西方見聞録 -パリレポート-

2017年現在、パリ・エッフェル塔近くのアパルトマンに住んでます。パリ・フランスを中心に、イギリス、ドイツ、イタリア、スペインも巡りながら、”これは!”と思うものを探し、レポートしています!!


テーマ:
----------------------------------
パリの地下に広がる
納骨施設"カタコンべ"
----------------------------------
夏、と言えば
怪談話、肝試しなど
ヒヤッとする幽霊、おばけの
季節でもありますが、

そんな中、
先日、奥さんの友人Uめちゃんが
日本から遊びに来ていて、
なぜか"カタコンべに行ってみようか?"
という話になり、

パリに来て2年、
行きたいと思ってまだ行ってなかった
"カタコンべ"についに行くことに!!

え? "カタコンべ"って何?

と思う方がほとんどだと思いますが、
"カタコンべ"とは
パリはモンパルナス近くの
地下に広がる世界最大の地下墓地のこと。

え!? 地下墓地!?
なんでそんなとこ行くの?滝汗滝汗

と思う方、多いと思いますが、
実はパリの"カタコンべ"は
パリの中でも
とりわけ人気の高い観光スポット。

いつも長い行列ができていることで
有名です。

----------------------------------
4時間の行列。。
アメリカ人とイギリス人だらけ
----------------------------------
なので、
並ぶの嫌だから早めに行こう。

と、朝、オープン1時間前に
行ったものの、
すでに大行列。。。
{D8C36227-57D4-4AA2-A4B5-460B7E7ADE18}
ぎゃーーー! これはめっちゃ、時間かかるやつです。。

まー、でも30分ぐらいで
入れるでしょ。

と、たかをくくっていたら
入るまでにかかった時間、
4時間。。。

4時間並ぶって、
広いパリでそんなにないっすよおーっ!おーっ!
{F4D0E803-D7D4-413D-8BF3-C6D788F6C614}
どんだけ並んでんですか!!!

想像を上回る人気。。

観光業をやってる
友人のフランス人にメールしたら
「アメリカ人とイギリス人、
凄いいるでしょ」
とのこと。

確かに、
前と後ろはほぼアメリカ人&イギリス人。

バカンスでフランス人が
いないから空いてるのでは?

と思って来てみたら
アメリカ人とイギリス人で
溢れてた!

と言うわけです。

ちなみに、パリに溢れてる
中国人観光客はほとんどいませんでした。

----------------------------------
早速地下深くにある
墓地へGO!!
----------------------------------
もう足は棒でしたが、
ようやく"カタコンべ"の中へ!
{0FCBC272-9084-4045-AC73-64408F19F5AD}
入場料12ユーロです

ちなみにこちらの
"カタコンべ"、
入場の事前予約ができます!!

もう圧倒的に事前予約したほうがいいので、
行かれる方は強くお勧めします!!!!

券を買って、
いよいよ地下へ!!
{59006F8E-141D-4E91-A16D-C6D12FDAFC96}
深く潜っていきます。その深さ、約25メートル

{716DBAE9-F36D-4357-9277-7CDD27E86579}
長い長い地下の道を、ひたすら進んでいきます

{9AD76F44-668E-4EC7-849B-220BD52029BB}
何やら神秘的なスペースが。。そろそろです、、、

{C0261CA9-5DB7-493C-9F0B-1919E5C707D5}
奥さんと友人のUめちゃん。まだかまだかとドキドキです

出ました!
禁止事項を伝える標識。
{F0456206-2DB3-48F5-97AF-48A737AF001C}
食べるな、飲むな、カメラのフラッシュ禁止、リュックを後ろに背負うな、、、

そしてもう一つ、、
{700ADB2C-E602-4D9B-90C6-6B90BAF47907}
骨に触るな!!

ついに、あの場所へ
やって来ました!!!!

----------------------------------
死者の国への入り口。
ここから先は、閲覧注意です!!!
----------------------------------
地下深く、
そして長い通路を経て、
ついに辿り着きました、
"死者の国"!!!
{33DE3AEE-D060-4FD4-8309-B086E200BA4E}
ここから先は"死者の国"です!

閲覧注意です!

この先、人骨が出ます。
苦手な方には閲覧をお勧めしません!!




--------------------------------------------------------------
それでは、ここからは
大丈夫! と言う方のみで
参りましょう!!

奥さんとUめちゃん、
早速 "死者の国" へイン!!!
{DD171875-C037-4712-84D5-C1A048184664}
入りました! "死者の国"!!

{A5ABFAF3-B12D-4DB0-8422-8956CD8045DD}

よく見ると、、、
{AD41FF2C-B6A5-44E4-BB49-6DB1FAB87A68}
ぐわーーーっ! 壁、全て人骨です!!!!おーっ!おーっ!おーっ!

{BBE953BE-E77A-4E65-ABA9-69E9EA9947C6}
どこまで行っても、ずっーーーーっと人骨の壁です!!

ここに眠っているのは
何と600万人!!

かつてここは採石場で、
広大な地下スペースとなっていたのですが、
そこに、
今のレアール地区にあった
古代からの墓地の骨を移した、というのが
"カタコンべ"の歴史。

実に約1600年分の人骨が
ここにある、という話になります。

想像を絶する世界です。

そして、この"カタコンべ"
広大な地下スペースが使われていますが、
あまりに広大すぎて、
しかも道が複雑に入り組みすぎていて
整備された観光ルートを外れると
一生出てこれない迷路に迷い込む、

ことになります。

実際、つい最近も
若者が出られなくなり、
瀕死の状態で何とか救出された、
という事がニュースになっていました。

{55FC2431-D5EB-4D07-8B78-707CD64A9845}
今は、フェンスで違うルートには行けないようになっています

ただ、パリの地下は本当に広く、
います出入り口も実は多く、
上の写真の観光用入口から
だけではなく、
色々なところから入れるので
そのような事件が後を絶たないようです。

人骨と真っ暗な中、
食べるものも飲むものもなく、、、
想像しただけで怖くなります。。

----------------------------------
さすがフランス、
人骨でまさかのアート?
----------------------------------
さて、この"カタコンべ"ですが、
5分も歩くと人骨に慣れてくるので不思議。

かつては、
貴族の観光スポットでもあったらしく
いらいろな人骨装飾が見られます。
{DAEDC4F9-4D6F-47F3-BE62-83A3EBD955B4}
これは、人骨で作ったツボのような形の柱

{FE442C1C-7D1F-47CD-804D-82DC03DED3AA}
何かの模様のようです、、、

{FEF4FA02-5B9A-4FF5-B3FF-156261C6E59A}
ここは、教会のようになってます

美しく積み重ねた人骨に、
頭蓋骨を要所に組み込んで
一種のアート作品のようになっている
ところも多く見かけます。

さすがと言うか、何と言うか、、、

----------------------------------
出口のショップは
ガイコツ尽くし!!
----------------------------------
そんなこんなで
"カタコンべ"は終了。

地上に出ると、
お土産屋があって、
{97C9E50A-9228-48D0-BC85-C430078CA31E}
出口にあるショップ。入口からだいぶ離れた所に出ます

中の商品を見ると、、
{68934693-DE02-4DF7-90EB-064B05CF4AAA}
やっぱりガイコツ!!

{F49BEA4C-DD34-475A-A64F-9AFDC9E93107}
ガイコツのオブジェや、キャンドル、ありとあらゆるものが売ってます

と、なかなか楽しめる
パリの"カタコンべ"。

ちょっと変わったパリ巡りをしてみたい、
と言う方には、ぜひお勧めです!!(^^)
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

levagabondさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。