ロック片倒しさらにスリット明きだったら? | ヒロアミー日記

ヒロアミー日記

ピンを使わない洋服作り、既製服縫製の洋裁教室
洋裁のちょっとしたコツなど・・・。
  


テーマ:





基礎縫いミシン編 3

 

ロック片倒し仕様  (縫い代幅 1.0cm)

 


ヒロアミーの日記-ロック片倒し仕様1   1、この仕様ははじめに生地を中表で縫い合わせます。

 


ヒロアミーの日記-ロック片倒し2  2、まとめてロックをかけ片倒しのアイロンをかけ完成です。

 

 

ブラウスの肩や脇、夏もののスカートの接ぎ線などに使われる仕様で、この仕様は工程が縫ってロック縫ってロックとなります。

 

洗濯からの機能性を重視したり、デザインでロック片倒し0.5STなどステッチ仕様がプラスされることがあります。

 


                        ヒロアミーの日記-ロック片倒し0.5ST仕様3

 

 


ヒロアミーの日記-ロック片倒し0.5ST仕様4    裏から見た写真です。

 

     ロックの横に0.5cmでステッチをかけたミシン目がみえます。

     ロック上にミシン目をのせたいときはステッチ幅を0.8cmなどにします。

 

さらにブラウスなどで脇スリットの入った仕様のものがあります。

 

 

スリットロック片倒し仕様


ヒロアミーの日記-スリット  

         これは解りやすいように明き止まりのノッチ位置に赤ペンで印を書きいれてあります。

写真はどれもクリックすると大きな画像で見れます。  (実際はノッチのみで書かない)  

 

      ノッチとは既製服縫製の合印のこと。切り込みの合印のこと。

 

 


              ヒロアミーの日記-アイロン  

 

             1、裾(三つ折やヘム折り)を折って、スリット明きどまりノッチ下を三つ折にします。


ヒロアミーの日記-スリット   2、生地を中表に合わせて明き止まりノッチ上を縫います。

 


すごーいポイント

 

  3、ブラウスなどの脇仕様で後ろ片倒し仕様だったら、前身側の1枚の縫い代を明き止まりノッチより上5cmから10cmからノッチ下1.5cmから3.0cmの間にロックをかけます。倒す仕様の反対側をかけると覚えて下さい。                                

               ヒロアミーの日記-スリットロック  

 


ヒロアミーの日記-スリットロック  

 

4、逆側の縫い代の同じ高さ位置からロックを縫って、はじめに縫ったロック(緑の糸)を噛み付き上がっていくようロックします。

 

注意

 

 ブラウスなどで左右ある場合、縫ってくる方向が左右で逆になります。

 後ろ片倒し仕様だったら

   左脇の場合は裾方向から噛み付かせて縫い、右脇は上方向から噛み付かせて縫うことになります。

 


ヒロアミーの日記-スリット完成    5、スリットの三つ折ステッチTを縫って完成です。

 

 

注意

 

 必ず倒し指示の方の反対側からロックをかけます。そうでないと綺麗にスリットが割れて仕上がりません。

 

 

ブラウスの工程になると裾三つ折ステッチが先で、スリットのステッチがあとになります。

 

 

 

ヒロアミー日記への訪問をありがとうございます。ランキングに参加しております。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ  ポチとして頂けると励みになります
にほんブログ村   宜しくお願い致します。

 

 

PC版「ヒロアミー洋裁講座」 ホームページ

HPの方ではロックミシンほどき方 ブログ目次 洋裁ネタをわかりやすく写真で掲載しています。

こちらへの訪問もお待ちしております。

ヒロアミーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス