

2020年初頭から世界中でのコロナウイルス感染症によるパニック。

 

色々な作業が封じられたのもありましたがそんなコロナの広がる状況でも黙々と一人で行える作業といえばそう!

 

受験戦士たるもの国家資格のお受験というわけでした。

 

長いこと「不合格」が続きましたが今回無事に合格をもらえした!

 

 

 

長かったなぁ~~~~

 

というわけで2021年一発目。いってみよー!

久々ですね!? 我が高性能ブログの毒者のみなさま。
 
元気してたか?オレっちはツイッタお熱だったからまーた放置してたぜw ごめんな!
 
ってわけで今回はちと真面目な話題ですので真面目に参ります(*´ω`*)
 
下記写真ごらんくだせーませ。

 

 

車、バイク旧車などをレストアをみなさま多分中学校の技術の授業ですでに体験されていると思います。

 

古いバイクは特に電装系(私が電気屋だから?)が肝でハーネスをすべてキレイにしたい!!!!

 

と思ってもこのウインカーの中の配線。ギボシが純正部品でもでませんよね??(ホンダだけ?)

 

で。今回はそのギボシの購入方法をお知らせします。多分全国のバイク屋さん困ってますよね?自分も困ってましたw

 

今回は「日本圧着端子製造株式会社」様より。我々電子系の開発だとJSTさんといって基板対電線とかのコネクタで知らない人はいません。

 

車の各ハーネスも実はこういった「コネクタ屋」さんが作ってます。パソコンのFANのコネクタも実は買えるんですよ?

 

 

まずはどんなものが。画像を示しますね!

 

 

 

メーカーより通販で買います。真ん中のがソレ。ほかは見たことありますよね?良いギボシはすべてが上手くいきますよ~~

 

 

 

 

現状です。実はこのハマっているLEDを自作するための部材としてヤフオクで買ったスーパーカブ(6V)のウインカー部です。

 

ハーネスは黒ずみクネクネしてますね。レストアラーやお店さんもここを綺麗にしたいと思いますよね~~

 

 

 

 

 

外して圧着していきます。ハーネスの太さ(AWG)は合うものを。工具は適切に。

 

ちとギボシが小さいのですが慎重に圧着してくださいませ。

 

 

電球部と同時に車体側も圧着しました。

 

このギボシも同時に購入できます。続きを御覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

というわけで普通に交換しました。

 

ウインカーはどうしてもパッキンが死にやすくレストア時に「水が入ってサビサビ」ってことがよくあると思います。

 

今回のギボシがあれば!部品取りが無くてもダイジョーブ!!!(*´ω`*)b

 

 

では。

 

日本圧着端子製造株式会社(リンク)

 

↑日本圧着端子製造さまのホームページです。

 

アクセス後に「インターネット販売」へ進んで「JST SHOP」へ。

 

商品検索で”カテゴリー”を選択してください。

 

”カテゴリー”には「連続端子」があると思います。進んでください。

 

 

 

(日本圧着端子製造さまHPをキャプチャさせていただきました(2020年4月15日現在))

 

 

今回は26番の [ ボタンコンタクト ]が該当します。用途はランプソケットやヒューズホルダ。

今写真で示した(圧着作業してたのは)該当品は”形状A”。お使いの車体のサイズを計測し選んでください。

 

ここから先は恐れ入ります。アカウントを作り購入してください。

 

 

今回は仕事で基板用コネクタを探していてアレレレ??????!??って見つけました。

 

ずっと探してましたが見つからなかったギボシ。まさかヒューズホルダと共用とは。。。。

 

他、自動車用ギボシ(オルタネータ用、H4ライト用)各種あります。

 

中国製とかよりは若干お値段あがりますがぜひ!ぜひ試して触ってください。感動しますよ!

 

秋月電子さんとかにも要望すると扱ってくださるのかしら。JSTさん扱いあるし・・・・

 

 

あ、!自己責任でお願いします。

 

間違ったと言われても放置プレイです。この記事は作業「上級者」向けとします。

 

では。ぜひステキなレストアライフを☆!!!

ちは。まえちゃんです。生きてます。とりあえず。ふぅー。

 

本当はブログも書きたいんだけどなかなかまとまった時間が無くって(←言い訳)

 

とまぁ2020年もどうぞよろしこ!

 

で本題です。1月にTwitter側でかんたんなオフ会がありましてどうしてもお会いしたい方が参加されるとのことでお邪魔しました。

 

オフ会はそこそこに(個人的には大変有意義な時間を過ごせました。今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。)

 

オフ会後、友人に会いたかったのでサイタマー(゜∀。)の大宮で待ち合わせ。

 

大宮周辺には結構なハードオフがありまして時間を作ってみるのがある種楽しみに。

 

で!いつもどおりジャンク品コーナー(ハードオフってジャンク品コーナーしか見ませんよね?())でジャンクPCのパーツをいつもどおり漁っておりました。「ん~どーでしょうー。ボクの輪線にあう素敵仕様なおジャンクはあるかな?ん~~~~」とかなんとか。

 

気取ってる場合ではないものがありましたwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

見つけた瞬間に「あ!!!これえ?これえ?ま?マジであばばばばば」って本気で30秒ほど思考が止まりました。

 

この瞬間ではまだなんの基板か浮かんでませんがざっくりと31.75秒ほど経ちましたでしょうか(正確)。

 

画像最後の「ICC1600」の型番を見ました。

 

・基板全体がフェノール樹脂系

・ざっくり70年代

・コンデンサがエルナーの古いケミコン

・ICが通常の型番ではない。したがって特殊用途か70年代初期の電子計算機(いわゆる卓上の電卓)

・ICの配線方法を追ってみると論理演算用等初期のディジタル回路の配線方法。

・"ICC-1600"の記号

・一枚105円wwwww

 

 

まぁゴミみたいな転売ヤーやらトーシロージャッカーにはなんの基板だかわからないでしょうが私は上記の数点を1分ほどで確認し確信。

 

速攻お会計を済ませお支払い→お買い上げ。

 

店を出て私の「キオク」が正しいのか調査をしました。スマホが使える良い時代ですね。

 

 

 

 

電卓ミュージアムさま のここだったり

 

近代科学資料館に展示されている主な電卓 を見てください。

 

バッチリソニーの電卓であるSOBAX、ICC-1600という基板上の型式と合致するニキシー管電卓が出てきました。さらに確認すると

 

Youtubeの分解画像  ここの15分過ぎたあたり。分解している中で同様のロジックボードが出てきます。

 

まさか1970年頃製造された初期のソニーの電卓基板が2020年にジャンクで105円であるとは思いません。

 

この感じだとロジックボードのみでニキシー管等のディスプレイ部は売りに出されなかったでしょう。

 

またパット見、”一般の方”には古臭い基板に黒いゲジゲジが乗ってるジャンクでしょうから価値はゼロですねw

 

ですがこの105円。日本の半導体の歴史の中でド初期の計算機に近いある種の歴史遺産とも読み取ることができます。

 

いじってしまうと二度と入手は不能でしょうから(2019年12月にオークションでソバックスを逃す)下手にいじりたくない。

 

ですがブログ記事として「わかる玄人」にはたまらない宝探しがたまにはあるよ。そんなお話でした。

 

ICの型番も不明過ぎて正直手に余ってますねw

 

大切に保管しましょう。

うむ。諸君におかれては日々の真空管普及活動。誠にご苦労である。

 

諸君の大元帥である。ゴホン。まえちゃんです(*ただし当製作所の審査を通過した美男美女に限る)

 

と、まぁどーでも良いことは良いとして今回。表題の東芝ラジオ「TY-ARP4」をある目的がありヨドバシカメラでこうにゅうしやした(2019年10月22日)。

 

東芝ラジオ TY-APR4

 

ごめんなさい、ほとんどポイント利用だっりします。

 

目的は簡単なリバースエンジニアリングを行い使用するラジオICメーカーを特定すること。

 

これは今作っているラ実験教室ラジオをより簡単正確に着実に鳴らすとなるとやはりディジタルIC(主にDSP)が視野に入ります。ただDSPは高度なRF技術をワンチップICに詰め込むためメーカーも少なく単価も高い。

 

つまり個人メイカーが容易に工作する代物では”まだ”無い。ということ。

今回のラジオ購入は

・大型メーカー(ソニーも購入視野)がラジオでどの程度の許容をしながらどのICメーカーを採用しているのか。

・できればより安価なICメーカーがあれば知りたい(それを採用したラジオならかなりの精度が見込めるため)

 

でついでにまぁブログネタになるやろグヘヘみたいな感じで本日のおめでたい日にたらたらと書き綴るわけでございます。ええぇ。

 

まぁまず画像をば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも2019年の台風19号のあとなのか。ヨドバシAKIBAの為せる技なのか。

 

製造年も新しい「できたてほやほや」な子が来ました(まぁバラッバラにされるんだけどなかわいそーにw)

 

ちなみに「ラジオって高いんだ!」って思ったそこのお前。製造工学とか経営工学学んでこい。

 

最低価格のラジオは780円くらいから。このラジオはいわば”中”レベルのものでしょうか。小型でもかなりの感度で受信してそこそこの出力で手軽に長時間での再生をするのは大変な労力です。過去にナショナルのMircoシリーズがありましたが当時の値段は2k円程度では買えないはず。

 

しかも「ポリバリコン」がそこそこの品質で入手が難しくPCB設計(基板アートデザイン)にも可変容量であるポリバリコンを採用するとなると面倒だったりするのです。

(まぁ真空管ラジオLOVEなボクチャンはマジF○UCKなわけですがねw)

 

で。まぁ本件の本文はここから。内部の構造に入ります。

 

 

 

ってまぁこんなもんだろうと想像はしてましたが随分と最適化されましたね。

ポータブルラジオも「十和田ラジオ」が国内だと有名ですがこれなら国内でなくても製造して輸入しても大幅なチェック体制ナシでOKでしょう。

 

大型のギアはチューニング用のギアで「チューニング」、「チューニングメモリ駆動」を行います。

 

ちなみに現在はバリコンではなく「100kオームの可変抵抗器(ボリューム)」でチューニングを行います。

これは後に示すデータシートPDFをご確認くださいな。

 

 

 

 

 

 

さて、基板上の情報となります。

 

IC1(コントローラーIC)は、

シリコン・ラボラトリーズの「Si4836A10」、音声増幅は「LM4871」となります。AB級モノラルで3W程度まで増幅が見込めるようです。

基板上だと[Model :TY-APR3]となっており東芝エルイートレーディングHP上では生産終了品となっているTY-APR3  と基板は共通なのかもしれません。

 

さて、シリコン・ラボラトリーズ。Silicon Labs。(以下シリラボ)

マイコンユーザだとUSBシリアル変換ICであるCP2102Nがぴーんと来ますでしょうか。

同メーカーはRF系のICも得意として多数のラジオ用DSPICが販売されてます。Digikeyで注文番号を調査しマルツエレック経由で購入すれば割だがですがシリラボ製ICの購入も可能でしょうか。

 

Si4820/24/25/31/35/36 Mechanically-Tuned AM/FM Radio Receivers

Si4836紹介ーページ

 

Si4836-A10.pdf

Si4836のデータシート

 

あくまで”簡単”な調査なので必要な内容はPDFを確認してね♡

 

このSi4836、プロセッサの内部はDSPで信号処理しておりSW行けるようです。

電源電圧は2.0Vー3.6Vまで動作し内部レギュレーターを噛ましており乾電池での最終放電電圧間近でも動作は可能でしょうか。ニッケル水素電池でも感度低下を心配せず安心して使えるのはディジタル信号処理ラジオの利点かもしれません。

 

製品パッケージの「ピタッと選局」はDSPを使っていることに合わせデータシートを見て納得です。

 

特段これ以上の調査を続行する必要は無いので本件は記事はここまで。

 

まぁブログなのであんまり内容のある記事ではなかったですねw

 

あと最後ですがこのLM4871。。。アリエクであるよーな。ほんもんなのかねw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、おっかれっす!↓おつかれっす!↑

 

みなさまのまえちゃんです♡(ココ最近は誰でも良い気がしてきた)

 

 

最近Twitterで「アタイもメイカー界隈に入りたい!ああぁ(泣)」とクソみたいな自尊心ゆえにぶつぶつとつぶやいているわけですが

 

表題、バイク用のウインカー用の球。

 

ほぼ1W(マージン見てるので正確には 0.7W程度見込)で6V と12V用の球です。

 

1球ですが明るくしてます。

 

元はと言えば2011年の「CD125T」のLED化計画から実は今の今まで実験を続けており、当初はゴッテゴテに保護用対策しておりましたが時間を

 

掛けて球切れや電気的なNGが出ないことを確認しつつどこまでパーツを減らせるか。を試しておりました。

 

わかった内容としては6Vの不安定な電装でもノイズ混じりの12Vでもほぼ問題ない。というか安物の中華リレーの内部でかなり吸収してくれるみたいです。良いのか悪いのか・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元はCD125Tから始まってますがその後のCD70をLED化しようとした時、まず使える(LED)球がなくうまいこと自作しましたが

 

光量を取ると発熱するし安定を求めると貧相な電装からなのか。アイドル時は点滅しない。。。

 

現状だと特に6V系の原付きで電球搭載時のウインカーあるあるな「アイドル時や時たまウインカー光らない」問題は

 

ある程度改善できそう(ウインカーリレーの性能に大きく左右されます)

 

あと常時点灯はできません。発熱増大によって壊れます。(実はLEDより内部の部品が耐えられない)

 

今、Rev.Bとして修正中です。 今年にはRev.Bの基板を拝みたいなぁって思ってますがどーだろ。

 

アンプとかロジックツリーとか45Vデコデコもやりたいしなぁー

いつもどおり。

 

風邪を引いてます(ゲホンゲホン)

 

まぁ去年の夏より大体週6でお仕事しておるわけでそれにあんまりよろしくないご飯やら睡眠でよく体が持ってるなwと

 

で帰宅後ちまちま楽しんでる電子工作とホームページ更新。

 

下記に古いDIP型の表示デバイスを載せます。

 

まずはこれをまえ製作所ないで「高解像度写真館」として通電時とかを載せても面白いかもと。

 

アメブロさんは画像アップロードに制限があるのですがまえ製作所は独自ドメイン鯖ですので制限はほぼなし!

 

くっそ高解像度ですので例えばニキシー管のプレート部とか拡大してみてもその造形美が楽しめるかなー??と。

 

今回は日立のCD71等小さめのニキシー管。

 

この球たちはクレカサイズの時計(完全趣味wおっさん分と俺分の2台のみ)

 

を作っても面白いかなと。USB一本で時計セットから動作まで。

 

まぁ今の電子工作がある程度完成したらですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやね?わかりにくいかもなのですが昔の工業製品ってのは造形美が深くってみとれちゃうんですよ♡

 

もし時間があれば写真は撮影したので作ってみたいなと。

 

大学を卒業して金は無いけど時間がちょこっとだけでき始めたから従来の修理のお時間から少しMake!に移行してもよいかな?と

 

 

 

腰が痛えよベイベー(泣) ><

当製作所も2010年から今年でまさかまさかの9年目。

 

実はこのまえ製作所ってのは以前から言っているように手書きで更新してます。

 

そしてそのデータはUSBメモリに作成してそのコピーをFTPクライアントでUPしております、

 

で、今回色々整理してたら2014年頃のバックアップが出てきたので懐かしくなりトップページ+αだけ再現してみました。

 

 

 

 

 

 

おお!懐かしいなり◎◎というかた。いつもありがとう存じ上げます♡

 

え?みたことないよ?という新参もん、ペーペーはくるところじゃねーんだ。ケーレケーレ!(嘘ですよ?これからよろしくです)

 

 

 

こないだも申し上げましたがSNS全盛期。

 

逆にGoogleもそうですが古い情報は得られにくくなりつつある現代。あえてこうして戻して見るものおもしろいのかもしれません