修行僧の涙目な日々

修行僧の涙目な日々

修行僧時代を振り返ってみるブログ。

翌日の朝。

6時過ぎに活動開始!

朝から暑いです・・・。

 

ホテルの前の通りの揚げ物屋台。

美味しそうでしたが、昨日の暴食の諸々がキテるので止めておきました(笑)。

 

歩いて駅までやって来ました。

バンコクのMRTに乗ります!

切符はトークン(ICチップ入りのコイン型乗車券)。

 

出勤時間前なのでだーれもいません。

 

目的の駅で降り、地上へ出ると・・・。

お弁当の屋台がめっちゃ並んでいます。

現地の人がけっこう買ってるようでした。

 

歩いてお目当てのルンピニー公園に到着!

ランナーだらけ!

 

オオトカゲもいっぱいいます。

 

そして、わたくしはフードコートで朝食を。

フレッシュグァバジュース、砂糖入り。

爽やかな風味、砂糖の激しい甘さ。

アジアを感じる美味しいジュースです。

 

朝食はこれ!

朝からカオマンガイです!

まずはご飯オンリーで一口。

チキンのうまみがしみ込んで・・・美味しすぎる!

 

続いて醤油ソースがかかったチキンとご飯をいっしょに。

しっとりジューシーなチキンのうまみ×うまみ飯×甘旨醤油=

思わずお店に合掌してしまう美味しさ!

 

こんなにも美味しいカオマンガイですが、

ここに付属のピリ辛ソースをかけて食べると・・・

美味しさのあまり、涅槃入りしかける事態!

おそるべし本場のカオマンガイ・・・!

ちなみにスープもチキン出汁が効いていて非常に美味。

 

さて、朝食を食べたら次はいよいよタイのお寺を参拝します。

 

でもその前に・・・。

 

食後のデザート(笑)。

サクサクで美味しいクロワッサン。

こちらのお店「Lili morning」で買えます。

フランス人の方がオーナーだそうです。

 

結局、朝から暴食してしまったのでありました・・・。

次回はちゃんとお寺を紹介します。

バンコク初日。

腹ペコ星人と化したワタクシはさっそくおやつを食べに町へ・・・。

 

ショッピングセンター・ターミナル21のデパ地下でトムヤムヌードルを食べました。

アジアンな香りが食欲を刺激!

ピリ辛で甘酸っぱくて美味しいです!!

 

甘いのも食べたくなったのでタイ風クレープ(ロティ)も。

バナナ&練乳たっぷり、あまくて美味しい♪

動画も撮りました↓

 

そして・・・

 

シメに焼肉!

 

食べ過ぎて眠れませんでした・・・(笑)

タイへ行ってきました!

 

今回はLCCを使って成田⇒ドンムアン空港へ。

約8時間の空の旅。

機内食をケチったので腹ペコ星人・・・。

 

両替して、タクシーでバンコク市内へ向かいます。

天井の模様がタイっぽい。

 

道端の屋台の皆様。

腹ペコなのでとっても美味しそうです。

 

そしてホテルに到着!

今回泊まったのは、ガレリア12というホテル。

一泊一部屋7000円くらいでした。

 

ホテルの前にはガネーシャ&仏様。

また、宿泊客用のトゥクトゥクもありました。

 

部屋はこんな感じ。とってもきれいなお部屋です。

来週、タイのバンコクへ行ってきます!

 

タイといえば、熱心な仏教国。

有名な寺院がたくさんあります。

今回行く首都のバンコクで特に有名なのが、

  1. ワット・プラケオ(エメラルド寺院)
  2. ワット・ポー(涅槃仏寺院)
  3. ワット・アルン(暁の寺)

の三つのお寺です。

バンコクの三大寺院と呼ばれています。

 

しっかり見物&お参りしてきたいと思います!

写真・動画&ブログ、お楽しみに!

今回から昼のお勤め=日中諷経についてのお話。

新到は15~20分前には日中諷経の準備をします。

蝋燭やお線香に火をつけたり、法要で必要な諸々のセッティング・・・。

ここでミスがあるとすぐに古参にバレます。

しっかり最終チェックしてから御真殿へ移動し、こちらも諸々セッティング&チェック。

しばらく待機・・・。

 

そして、午前10時50分頃、鐘司が鐘を鳴らし始めます。

それが日中諷経の開始の合図。

導師・役寮・古参が続々とやってきます。

 

まずは御真殿にて御真殿日中諷経をします。

配役は朝課のときと同じく、侍香・堂行・太鼓。

読むお経も朝課と大体同じですが、「1、舎利礼文」は読みません。

また、「4、妙法蓮華経観世音菩薩普門品偈」の代わりに、妙法蓮華経如来寿量品偈(みょうほうれんげきょうにょらいじゅりょうほんげ)というお経を読みます。

通称、自我偈(じがげ)と呼ばれています。

簡単にいうと、お釈迦様のお悟りそのものについてのお経です。

 

お経はすべて太鼓を使って読みます。

朝課のときと異なり、典座寮副随寮などの修行僧は別の仕事があるので参加しません。

人数が少なくなるので、お経はより空中分解を起こしやすいので大変・・・。

 

御真殿が終わると、法堂へ移動します。