骨董水妖◇古美術品を普段使いする◆本物と美しい暮らし◇

骨董水妖◇古美術品を普段使いする◆本物と美しい暮らし◇

本物の古美術品を日常に使う、上質で美しい暮らしのために。


テーマ:

伊勢神宮内宮前の宇治橋で
社中のみなさんと待ち合わせ。

まず、宇治橋の左の小道に行きます。

伊勢名物【赤福】さんの特別な建物があるんです。
一休みさせていただきました。

【赤福】さんとお茶の先生が親しいため、
お計らいいただけた模様です。


お座敷の次の間には、
平櫛田中(ひらぐしでんちゅう)さんの書の扁額が飾られています。

「赤心慶福」

《赤心》・・偽りのない心。誠意。まごころ。

あとで女将さんに伺ったら、
【赤福】は、この言葉からのネーミングなんですって!

当代の御当主の曾祖母様の像を田中さんに作ってもらった事からのご縁で
《赤福》の基となるこの言葉を書いていただいたんですって。
凄い!!
平櫛田中さんは、明治から昭和初期にかけて活躍なさった日本を代表するの彫刻家です。
美術界で最も評価の高い造形家の一人。



参拝の後は、
赤福さんの【五十鈴茶屋】に。

先生が理事を務める「日本食文化会議」
のイベントの一つとして

五十鈴茶屋さんの
普段は非公開のお茶室で、
ご当地伊勢に所縁のあるお茶道具を
一般の方に見ていただき
(川喜田半泥子さんのお茶碗や、
竹内栖鳳さんが絵付けした
伊勢神宮の御神水を汲んだお茶碗(円能斎極)、
有栖川宮熾仁親王殿下の歌のお軸など)


やはり非公開のお二階で
赤福さんと先生がコラボした特別なお菓子で
一服楽しんでいただく企画です。

私はお茶を運ぶお手伝いです。

二階への階段は階段箪笥!
しかも総欅だったんじゃないかな。
さすが老舗中の老舗!

一階の調理場で用意していただいたお茶を
お盆で二階へ運び、
一碗づつお客様にお出して楽しんでいただきました。
二階からは、手入れの行き届いたお庭や
五十鈴川が見え
気持ちの良い景色です。

一階のお庭にあるお茶室へ行くのに
五十鈴茶屋さんの店内を通らせて頂くんですが

従業員のみなさんの動きが素晴らしいの!

とっても混んでいて、忙しく働いてらっしゃるのに
私が迂闊に動線に入ってしまっても

「全くぶつからない!!」

よっぽど周りを見て、注意力を働かせないと、
あんな動きはできません。

そして、スタッフの笑顔がとても自然です。
初めて伺ったのに、安心してお手伝いできる雰囲気に満ちていて、
なんとなく清々しい。
居心地が良いのです。

「赤心慶福」のスピリットは
赤福さんの隅々まで行き届いていました。

とっても忙しい連休初日なのに
途中で、我々に赤福とお番茶を運んできてくださるお気遣い。
できたての赤福は、小豆の味が強くて
「美味しい〜♡」
普段は、粒あん派の私、
こしあんの魅力を初めて知りました。


お伊勢さんまでの街道は、
横切るのが難しいほどの人、人、人。
お店がたくさんあって、いい匂いがして楽しそうです。
次はプライベートで来よう♪

両側に時代のある建物がずーっと並ぶ街道に
たくさんの人。

江戸時代の浮世絵を見ているような光景でした。


骨董水妖
白井澄子
phone/075-541-5128
京阪電車三条駅2番(縄手通り北側)出口 徒歩1分









テーマ:

2月9日、お稽古に通わさせていただいている
お茶の社中の公式参拝で
伊勢神宮様へ参拝させていただきました。


こんな標識初めて!
お伊勢さんは国道の終点なんですね。


内宮の宇治橋で集合です。
お伊勢さんは、夏は朝5時から、
寒い時期は6時から開いてるんですって!


神楽殿へ。

(撮影不可です。画像はパンフレットより)

ご祈祷の後、
雅楽器の生演奏による神楽の舞。

東儀秀樹さんが深夜番組で、笙の音は
「天国を具現化した音」
おっしゃっていましたが、ホント!!
テレビなどで聴く音とは全く別次元です。

生の演奏は、
五感を超えて精神にダイレクトに響きます。

日本特有の表現。

池大雅さんの絵との共通点を感じます。

ここが神様の敷地内で、
尊い存在の近くに来させていただいたとも
強く感じます。


その後、
少し歩いて、奥に。
太い杉の双子。樹齢はどのくらいでしょう。


そのあとが、本番でした。

皇大神宮(内宮/こうたいじんぐう)正宮
外玉垣南御門の前でご参拝させていただきます。

ここから先は、天皇陛下しか進めない聖域。

ギリギリまで、来させていただくことができて不思議な気持ちでした。
降らない予報だったのに
この時だけ、
ほんの僅かに雨が降り、
神様から何かメッセージをいただいているようです。


帰りの神楽殿の姿。
神々しかったな。

続きます。
 
骨董水妖
白井澄子
phone/075-541-5128
京阪電車三条駅2番(縄手通り北側)出口 徒歩1分










テーマ:

古美術・骨董品を試しに使ってみるユルい宴会です。


素敵な和食屋さんや料亭で使われている骨董の器
実は敷居は高くありません。

今はとってもリーズナブルな価格のお品が多いんです♪

美術館でガラス越しに見るだけが
美術の楽しみじゃないんです。
【素敵な器は見るより使う方がずっと楽しい!!】

古伊万里のしっとりした手触りは、持ってみなきゃ感じられないし
お料理を盛らなきゃ、器としては眠っているのと同じです!

その盛り映えの素敵な事♡


江戸時代の書画の楽しみ方も
一杯やりながら、レクチャーしちゃいます♪


1月の小宴で楽しんでいただいた
池大雅筆【蘭亭叙図】
大雅さんの傑作の一つです。


楽しそうな、画中の人々。
良い画は、作品の中で描かれた人が生きています。


こちらも池大雅さんの作品
【西施図】

筆は使わず、指や爪で描かれた指墨画です。
大雅さんの指紋がくっきり!
20歳代後半、自分の画風を磨いている時期の作品。
充分に人気があって引っ張りだこたっだ大雅さん若き日の作品♡

2月の掛軸は、検討中です。
追ってお知らせいたしますね♪

ドリンクとおつまみをご用意いたします。
会費¥2000・6名様迄。
お気軽に、コメント欄かお電話でご予約ください。
又は、
hpのお問い合わせ欄からどうぞ!→こちらをクリック!

骨董水妖
白井澄子
phone/075-541-5128
京阪電車三条駅2番(縄手通り北側)出口徒歩1分



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス