今週も地震発生しやすい傾向が… | 地震大国に住む神やんの考察

地震大国に住む神やんの考察

母親の住む実家と父の眠る墓地が千葉の海沿いの町にある為に、次におこる「房総沖巨大地震」を予測する為日々危機感を持って精度を高めるべく切磋琢磨しております。


テーマ:

こんばんは。 (*^・ェ・)ノ  神やんです。

 

 


いつも「いいね」や「ペタ」、コメントを頂きましてありがとうございます。<(_ _*)>

 

 

 

10/08 17:37 福島県沖 M4.0 深さ30キロ

10/08 21:54 胆振地方中東部 M4.4 深さ30キロ 最大震度4

10/08 23:12 茨城県南部 M3.3 深さ50キロ

10/09 02:45 胆振地方中東部 M4.2 深さ30キロ 最大震度4

10/09 04:10 奄美大島近海 M2.9 深さ40キロ

10/09 04:52 福島県沖 M4.8 深さ30キロ

10/09 06:41 八丈島近海 M4.4 深さ112.7キロ

10/09 07:33 京都南部 M2.8 深さ10キロ

10/09 08:45 胆振地方中東部 M3.0 深さ30キロ

10/09 09:21 胆振地方中東部 M3.0 深さ30キロ

10/09 13:16 青森県東方沖 M4.5 深さ58.4キロ 

10/09 17:16 茨城県北部 M4.1 深さ10キロ 最大震度3

10/09 17:35 五島列島近海 M3.1 深さ20キロ

 

 

 

●10/07に考察の茨城県南部でM3.3、八丈島近海でM4.4の地震が発生しました。

 

●10/08に考察の福島県沖でM4.0、胆振地方中東部でM4.4、M4.2、M3.0、M3.0、青森県東方沖でM4.5の地震が発生しました。

 

 

 

 

2018.10.08~2018.10.09の震源地図

 

 


■火山設置地震計の観察

 

 

・十勝岳・・・数値が緩やかに上昇、ノイズも微増。
・樽前山・・・数値が緩やかに上昇。
・有珠山・・・数値が緩やかに上昇、ノイズも微増。
・北海道駒ヶ岳・・・数値が緩やかに上昇、ノイズも微増。
・岩手山・・・数値が緩やかに上昇、ノイズも微増。
・那須岳・・・数値が高いままほぼ横ばい。
・草津白根山・・・数値が緩やかに上昇、ノイズが増加。
・浅間山・・・数値が上昇、ノイズが急増加。
・富士山・・・波形・数値はほぼ昨日と同じ。
・伊豆大島・・・数値がほぼ横ばいでノイズが増加。
・三宅島・・・数値が緩やかに上昇、ノイズも微増。

・阿蘇山・・・数値が緩やかに上昇、ノイズが増加。
・雲仙岳・・・数値が急落しノイズが発生中。
・霧島山・・・数値が若干高いままほぼ横ばい。ノイズも微増。

 

 


現在の北米プレート・フィリピンプレート境界応力値は87.3、前日比は118.1%となっています。

 

 

 

11日ぶりに北米プレート・フィリピンプレート境界応力値が80台まで上昇しました。

 

 

 

更に前日比も危険領域の一歩手前の118.1%まで上昇しました。

 

 

 

地震計も各地で数値やノイズが上昇傾向にあります。

 

 

 

北関東~東北、伊豆諸島周辺、九州南部方面の地震計で数値やノイズに変動が見られます。

 

 

 

先週見られた地震多発帯(昨日のブログに掲載)では今週も地震が発生しやすい傾向が継続しています。

 

 

 

引き続き注意してください。

 

 

 

【北部観察】
応力配置による注意発震確率の高い地域は、十勝地方、青森県東方沖、岩手県沖、宮城県沖、福島県沖となっています。

 

 

 

【東部観察】
応力配置による注意発震確率の高い地域は、茨城県北部及び沖合、千葉県東方沖、伊豆諸島周辺、長野県北部、和歌山県北部となっています。

 

 

 

【南部観察】
応力配置による注意発震確率の高い地域は、沖縄本島近海、トカラ列島近海、薩摩半島周辺、熊本地方となっています。

地震大国に住む神やんの考察さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス