久しぶりに未就学児(幼稚園生)の埋没手術 | 共立美容外科・歯科 千葉院院長 児玉肇のブログ

共立美容外科・歯科 千葉院院長 児玉肇のブログ

共立美容外科・歯科 千葉院院長の児玉肇です。
美容医療について、みなさんに分かりやすくお伝えしてきます。


テーマ:

この春休みの時期、学生さんの埋没手術は多いですね。

 

共立美容外科では小さいお子さんの埋没手術も症例としては多いのではないでしょうか。

 

痛みや腫れの少ないP-PL挙筋法で施術しますので、もはや小学生も中から高学年になると特段身構えることもなくなりました。

 

先日は久しぶりに6歳の幼稚園のお子さん(春からは新一年生)の埋没法手術がありました。

 

以前にも書きましたが、これくらいの年齢だと親だけの意思で手術を完遂するのは難しい。本人の希望がある程度ないと

ちょっとしたことでもさせてもらえません。施術を決定する前に、目薬をしてみたり最低限のテストはしてみて大丈夫なら

施術へと移行します。

 

その日はその6歳の子と10歳の子の手術がありましたが、やはり10歳ともなるとなんら大人と変わらないようにも思えます。

術前のシミュレーションでぱっちりと大きくなる目を鏡でみれば、10歳の子なら難なく頑張ってくれます。

 

「痛みが少ない」といっても、全くのゼロではないと思います。

 

例え患者さんが「痛みが全然無かった」と言って下さってもそれは「(思ったよりも)痛みがなかった」と受け止めて、今後も

なるべく痛みが少ない施術が出来るように日々研鑽して参ります。

 

 

はじめちゃん(児玉肇)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります