bibliotheca lepre

bibliotheca lepre

心の赴くままに

 

果実を炊いて宿り木に

かりそめの安息を口ずさむ

あやかせば散り散りに

儚いふりで潜り込む

見えない場所を補う偽りの景色

染み渡る復ち水の透き間で

固まった光を砕く

果てのない透過線

もう底から見上げている

星の一日をするりとなぞって

そうして

巡りくる景色を

断片的に

辿りながら

土へ還る

 

 

 

 

 

行く道 戻る道

いつも海の傍を揺られていた

光る水面を見たときのあの

拡がる気持ちは何だろう

偽りのノスタルジーを目薬に

堆く手離したもののあとさき

指先に巻いた風に似た困った後ろ姿

遠くで哭いた鳥と諸共に

海へ還る

 

 

 

 

 

汐の星張りつめる

階段を一段 また一段

月の光がこんなに明るいなんて

すっかり肩は冷たい

そこに記憶は無く

真っ直ぐ山へ帰る

 

内と外が入り混じる

露けき部屋

幾度となく反芻される奏で

枝を一刺し また一刺し

大気を抜けて

ゆっくり山へ還る

 

 

 

 

 

 

 

 

風を切って

心を分かつ者のもとへ帰る夢

重力とバランスを取りながら裾まで持ち上がる

結局はぐんぐんと

況や眩しくとも

 

僕が生涯手に入れることの無いもの

心の通う家族とのあたたかい団欒

偽善者は自分を洗脳し

偽物と 嗚呼やさしい人 気付かない

不意に躍り出るアルルカンのかいなに身を預け

ホログラムを現実のものとする

僕の言葉が届くことは無いけれど 僕はきっと幸せだった

眼の奥の扉を開けて

いつだって凪の空へ駆け出して

 

星を投げたその先にとりどりの

小さな足跡降り積もり土を彩で満たす

戒めに一粒

饒舌に 独りではなかった

螺旋の人

 

 

 

 

 

 

雨の降る日

山から立ちのぼる水煙を見るのが堪らなく好き

 

僕が今まで暮らしてきたところはそこそこ都会だった

でも少し行くと

高い建物の無いところ、建物より田んぼや木々の方が多いところにすぐ辿り着く

この国はとても狭い

世界を見渡してみても、片田舎、砂漠、森、海、殆どはそんなところだ

 

世界で生きている人の多くは僕のように整って何でもすぐ手に入るところ

でないところで暮らしているんだと気が付く

 

僕には日本の片田舎の暮らしさえ良く分からなかったけど、

この狭くて便利な国ではさして不便ではないようだ

 

最近晴れた日にくるくる踊りながら洗濯物を干す僕が目に浮かぶの

きっと僕は朝起きられる人になる

眩しい陽を存分に浴びて叫ぶことが出来るの

 

誰の目を気にすることもなく

何に気兼ねすることもなく

思い切り僕でいられる

 

僕は山に向かっている

今まで手に入れたことの無かった

僕が一番欲しかったものを

ようやく手に入れたから