長崎解体110番

長崎解体110番

長崎県南島原市「素麺の町」西有家町で解体屋を営む私が日々感じた事や出来事を綴っていきます。

    古材倉庫長崎店


   「古材を活かす解体屋」





株式会社 近藤組    代表 近藤義光

TEL0957-82-2417


古材倉庫長崎店サイト

解体工事 長崎「モッチャナカー」近藤組サイト



長崎解体110番
http://www.nagasakikaitai110.com/


商工会議所内ページ
古材を活かす解体屋 



                                   




「過疎化」・・・

皆さんはこの言葉にどんなイメージを持ちますか!?

僕は地方の田舎!なんて発想します。

今直面している自治体相当に苦慮していることと思いますが、

実際にはどうしようもできないと思っているのは私だけでしょうか?

 

解体屋という家業をしていると一段と内部が見えたりしてきますが

私たちの町は特に深刻です

向こう三軒両隣といいますが、隣も空き家!という現象、ホント

多いです。

今特定空き家に助成金を交付して危険空き家の解体を手助けする

制度が、数年前より浸透しつつあり、過疎化の真っただ中を進行

しつつあります。

 

田舎にお住まいでない皆さん! 生まれ育ったご自宅は大丈夫

ですか?少しでも手助けできる体制をほぼ確立しつつある

『長崎解体110番』一度電話されてみてはいかかがですかスマホ

ご無沙汰のブログ書いてますが、長い事空きました!

時代も令和に代わり 気持ちを切り替えてつたないブログですが

綴っていきます

この古民家築65年! この時代の町屋造にしては合掌造りの

構えで意外と意外です・・・

 

 

棟札もまだはっきりして 古民家的にはまだ若いのですが 解体して

古材を取り出すとしたら 意外と取出し涯がなさそうな一件です

 

今空き家の件数が全国で830万件だそうで その中で古材を採取

出来そうな古民家は約1割ぐらいと思われます・・

空き家の件数=古材ではないんです!

 

 

大事に活かして古材として復活しそうな 物件は数多くなさそうで

大事に取り出す気持ちで対応させていただきます

古材を活かす解体屋 是が非でも活かす解体に持っていきたいですね!

 

暑いです!!

今の室内での気温30℃。。

でも朝晩めっきり涼しくなってはいるのですが・・・

一雨ごとに涼しくなり 台風過ぎればまた涼しくなると期待して

じっと我慢です

 

今日は日曜日

奥さんも孫たちも朝からチラッともせず 何処行ったのか・・??

時間を無駄に過ごすことはもったいないと 孫の踏み台を作成ニコニコ

 

最近はトイレを一人で済ます様になり 見ていると大人の段差に

困っているよう・・

創だったら こんな日曜大工デ誂えてみました音譜

 

 

便座は昨月そろえ ちと高いのでと古材デ手軽に踏み台です

天板は100年前の栂(とが)材で 足板が150年目の赤松の

板材を使いがっちり 加重は15kgまでOK

 

釘目が少々気になりますが 手作りですから・・

こんな板材デ!思われるでしょうが 「古材を活かす解体屋」には

こんな板材しか置いてなくて 孫たちも喜んでくれるでしょう晴れ

この古さを少々軽減するため カナをかけ板目だけでも 古さが

かるく見えるでしょう・・あせる

 

6か月の五人目の孫まで あと三年以上使わなくていけないから

実は古材を使ってみたんですが・・

孫たちにしてみれば 「古材」なん手どうでもいいかも知れませんが

作成者の身になってみれば 古材最高デ100点

 

「古材を活かす解体屋」はいつもこんな事ばかり考えていて・・