子宝カウンセラー・管理栄養士の笠原ルミ子です。

 

 

 

自分でもびっくり、私はHSPだった。

HSPとは…

https://blog.counselor.or.jp/business_p/f506

 

 

今日は自分の中でたくさんのことが繋がった一日だったのでブログに残しておきたいと思い、これから書きつづっていきたいと思います。

最後までお読みいただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、「世界一受けたい授業」という番組で

HSPについて放映されていました。

 

 

私はもともと、人の目を気にしやすかったり

自分に自信が持てずにずっとモヤモヤしていたり

ちょっとしたことですぐ泣いてしまう傾向がありました。

 

 

 

 

 

私は三姉妹の末っ子なので

甘えん坊だったり

いつも誰かに助けてもらうことが多くて

 

 

 

 

 

 

新しい事に挑戦することに

勇気がでず

 

 

 

 

 

 

 

自分の意見よりも

誰かの意見によって

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の人生を決めてきたと言っても過言ではないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理栄養士という職業も

高校の恩師に勧められたもので

 

 

 

 

 

 

 

 

高校時代

食について勉強したい、という信念などは

 

 

 

 

 

 

恥ずかしながら

正直ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校時代は

過食で激太り。

最高70㎏に達したこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太ってしまったことで

自信は更に低下。

 

 

 

外見にも

内面にも

目を向けられず

 

 

 

あの時は

なんか辛かったな~という記憶しかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学になっても

社会人になっても

 

 

 

 

なんか変わりたいけど

どうしたらいいのか分からなくて

 

 

 

 

日々淡々と生きていたように

感じます。

 

 

 

 

社会人になり

人間関係にもものすごく悩み

 

 

 

 

半年で仕事を辞めてしまったことも。

 

 

 

 

相手の態度が気になり

その態度の原因は全て自分のせいだと

思っていました。

 

 

 

 

たとえ自分とは関係のないことでも

自分がこうしていたら違ったんじゃないか、

とか

自分が気が回らないからこうなったんじゃないか

と感じて、自分で自分にストレスをかけていたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

でも

どこか自分を信じて何かしてみたい

自信を持って仕事がしたいと感じて

 

 

 

 

 

 

 

今の起業をすることに決めました。

 

 

 

 

 

 

 

不妊であることで

辛く感じていた自分。

 

 

 

不妊で苦しんでいる人の為に

自分が役に立てることが

あるんじゃないかという気持ちで

 

 

 

起業の勉強をするも

思うように活動ができず

 

 

 

自信を失うこともたくさんありました。

 

 

 

 

そして自分が不妊で悩んでいる方に対して

どんな風に関わり、役に立てるのか

 

 

 

 

色んな方から意見を聞いたり

それを自分事としてかみ砕きながら

やってきましたが

 

 

 

 

なんか「しっくりこない」

 

 

 

 

 

と感じていました。

 

 

 

 

 

 

でも今、この瞬間に

「やっとしっくりした」出来事がありました。

 

 

 

 

 

私自身がHSPであるという自覚をしたこと。

そして、まさに娘もその傾向があるということ。

 

 

 

 

 

そして

クライアントさんにもその傾向がある方が

多いということ。

 

 

 

 

 

なぜHSPだと自覚する必要があるのか。

 

 

 

 

 

それは、

自分の傾向を知れば

ストレスを感じにくい環境を

自分で作っていけるし

 

 

 

 

自分が心地よいことを

たくさん積み重ねていくことで

ストレスによる不妊を改善して

 

不妊を通して

人生が豊かになることが

手に入れられると思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、子供ができないからと

悔やむ自分でいるより

 

 

 

 

自分の性質はこうだから

とまずは気づくことで

 

 

 

 

授かる近道を見つけられるよ、と

いうことが私が伝えたいことであり

 

 

 

 

自分の使命なのかなと感じています。

 

 

 

 

 

これからは

 

HSPで悩む女性の為に

HSPに気づき、

前向きに妊活できるよう

 

 

気持ちを新たに

サポートさせていただきます。

 

 

 

 

 

私の思ったこと、感じたこと、決めたこと

をたくさん書いてしまいましたが、

最後までお読みいただきありがとうございましたクローバー