■黒柴ひなた、黒柴あおい、赤柴そら

自己紹介2、みんな7歳

 

■父と3兄弟の歴史

父、犬を飼う~ 犬嫌いだった男が、柴犬3匹と暮らすに至った物語

 

 


お盆が過ぎて一気に秋の足音が聞こえ始めました。
今年は梅雨が長かった分、夏はとても短いものとなりました。


昨日は最後の真夏日になったかもしれません。
強い日差しの中、なぜか犬たちは日差しの下に出ます。
 

暑さに弱いはずなのに?
どうしても日を浴びたいようです。
 

冬ならいいですが、真夏は本当に死んでしまうんじゃないかと思うほど体が熱くなります。
特に黒柴は熱々です。

適度な日光浴は必要なようですが、真夏は気が付いたら家に入るように促しています。
でも黒柴あおいはすぐに炎天下に出ていきます。


この日も3匹そろって日向ぼっこに出ていました。

 

 

気温は32度を超えていたと思います。

ひなた先輩はいつも日陰を選んで座ります。




赤柴と黒柴あおいは全身に日を浴びて座ります。
そこで気持ちよさそうに眠る赤柴




でもひなた先輩はすぐに家に入ります。
いつもの事です。




ひな 「暑いから先いくぞ」

あお 「もういくの?ダメだな」

ひな 「死ぬぞ、ほどほどにな」

そら 「まだ大丈夫だよ!」

あお 「ひな兄は暑さに弱いね」

そら 「そうだね」




あお 「さあ、もっと日を浴びるよ」

そら 「うん!でも、もう無理!」




あお 「えっ?」



あお 「・・・ひとりでもいいもん」





がんばれ!
あおい!

でも家に入ってこい!
ほんとに死ぬぞ!


父が更新
 冬の日向ぼっこは気持ちよさそうです。でも寒いのかすぐに家に入ってきます。

 

冬の日向ぼっこ

ずっとまったりの休日~柴犬ひなあおそら

 

初夏の日向ぼっこ

焼き豚一丁上がり~柴犬ひなあおそら

 

 

柴犬3兄弟ひなあおそら写真集

Kindle版いい感じでした。

 

 

 

【じゃらん】愛犬と一緒に泊まれる宿(ネット予約OK!)特集