皮革用塗料の専門家

皮革用塗料の専門家

革が好きなひと遊びに来てくださいませ

ご訪問ありがとうございます

皮革用塗料の専門家Lizedのりうです

(整いましたっ

 

 

*いろとりどり。

 

 

今日は”3/1より事前受付開始ですっ”について書いていきます

 

まずは開催概要から↓↓↓

 

革の相談会inすみだ2021春
会期:2021.3.26(金)-27(土)
時間:1コマ2時間4部  完全入れ替え制

 1) 9:30-11:30  2)12:00-14:00  3)14:10-16:10  4)16:20-18:20  
場所:八広地域プラザ「吾嬬の里」

 

出展社はこちら↓↓↓

 フェニックス(金具・革販売) https://l-phoenix.shop-pro.jp/

 カワムラレザー(革販売) https://kawamuraleather.jp/

 寿屋(革販売) https://www.v-kotobukiya.co.jp/

 ZIT TOOLS(実機見学会) https://www.zit-tools.com/

 Lized(塗料販売及び講習会) https://www.lized.jpn.com/

 

下記サイトにて3/1の朝9時より予約受付を開始しますっ(ブクマオススメ♪

https://www.kokuchpro.com/event/c24ae63bcf43ad838c25aab7a2695e7e/

 

 

2月上旬に開催告知をしてから早1か月…

けっしてもったいぶったわけではない

 

コロナの情勢をみながら

事前予約で個人情報をもらうので

開催ができるのかを見極める為にこうなりましたっ

 

非常事態宣言が解除される見込みということで開催を前提に予約受付を開始しますっ

もちろん感染予防対策を行った上での開催となります

 

革・金具・塗料・ミシンなど皆さんの”ものづくり”に提案できる5社のイベント

手に取って、各社の担当者から話が聞ける絶好の機会

 

こんなイベント、そしてこんな機会

そうそう無いですよ(☆ω☆)キラーン

 

 

つづく

 

 

****************************

 

待たずにワークショップを体験したい方は事前予約を受け付けています

WEB SHOPのCONTACTよりお問い合わせください

お席予約だけでも受け付けています

スムーズに対応する為に事前に連絡を頂けると幸いです(^o^)/

 

イベントスケジュール

2021年

 3/14 グッドレザー 革の相談会~Lized SUPPORT

 3/26-27 革の相談会inすみだ2021春

 6/3-5 【調整中】素材博覧会KOBE

 6/下旬 【調整中】名古屋クリエーターズマーケット

 9/3-5 【調整中】素材博覧会YOKOHAMA

 11/25-27 【調整中】素材博覧会KOBE

 

つづく。

 

 

 

LINE検索「@lized」

 

 

 

ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします^^

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタ更新中!!

 

 

 

ご訪問ありがとうございます

皮革用塗料の専門家Lizedのりうです

(春菊にハマってます

 

 

 

 

☆2/25内容↓↓

 

告知から1日足らずで満員御礼となりましたm(__)m

 

このような時期ですのでキャンセルもあるかもしれません(期待はしないでね

 

今後の定期開催を予定していますので、いち早く情報をゲットしたかったら…

グッドレザーLINE登録をオススメしますっ

LINE検索「@goodleather」

 

 

*************************************

 

今日は”Lized_SUPPORT”について書いていきます

題名の通り、グッドレザーで3/14に革の相談会を開催しますっ

 

去年6月に大好評だったイベント

3時間みっちり革イジリができて、イベント後にはLized製品が購入できる

グッドレザーでは全てのLized製品を取り扱っていますっ

 

すでに残席わずかとなっています(2/24 10:00現在

本来でしたら2か月ほど前から告知をしたかったのですが、コロナ渦の影響で間際の告知になりごめんなさい。。

 

今後も定期的にグッドレザー店舗にて開催をしますので気になる方は↓↓↓

LINE検索「@goodleather」を登録しておくことをオススメします

 

 

革の相談会 ~ Lized SUPPORT
会期:2021.3.14(日)
時間:9:30-12:30
場所:グッドレザー店舗(兵庫県加古川市)

参加費:3,000円(A4サイズ牛革タンロー付き)

 

公式の開催要項からコピペ↓↓↓

 

革を染める事に興味がある初心者の方から

すでに革を染めている経験者の方まで問わずに

参加できる講習会です。

 

塗料の設計の視点から革を染める工程を紹介します。

前半の部は牛革タンローでLized染料の手染めが体験できます。

後半の部は持ち込み革を含めての相談形式でレクチャーします。

気になっているLized製品のお試し、エアブラシ実機での塗装、革についての相談など対応します。

 

興味のある方はInstagramアカウントを要チェック↓↓↓

「good_leather」

 

 

つづく

 

 

****************************

 

待たずにワークショップを体験したい方は事前予約を受け付けています

WEB SHOPのCONTACTよりお問い合わせください

お席予約だけでも受け付けています

スムーズに対応する為に事前に連絡を頂けると幸いです(^o^)/

 

イベントスケジュール

2021年

 3/14 グッドレザー 革の相談会~Lized SUPPORT

 3/26-27 革の相談会inすみだ2021春

 6/3-5 【調整中】素材博覧会KOBE

 6/下旬 【調整中】名古屋クリエーターズマーケット

 9/3-5 【調整中】素材博覧会YOKOHAMA

 11/25-27 【調整中】素材博覧会KOBE

 

つづく。

 

 

 

LINE検索「@lized」

 

 

 

ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします^^

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタ更新中!!

 

 

 

ご訪問ありがとうございます

皮革用塗料の専門家Lizedのりうです

(くうねるあそぶ

 

 

*ビフォーアフターのビフォー。

 

 

今日は”調色”について書いていきます

今までで1番短い題名かしら?2文字だしね。

 

調色(ちょうしょく) 色を混ぜ合わせて狙って色を作るコト

 

マンセル値とかCMYKとか聞いたことありますかね??

色見本帳としてはPANTONEとDIC COLORが革業界だとメジャー

 

PANTONEはテキスタイルというよりファッション目線

なのでブランドやメーカーからの希望サンプルに多く見られます

 

DIC COLORは塗料屋の視点かな

スマホのアプリがあって便利です

興味のある方は「DIC カラーガイド」で検索してみてくださいね

 

さてさて調色ですが、りうの経験から気付いたコツがあります

調色がうまくできない人や新たに挑戦したい人は参考にしてくださいませ

 

とりあえず顔料を前提に書き殴りますっ

 

まず難しくは考えないでください(それがコツか?w

対象の色をパッと見て、色の名前を思い浮かべてください

 

紫なら赤+青

ベージュなら白+黄+茶

 

割合は別にして、だいたい使う色が分かりますね

これは革の知識ではなく、単純な色の足し算です

 

1つめのコツ…なるべく少ない色数

CMYK=シアンマゼンダイエローブラックに縛られず

白と黒を含まずに3色以内で使う色を決める

 

 

*ビフォーアフターのアフター。

 

 

この色ならオレンジイエローホワイトかな

無理にシアンを考える必要ないし、マゼンダから攻める必要もない

Lizedでは色展開しているから甘えていいのですよ(⊙ꇴ⊙)

 

2つめのコツ…危険な色を察知する

例えばベージュだと、オーカーとブラウンにホワイト、くすみにブラック

この場合はブラウンとブラックが危険な色ですっ

 

過剰に入れてしまったら、想定以上の量になってしまう

やっちまったら捨てた方が経済的

 

3つめのコツ…安全な色から混ぜていく

危険な色は後から少しづつ混ぜる

 

大事なのは慣れであって場数です

 

イメージとしては目標とする色目の少し手前

ベージュで言えばホワイトを多めで淡めで、そこからブラウンとブラックを足して近づけていく

行き過ぎた色=濃い目から戻すのは大変です

 

顔料だけでは発色が足りないなって感じたら、染料を少しだけ混ぜるのもアリ

隠し味的に数滴でも効果あります

 

エッジカバーであればレンカラー

NCラッカーピグメントならレンカラーでもダイカラーでもOK

 

コバ塗りは別として、顔料の塗布はスプレーを推奨

吸い込みがあって細かい凹凸があるのが革

浸透性のある染料と違って、顔料を手塗りや刷毛塗りするのは無理があります

 

顔料はコーティング感が強いとか、仕上がり感が好きじゃないとか。

その革に合った塗料の配合と塗装方法を組み合わせれば

「そんなことないですよ」と大きな声で言いたい!

 

 

つづく。

 

****************************

 

待たずにワークショップを体験したい方は事前予約を受け付けています

WEB SHOPのCONTACTよりお問い合わせください

お席予約だけでも受け付けています

スムーズに対応する為に事前に連絡を頂けると幸いです(^o^)/

 

イベントスケジュール

2021年

 3/26-27 革の相談会inすみだ2021春

 6/3-5 【調整中】素材博覧会KOBE

 6/下旬 【調整中】名古屋クリエーターズマーケット

 9/3-5 【調整中】素材博覧会YOKOHAMA

 11/25-27 【調整中】素材博覧会KOBE

 

 

 

 

LINE検索「@lized」

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします^^

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタ更新中!!

 

 

 

ご訪問ありがとうございます

皮革用塗料の専門家Lizedのりうです

(拘りと個性はリンクすると思う

 

 

りうの自己紹介はこちら→過去記事

 

 

 

 

今日は”ペイントカラーとエッジカバー”について書いていきます

 

先に結論から両方とも顔料ですが↓↓↓

 

単独で使用できないペイントカラー 全11色

→自分で混ぜるのが苦じゃなくて実験が好きな人向け

単独で使用ができるエッジカバー 全38色(いまのところ)

→とりあえず顔料を使いたい人向け

 

 

まず大きな違いはこちら↓

ペイントカラーは必ず色落ちがして割れます

商品説明欄に記載の通り必ずエッジカバーやウレタントップと混ぜて使用してください

 

タンナーが採用している顔料とほぼ同等品です

ミルクカゼインが配合されているのがポイント

 

絵の具との違いを書いた過去記事はこちらから↓↓↓

 

 

ということで、ご自身で顔料をカスタマイズしたい方にオススメです

ちなみにペイントカラーは11色展開となっています

 

 

それに比べてエッジカバーは色落ちと塗膜割れのリスクが極めて低いです

理由はペイントカラーにウレタントップやエッジカバーシーラーが配合されているから

さらにスリップエージェントと増粘剤も配合してあります

 

エッジカバーはLizedオススメ配合の顔料という立ち位置になります

 

 

エッジカバーには通常と低粘度の2種類

こちらの違いは増粘剤の配合量だけ

 

全体量に対して、通常5%で低粘度0.4%

エッジカバー低粘度100グラムに対して増粘剤4グラムぐらい配合したら通常品の粘度ぐらいになります

増粘剤の5%以上の過剰の配合は塗膜が乾燥しなくなるので注意を!

 

今回のテーマに限らず塗料を混ぜ合わせる時には目分量じゃなくてちゃんと測ることをオススメします

0.01グラムまで表記できるキッチン用の1000円ぐらいので十分です

データを残しておくことで再現性と新しいアイディアのヒントになりますからね

 

 

つづく

 

****************************

 

待たずにワークショップを体験したい方は事前予約を受け付けています

WEB SHOPのCONTACTよりお問い合わせください

お席予約だけでも受け付けています

スムーズに対応する為に事前に連絡を頂けると幸いです(^o^)/

 

イベントスケジュール

2021年

 3/26-27 革の相談会inすみだ2021春

 6/3-5 【調整中】素材博覧会KOBE

 6/下旬 【調整中】名古屋クリエーターズマーケット

 9/3-5 【調整中】素材博覧会YOKOHAMA

 11/25-27 【調整中】素材博覧会KOBE

 

つづく。

 

 

LINEはじめました

検索『@lized』お待ちしています

 

 

 

ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします^^

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタ更新中!!

 

 

 

ご訪問ありがとうございます

皮革用塗料の専門家Lizedのりうです

(やってみたいこと目白押し

 

 

りうの自己紹介はこちら→過去記事

 

 

 

 

今日は”レンカラーとダイカラー”について書いていきます

 

良くある質問「どう違うのですか?」

Lizedからの回答「対応する希釈剤が違います」

 

もっと簡単に言うと手染めだけするなら、お好きな方を選んでください

サンプル帳からでも、webshop画像からでも、気に入ったのを選んでくれればと思います

革の上でも色は混ぜられます、もちろんレンカラーとダイカラーも混ざります

 

手染めはディルエントでの希釈を前提としているので

レンカラーでもダイカラーでもお好きな方を選んでください(再び

 

染料での染色は下地に大きく左右されます

オイルを多く含む下地には、すでに黄色や赤寄りな色合いですね

 

そこに例えば明るいターコイズ系のオーシャンブルーで染めると…

緑っぽくなっちゃいます。。

同じくビビットなローズピンクだとオレンジっぽくなったり。。。

 

染料は下地との足し算があるのです

 

ビビットな色合いには生成りやタンローが選択肢となります

 

Lizedがオススメする下地はこちら↓↓↓

 

 

オイルを多く含む下地は染色に向かないの?

 

否!そんなことないですよぉ

 

ビビットな色合いは難しいけど、それを利用したら深い色合いにできる

 

明るいターコイズ系のオーシャンブルーをしっかり塗り込んでから

ネイビーブルーを入れていくと生成りやタンローとは異なる深い青が表現できます

 

同様にイエローからオレンジとブラウンで。

ピンクからレッドなどなど。

 

染料は革の上で足し算できるけど、まずは下地との足し算ってことです

黒や茶色などの濃色はあえてオイルを多く含む下地を選ぶのもアリですね

 

Lizedユーザーならここでピンと来たかな??

プラントオイルを推奨している理由…

動物性のアニマオイルに比べて染色に影響が少ないってこと

この話はまた別の記事で書き殴りますね

 

ここまでは手染めに対しての染料の話

 

発色重視なので水には混ざらないのがダイカラー

水にも溶剤にも混ざるのがレンカラー

 

*溶剤=有機溶剤(ディルエント、ラッカーシンナー)

 

Lizedは配合と工程を提案しています

これは染色。これはトップコート。じゃなくて

一連の流れとして革の仕上げを発信しています

 

トップコートであるウレタントップ、NCラッカートップにLized染料は混ざります

 

ふぁ?何の為に??

 

簡単に言うと色を均す為かな、染める為では無い

このテーマを説明するには文字数が半端なくなるので、これも別の記事で。

 

あ、こっちの方が分かりやすいか!

エッジカバーホワイト(顔料)にレンカラースカイブルー(染料)を混ぜると水色になります

 

革の仕上げとして染料を取り入れるなら、レンカラーで揃えて

レンカラーに無い色合いをダイカラーで補う

 

染色だけしか予定がないなら、お好きな方を選んでください

ということです。

 

 

つづく

 

****************************

 

待たずにワークショップを体験したい方は事前予約を受け付けています

WEB SHOPのCONTACTよりお問い合わせください

お席予約だけでも受け付けています

スムーズに対応する為に事前に連絡を頂けると幸いです(^o^)/

 

イベントスケジュール

2021年

 3/26-27 革の相談会inすみだ2021春

 6/3-5 【調整中】素材博覧会KOBE

 6/下旬 【調整中】名古屋クリエーターズマーケット

 9/3-5 【調整中】素材博覧会YOKOHAMA

 11/25-27 【調整中】素材博覧会KOBE

 

つづく。

 

 

LINEはじめました

検索『@lized』お待ちしています

 

 

 

ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします^^

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタ更新中!!