REPO! レポ | 映画、言いたい放題!
2009-04-14 13:40:13

REPO! レポ

テーマ:洋画 る~ろ

脚本ゼミの仲間で作る映画を観る会の

今月の作品に選ばれました。

この選考は、興味はあるけれど

自分一人だったらわざわざ観に行かないもの(笑)

今まで選ばれた作品にはないジャンルなので

これに決まりました。


2056年、世界は死にいたる奇病が流行していた。

助かる道は臓器移植のみ。

そこに目をつけたジーン社は

高額な手術費に手が出ない人々向けの

あくどい臓器ローンで富と権力を独占していた。

17歳のシャイロは生まれながらの難病を患い、

医師である父のネイサンから外出を禁じられていたが、

が、ジーン社の社長ロッティにそそのかされ、

禁断の外界へと足を踏み出すのだった。

しかしシャイロを待ち受けていたものは混乱している世界、

そして、知りたくもない悲しい真実だった。


あのですね、

疲れていたので、寝てしまうかもしれないと

覚悟していたのですよ。

話も大して面白くないし。f(^^;)

でもね、なんだかんだ寝ませんでした。

同じことを他のメンバーも言っていたので

面白かったってことですかね。(爆)

退廃した雰囲気は「ブレードランナー」に似てます。

暗い画面と、独特な歌、ちょいとグロな感じは

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 」という感じです。

あと、劇団新感線の芝居。(笑)

アメコミ漫画で説明されるのは「スパイダーマン 」風。

どこかで既に観た感が強いので、今更感があります。

でも、まー観てしまいましたわ。

パリス・ヒルトンはどうなのよ?と思ってましたが、

そんなに悪くなかったです。

整形に依存していて顔が崩れるという設定が

なんか合ってました。(^_^;)

サラ・ブライトマンは素敵でしたね。

音楽はYOSHIKI がプロデュースしたようですが

こちらもよかったです。

X JAPANの音楽、聞いてみようと思ってしまいました。

全体的な世界観は悪くなかったです。


指定席の映画館だったのですが、

がらがらなのに、なんで知らない人の隣に座らせるかね?

勧められた席に行ったら、

私の席に荷物が置いてあって、

それは隣の女の人が、空いているし

まさか人が来るとは思ってなくて置いたんだろうけれど、

普通そう思うよね?

何でがらがらの映画館で知らない者が並んで

狭い席で窮屈に見なければならんのだ?

今度は前もって聞くことにしよ。



ストーリー  ★★★
映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★☆


人気blogランキングへ

laerl38さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス