• 27 Nov
    • 別府 凡柳忌川柳大会 速報

      第27回凡柳忌川柳大会(別府番傘川柳会) 淳子さん特選!宿題 「一分(いっぷん)」一分の狭間で揺れる命の火 (淳子)宮崎、延岡、都城から10名参加。参加者60名名誉会長の泉 談亭 氏の挨拶 内藤凡柳さんの直筆が見つかった。世渡りの中にお蔭という言葉  凡柳  今日の大会に花を添えていただいた講演者は、台湾川柳会会長の杜 青春(と せいしゅん)氏(54歳)。九州と台湾の関係や台湾に川柳会ができたいきさつなど、ユーモアもあり、きれいな日本語でお話しいただき、日本人の方が汚い日本語を使っていることに気が付いた。  小代千代子副会長による青春氏の紹介  宮崎組は全員入選を果たした。全没なしの好結果でした。ちなみに紋章は6句、桂介5句、えり 5句、・・・・。 延岡の南樹川柳社の荒砂和彦さんが宿題「蓋」の選者を務めた。 帰りは特急にちりん14時49分別府発で帰宮した。来週の日曜日は、福岡の楠の会30周年川柳大会に参加する。朝5時発の高速バス 睡眠不足が続きそう。        

      14
      2
      テーマ:
    • 紅葉間近

      昨日、母の病院の日、日南に送る北郷の道路脇はもう、紅葉が始まっていた。

      4
      2
      テーマ:
  • 25 Nov
    • ピンバッジ(東京2020オリンピックエンブレム)

        ブレザーの襟に東京オリンピックのピンバッジをつけていたら、南風さんが「それいいね!」とじっと見ておられたので、「パラリンピックのピンバッジならありますよ」と言うと、「売ってくれんね」と言われた。 日頃から障碍者の方に理解を示されている方なのでまた本人も手話もお出来になるので、パラリンピックの方が欲しかったそうで、ちょうど手元にあったのでお譲りした。 正規に都庁の売店で買えば、648円なのだが、アマゾンなどネットで調べると値が上がっている。  東京オリンピック と パラリンピックのピンバッジ  ピンバッジ付けて平和も祈ります 紋章          

      5
      テーマ:
    • 月刊 おかじょうき 11月号

      月刊 おかじょうき 11月号(2016) (おかじょうき川柳社・む さ し)   10月月刊賞空蝉を拾う弟の匂いする (守田啓子)  11月会員雑詠集 「無人駅」股関節に住みついた ガギグゲゴ (一帆)介護論 円周率は3じゃない (斎藤泰子)三行目あたりで走り書きになる (熊谷冬鼓)愛してはいない愛されてはいない (城後朱美)知恵だけでカストラートを描いてみる (月波与生) ※カストラート・イタリアの男性去勢歌手、女性の音域で  オペラ・セリアの男性主役として活躍人間を生で食べてはいけません (むさし)   研究吟 「待合室」 司会むさし象曜日サバンナひとつ産み落とす (与生)きゅわんきゅわん丸くなれない月が啼く (はるひ)0×0=0の証明 蛇苺 (一艘) おかじょうき川柳社会員募集!郵便振替 No.02280-6-43112口座名   おかじょうき川柳社会 費  6000円(1年/12回発行)      

      5
      テーマ:
  • 23 Nov
    • 川柳 御所柳 2016-11月号

      川柳 御所柳 11月号 (京都番傘川柳会・中村牛延)   同人近詠 三十六峰 ・・・武内 幸子 選返信にOKが来て蝶になる (広瀬勝博)闘病ののびのび寝てる訳でない (津田一江)ストレスが次つぎ溜まる葱きざむ (荒井加寿)耳かきに一杯それで死ねますよ (喜多川やとみ)枯れぬよう言葉の糸を編んでゆく (平尾もも代)煮くずれもまた愛しい人となる (前中知栄)充電中です冗談は通じない (藤本鈴菜)  誌友近詠 大文字  ・・ 藤本 秋声 選病んで知る空の青さと人の情 (北野寿美子)幸せを掃き蓄めている老いの庭 (高矢芳加津)古希だって化粧もするしお洒落もし (平川はるか)全勝の力士菊の香ただよわす (山田三友)過払いの愛見直していいですか (村田靖子)  課題吟 「 煮 る 」 ・・・ 津田 照子 選たっぷりの酒で煮込んだ主人です (前中知栄)煮詰めれば違う自分に会えるかな (藤井幸子)煮崩れた大根きっと私だな (城後朱美)   12月例会 11日(日)13時開場 ラポール京都(西院)宿題(各2句)  締切14時「時事吟」  吉川哲矢 選「助け合い」 当日決定・ 前中知栄 2人共選「遅い」  西陣五朗 選「 蛸 」  広瀬勝博 選「浮かぶ」 中村牛延 選     

      2
      テーマ:
  • 21 Nov
    • 宮崎市西地区文化祭

       宮崎市西地区文化祭の行事が11月20日にあり川柳も作品展示に参加するため、前日の午前9時から提出していた短冊の展示を行った。準備に来てもらったのは三人だったが何とか時間内に済ますことができた。幼稚園児の絵や小・中生の習字、一般の絵画、絵手紙、生け花など多彩な展示がなされた。体育館では、歌、踊り、太極拳、コーラス太鼓など芸能部門も多く出演。 片づけは4人みえて、短冊の撤収を夕方には終えた。 美千 ・   せつこ ・  みずほ ・  紅玉 ・ ほたか 楼太 ・  えり  ・    紋章 ・    博  ・  聞明    敬女  ・  幸風 ・  博之 ・   まゆみ  南風 ・   よしひさ  ・  のりとし  ・  ちかよし ・  南風  喜宏 ・   淳子 ・  なが月 ・   さだお         

      6
      テーマ:
  • 13 Nov
    • 宮番11月句会

      宮崎番傘 11月句会  13時より宮崎市西地区交流センターで11月句会をした。 22名参加、投句が10名 計32名。  先月は延岡市文化祭川柳大会に参加したため休会だったので久し振りの地元句会だった。天気も良く、穏やかな一日。 新参加の雅彦さんを紹介した後、披講に入った。  「 鍋 」     聞 明 選ピカピカに磨いた鍋に理由(わけ)がある(千 枝)よく喋る男も黙る旬の鍋(喜 宏)新婚さん火傷しそうなキムチ鍋(せつこ)軸)想い出を具にして囲む里の鍋    「枯葉」     のりとし 選土に還る約束があり散る枯葉(桂 介)枯葉にも生き方がある風を選る(紅 雀)ひとひらの枯葉がしがみついてくる(紋 章)軸)シーベルト人影消えて舞う枯葉 「リハーサル」  美 千 選完璧なリハーサルだった逮捕劇(紋 章)青い鳥逃げたまんまのリハーサル(みずほ)逆上がり明日こそはとリハーサル(桂 介)軸)問題の繰り返し出る試運転   凡柳忌川柳大会 11月27日(日)  宮崎組は5時58分発特急にちりんです。5時40分には宮崎駅に集合。 大会詳細は、http://ameblo.jp/koro169/entry-12208804847.html   

      4
      テーマ:
  • 06 Nov
    • 第59回 延岡市文化祭川柳大会

      第59回延岡市文化祭川柳大会  (南樹川柳社・荒砂和彦)  延岡市北小路にある旬鮮工房「源太」のホールで11月6日(日)川柳大会が開催された。 朝8時10分発の特急にちりんに17名が乗り込み佐土原駅で4名合流。21名で延岡に向かう。 駅前は工事中で複合ビルが建つらしい。前の日から1名参加で宮崎からは計22名が参加した。   当日参加者46名、 欠席投句21名 計67名となった。 11時半締切、早速選者室での選考。 雑詠3句 5人の選者(荒砂和彦、西岡南風、伊福保徳、間瀬田紋章、白鳥ゆり)よる共選。 時代吟「長屋」 加行大洋選             山雨亭賞  永友 淳子(佐土原)  ※特 選(和彦選)    時代吟賞  伊福 保徳(延 岡)    総合第1位 吉井 楼太(宮 崎) 10点       第2位 間瀬田紋章(宮 崎) 9点       第3位 主税みずほ((都 城) 9点      特選賞(ゆり選)  甲斐 雅人(川 南)         (紋章選)  内田  保(延 岡)         (保徳選)  肥田木聞明(宮 崎)         (南風選)  間瀬田紋章(宮 崎)   懇親会   山雨亭賞の永友淳子さんの音頭により開幕                わたしの貰った表彰状とカップ 特選賞と総合2位           

      4
      1
      テーマ:
    • 川柳 ふんえん 2016-11 

      川柳 ふんえん 2016-11  No.802(川柳噴煙吟社・平田朝子)  巻頭言  あの日から半年 ・・・ 平田朝子 あの熊本地震から半年が過ぎた。震度1以上は現在4081回、被害総額は3兆6363億円。それより各地の重要文化財の崩壊を恨めしく思う。 全国からのご支援、ご恩は決して忘れることはないでしょう。 平成30年の全日本川柳熊本大会の開催を控え「がんばるけん熊本!!」今から正念場。 同人自選近詠  楠 若 葉  フルネーム呼ばれて続く検査漬け (秋山 了三)甘やかな水脈抱いて熱い肌 (中山 和)柿たわわされど住む人いない家 (小西 雄々)鎖骨からほろほろ零れいく泪 (山下 華子)三日前思い出せない日記帳 (日高 賀邁)フクシマを生き抜くたくましい野生 (棧 舜吉)わたくしの巡礼だった食べ歩き (山本あかね)徘徊の父の手にある彼岸花 (太田玉流川)登ったらきれいに見えぬ富士の山 (守永 わく)思い出し笑いがやまぬバスの中 (井芹陶次郎)北病棟七号室の窓も秋 (吉岡 靜生)あの日からあなたの夢をよく見ます (矢村なお美)野良犬の目が私を値踏みする (古閑 萬風)たっぷりとあって足りなくなる時間 (吉岡 茂緒)にんげんを忘れるための極上酒 (平田 朝子)   作品募集 第45回 濤明賞   未発表作品2句詠 (一人一組)  応募料  1000円(発表誌呈) 噴煙会員は無料  締 切   平成29年2月15日 (消印可)  用 紙   所定用紙あり また便箋自由  選考委員   森中惠美子、(大阪番傘) ・ 梅﨑流青(葦群)   田口麦彦、安永理石、平田朝子(噴煙)  賞  上位3名 濤明賞  その他賞あり   応募先 〒862-0907 熊本市東区水源1丁目5-5  川柳噴煙吟社「濤明賞」係  宛て      

      5
      テーマ:
  • 04 Nov
    • 川柳 くろがね 11月号

      川柳 くろがね 11月号創刊900号記念 特集号 (川柳くろがね吟社・古谷龍太郎)  巻頭言  誌齢900号を迎えて ・・・ 古谷龍太郎 昭和4年2月創刊以来第二次世界大戦による長い休刊はありましたものの昭和28年の復刊を経てここに900号を迎えることとなりました。先達の血のにじむような努力と同人誌友の支援、全国の柳友諸兄姉のご指導ご鞭撻の賜物と感謝しております。(略)  くろがね900記念号に寄せて ・・・ 大場 可公 9月に、熊本ふんえん誌の重たい800号を手にしたばかり。今度のくろがね900号、拍手とともに心からの祝意を申し上げます。  創刊900号記念誌上川柳大会   投句者 185名  (宮崎からは7名)  入選句の中から少しだけ掲載 「 九 」  大田かつら 選秀) 九条の二項が紙魚に狙われる  (山田こいし)九条の安全装置開ける音 (柴﨑 幸風)九分九厘火の輪くぐった戦中派 (主税みずほ)九分九厘信じた手術今がある (七條 美千)重陽の節句忘れぬ曼珠沙華 (真島 清弘) 「 継 ぐ」  西村 正紘 選秀)跡継ぎに村中の声ありがとう (佐渡由利子)笑い皺継ぎ足しながら」生きている (外園ピアノ)ジャンケンに負けて跡継ぎ引き受ける (石田 酎)皺の位置まで受け継いで母の齢 (平瀬 芙蓉)とりあえず継いでみました三代目 (間瀬田紋章) 「 たっぷり」  永石 珠子 選秀)たっぷりの煩悩生きている証し (山下 華子)米櫃もダムもたっぷりある平和 (中山 仁美)事故まではたっぷりあったはずの明日 (松本 清展)たっぷりとお乳の足りた子の寝顔 (西岡 南風)再会を語り明かしてまだ足りず (麻井 文博) 「 貫 く 」  平田 朝子 選秀)清貧を貫き故郷には基金 (石神 紅雀)祝い膳貫き通す鶴と亀  (緒方 正堂)三兄弟結びつけてる母の串 (植村 克志)一族の骨格見せる老紳士 (山口由利子)黒は黒貫く人の強い語尾 (藤井 英坊) 「 願 う 」  安部 征二 選秀)流れ星よっしゃよっしゃと消えてゆく (時津みつこ)ときめきの出会いが欲しい老いの毬 (弘津 明子)いま一度逢いたい花が褪せぬまま (松村 華菜)願いごと一つにせよと絵馬笑う (青野 舞)拉致の子へ一度逢いたい母米寿 (徳永 勝馬) 「 真 剣 」  西岡 南風 選秀)御柱落とす天地が息をのむ (渡邊 桂太)真剣に紙の兵隊戦った (間瀬田紋章)じりじりと本気になっていく眉間 (中村 鈴女)正座して真剣に聞く遺言書 (矢村なお美)真剣になるほど落ちる丸木橋 (西 ほたか) 「 すいすい 」 石神 紅雀 選秀)余る螺子すいすい回る扇風機 (吉富 廣)すいすいと昇った梯子外される (中山 和)すいすいと出来ず嫁の手温かい (松本 宏子)すいすいと迷わず行ける縄のれん (村田 君代)すいすいと焼香進む義理の通夜 (間瀬田紋章) 「 台 頭 」  古谷龍太郎 選秀)ルーキーの急追亀を走らせる (廣永 雅彦)次世代のホープゆっくり目を覚ます (古野つとむ)新人の意見ミントの風が吹く (真島美智子)台頭の先に見えてる滑り台 (前川 真)貧困が右派の台頭許してる (島尻 卓)    

      1
      テーマ:
  • 03 Nov
    • 焼酎「霧島」復刻

       霧島酒造100周年を記念して白でもない赤でもない黒でもない「霧島」が復刻発売された。宮崎県地区のみの発売だそうで昔のお湯割りで飲む芋の香りが特徴。 昔からのファンには、待ち望んでいた復刻版だ。早速買いに行った。まだ飲んでいないので、お客さんでもある時に飲もうと考えている。   こっそりと飲む焼酎の旨い事  紋 章      

      4
      テーマ:
    • 歯固めの石

      ~爺ばか第2報~ 孫の乳歯が生え始める100日目から120日の間頃に「お食い初め」の儀式をやるのだが、お椀に「歯固めの石」をいれる。歯固めの石には、石のように丈夫な歯が生えますようにという願いを込めるのだそうだ。 その石は、昔は神社の境内で拾ってきた小石を使うのが一般的だったそうで、無ければ河原で拾ってきて熱湯煮沸する。うちの場合は、宮崎神宮でお宮参りをしたので、宮崎神宮で拾った。玉砂利は小さすぎたので神木に近いところの小石を5個拾い手にもって本堂へ行きお賽銭を投げ、使わせていただきますと祈願してきた。 使用した石はまた元に戻すのだそうだ。                              寝顔が可愛でしょう        抱っこ中に寝てしまったそうです。   丈夫な歯が生えてくるといいのだが、最近は「あ~、う~」と声が出るようになり成長が楽しみである。 

      5
      テーマ:
  • 02 Nov
    • 平成28年度 後期講座「初めての川柳」

       宮崎地区交流センターの平成28年度後期講座に「初めての川柳」という教室を10月31日を第1回に、4回開くことになった。 講座には14名申し込みがあったが、都合により3名ほど欠席、女性3名、男性8名が出席、熱心に話を聞いていただいた。 第1回は、自己紹介と川柳とは何か?川柳の歴史、川柳の決まり、など基礎編の話で2時間が終わった。次回から実作や、大会での優秀作の鑑賞など盛り込みながらまたちょっとした穴埋め川柳などを交えながら、飽きの来ないようにやろうと思っている。質問も積極的に出て皆さん興味がおありのようだった。 はじめはサラリーマン川柳を意識しておられるようだが、本格川柳に心奪われるようにしなければと思っている。 残念だったのは、センターの指導員の方の川柳に対しての知識が全然違っていたことで、「茶化したり、笑わせたりして頑張ってください」みたいな感じで挨拶されたものだから、これは大変だと思いながら講義に入った。 一般の方の川柳の認識は、まだまだだなあ・・・・////    受講者も肩の力を抜きましょう  紋 章     

      5
      テーマ:
  • 30 Oct
    • 川柳 つばさ 2016-11月号

      川柳 つばさ 2016-11月号(入来わくわく番傘川柳会・石神紅雀)  会員紹介 「小園逸郎さん」・ 川柳を始めたのは昭和50年。(私は昭和49年に宮番の戸を叩いた。)川柳をやってて良かったことは毎日が楽しいに尽きる 近詠自薦 「薫風集)かさぶたを剥いで自分史書き上げる (平瀬 芙蓉)暗いニュース飛ばすとすぐに読み終える (前田 洋子)チ ョイのチョイのチョイ業務用カレー缶 (山崎 蘭草)お母さん今年もすごい夏でした (ありはらようこ)美しいフォームで最下位を走る (石神 紅雀)股覗きイグノーベルを狙い撃ち (石原 夢修)ほめられて回転木馬走り出す (大園やす子) 自由席 「読めない字」 ・・ 間瀬田紋章芝翫茶、銀鏡、平群、道修町、及位、・・・読めますか?しかんちゃ、しろみ、へぐり、どしょうまち、のぞき・・ 自由席 「片平先生とリップ」 ・・ 平田まりん中学の時リップの色がエスカレートしていく私へ「若いあなたは自然が素敵だよ」と注意をしてくださった片平先生。リップをつけずに登校したら先生は満面の笑顔。・・・ 宮崎現代川柳大会でのピアノさんの講演内容を掲載。       

      2
      テーマ:
  • 29 Oct
    • 第5回 卑弥呼の里誌上川柳大会 案内

       第5回卑弥呼の里誌上川柳大会 兼題と選者(各題2句)「 真 」  森中惠美子 選「 線 」  大西 泰世 選「 粒 」  木本 朱夏 選「 息 」  樋口由紀子 選「 影 」  赤松ますみ 選 締切 : 平成29年1月16日(消印有効)参加費 : 1000円(切手不可) 発表誌呈投句用紙 : 大会案内チラシの裏面にあります。         (コピー可) 賞  各題特選1句 ・ 有田焼1万円相当     各題佳作5句 ・  々  5千円相当           (その他サプライズ賞あり)  投句先 〒842-0103    佐賀県神埼郡吉野ヶ里町大曲2426-2    卑弥呼の里川柳会  真島 久美子さん宛て  ☎・Fax 0952-52-1061 柳社、男女問わず、たくさんのご参加をお待ちしています。   

      3
      テーマ:
  • 28 Oct
    • 尾藤三柳さん 逝去

      現代の川柳作家で川柳研究者でもあった東京の尾藤三柳さんが、10月19日にご逝去された。87歳。平成19年に刊行された「目で識る川柳250年」を息子さんの尾藤一泉氏が執筆し、三柳氏が監修されたことは記憶に新しい。川柳研究者の第一人者が亡くなられたことは川柳界にとって、とても残念なことである。 三柳さんの有名な句 川柳が芽吹いて江戸が江戸になる 川柳の「せ」から教えてもらう本  紋 章        

      4
      テーマ:
    • 平成28年宮崎大学清花祭 医学部講演会

       宮崎大学医学部の特別講演会が清武文化会館で23日の日曜にあった。宮日川柳や川柳みやざきの尾鈴集の選など過密な日だったが、1時間半急いで聞きに行った。 なぜ、それまでして行きたかったかというとテレビの「ホンマでっか!」に出演されている脳科学者の澤口俊之さんが講師、無料で聞けるのも魅力だった。  講演の前に、医大生の「すずかけ太鼓」という和太鼓サークル30名の演奏があり、迫力満点! いよいよ澤口先生の講演。「脳と食育」というテーマで、素人の感想ではフィッシュオイルが脳にとっていいもの。魚を食べなさい、だそうだ。学力や社会力を上げる。  2016年 第12回 清花祭 医学展  11月19、20日 宮大キャンパス(医学部) 美術展・グローカル企画・アロマ企画・年齢企画・憩空間 なってみよう企画・体の不思議展など・・・・盛りだくさん。  痛風へまぐろ秋刀魚に鯵干物  紋 章     

      2
      テーマ:
  • 24 Oct
    • 夕日・天満橋

       川端康成が、小説「たまゆら」を大淀川沿いのホテルで書き続け、宿の窓から見る夕焼けが、あまりにも素晴らしいので、宿泊を延ばしたというエピソードがある。  今日、17時20分ごろ天満橋を自転車で渡っているとオレンジ色の夕日が目に入って来たので、スマホで撮影した。きれいでしょう!  夕焼けへ燃える心をひた隠す 紋章

      6
      テーマ:
  • 20 Oct
    • 平成28年県民芸術祭 第19回みやざき文学賞 決定

      第28年度県民芸術祭第19回みやざき文学賞が決まった。(公益財団法人・宮崎県芸術文化協会) 川柳部門第1席 吉井 楼太さん 「心模様」 (宮崎市)  2席 川﨑 敬女さん 「古稀」 (宮崎市)  3席 河野 正さん 「導火線」 (延岡市)佳作  長友 聖次 さん 「万華鏡」 (宮崎市)  稲戸 楽子 さん 「風百態」 (えびの市)  あさきゆめじ さん 「移ろい」 (高千穂町)  桜木 えり さん 「桜五景」 (宮崎市)  肥田木聞明 さん 「故郷」 (宮崎市) 受賞者の皆さんおめでとうございます。  表彰式は、平成29年1月19日(木)13時30分から 宮崎観光ホテル東館2階「紅日向」 表彰式の後、選者の方との座談会あり、 参加希望の方は、宮崎県芸術文化協会へ    

      8
      テーマ:
  • 18 Oct
    • 西地区公民館文化祭

       毎月句会会場でお世話になっている西地区交流センター(宮崎市祇園町)で開催される文化祭の展示作品に川柳も参加することになった。11月20日に開催。是非見に行ってください。 取りあえず短冊を仕上げてみました。この作品は梅崎流青さんが、特選に取っていただいた句。          宮番の皆さんも今度の句会には持ってきてください。11月19日は展示作業です。  ある方のブログからシェアしました。 分かるようでわからない??   

      7
      テーマ:

プロフィール

紋 章

性別:
男性
お住まいの地域:
宮崎県
自己紹介:
宮崎県日南市生まれ 宮崎市在住

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログの読者

読者数: 9

読者になる

ブックマーク

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング ちょい悪オヤジジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。