家具にかかる金額の目安(トータルコーディネート) | インテリアコーディネーター小島真子の奮闘記

インテリアコーディネーター小島真子の奮闘記

インテリアコーディネーター小島真子のインテリアコーディネート施工例や日々のインテリアコーディネートのコツ、おすすめインテリア小物、自身のライフスタイルをご紹介。


テーマ:
『家具にどれくらいかかるか分からないから、予算がわからない』

こんばんは夜空インテリアコーディネーターの小島真子ですうへー

最近は、お部屋のディスプレイまで含めて、モデルルーム仕様のようなお部屋まるごとのご依頼を頂くことが多いです。ご依頼頂いた後の、お客様とのヒアリングの際にご予算を伺うのですが、皆様、予算がわからないって言う方多いですねうへー

その時に、ちょっと頭に入れておくと 目安が作りやすいかなと思うことをご紹介しますね。


家具の値段は選ぶメーカーによって様々です。

チェック空間で使用する人、使用方法により、耐久性・安全性がどれくらい必要か?
不特定多数が使用するサロン、病院等の場所では、家具に対しての耐久性が求められるので、ある程度しっかりしたものを使用します。万が一の、大事なお客様のけがを防ぐためです。また、防災を意識した安全なレイアウトにはまる家具のセレクト。

チェックその空間で必要な物を箇条書きに。
家具の価格がわからなくても、どれだけのものが必要なのかという認識の為に、必要な物を箇条書きします。
通常のひとり暮らしでの1Kですと広さにもよりますが、ベッド・TVボード・ソファ(パーソナルチェア)・ダイニングテーブル(リビング)・カーテン・キャビネット等あると便利ですね。
ホテルのようにタオルなどの備品も全て、コーディネートしてお渡しすることも可能ですオススメ


チェックその空間を使用する時間帯を考慮、必要なものが変わってきます。
自分の部屋以外では、部屋を使用する時間が業種により変わってきます。昼間だけの営業とするサロン業なのか、一日中使用するオフィス部屋か?時間帯により必要な家具も増減します。
昼のみのサロン営業だからサロンベッドとカウンセリングチェアがあればよいという方、自分の部屋だからこそお気に入りのスタイルでこだわりたい方と、個々で必要な物は変わってきます。


現在、ご依頼頂いているお部屋のトータルインテリアコーディネートの家具代として、10㎡~50㎡まで15万円~100万円位になっています。

家具の質や数で考えて、オープンハウス用として、とりあえずの飾りつけで20万円位でっていう方もいらっしゃいますし、お客様への空間としてのおもてなしをきちんとされたいという方ですと60万~という方もいらっしゃいます。

誰のためのどんな空間なのかという目的を持って
オリジナリティが感じられやすい空間作りをぜひ、楽しんでいただきたいなと思います見る♥

トータルコーディネートのお客様のご感想はこちらこれ↓


それでもわからない?現状を相談したいという方は、90分~のインテリア相談の方をご活用くださいね。



今日も私の記事を読んでくれて ありがとうございます❤




インテリアコーディネーター☆小島真子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント