二郎のしょうゆは、カネシでした

二郎のしょうゆは、カネシでした

ラーメン二郎に魅了された者のブログです。

ニンニク入れますか?

二郎以外の事も書くと思います。。。

NEW !
テーマ:
タイから帰国した週末。
ラーメン二郎神田神保町店へゴー!!


最高気温32℃だったバンコクから、氷点下の朝を迎えた東京。


朝9時40分の到着。
11時のオープン待ち12人(^_^;)
皆さん早いですね。。。


さすが屈指の人気店。
寒さなんて関係ないのかな...
むしろ真夏の暑い時期のが行列は減る模様。

店先の第一集団から離れた、この第二集団でウエイティング。

寒さ耐性のある自分でも、さすがにタイとの気温差もあり、じっと立ってると寒い。。。

小雪が舞ってきたやん(@_@)

オープン時間が迫り、助手の神保リアンさんが列整理。もうすっかりベテランのオーラ♪


精悍な顔つきに、燦々とした瞳。


丁寧な口調に、凛々しい立ち居振る舞い。

二郎ド真ん中の「ラーメン二郎神田神保町店」以外では似合わない男かもしれない。


6人ロット総入れ替え制。
1時間30分並んで入店。

指先まで水色に冷え切ったぜっ!!


店主さんは相変わらず丁寧な麺上げ。


カウンターに阻まれて厨房の丼が見えなかったので、軽く立ち上がって覗き込み、丼の麺量を確認。。。

どの丼も盛り上がっててやっぱ多いな(^_^;)
覚悟を決めていざ!!


ラーメンラーメン @700円
ラーメン薄味
ラーメン野菜

美しい。
惚れ惚れする盛り。
まさに正統派。

ただ、、、


野菜に隠れて麺はこんな盛りになっている...

クリアな液体アブラ入りスープが、ひったひたに注がれてるのも神保町らしい( ̄∇ ̄)


麺。
立ち上る湯気を切り裂きながら天地返し。
出るわ出るわ(@_@)

兎にも角にも、1本1本の麺が美しい。
一糸乱れぬ端正整った麺。

茹でる前の麺を見ると、かなりの低加水で打ったと思われる骨格をもった状態で、その麺をジャストのタイミングで茹で上げられ完成。

この乾燥する冬場。
加水量の調整が難しいだろうが、神保町らしい低加水のミッチリした麺を、ここまで端正整えて仕上げる技術にあっぱれ!!

全く肌荒れのしていない麺線。
神保リ麺、旨過ぎだろっ( ̄∇ ̄)


スープ。
食べるに連れて表層の液体アブラが撹拌され、細かな油滴となって草間彌生状態となる。


豚肉の旨みが十分に抽出されたスープ。
神保町では初めて「薄味」を事前申告しており、スープの本質を存分に楽しめた(^^)


豚。
神保町「らしさ」全開!!
アブラがトリミングされた良質な赤身部分のみ。

筋線維が細やかで、歯を入れる前の風圧だけで裂けてるんじゃないかと思うほどに軟らか♪

「危険!!絶対開けるな」じゃない、開いている唐辛子。

パンチのある辛みで後半戦には良い刺激♪

この唐辛子は余裕なのに、タイの唐辛子だと少量でも悶絶するんだよね。。。
やはり鮮度の違いなのかな(^_^;)


ロット1抜けでごちそうさま!!

冷えた身体に染み渡る一杯、ごちそうさま♪
店主さん、神保リアンさん、ありがとうございましたm(__)m


帰りは界隈を少し散歩。
徒歩10分くらいの靖国神社へ向かった。

東京都のソメイヨシノ標本木のある靖国神社。

念のため開花状態を確認しましたが、まだ咲いてませんでした。



テーマ:
先週のタイ出張最終日。

この日はホテルを朝6時出発だったので、ホテルで朝食を普通に食べられた♪

いかにも!!
って感じの朝食でした(^_^;)


この日は2ヶ月ぶりの仕事先。
午前中に順調にこなして、昼メシは隣接する市場でランチ♪

タイの焼き鳥に目がないんです( ̄∇ ̄)

バナナの売り方が豪快すぎる。。。


んで、やはり個人的タイ料理ナンバーワンのソムタムは欠かせない♪ 

市場では個人商店みたいな店が所狭しと並んでて、可愛らしい女性が切り盛りしてるソムタム屋へ立ち寄った(^^)

が、、、

鮮烈な色の爆薬に恐れおののく(;¬_¬)

リクエストをオーダーすると、にっこり笑顔になって、ちゃんと通じた模様♪

んが!!
「辛くしないでね♪」と言ったのに、悪魔の手が唐辛子をおもむろに3本ほど掴んで、、、

ちょっとそこの奥さん!!
見て下さい!!この鮮やかな手つきを!!

ソムタムの
「ソム」は「酸っぱい」
「タム」は「たたく」という意味。

青パパイヤ、唐辛子、マナオ(柑橘系)、トマト、カニ、インゲン、グルソー、ナンプラー、グラニュー糖、などなどが高速で入れられて完成!

辛そう?
辛くなさそう?

カニの塩漬け。
生のまんま塩漬けにしてるやつ。日本人はこれを食べるとお腹を壊す、ってことで有名(^_^;)

でも、入れると旨味がマシマシになるんでもちろん入れてもらう( ̄∇ ̄)

爽やかな酸味のソムタムはホントに旨い!!
旨い!!
旨い!!

・・・

辛~い!!
でら辛い!!
燃えるぜ!!

焼き鳥。
手羽先と砂肝という渋いチョイス♪

激辛ソムタムに殺られた口内を沈静化するために、カオニャオ(もち米)を摘まみながら♪

カッピカピの砂肝歯応え抜群!!

手羽先は甘辛のタレが絶妙(・∀・)

焼鳥類ともち米は安定感抜群だけど...
ソムタムがとにかく辛い。。。
くちびるが分厚くなってくる感覚
(*o*)

撃沈_| ̄|○
これ以上食べられませんでした...

一緒に行ったタイ人も「辛い」と言ってた...
タイ人でも辛いのが苦手な人もいます(笑)

瀕死の口、唇、胃、腸、尻へのいたわりのため、甘い飲み物を飲もう♪

渋谷、原宿などで大人気のタピオカティー♪
台湾じゃなくて、タピオカはタイが本場やで!!

緑茶、コーヒー、そしてタイティー。

「タイティー」って知ってますか!?

自分はタイに初めて行った時に知った飲み物。
謎にオレンジ色してて香り高く、そして震えるほど甘い。

甘さの正体は練乳。
缶からドバドバ惜しげもなく投入。

あ、タイではコーヒーもそうだけど、熱くて濃厚な抽出液を作ってから、カップに入れた大量の氷に注いで完成させるのが一般的。

タピオカもどっさり入れてもらって完成♪

「タピオカミルクティー」ならぬ、
「タピオカ練乳タイティー」」

すんげぇ重い。。。
原宿なら700~800円くらいしそうだけど、この市場ではたったの25B(約85円)!!

文句なしの美味しさ♪
独特の香りが伝えづらいのがもどかしいけど、これだけはハッキリ言えます。


甘い。。。


んで、この甘さが激辛ソムタムでダメージ食らった消化器系を優しくいたわってくれる♪
ふ~っ( ̄∇ ̄)


余談。
夜にスーパー行ったとき。


バンコク市内の大きめの海外系スーパー。

もやし発見!!

1パック15バーツ(約50円)。
もやしはお土産には買えないか。。。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ってな感じで今回のタイ出張はおしまい。


激辛ソムタムのおかげで、深夜便の機内トイレは長時間独占させていただきましたm(__)m



テーマ:
タイ出張3日目。
この日は久しぶりに行く仕事先。

社員食堂がリニューアルされてて楽しみ♪


と思っていたけど...
近くで見たら、、、

地獄の海やん(>_<)
絶対にダメなレベルのやつやん(>_<)

こちらは謎すぎる揚げ物たち、、、
ほぼ全て正体不明(*_*)

これら、現地のタイ人従業員たちが普段食べてるものも食べたかったけど~  

自分は「お客様」と言うことで...

超無難なカオマンガイ。
てっぺんのは鶏の血の塊。

カオマンガイと共に、これら激辛タレ、爆薬唐辛子が用意されてたけど... 

自分はチョロっとだけかけていただいた♪

同席してくれた隣のタイ人女性(偉い人)は...

どんだけ~!!!
めっさ唐辛子ぶっかけてるやん!!
致死量でしょ。。。


適量のタレで美味しくカオマンガイを食べた後は~


カオニャオ・マムアン(もち米とマンゴー)。
こちらタイでは有名なコンビ。
ココナッツミルクかけて食べるのが美味♪
マンゴーはまだ旬じゃないけど超甘かった!

食後はアイスも貰ったよ♪


んで、仕事を終えたこの日の夜は1人メシ。


現地の方に色んな店に連れて行ってくれるのもありがたいけど、今回は店がいっぱいあるバンコク滞在。


自分のペースでウロウロする時間があるのは嬉しいっす(*´▽`*)

一風堂をスルーして、トンロー(通りの名)沿いをブラリして屋台もちら見♪

玉子が殻ごと串刺しになってるやつ(笑)
何度も見かけたけど食べたことないなぁ...

焼き鳥は旨いのは分かってる(^^)


しばしウロウロしてると~


ん?
何の店!?

ふむふむ。

ふむふむ。

なんも分からぬ(;¬_¬)



細い入口から導かれるポップな雰囲気。

何屋かわからんけど、、、
海鮮系の店であることは間違いない( ̄∇ ̄)

多分、海鮮系の麺屋だね!!
左はお兄さん?お姉さん?
髪についてるのはヒトデかな!?


タイ語オンリーで不安だったけど、なんとなく良い店の空気感を感じたんでイン(・∀・)


店内キレイ!!
カフェみたい(^^)

お姉さんがメニューもってくれたんだけど...

やべっ!!
タイ語オンリーで各々に写真がない(*_*;

あー、あー、南無三だー!!
トンチンカンチントンチンカンチン・・・

チーン!!!


一番高いやつにしよう!!
それでも129バーツだしね♪

麺は6種から選択できるようなんで、
「セン・ヤイ(米の太麺)」を申告。

そして辛さはマイルドになるようリクエスト。
おそらく通じたゾ( ̄∇ ̄)


ラーメンメニュー名不明 @129B(約400円)
ラーメン辛くしないでね♪ 

完璧なる本格的トムヤムクン麺だ!!
めっちゃ香りがいい(・∀・)

某ラーメン屋と違って、この角度じゃ何も見えないけど、具材豊富で彩り鮮やか(^^) 
半熟玉子も素敵♪


スープ。
ザ・トムヤムクン!!
コブミカン、レモングラス、ナンプラー、ココナッツミルクなどが調和し、唐辛子もリクエスト通りに適度(・∀・)

甘み、辛み、酸味、塩味が見事にマッチ!!

トムヤムクンの「クン」は「エビ」。
ダシも出てるし、変なプリプリ感もなくて自然でいいね♪


麺。
セン・ヤイ。
米麺の太麺。「ヤイ」は「大きい」の意。
モッチッチ、モチッチモッチッチ♪

スープがとにかく旨くて、グビグビ飲んでいき、エビも食べ応えあって、ミソ部分をかじったら...

スプラッシュ!!

トムヤムクンは食べられない(噛めない)具材が多いので、この状態で完飲完食!!

いや~、ほんとに美味しかった(^^)
こりゃリピ確定だね♪

勘だけを頼りに入った店が当たると、嬉しさマシマシ( ̄∇ ̄)

さて、もう1日頑張ろう!!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス