LA バイリンガル子育て 毎日が発見

LA バイリンガル子育て 毎日が発見

アメリカ暮らし25年 教育学博士 大学に勤務しながら、バイリンガルな子供と暮らしています。子育て日記やLA ビバリーヒルズやサンタモニカなどの情報をお届けします。

日本人が普通に当然のことながら 当然知っている日本語の語彙をを’アメリカに住んでいる子供は、が知らなかったりします。

 

日本の学校で普通に使う日常品も、日本に住んだことがない海外暮らしの子供にはわかりにくかったりします。

娘は、なぜか日本のYoutuberのビデオをよく見ているので、妙な語彙を知っています。

それは

さすまた

 


 

日本人なら誰でも知っている「だし汁」とか「学級懇談」なんていう語彙を知らないくせに、なぜか知っている

さすまた

 

小学校4年生の社会科の授業では「災害や事故から自分を守る」ことを教えていますが、まず日本とアメリカでは犯罪の種類や程度も違うし、災害時の連絡の仕方なども違います。

 

日本では「事故があったら110番」ですが、こちらでは「911」です。日本ではおそらく電話したら、自分がどこにいるか何が起こったかを伝えますがアメリカでは「どこにいるか」は自動的に感知されるので、伝える必要がありません。

 

学校内の危機管理も日本とアメリカではかなり違います。避難訓練もこちらではもっぱら「銃を持った人が入ってきた場合のバリケードの築き方」などで、護身術のようなものは習いません。

 

そして、私は 明日、300人くらいのロサンゼルスに住む日本人の子供に「日本の防犯訓練」を教え、有名YouTuberが「さすまた」について語っているビデオを見せる予定です。

今時の子供はどんな’メディアよりYouTuberの面白ビデオへの食いつきがいいので、それを利用してみるつもりです。

 

 

ランキングに参加しています。

クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村

Ameba人気のブログ