宮城仙台☆マツダ製麺☆生ラーメン

宮城仙台☆マツダ製麺☆生ラーメン

宮城県仙台市にある『生ラーメン専門』の製麺業者です\(^o^)/
麺にこだわって45年!『日々是研究』の精神で奮闘中!
メーカー目線のちょっとマニアックなブログです。


テーマ:

  私がこよなく愛している

富谷カントリークラブのある朝。

 

間もなくスタートしようとしている

ティーグランドのそばでの会話。

Aさんと

経験1年半程度の若いキャデー。

 

(Aさん)

  「もう、一人前だね!」

(若いキャデー)

  「いえ、まだまだ二人前です。」

 

会話を聞き流しながら

    ティーショットを打った。

ストロークを始めた瞬間

    頭の中がピカッとした。

それを言うなら

  「いえ、まだまだ半人前です。」 

球はあさっての方に飛んで行った。

 

しばらくの間もやもやした。

   何を悩んだかと言うと

球が右に飛んで行った。

   「あさっての方」と言う。

真ん中に飛んで行った。

   「ナイスチョット」と言う。

左の方に飛んで行ったら

   「おとといの方」とでも

言うのだろうか。

考えてもわからない。

本当はどうなんだろう?!?

 

馬鹿なことを考えていたら

   2打め 失敗

   3駄目 失敗でした。

  「まだまだ、二人前です。」

 

ちなみに、

この「若いキャデー」は

男の子でした。


テーマ:

人生、長く生きると

心にも、体にもひだ(しわ)が

増えていきます。

そのうち、しわとしわが

重なり合って「しわあわせ」

それが、なまって

 「しあわせ」

そんなこと、あるわけないか。

 (脳は天気で、外は雨)

本当のところ

「しあわせ」ってなんだろう。

みんなで「青い鳥」を読んで

考えたらどうでしょうか。

 

人生の先達(たんなる年寄り)

として人生論をひとくさり、

でも、中身は過去の自慢話

はたまた、今どきの若いもんは

になりそうなので考えただけで

止めました。

 

話題を変えて自民党総裁選。

安倍さんに日本を任せて

大丈夫だろうか。

(一例として)

零細企業の社長の考え方は

 社員を大事にし

 話もよく聞くが実行はしない。
 社員に対して嘘はつかない。

 でも、本当のことも言わない。

 一段高く居る感じで接する。

安倍さんの国民に対する

接し方も似たようなものがある。

 もりそば、かけそばの味が

    どうだったのか

  いまだ、報告が無い。

 

改憲が必要だと付け足した

ようにいろいろ話している

本当のことは言っていない。

真の目的は隠している。

  安倍さんは

自分自身の考えの本質を

絶対言わない。

言わないから嘘もついてない。

 

ふと、わが身を振り返って

私は社員に

信頼されているのだろうか。

 

社員の幸せってなんだろう?

国民の幸せってなんだろう?

  
安倍さんは

信頼できるのだろうか。

 

(おまけ)

今回の総裁選の話題は

 「地方、地方、地方の時代・・・ 」

これを聞いた私の頭の中は

 「痴呆、痴呆、痴呆・・・??」

私の周りにも

地方議員が何人かいます。

 

(ついでに)

今朝の河北新報朝刊

8月28日一面左のトップ

問う、論じる」は全面的に

   (いいね!)でした。

興味のある人は

ぜひ、読んでみてください。


テーマ:

   (食感の表現) 

   これは本当に難しい。

  何回考えても難解です。

本当にいいかげんで適当な話に

なります。文章にもなりません。

 

「つるつる」と一つの表現でも人

それぞれに心に描くこと、感じる

ことが千差万別です。

 得意先と打ち合わせの時もその

心の中をのぞいてみたくなります。

結局、あいまいにお互い納得した

ような顔で終了となります。

 

(つるつる)

口当たりがよく、つるっと胃袋へ。

(誰かの頭を思い浮かべている)

(雪道を想像している)などなど

(こりこり)

  糸こんにゃくの様な食感。

(もちもち)

  餅を食べてる感じではない。

(シャキシャキ)

  歯切れがよく、歯に粘らない。

(しこしこ)

  ・・・ ・・・ 。

なにか別のことを考えてませんか。

 

最近のテレビレポーターはもっと

大変な表現をする。

(レポーター)

「夏の砂浜のように刺激的

な味!強烈なラーメンです。」

  
「このラーメンは秋空

のように突き抜けた味です。」

 

皆さん、この表現を聞いてなん

となく想像できても、具体的に

どんな味なの絶対分らない

でしょう。でも、わかったような

顔をして終了となります。

 世の中、いいかげんです。

 

マツダ製麺ホームページはこちら

http://www.matsudaseimen.jp/


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス