初の試みの読書会をやってみました。
画像
「虐待・親にもケアを 生きる力を取り戻すMY TREEプログラム」

森田ゆり 編著

 

虐待・親にもケアを 虐待・親にもケアを
2,592円
アマゾン

 

虐待のニュースを見るたびに、

何かできなかったのかと思う人は少なくないと思う。

でも、親や制度や所轄の人を責める意外に、自分に何ができるのかをつかんでいる人はどのくらいいるだろう。

 

虐待された経験のある人、

自分のやっていることは虐待なのだろうか、

自分もいつ虐待に至るかわからない

あれは虐待だったといってもいいと思う

 

わたし自身もおなじグラデーションの中にいる当事者として
この世界からできる限り暴力をなくしたいと願う市民として、右往左往している。

右往左往の一環として、この本を買ってみたが

一向に読めずに積んでおいた。けれど読書会なら読めるかも?と思い立ち、仲間を呼び掛けてみた。

そうしたらSNSで、手分けして読んで、担当した章の要約を発表して話し合う。という方式を教えてもらった。

 

ABD(アクティブ・ブック・ダイアローグ)という手法、こちらが公式サイトです。

これを参考にしつつ、時間や発表スタイルは自由に、

担当したい箇所は手挙げ式で、2,3,4章の担当者が決まり、

私はなんとか「はじめに」と「1章」を読んで要約してみた。

 

4名のメンバーで、ゆっくりと、時間制限にあまりこだわらずに進めていったら

3章まででタイムアウトになった。

 

でも、十分、一度に消化できる量はこれが限界、くらいに濃い対話ができた。

 

学びのシェア会でも実感していることだけれど

他人のフィルターを通った理解をシェアしてもらうのは、なかなかよいのですよ。

例えはあれだけど、

噛んでもらった離乳食・・・?

 

いったん、他者による要約を聴いたあとで

きっと自分が読むときも、初見よりもっと楽だろう。

 

そして、各章にまつわる感想、気づき、経験などがシェアされたことで

それが、紙に印刷された活字でなく

生き生きとした物語として本の中に感じられる。

自分以外にもおおきなことを考えては胸が苦しくなったり、

右往左往したりしてる仲間のいることの、希望よ。

 

おなじ本での読書会、12/8午前にもやります。
4章以降の読書会は、12月後半か、1月に開催予定。

タイトルにしたように、虐待された子どもの保護&ケアや親のケアには

専門の方の力は不可欠だけど

 

なんとかしたいと思う一般市民(さらにできれば関心のない人まで)がどれだけ、

虐待、暴力のメカニズムと

支援のベースになる考え方を知ることができるか、は

専門家の人員増と同じくらい重要だと私は考えています。
読書会、いっしょにやりませんか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下募集中です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

金土夜または土日朝コース、来年スタートの平日コースも募集中 カウンセラーズ・ゼミ
 

12/3月 オンライン読書会「虐待・親にもケアを」

 

12/7金 新月のココロカフェ・オープンクラス

 

12/8土 オンライン読書会「虐待・親にもケアを」


12/8土 映画「沈没家族」を観てかぞくについて話そう!@横浜Umiのいえ

 

個人カウンセリング

ライフワーク・コンサルティング
 

ラブレターお問合せ・お申込みはこちらから