最近は日本でも始まったブラックフライデーのセールですが、アメリカでは数々の事件がこの日に起きました。
 
サンクスギビング(感謝祭)は11月の第4木曜日で、その翌日が「クリスマスショッピング」の初日と考えられていた頃から、木曜日の夜中から大々的なセールが始まるようになりました。
最近では、ショッピングもインターネットが主流になり、コロナ禍の影響で 今年は夜中に店の前に長蛇の列ができることはニュースになりませんでしたが、毎年、店になだれ込む人の姿や商品を取り合って死者が出た事件などがブラックフライデーの風物詩でした。
 
我が家は特にこれまでブラックフライデーに参戦したことはありませんが、数年前にはベッド(マットレス)を40% OFFで買いました。たいていのお店は1点か2点、超お得な品を出して客引きをしますが、根性がない私たちはそういうものを買えた試しがありません。
 
今年は夫が電動歯ブラシを自分と娘用に50%オフで買い、私がユニクロでヒートテックなどのセール品を買いました。
 
友人に頼まれていたLAのバスケットチームレイカーズの優勝記念グッズをブラックフライデーで探してみたのですが、日本の楽天で探したのとほとんど金額が変わらず、さらに送料とかを考えたら、日本で買って送ってあげた方が得なことに気づきました。
 
 

 

ランキングに参加しています。

クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ