我が家の流しの排水口が詰まりました。
家にあったスッポンでガコガコやったけどどうにもこうにも流れないので

不動産屋さん経由で業者さん呼んでもらいました。
業者さんはスッポンを携えてやってきて、ガコガコやって、

「だいたい流れました」

と言って帰っていきました。

 

業者さんが帰ってからしばらくして、

浴室の排水口から

水が逆流して洗い場に汚水がたまっているのを発見。
詰まった何かは、そっちへ行った様子。

image

しばらくすると水が引くので、

だましだまし節水しながらバスタブの中でシャワーして、
栓を抜いて逃げる。という方式をとりながら、

私は朝から晩まで1日イベントに出かけてました。夫に不動産屋さんへの連絡を頼んで。

夜になって帰宅したら「業者は休みだから来れないって」とな。

 

娘からは「○ラシアンを呼ぶ!困る!!」とせっつかれ、

不動産屋さんに「とにかく見に来てください!」
と強く言ったら、やっぱりスッポンを持って現れた。


1時間くらいガコガコやって、なんとか水位が引いて、

翌日業者を呼びます、とのことだった。
不動産屋さん、大変だな。

 

翌日、業者さんがまたスッポンを持ってやってきて、

浴室をガコガコやって行った。
(結局スッポン以上のことはやってない気がする)

 

いまのところ流れてるけど、


浴室と洗濯機の排水口から逆流した下水臭で、どんよりしている我が家の風呂周り。

 

アルコールで掃除しながら、いろいろな思いがわいてきます。

 

地震や水害で、こんなもんじゃない被害がいま日本にあって、

生活の場の清潔や秩序や安心を損なわれた人たちがいて

いまもまだ、生活が回復してない人たちがいる。

便利さが失われるだけでなく、すごく精神的にダメージがある。

いま私のうちにあるこの何百倍ものダメージを想像しました。

 

ダメージとそれを修復する仕事について、も考えました。

 

詰まる。壊れる。
配管業者さんは、詰まりをとり、

建築業者さんは、壊れた建物をまた作る。

 

私の仕事は

形には見えないけど

気持ちの詰まりをとり、流れるように機能するようにする仕事。
詰まらない、詰まりにくい使い方、
汚水が溢れないような日常のケアを伝えることもその仕事。
スッポンみたいな、ハンディでアナログで電気もいらない道具が「聴く」こと。

使い方にはちょっとコツがある。

 

でも、気をつけてても、

ダメージは

外的な力で突然受けることがある。

理不尽に。

 

そんな時には大掛かりな工事が必要になったり

避難が必要になったりする。

スッポンでどうこうできるレベルではない。

 

建築業者さんも

配管業者さんも

スッポン名人も
どのレベルの担当も必要で、すべてを兼ねる必要もない。

 

私はスッポンを手に、腕を磨きつつ、スッポンの使い手を増やすことを担当します。

 

(あ、実際のスッポンはそんなに上手に使えてません、たぶん)

 

そして、被災地域の1日も早い回復を祈っています。

その途中でも10年後でも、この日の気持ちの詰まりを、

聴ける人がそこらじゅうに居る日、のために、目の前の仕事をします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下募集中です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9/26水 スタート カウンセラーズ・ゼミ
9/29土 ブライト・リスニング入門講座@中野
12/22土 スタート ブライト・リスニング本講座@渋谷
 

個人カウンセリング

ライフワーク・コンサルティング

 

ラブレターお問合せ・お申込みはこちらから

 

アメブロさんの新機能?
3年前の記事。

3年後の今日は、リスナー説明会でした。
仲間がいて、新しい仲間に、それぞれの言葉で、リスママのこと語ってくれました。
日本以外にスペインやホノルルから参加して下さった方も!
街頭で配られるティッシュほどにはまだ浸透してないけど
コツコツと続けているよ。
もうすぐNPO法人になるよ。
3年前の私に教えてあげたい。

9/10の月曜から新月と満月のココロカフェ3か月実践コースが始まります。

9、10、11月の3か月かけて、自分自身のココロの声に耳を傾ける筋トレ。
 

≪スケジュール≫ 
 ★全日程 ZOOMを使ったオンライン開催となります★
 ※ZOOMはウェブ上の会議室です。無料で利用できますし、1クリックで

  手軽に参加できます。ネット環境があれば世界中のどこからでも参加OK!

 

新月9/10(月) 
満月9/25(火) 
新月10/9(火) 
満月10/25(木)  
新月11/8(木)  
満月11/22(木) 


以上1クール3か月間です。

 

最初はわかったようなわからないような?でもとにかくやってみる。
2クール目はあれ?これってよくあるパターン?がわかるかも・・・・
3クール目でこういうことか!これをつかめば叶うのか!!

 

というところまで到達すると。。。。

この年末年始、お休みの過ごし方が変わってきますよね。

2019年の抱負も、変わってきますよね。

9/10を逃すと、スタートするのは2019年の1月になります。
気になっているならば、今年のうちにトレーニング始めて

新しい年を、よりパワフルにしていただきたいなあラブラブ

と思います。

 

自分の願いに無頓着だと、

逆に他人の持ってるもの・やってることがうらやましくなります。

無駄な欲・煩悩に苦しめられます。

でも、自分自身とのコミュニケーションが円滑で

自分が自分の味方になってあげられると

必要ないもの、に反応しなくて済むようになります。

 

余計な交流

余計な散財

余計な努力
余計な焦り
余計な劣等感

どれもいらないんだキラキラ

 

自分のことがわかるととっても身軽になります。

 

そして、

 

これだけは逃しちゃいけない

これこそが行くべきイベント

この人ともっと交流したい

この買い物は後悔なし

 

とチャンスをつかむアンテナと握力がつくわけです。

そして、

これがとっても嬉しいことに

他の人の幸せを祝福し応援する力も上がるんです。アップ

 

自分が願いを叶える喜びを知っているから

自分ができるって知っているから

 

あなたにも起こりますように
あなたもできるって知ってるよ。

 

こんな人で世の中があふれたら、超ラブリーじゃないですか。

 

だからお伝えしています。
特に、

仕事や家庭で
若い人、子どもと関わる人には特に特におすすめしたいのです。

 

まだまだ、

本当にやりたいことをやっている大人を見てない子どもは多いと思います。

どちらかというと、大人は疲れていて我慢していて諦めていて、

子どもにも我慢を強いてくるように見えるんじゃないかな。

夢を叶える・応援する人口を、ヨコに増殖させつつ、タテに次世代を応援していきましょう♪

この前のブログに書いた言葉
 

もたらされる幸せに気づき、味わい、分かち合い、

自分自身で選び、創り出し、また分かち合う。

その輪を広げていこう。

 

お申込み・詳細はこちらから。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下募集中です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9/8 聴くプロ研vol.6オンライン
9/10スタート 新月と満月のココロカフェ・3ヶ月実践コース
9/17 思春期と更年期のお話会@こぶたカフェ
9/26スタート カウンセラーズ・ゼミ
9/29土 ブライト・リスニング入門講座@中野
 

個人カウンセリング

ライフワーク・コンサルティング

 

ラブレターお問合せ・お申込みはこちらから

 

親になる資格

昨日はニコニコ生放送の田房永子さんの番組
「毒親チャンネル」にゲスト出演させていただきました。

こちらから、会員登録すると9/13まで観られるそうです。
 

新刊についてはまた別記事で書きますが

トークテーマだった「毒親家庭で育ったのになんで子どもを持つ気になったの?」

について、
話し足りなかったことをブログでも少し書いてみようと思います。

 

まず、「毒親家庭で育った」についてですが
自分がそうかと問われるとなんだかすごく違和感がある。


実際の両親の言動がどうだったか、
その時自分がどう感じて、その後の人生にどう影響したか、

ということと、

「毒親家庭で育った」という言葉の間になんかゆがめられるものがある。

 

田房さんの「母がしんどい」「しんどい母から逃げる」には全く違和感がない。

しんどさがこちら側にあって、相手を断じているわけではないので、ずれがない。
毒親というレッテルを貼ることは、
なんというか、事実や実感を扱いづらくする。
心理的な対立を生む。攻撃性がある。
言動の責任をすべて個人に負わせてワルモノにして完結しやすい言葉だ。


この攻撃性こそが、

「自分には子どもを持つ資格がないんじゃないか」

という思いを生ませていると思う。

資格ってなんだ。

 

みんな資格好きだなあ。

 

「持ちたくない」というならそれは自由だと思う。

「持ってはいけないんじゃないか」なら、その「いけない」は何を含んでいるのか、について

聴いてほぐして消化したあとでまた考えてもいいと思う。

「子どもを持つ勇気がない」

「子どもを持つ自信がない」

 

こんな言葉もよく聞く。

結婚していても。

 

どんだけプレッシャーのある行為になっちゃってるんだろう。

 

ヨチヨチとでも、ヨロヨロとでも、社会みんなで育ててくれるから大丈夫だよ、

と言えるようになりたい。

 

実際、私の娘二人は現在進行形で社会が育ててくれている。
自分の不十分さ、には折々に辟易しながらも、周りに感謝している。

可愛い人たちが一時期ともに暮らせたという恩恵。

 

誰もが「自分の」「血縁の」子どもを持たなくとも

子どもたちや若者たちに個別に関わる機会をもって

育みながら大人も育まれていく、ことができたらと思っている。

 

少なくとも、自分が「生まないでくれたらよかったのに」と思ったことはない。

生き続けるのがしんどく感じたことはあったけど

だからといって生まれたことを後悔したり恨んだりすることはなかった。
 

それで自然と子どもを持ち、自分なりのかぞくの形を模索し続けてるんだな。

あ、そうだ、

「しんどい要素がいくつかある家庭で育った」からこそ

「しんどくない育ちかた、暮らしかた」を模索することに興味関心がある。
「家庭がしんどくならない社会的インフラは何か」
「子育てがしんどくならないために必要なものは何か」に興味があるし

試行錯誤をしている。

 

私が「無資格カウンセラー」であり続けるのも

「話を聴くのに資格はいらない」という立場を取り続けたいというのがある。

(資格試験に全く向いてないというのもある滝汗
有資格者が就くべき職業、役割とは別に

診断も治療もせずに話を聴く人、が必要だと思っている。

 

だから、親も、

子育ての専門家

立派な人格者

になる必要はなく

そばにいてともに暮らし慈しむ個別の関係を作る

その役割を担うのだと思う。

 

しかも、なるべくなら複数の大人で、

子どもとの関係を作れたらいいと思う。

 

「親が社交的でないとですよね」というコメントがついたけど

そうでもないと思う。

そこは、親が社交しなくても子どもが

たくさんの大人の慈しみを受けられる仕組みがたくさんできたらいいと思う。
私にとっては、保育園は本当にお世話になった。
そして沈没家族(シェアハウスでの共同保育的な暮らし)。
 

すべての親には毒性があるので

一定年齢以上は、一定距離を保ちながら

他人からの解毒を受けながら
親子のつきあいができるのが理想ではないか、

というのが私の考えです。
産んでもらって育ててもらっての感謝と、親には毒性があること、は両立する。

 

「毒親」というレッテル貼られるべき人種がいるわけでなく
「親」の「毒」で子どもの成長を阻むことなく、育まれる社会の器、が必要なのだと思います。

 

思春期に反発が出るのは

「ちょっと、それ毒!」「近い近い!」と子どもからのサインだと思います。
日本の思春期がひどいのは、社会全体の抑圧が強いから、というのが私の考え。
保護しながら距離をとるって、なかなか難易度あるけどね。だから他人との関わりが助かる。
この話はまた今度。

 

ニコ生、面白かったです!
視聴してくださったみなさま

田房さん、ゴマさん、ありがとうございます!

 

この番組をきっかけに、また対話ができたら・してもらえたらと思います。

 

image
かぞく旅行2018。みんなありがとう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下募集中です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9/8 聴くプロ研vol.6オンライン
9/10スタート 新月と満月のココロカフェ・3ヶ月実践コース
9/17 思春期と更年期のお話会@こぶたカフェ
9/26スタート カウンセラーズ・ゼミ
9/29土 ブライト・リスニング入門講座@中野
 

個人カウンセリング

ライフワーク・コンサルティング

 

ラブレターお問合せ・お申込みはこちらから

 

 

 

 


新刊「お母さんみたいな母親にはなりたくないのに」が出たばかりの
田房永子さんにお誘いいただいて、
明日、9/6(木)14時~ ニコニコ生放送にゲスト出演させていただくことになりましたベル

前半は登録なしで無料で観られるので、
ぜひ観てください!よかったら後半もねウインク

新刊のことと

 

 

田房さんのWeb連載でいま話題の
「いい子シーソー」のことと

テーマとしては
「毒親家庭で育ったのに、なんで子どもを持つ気になったの?」
だそうです。
いいですねえ。
田房さんのツイッター

私は、親からは基本誰しも一定の毒素が出てるというか
子どもの育ちを阻む要素はどの親子にもあると思うんです。
だから思春期があるし、一定年齢以上になったら適性距離をとっていく必要があるという考えです。

あとね、立派な人だけが子を持つことを許されるならもう人類滅びる、とも思います。

どんな環境に生まれた子どもも健やかに育つ社会インフラが必要だし
もっと身近な話でいえば、実子にはひどい大人が、
他者の子どもにはすごいサポートになることもあるわけで
相互に解毒しあって大人も子どもも育みあうのが社会だよねというスタンスなのです。

ニコ生初出演!わくわく。ラブラブ
田房さんともゴマさんともお話できるの超楽しみです!
で!

 


海辺で見た、変な実。
へんてこな実も、麗しい実も、それぞれに愛らしいよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下募集中です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9/8 聴くプロ研vol.6オンライン
9/10スタート 新月と満月のココロカフェ・3ヶ月実践コース
9/17 思春期と更年期のお話会@こぶたカフェ
9/26スタート カウンセラーズ・ゼミ
9/29土 ブライト・リスニング入門講座@中野