OLが不動産大家になるチャレンジブログ

OLが不動産大家になるチャレンジブログ

副業大家で月に20万円の収益を目指す、OLのブログです。2013年現在、RCの区分所有1、木造アパート1棟。(計13戸)

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

照明DIYにチャレンジ中。

 

玄関がどうにも寂しかったので、電球ソケットを利用しておしゃれなシーリング照明器具をつけるために、こちらのアダプタを検索。

 

 

 

 

 

※ソケットが深い場合はこれで延長

 

 

 

 

 

 

 

先端をシーリング用にさらにジョイント。

 

 

 

上記で変更しても、きっと100Wまでなので、Wの小さいLED電球なら複数つくかしら。

 

___

 

 

人感センサー付きのLED電球で、利便性もUP。(ちょっと変な形だけど、レビューが良好)

 

 

 

 

よし、やってみます。照明器具が重いといけないから天井フックとチェーンもいるかな。

 


テーマ:
お久しぶりのエントリです。

先日、オーナーさんがDIYで改装したという、動物のいる喫茶店に行って、感動しました。

いつか自分でもDIYで空間を魅力的に改装したい!


でもこれ、誰もが一度は思っちゃうことかな。

もちろん、やりたいだけの衝動でやりっぱなしではなく、人やお金が心地よく動くような着地にしたい。


今まで夢想だった「できたらいいなぁ」から、今年は「やってみせる」にしたいです!

テーマ:
関東で所有している1棟アパートのほうで、退去のご連絡がありました。
学生さんでしたが学校を卒業するタイミングとのことです。
覚悟はしておりましたが、怖い!


少し何とかしたくて、こんなチラシをビジネスソフトの「パワーポイント」で作ってみました。




※文字が…ご友人「を」じゃなくて「の」かな…。



今の学生さんはSNSも使い倒しますので、「教室にいる身近な友人」とは限らないですよね。


出来ることは手を打って、空室の期間が少しでも短いといいな、と、思います!



テーマ:
大阪の1K物件に退去が発生していたのですが( http://ameblo.jp/leefs/entry-11923335915.html )、11月中に無事に入居者が決まりました。ヾ(@°▽°@)ノ

旧入居者さんの退去日の日付を、管理会社さんが一ヶ月も間違えて私に通知していたので、リフォームの手配で日程が混乱するなど若干トラブルがありました。

額面のマイナスは大したことはないとはいえ、その前後の管理会社の担当者さんの対応が非常に悪かったので、信用できなくなりました。

管理契約を終わりにすることにして契約解除の書類を依頼しても、2か月間、のらくら。

ふぅ、どこまで書いていいものか…。

テーマ:
こちらの本に掲載していただきました!



BIGtomorrow 増刊・別冊 2014年7月号 青春出版社 様
http://www.seishun.co.jp/big_betsu/15462/

特集:
 給料以外に毎月20万円!
 不動産投資で
 これから一生続く
 安定収入を手に入れる方法



月刊誌BIGtomorrowの、不動産関連情報をまとめた内容で増刊したもので、カラーページに1ページで掲載していただきました…大変恥ずかしいです。
内容は、以前に掲載していただいた月刊誌1月号の記事を織り交ぜたものです。
http://ameblo.jp/leefs/entry-11742671298.html


大家さん同士の懇親会で人脈を広げる機会にこちらの雑誌を持参すると、相手様に覚えていただける効果が抜群です!
大変ありがたく思っております(〃^▽^〃)

出版者様、編集様、カメラマン様、ライターさま、皆様、本当に本当にありがとうございます!
人生のいい思い出にもなりますし、もちろん、投資にも邁進しようという気持ちがぐんとアップしました!


※この雑誌は売り切れです

テーマ:
大雨が多いですね。
自分なら、いざというとき、今の生活をすぐさま変えて「安全な場所に引っ越す」という選択が出来るかな…。


気象ばかりは、人間の力ではどうにも出来ません。
物件購入の際、同じ条件で同じ価格といった物件のどちらかを悩んでいたら、将来的に自然災害などで手がかかる要因が無いかどうかなども比較材料になると思います。


資料のご紹介です。
買おうとしている物件の、「冠水の危険性」の参考情報になります。


●「洪水ハザードマップ」(浸水予想区域図)

↓東京都の場合はこちら。

・東京都建設局
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/suigai_taisaku/index/menu03.htm

各区でPDFがダウンロードできます。


例).





情報をどのように読み取るかは人それぞれです。

冠水が起きることを恐れて川から遠い物件にすれば安心かもしれないけど、普段の生活環境として自然豊かなリバービューの物件は人気で空室になりにくいかもしれません。





異常気象の原因の一部は人間だと言われていますね。

・近年観測された極端な気象現象の変化の世界規模の評価、その変化に対する人間活動の寄与(表1)
http://www.cger.nies.go.jp/ja/news/2014/140404.html
(独立行政法人 国立環境研究所 出典)


襟を正しつつ、対策しながら、厳しい自然とともに幸せに生きて行く方法を考えています。


大家として、入居者さんには可能な限り安全で安心の物件をご提供したいです。
その結果、長く快適に住んでいただければ嬉しいです。


テーマ:
( ̄□ ̄;) !!


正直、絵文字を使っている場合ではないのですが、今、管理会社から連絡があり、収益アパートの庭の木が折れたそうです。

雪の重みに耐えられなくなったと思われます。

しかも、アパート側ではなくお隣の家方向に!(=◇=;)!!
なんというご迷惑を!

近隣民家から、管理会社に一報があったのみで、写真などがまだなので現在状況がわかりません。

これは迅速な対応をせねば!


でも……関東では交通網と道路が、麻痺している模様!
管理会社もすぐには現地にたどり着けなくて、詳しい状況がわからないとのことです。


伐採と剪定の業者様に、ダイレクト電話!


バタバタバタバタ!

テーマ:
私が不動産投資について取材を受けた雑誌が、発売されました!


・青春出版社
月刊ビッグトゥモロウ 「BIG tomorrow」
2014年2月号 No.404

<2014年1月4日現在、発売中です!>

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2014年 02月号 [雑誌]/青春出版社

¥670
Amazon.co.jp


紹介されたコーナー:
OLをしながら毎月15万円以上稼ぐ「女性達の24時間」


・なんと、このブログがご縁を引き寄せた!!
今回の取材のお話は、このアメーバブログのメッセージ経由で、ご連絡をいただきました。
ブログは2010年から開設していましたが、2012年のこちらの日記を見て、取材対象に採用いただいたようです。
このブログは、読者ランキングが高いわけではありません。
にもかかわらずお声掛けいただけたのは、この埋もれたブログを見つけてくださったライターさんが仕事熱心でいらっしゃったからに他なりません。
また、出版社様の特集の記事の需要に、ちょうどマッチしたからという、「運」の機会だったと思っております。
だから、ブログそのものの質については私が勘違いして思い上がったりしないよう自省して、今よりももっと良い、誰かのお役立ちになるような内容にしていかなくては、と思いました。


・取材当日のこと
実は、当日に出版社様にうかがうまで、失礼ながら半信半疑でした。
取材を装った不動産屋さんの物件の勧誘だったらどうしようとか、別の職業の人がバーンと出てきて関係ない高額の商材を買わされたどうしようとか…
…グーグルマップで調べたら、ちゃんとご連絡のあった出版社様のビルは存在しているけれど…!
まさか自分が取り上げていただけるなんて、という信じられない気持ちがあったんですね。
30分くらい前に出版者様がある駅に到着して、駅を出てすぐのところにドトールがあったので、そこでモバイルPCで自分のブログを読み直したりして、気持ちだけは準備。
でも、昔書いたことや、不動産取引時の細かいことなど、結構自分でも忘れてしまってることがあって、取材で聞かれた時にわからなかったらどうしようと余計に緊張してしまいました。

・取材中のこと
通された社屋の会議室にいらっしゃった方は、ご連絡を下さったライターの方、出版社の編集者の方、カメラマンの方。
ドアをあけてやっと、うわ!本当だった!と、改めてほっとしたような、緊張UPのような。
インタビュー形式でお話をさせていただきましたが、案の定、グダグダな回答をしてしまいました…orz
もっときちんと記憶を整理してからうかがうべきでした。
また、会社や周囲には内緒にしているので、普段あまり不動産の話がおおっぴらに出来ないこともあって、対面で話を聴いてくれる人がいると思うとつい嬉しくなってしまって、思わず時計も見ずにたくさん話しすぎてしまいました。
大変失礼いたしました。
写真も色々な角度で撮っていただきました。(顔を出さないでくださいというお願いをしたところ、希望を聞いてくださって、後姿の一枚のみ紙面に載っておりました。)


・掲載内容についての感想
あんなにグダグダだったのに、発売された誌面では、なんと矛盾なくかつ整然と文書が構成されておりました。
見事に体裁が整っている…。
さすがプロの方々です、私が文章の通りにきちんと答えられていたわけではありませんww!
内容については、ほぼほぼこのブログに書いてきた通りで無料で読める内容と同じなのですが、簡潔に下記の3点です。

①まかせるところは人にまかせる。
副業のため、平日昼間は会社の仕事をしていて入居者様のリクエストには対応できないので、物件管理は管理会社様に頼んでいます。

②もともと、あまり手がかからない物件を選ぶ。
自主管理していないにしても、大規模な修繕費がかかったり、入居者様に難のある物件は避けます。

③コストダウンのために、一部をセルフリペア。ただし、土日だけで出来る範囲。
→電灯や割れたトイレホルダーの交換や、壁紙や戸棚修復、カーテン自作、室内の案内チラシなどは自分で改良します。


これはブログに既出の私の部分だけです、他に掲載されていた様々な方の副業の手法も、とても勉強になる部分が多いので、ぜひ購入して読まれてくださいね!
(書店でも、記事の上のほうにリンクしたところからもお求めいただけます)



「BIG tomorrow」は毎月25日の発売です。

つまり、掲載号の発売日は12月25日でした。 私にとって本当に素敵な「クリスマスプレゼント」となりました。

今回の素晴らしい機会に関係して下さった皆様に、心からお礼を申し上げます。
本当にまたとない思い出になりました。
この機会を充分に未来設計に活かして、今後も不動産投資を頑張って行きたいです。


出版者様HP:
[青春出版社]
http://www.seishun.co.jp/big/14975

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス