Rena Nishijimaオフィシャルブログ「れなくさいはなし」

Rena Nishijimaオフィシャルブログ「れなくさいはなし」

結婚は人生を変える。
良いか悪いかは人それぞれ。

Music Trainer

テーマ:
ママが夢に出てきた。
車のレースにグレーのフリードくんで出ていた。
しかも、右側をはしっていて、脱輪しながら。
ずっと1位を突っ走ってきたらしいママは、
脱輪して2位になったことが悔しかったらしく、
スタントマンでもやらないほど脱輪した車輪をかべにぐうぃんと持ち上げて追走。

結果は2位のままなんだけどね。

あわてて声を録音しようとするのだけれど、
レコーダーもiPhoneもないないない!
IPhoneならママを恋しがってるかわいた人に
おくってあげられるのに!とか
意外と私はちゃっかり考えていて、
結局できなかったのだけど、
「私もやるなぁ・・・」とか思っている。

で。
場面はかわって、どう見てもシティホテルにしか見えない役所。
もしくはマルチ商法をすすめてそうな雑居ビルの一室だけ中の上くらいのカーペットをしきつめたような、
役所。
9階建て、なのにエレベーターのボタンは14も15もある、役所。

エレベーターでは乗る人乗る人、みーんな親切心でボタンを押してくれる。
そして全員、おねがいしたところを押してくれていないらしく
「ごめんねぇ」と言って「いえいえー」と答えて、
まぁいっかと見送る。
今思うと全然良くない!

で、結局自分で4階のボタンをおしてそのお部屋へ。

車の手続きっぽいことをするっぽい。
パイプ椅子がずらーっとならんでいて、その真ん中あたりにママがいて、
姉がせっせと書類の説明をうけている。
哀川翔さんから。
確か、姉はファンだったはずなのに、さらっと話している。

私はデッサン用のノートカバーの見本をみせられているんだか、頼んだんだか。
ママはパジャマで座っているのに、終わったらすぐ一緒に帰れると当然のように思ってて、
ママがいても近くに行かなかった。

姉はママとお話ししてた。
2位だーって悔しがっているママに「まぁまぁ」となだめているのも、
手続きがスムーズに終わったことを報告してるのも姉で、
私は、ママとお話ししていない。

一ヶ月経った。
ママの誕生日には4年に1度しか月命日がない。
ぬかりないなと思う。

ママは終始パジャマで、カーデガンを羽織っていた。
淡いピンクに若草色のカーデガン。

そうです。私の夢は鮮やかなのです。
生まれたときから色弱だったから、イメージでつくった淡い柔らかいピンクのパジャマ。
「我が家はパジャマ王国だからね」
生前、ママが言っていた。
パジャマ王国に行っちゃったのかなぁ。

パジャマ王国ってネット通販もカタログ販売もやってる会社だと思ってた。
岡山あたりにあると思ってた。
タオル地パジャマが五分たけ。7部たけもとりそろえておりますで(我が家では)お馴染みのパジャマ王国は、実在するはずなのに。

ママはどこへ行ったのでしょう。

目が覚めたら、外は嵐です。
ママが死んだ日も、風も強くて雨も降ったりやんだりしていた。
全部、覚えているもの全部、書き残しておこうと
早起きした。

もう一ヶ月かぁ・・・。

テーマ:
「れなは本が好きだし、。、たくさん読むから
そのことを書いて?」

母がちゃんと言葉にして、私にしてほしいことを伝えてくれたのはこれだけだと記憶しています。
さびしいときや心がおれたときだけ甘えてくる母。
弱い母です。
一人じゃ人生を選択することもすっとできない臆病な女性。

おせじにもお手本になるような強い母ではないけど、
仕事になると人が変わったように背筋をのばしてしゃんとした大人になる。
ずっと
母のときでもそうでいればかっこいいのに。


二人でたくさんの病院をまわって、
どうして私の目にはうつらない色があって、
十分な視野がなくて、
夜になると使い物にならないのか探しました。
それが
母の「強い」ストックを枯らしてしまったのかなぁ。

私は見えなくなって、
母の、もちろん見てきた人たちの容姿が
歳をとらなくなりました。
そして
母は髪型をかえなくなりました。

「ママも、れなの記憶にあるママのまんまでいるよ」

それくらい気の利いたこと
言ってよ。


私がステージにのぼるときは、
安心してみていられないんだとさ。
もう大人になったのよ。
すこしでいいから、誇らしくしていてほしいのに。

私、おととい始めて人前でサックスふいたのですよ。
中国からいらしてる観光客のお姉さんたちで
私、「どや!」ってふいてやったぜ?

楽器が手元にきて1ヶ月。
ほんんとうに気合いを入れて練習はじめて2ヶ月ちょっと。
でもさ
すごいいい音だすんだぜ?って思ってふいた。

悔しいのね。
どんなところでも、もうおどおどせずに「どや!」ってできるだけの
実力はともなってないくせに、気持ちだけは一流気取りで
きいていただけたのよ?

演奏家になるんだから。
めまいでゆらゆらしてるけど
スーパーマーケットに10分以上いるとたおれてしまうけど
すぐに弱い最近に感染してしまうけど
演奏家になるの。

これだ!って楽器に出会えたからね。
絶対なるんです。


本のこと
どう文章にしようかなって思ってるけど、
それは楽しんで遊びとしてやろうかな。
読者は少ないからね。
遊びでいいのいいの。

でも
ソプラノサックスは
私の人生のあったらしいパートナーにするわ!

ママが唯一言葉にしてくれたことよりも
本気になるもの
見つけました。
やっぱり
れなは次女だからさ。
勝手に目標つくって
ライブハウスとか路上ライブとか
欲をいえば屋外ライブとか
大はしゃぎするんだ。

2018年一月二十九日 13時24分

テーマ:
全ては夫の一言で
ブログ再開を決めました。

「れなじゃなきゃいけないものなんて
あるー?」


ない!
ってことで、世の中に大きく波紋を起こすようなものではない私ですもの。
気兼ねなくつらつらと書けばいいのだ!
それでいいのだー。



私じゃなきゃだめなのは
夫の妻でいること(夫談)
セラフのよきパートナーであること

それだけさ。


だからあんまりカリカリ
イライラ
ギラギラしないで
大海のような心で読めない方は
読まなければいいよーだ。
べー。

と、いうわけで
噛みつかないでねっ。
ばいなら。

テーマ:
はじめに。

行くとこ行くとこで問題をおこしては、
いろいろなかたを不快にさせ、迷惑をかけまくっているわたくし(第三者のご指摘より拝借)。
さらに全く思い当たることがなく、
さらにさらに「そうっすか・・・」みたいなことで
日に油を注いでいる(これもまた第三者からの見解より)わたくし。

そんなわたくしめの戯言ですので、
非常識な書き込みも逆か?と読めないかたは、
ここでおやめくださいませ。

・・・またイライラさせても、しらんがなー。


さて!

息の詰まるご挨拶は異常。

熊本県のほうが100倍重要な出来事ですので、
さっそくブログ再開です。

まずは被災者のみなさまへ。
1にちもはやい復興を日本中が応援しています。
私も多くのかたと同じ気持ちでおります。
微力にもならなくとも、声をあげずにはおれませぬ。
ゲートの開く直前の競走馬のごとく、
微力にもならぬ微力を発揮できるときを待っております。

積極的にボランティア活動をされているかた、
また、現地の情報等等、
わかることから、できることから、
お役にたてるよう
わたくしなりに考えていきたいと思っております。

支援を考えておられるかた、
アドバイスやお声がけくださいな。

被災者のみなさまが一人でも無事でありますよう、
心から願います。

聖 玲那

追伸
のっぴきならない事情にて、誤字脱字が大変多いです。
ご了承くださいませ。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース