LETSの輝く瞳をみつめて・・・。

LETSの輝く瞳をみつめて・・・。

東京都多摩市にある中学受験専門塾「学朋舎Let's」の日々の出来事。子供たちとのかかわりあい、先生の奮闘ぶりをまとめました。WIN-WINの精神でチームレッツは前進します。

今年も学朋舎Let's多摩センター校だけの帝京大学中学校説明会を開催して頂きました。

今年も多数の申し込みがあり、多摩センターから説明会に合わせてバス2台を運行して頂きました。

 

帝京大学中学校は多摩センター駅からスクールバスが出ている学校ですので、多摩センターや京王堀之内在住の男子にとっては一番近い学校です。(女子の多摩センター在住の子は唐木田の大妻多摩の次に近い学校)

 

帝京大学中学校は帝京大学の附属でありながら進学校(帝京大学進学者はほとんどいません)という不思議な学校です。

1学年170名(中学は1学年120名程度)と小規模校でありながら、早慶慶上智91名とかなり難関私立に強い進学校です。

説明会で特徴的なのは、近年の学校説明会は「ICT教育」「グローバル教育」といった言葉を使う学校が非常に多く、正直どこも同じように感じてしまう部分もあるのですが、帝京大が売りにしていたのは「生徒と先生の距離の近さ」「職員室前の廊下のホワイトボード」でした!

つまり生徒が職員室に来て質問しやすく、それに先生がすぐホワイトボードで説明してくれるということです。

デジタル機器は確かに便利ですが、こういった「アナログの力」も勉強のモチベーションを高めるためには重要であるととても共感できます。(ちなみにタブレットなども使用はしていますがそこをアピールポイントにはしていない感じでした)

 

学朋舎Let'sの子供たちの保護者は、「先生との距離が近い塾」をポイントに塾選びをされた方が多いと思います。

帝京大中が学朋舎Let'sで人気が高いのは近いだけでなく、そのカラーが似ているからではないでしょうか。

 

市川校長先生 教育学者の先生です

輪島先生 生徒から「わじー」と親しみを込めて呼ばれているそうです

竹之内先生 いつもお世話になっている広報部主任の先生です。

 

今年のパンフレットにLet’s卒業生が2名も!

桐光学園の塾対象説明会がありましので出席しました。

とても天気のいい一日で気持ちよかったですニコニコ

 

桐光学園は小田急多摩線の栗平駅にあり、神奈川県川崎市になります。

川崎市と言っても周りは住宅地と畑が混在するのどかな風景が広がります。

当日は栗平ではなくお隣の黒川から送迎バスが出ました。

栗平から歩くのはきついのでありがたいです!

 

桐光学園は桐蔭学園が共学化したことによって、国学院久我山と2校だけの男女別学校となりました。

同一の学校内に男子校と女子校があるイメージです。

ただ、クラブ活動や学校行事は合同やるものも多く、男子校女子校と共学校双方の良さを取り入れている感じです。

説明会でも別学校に誇りを持っていることが感じられました。

 

人数規模は大きい学校ですが、クラス担任を2人配置するなどきめ細かい教育を行っています。

部活がさかんで、サッカー・テニス・野球などは全国有数ですし、ダンス部や合唱部も全国大会レベルだそうです。

そして進学実績も東大5名を始めとして国公立100名超となかなかのものです。

 

現在現在創立50周年(1978年開校)に向けて新校舎建設などを計画中とのことでした!

 

男子部中庭

                  

自習室

 

食堂 この後あっという間に満席に!

 

部活がさかんですので、トロフィーがたくさんあります

 

 

先日は塾内でも説明会を実施しました。安達先生、お忙しい中ありがとうございました。

 

黒川駅の前にマンションかと思ったらショッピングモールを建設中のようです!

 

ついこの間受験が終わった気がするのですが、早いものでもう夏期講習が近づいてきました。

さて、3年生夏期講習日程が決まりましたのでチラシに先んじてブログで発表いたします!

 

3年生 7月22日~24日

    8月21日~23日(全6日間)

    時間 12:50~14:10

 

    費用 11000円→5500円(初めての方は半額割引)

 

 ※12名定員となります。満席の場合はご容赦ください。

 

楽しく初めての塾体験をしましょう!

ご参加お待ちしております。

先日桐朋中学校の説明会に行ってきました。

天気のいい日で、中庭からの風景がとてもきれいです。

新校舎が出来て早10年ほどたちますが、やはり目をひくのは天文関係の施設です。

プラネタリウムが学校内にあります!

そして天体観測ドーム・太陽観測器も。

宇宙好きにはたまらない学校ですね!

一時期の低迷を脱してまた強い桐朋が戻りつつあるのを感じます。

相変わらず私学としては浪人率が高いのは少し残念ですが、伝統ある男子校としての環境は抜群です。

多摩地区中学受験男子の中核としての存在感は健在でした。

 

 

3月17日日曜日に2024年入試の入試報告会を開催しました。

 

今年は穎明館中学高等学校校長の橋本先生にゲストでお越しいただきました。

橋本先生にはLet’s初期の2013年から何回もご参加頂いています。

橋本先生は誠実なお人柄でありながらユーモアにもあふれ、まさに穎明館の顔というイメージです。

今回は穎明館の大学受験の子に毎回歌っている「関白宣言」の替え歌も披露して頂きました。

歌声の良さはもちろんのこと、歌詞のすばらしさに「穎明館に我が子を入れたい」と感じる方も多いのではないでしょうか。

橋本先生、お忙しい中ありがとうございました。

 

 

入試報告会最後のコーナーは入試を終えた6年生へのインタビューです。

皆緊張しながら頑張って話していました。

成城学園受験した子の「ほかの受験生の持っている物が高級すぎてひいた」という発言がうけていました(笑)

 

来年2025年はどんな入試になるでしょうか?本当に入試は毎年ドラマがあります。

新6年生、頑張っていきましょう!