ヒロアミー日記

ヒロアミー日記

ピンを使わない洋服作り、既製服縫製の洋裁教室
洋裁のちょっとしたコツなど・・・。
  

東京はコロナの感染者が4000人も超える不安な状況下ですがオリンピックで日本選手の活躍を嬉しくお教室はお休みしているのでTV感染しながら仕事をする日々です。

 

今日はあと二つ嬉しい事を書きたいと思います。

 

その一つは鋏を研いで下さるラリー様が新規の受付を再開された事です。

ヒロアミー洋裁教室では半年に1度は皆に募って鋏から家で使っている花鋏や包丁まで毎回50丁越えで研いで頂いているのです。

 

今回も全部で54丁を休み前に出して返ってきた所です。

     

お教室では「先生は鋏の研ぎにだしませんか?」と誰かが言いだします。

そして研ぎに出す鋏等を募るのですが・・・。

毎回この量です。

 

それも最近は、おばあ様やお母様から譲られたものでサビがひどいけど捨てられない鋏を研いで

貰えるかなぁ?と出す人達が増えています。

 

洋裁の小さい鋏や握り鋏もそうです。

 

私も握り鋏は糸が逃げるようになると仕事の効率が悪くなるので、すぐに新しい鋏と交換して

切れ味の悪くなった鋏は捨てられずにたまっていました。

 

私は裁ち挟もにぎり鋏もステンレス派なのです。

裁断はロータリーカッターでは?と思うかもしれませんが、縫い代カットやポケットの角切とかは切れ味の良い裁ち鋏が必須です。

ステンレス鋏の研ぎは難しく研ぎに出しても切れ味変わらずとかの経験がある人が多いと思います。

 

それを感激に変えてくれるのが研ぎのラリー様です。

どんな鋏も切れ味が復活して返ってきます。

たまに、この鋏は「この理由によって研ぎ不可」と書かれてそのまま返って来るものもありますが、

98%ぐらいは完璧に研いで頂けます。

 

東京から宮城県仙台まで出すのは、その感激を味合うためです。

鋏を研いでもらいたいと思っている方は新規受け入れを再開したこの嬉しい情報の今のうちです。

ちなみに花鋏、包丁もお教室の子達は出してリピしています。

リンクを貼っておきますので問い合わせから見積もりに入って依頼してみて下さい。

 

 

 

 

そしてそして、嬉しいお知らせのもう一つは・・・。

ヒロアミー推奨で出した商品がAmazonで少しずつ表示されるようになってきたのです。

 

 

 

まだ検索で表示される時とされない時があるのですが、画面で見れるようになっただけでも嬉しい事です。爆  笑

上の写真は伸び止めテープで検索した結果、検索画面の下の方に出てきた所を撮ってみました。

 

この伸び止めテープは既製服で通常使用されている伸び止めテープです。

家庭洋裁用で無いので50m巻きのため値段だけ見ると割高に感じるかもしれませんが12㎜と15mm幅で使いやすいものなので、お友達と分けて使うとかもお薦めです。

 

白黒2色セットは12mm、15mmとあり水色、茶、ベージュを加えた5色セットなどは少し割安になっています。

 

今回27品目を出しています。

時間が出来たら、ヒロアミーのHPの方ではすぐに探せるページを作ろうと思っています。

今後も反映された時にご紹介させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

ヒロアミー日記への訪問をありがとうございます。ランキングに参加しております。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ  ポチとして頂けると励みになります
にほんブログ村   宜しくお願い致します。

 

 

「ヒロアミー洋裁講座」 ホームページの方ではお教室見学申し込みのFAX番号が記載されています。

HPの方ではブログ目次ロックミシンのほどき方洋裁ネタをわかりやすく写真で掲載しています。

こちらへの訪問もお待ちしております。