西方見聞録 -パリレポート-

2017年現在、パリ・エッフェル塔近くのアパルトマンに住んでます。パリ・フランスを中心に、イギリス、ドイツ、イタリア、スペインも巡りながら、”これは!”と思うものを探し、レポートしています!!


テーマ:
---------------------------------------
"大人の階段" の味、
ビーフストロガノフ
---------------------------------------
ロシア料理の超定番と言えば
・ピロシキ
・ボルシチ
・ビーフストロガノフ

中でも"ビーフストロガノフ"は
サンクトペテルブルク(※)発祥の料理。
以下、サンクト

そして、サンクトには
"ビーフストロガノフ"と深いつながりがある
レストランがあります。

余談ですが、
私が"ビーフストロガノフ"を
初めて食べたのは高校生の頃。

当時はまだ珍しい料理で、
"ビーフストロガノフ"という
聞き慣れない
とても長く、ザ・西洋! 的な名前に
オシャレな料理と思っていて、
と背伸びしてオーダー。

初めて口に入れた時、
"おおおー、何じゃこりゃ。うまい!"
と、何とも大人の味と言うか、
食べたその環境が
暗めのバーのカウンターで
大人に囲まれながら食べたので、

〈ちょっと大人になった気がした〉
という思い出の料理でした。

---------------------------------------
ストロガノフ家のレストランへ!
---------------------------------------
そんな思い出もあり、
"ビーフストロガノフ"には今でも
特別な思いがあるわけです。

そして今回、
その"ビーフストロガノフ"の起源に
関わりがあるレストランで
それを食べることができる!

となれば、興奮するのは
想像に難くないと思います。

そもそも"ビーフストロガノフ"とは
ロシアの大富豪"ストロガノフ家"の
シェフが創作した肉料理。
(諸説あり)

それにちなんで
"ビーフ・ストロガノフ"という
名前になりました。

そして、そのストロガノフ家の
宮殿がサンクトのど真ん中にあり、
そのストロガノフ宮殿の中に、
"ビーフストロガノフ"を食べさせてくれる
レストランがある、
と言うわけなのです。

そんなわけで、
早速行ってみました!
{95F469B6-6EAA-404E-A7EC-D3F8B311575F}
こちらがそのレストラン。その名も「Russian Empir(ロシア帝国)」

何とも、帝国時代の華やかさが、
そのまま再現されているレストラン!
{66B340F6-F94C-49D7-8670-FC09C550D56C}
皿も華やか〜おねがい

早速、オーダーしますが、
メニューに「ボルシチ」があり、
まだサンクトで食べていなかったので
こちらもオーダー。

出てきた「ボルシチ」が、こちら!
{D6D3C2F4-C27A-4653-8FA4-66AA1D496AF2}
ん? スープではなく、赤い野菜の上に、白い凍った球体が乗ってます
これに、スープをかけて、
{9CAEC0DE-060C-4006-A385-A7DCF7B9D1DE}
白い凍った球体に、真っ赤なスープがかけられます!
すると、、、
{E7E733C7-B754-4697-ACCD-9F2671EC96F6}
おおおー! 白い球体がとけて、スープに馴染みます! 白い球体はクリームの球体だったのですね!

何ともオシャレな演出!

そして味はもちろん、
最高に美味しい!!

これは、人生一の
ボルシチでした!!爆笑

そして、ついにやってきました
本家本元の
"ビーフストロガノフ"!
{0827C63E-027C-406E-A035-655A6AA22096}
こんな感じで、クロッシュ(蓋)で蓋をされた状態で出てきます
オープン!
{78A45580-8250-419E-B83C-3919555855FE}
おー! これがストロガノフ家の"ビーフストロガノフ"ですか!

早速、頂いてみます!
{3D65E06B-0BA7-4CD4-BB1C-62E9560FD939}
きのこと絡めて頂きます!

肉が柔らかくて
きのこと玉ねぎ、バターと
サワークリームがマイルドに絡み合って
やっぱり美味しい!!

日本のレストランで食べる味と
ほぼ同じですが、
気持ちの高ぶりがプラスして
最高に美味しい
"ビーフストロガノフ"となりました!お願い

-----------------------------------
ロシアの文豪が通った
クラシカルなカフェへ
-----------------------------------
"ビーフストロガノフ"を食べに
華やかなストロガノフ家の宮殿に
足を運んだわけですが、

サンクトには、
これまた古き良き
サンクトが華やかし時代の
テイストを残したカフェがらあります。

そのカフェの名は「文学カフェ」。
{B7DC0C39-D96C-4D01-ADF2-7DA5BB7DF173}
これまた、クラシカルな雰囲気です!

こちらのカフェ、
窓際に誰か座ってるなー、
と思って、、、
{B6F49BB9-60C0-4AF0-B7A2-EF000D65D18E}
窓際の席で物思いにふけっている、男性が、、、

よく見ると、、、
{9EE13DB1-8957-40E2-A054-2A5C1BCF7A57}
はっ! びっくり 人形!!!

こちらは、ロシアの文豪、
アレクサンドル・プーシキン!!

モスクワにある
ロシアを代表する大美術館の
名前になっているほど
ロシアではリスペクトされている
大文豪です。

こちらのカフェはプーシキンさんが
亡くなる前に立ち寄ったと言われていて、
それで店内にはプーシキン関係のものが
溢れているわけです。

しかし、このプーシキンさん、
その亡くなった理由、と言うものが
何とも豪快な理由で、
それは、
超美人の愛妻にちょっかいを出す輩に
決闘を申し込み、
その時の傷が原因で亡くなった、
とのこと。

決闘って、、、
いくら奥さんにちょっかい出されるの
嫌でも、何もそこまで、、、

情熱的な方だったのでしょう。


-----------------------------------
本場ロシアの『白鳥の湖』を見に
マリンスキー劇場へ
-----------------------------------
ロシアが誇るものの一つに
〈チャイコフスキーのバレー〉があります。

〈チャイコフスキーのバレー〉と言えば、
・白鳥の湖
・くるみ割り人形
・眠れる森の美女

などが有名ですが、
『白鳥の湖』の今世界で演じられている
バージョンが生まれたのが
サンクトの劇場、"マリインスキー劇場"。

その本場の"白鳥の湖"を見に、
マリインスキー劇場に行ってみました!
{9B7B6EBF-646C-40D5-BAAC-73C0FD20A5A7}
素晴らしい内装! きらびやかです!!

{C5FB0458-82BB-47AE-9730-F67925874A39}
終わりの挨拶。素晴らしかったです!!

{0B0C1286-F1F9-49E3-962D-993177566737}
何度見ても感動しますお願い

ロシアはその成立時、
フランスなどの西洋に遅れていたので
追いつけ追い越せで
どの国より熱心に西洋文化を吸収したため、
結局、当のフランスなどより
華やかで、かつ優れた西洋文化が
発達しました。

吸収力が凄くて、
やがて本家を凌いでしまう。

車や電化製品などの分野の
日本にも通ずるものがあります。

日本人とロシア人、
意外に似た者同士なのかも知れません!!

levagabondさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。