意外と暇してるから~の一言なのに

 
 
介護家族の聞き取り
積極的にしてます照れ
 
 
電話がかかり、忙しいのにごめんなさいとおっしゃる。
 
私の声を聞くなり、なんだか涙声…
 
う〜ん。。
うん…うん…
と聞いてるんだけど〜
話があっち行き、こっち行き
的を得ない。

介護疲れで、うつ傾向な方です。
私も、風を感じるだけで、泣けてくる日もあったから。
 
 
 
そこで、私が
意外と暇してるから、
今から行きましょうか!
といいました。
 
来て下さるの?
 
意外と暇してるから〜!
行きますよん~音符
 
 
 
会って、お話を聞いて
次に進める手段を相談しました。
 
 
その方がおっしゃって下さいました。
 
意外と暇してますから
って
言葉に救われましたって!
こんな言葉なら
いくらでも言いますよ〜んって笑いながら、別れました。
 
 
 
小手先の手段やテクニック、統計や介護方法なんて参考程度にしたらいいんだと思います。

介護情報も溢れ過ぎで、迷うぐらいなら、情報を減らす方向でいいと思うんです。
 
 
解決法なんて、
その方、そのご家庭ごとなんですから。
 
 
意外と暇してますから~音符
 
こんなたった一言で、
救われる方が居た。

人は何気ないたった一言で、
救われるんですよね。。


ホントに嬉しい!!!
単純な私です。
 
 
 
 

 

 

私事ですが、心理学の学びが一端、無事に欠席もせずにやっと終わりました。

同期の皆さん〜お疲れさまでした照れ

 

仕事が終わってからの学びは、かなりハードでした。

宿題も毎回あって、脳みそがグルグル〜っと湧いてきて、ゲロゲロ〜な時もありました。笑っ。

ほんとにしんどかった!

けど、楽しかった!


やり切った感が大きい。


心理学の学びと人との出逢い。

 

 

ブログをしてみたい、そこからの一年。


私にとって、大きな財産になりました!

一年前の私と比べると

また少し成長したな。



心の学びは、一生します。


この一年に出逢い、お世話になった方、ほんとに何人も居るなぁ…


いつも、つたないブログを読んで下さってる方…いつもほんとにありがとう。


 

そして、自分!

ほんとによく頑張ったな!と思います。

なので

自分をヨシヨシします照れピンクハート

 

 

で!

で!

待ってましたぁ!

自分へのご褒美!

第一弾!笑っ

 

サザンオールスターズのライブに行って来まぁ〜す!

鼻息が荒いです爆

 

 

がっつりと栄養もらったら、

私らしく

アウトプットして行きます(*^^*)

 

 

生きること、死ぬこと。

これを肌で感じた経験。

そして

いろんな人生の経験は、

思考によって

如何様にも人生を楽しめるんだと

思っています。


自分が今を

楽しんで生きることに意識する。

いつ終わりが来るかも知れないからね。




これを読んで下さってる

貴方も

絶対に自分に負けないで欲しい。

他人のことを

気にしてる時間はないよ。\(^o^)/


 

これからもどうぞよろしくお願いいたします。ピンクハート

 

 

私もOK。

あなたもOK。

エイエイオー!

 

施設と訪問介護。介護福祉士の巻〜

介護は、チームワークで成り立っています。

両方を経験して思います。
施設と訪問の違いは、大きいなと。

介護業界に入った頃は、訪問介護は絶対にいやだと思っていました。

それは、ヨソサマのお宅に入って、仕事をするのにものすごぉ〜く抵抗がありましたの。。
施設なら移動無しで天候に関係ないし〜夜勤は子供が居るから絶対に嫌だしね。

右も左もわからないまま、デイサービスよりデイケアの方がスキルアップ出来ると思って、介護の仕事をスタート。


たまたま、働きだした
デイケアの仲間とは苦労を共に、とても働きやすい職場でした。
仲良し友達感覚ではなく、仕事仲間としてのチームワークが最高で、辞めた今でも気のおけない仲間です。

どうして辞めて10年以上も経つのに仲がいいのかなと不思議なくらいです。

きっとね、上下関係が無く、意見を言い合い、利用者に楽しんでもらおうという気持ちの上に、自分たちが楽しめていたからだと思います。


一方、
老健の方の雰囲気は違っていました。
ロッカールームは一緒だから、話声がよく聞こえてました。
話の内容が、不満や噂話ばかり。。
ギスギスしてたように、感じました。

目的と手段の区別をしていないから、
ぐちゃぐちゃな愚痴…

利用者への態度が、家族が居る時と居ない時では別人になっちゃってる人も居て、正直とても怖かったな。。

老健施設では働けないと思ってました。

きっと施設は、個人的な気持ちをはっきり言えないジレンマがあるのかな。
優しい気持ちだけでは、潰される。
出る杭は打たれるし。
威圧する人に抵抗するのには、勇気がいりますもの…
スタッフが少ない上に、時間に追われてのケア。。

頑張ってる施設介護士も
たくさんたくさんいるはずです。



でもね…
後輩いびりな介護福祉士サマ。
ヘンテコなナースさま。
う〜ん。。
性格がよろしくない。

これは、私の一片からの感想です。
いろんな角度から見ると、みんな頑張ってるんですが…




どうして、こんな記事になったかと言うと、施設から訪問へ来たヘルパーさんが居るからです。

新人を、大切にしたいの!!




訪問は、いびる先輩は居ません。
私の処は居ませんです!
はい!笑っ

現場は、一対一です。

責任もあるけど、訪問は楽しいよ〜🎵
外の空気が吸えるし!
それだけでもリフレッシュ出来ます。


訪問の方が、時給がいいから!って理由で、面接に来た人が居ます。

意味を理解してます?
命を一人でみるんですよ…
異常時には、
施設なら、誰か呼べばすぐ助けてくれる。

訪問を甘く見たらあかんわ。。と、
言いたくなる気持ちを抑えました。


訪問は、一人でとっさの判断力が必要だから、とてもスキルがいります。
だから、身体介助の時給は多少なり高く設定しているんだと思います。

ヘルパーは、資格があれば喀痰吸引も出来ます。

父の時には上から目線の下手なナースより、父に負担なく痰吸引出来たので、良かったなぁと思ってます。


なんせ、私は上から目線の人が大嫌い。笑っ



後輩を、大切に伸ばすのが
介護福祉士です!!\(^o^)/



介護福祉士サマになったら
おしまいです。\(^o^)/

もし、なにか気付きがあれば
修整、修整〜。
初心の頃を思い出して、
私も修整します。

施設での考え方と訪問での考え方は、
微妙に違いますが、そこはおいといて笑っ


サマサマだらけの
介護の世界は
令和でオシマイ!!



またまた
今回もまとまらない記事
でした(;´Д`)



今日も穏やな一日でありますようにピンクハート

 

 

私もOK。

あなたもOK。

エイエイオー!


私、盗聴犯?!

テーマ:
私、盗聴犯?!


私は盗聴犯になってます!!


普通のカンファレンスでした。
ケアマネとデイサービスの管理者と他の訪問介護事業所3社。
利用者宅のでっかいテーブルを囲んでのカンファレンスでした。

どのヘルパーさんが行っても、クレームの電話がありまして、私がケアに入るようになっていました。



カンファレンス、普通に進んでいました。

が!突然😨

ヘルパーって人は、盗聴してもいいのですか??
と発言されたんです。

盗聴なんて、したらいけませんし、しませんよとケアマネ。

私は、メモを取ってました。



あの人は、白い機械を持って盗聴してたんです!

と私を指指す!!!

えっ❓

わたし❓❓❓


あなた!
白い機械で何やら、外部とコソコソ話していたでしょ!!


えっ❓
わたし❓

ですか❓

あの…
私は転送電話を持っているので、ケア中にもその電話で、ご迷惑お掛けしますけど、それでもいいから来て下さいとおっしゃっいました…

この白い携帯電話の事ではありませんか?
この白い携帯電話で、あの日ケア中に話していた覚えはあります。

が!盗聴はしてません。苦笑



いいえ!!
コソコソと何やら外部と連絡取り合っていました!
いいんですか??
盗聴するなんて!!



。。。
盗聴はしてません。
盗聴はしていません。


これの繰り返しでした。笑っ



なんとなく、その場は私の方が流して、携帯電話は持たないで対応します、とお話をして退室しました。




家を出てから、ケアマネに

転送電話を持たない訳にはいきません。
で、何より信頼関係が無いので、この方のケアはこれ以上、私には出来ません。と、お断りしました。


これ以上、盗聴犯が、この方のケアに入ったら、あかんでしょっ笑っ




我慢強いヘルパーさんも
うちにはもう居ません。



利用者さまをお断りする。
なかなか勇気がいることです。

出来ることは、出来る限り
我慢もしながらさせていただきます。


でも、介護保険です。


介護事業所も、売り上げだけを考えて、バンバン受けて、なんでもかんでも言うことを聞いてきたから、
利用者さま!になってしまってます。

そんなのはおかしい。


お断りした利用者は、他の事業所が引き受けてくれます。たぶん長続きはしないでしょう…





お互いさまの気持ちで、
利用者を尊敬し
おもいやりをもって
笑顔で、関わって
行きたいんです。



ヘルパーは、仕事を選べます。
あまりの利用者さまには
これからもこんな風に対応します。



私、盗聴犯⁉になっちゃってるから
お断りしました。の巻〜笑っ

個の時代の心の持ちよう

生涯修行、臨終定年

 

 

右【個別相談】介護のことで相談したいと思ったことはないですか?

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

 

嬉しいお言葉をいただきました。

そのままの想いでこれからもブログを書いて下さい。素敵だから・・・と。

 

そんな言葉に支えられて、これからも、素直にブログを書き続けます。

誰かのお役に立てたら嬉しいから、これからもコツコツ、ブログを書きます。

 

 

 

令和になり、ますます個の時代になるだろうと思っています。

個の時代だからこそ、心の持ち方が大切なんだと思っています。

 

遠回りしたり、失敗したり、

石橋を叩いて叩いて叩き潰すやら、

恥ずかしいこともたくさんやらかしてる私です。

 

そう、傷だらけの私(笑)

 

 

半世紀生きてると、誰だって波瀾爆笑なことがあったと思います。波瀾万丈でした笑っ


でも、きっとみなさん、転んでもただじゃ起きてなかったんですよね。

 


私は、気が付いたらただじゃあ起き上がってなかったんです。


だからとても生きやすくなりました。

なにか参考になればいいなと思います。


 

ネイティブアメリカン(ソーク族の格言)

私の前を歩くな 

私が従うとは限らない


私の後を歩くな 

私が導くとは限らない


私と共に歩け 

私たちはひとつなのだから 


だから
答えは自分の中にある


ということです。
自分にしか答えはないということです。

しっかり自分という軸が備わっているから自分を信じなさいという教えです。
 

あなたの前を歩くものがいても、
あなたの後ろに誰かがついていきたい、と思うものがいても、
別に導かなくてもよくて、自分自身で歩めることを信じるだけです。


自分に問う習慣を身に付けること。

そうすれば自分の意思決定で行動していくことができます。
誰かのせいにして、言い訳探しをしないように、すべて自分の責任だから。

 

 

 

 

松原泰道

101歳の天寿を全うするまで仏の道を説き続けた禅僧の言葉

 

 

絶体絶命に追い詰められた時
自分を救うのは

もう一人の自分

 

この言葉は、過去の私を救った言葉なんです。

 

 

 

 

生涯修行、臨終定年

そして今、この言葉を心にとめてます。

 

 

これからの人生

どこに意識を向けるのかです。

 

 

自分の人生を楽しむには

生涯修行、臨終定年

だからこそ、自分を知ることが大切なんだと思います。

 

 

 

自分の弱さを認めて、素直になってしなやかに生きる。

強気でガンガンいくと、ポキッ!と折れてしまいます。

しなやかな強さを持つこと。

 

そして、時には

「どうでもいいわ~」

って、逃げ道も作る。

 


あなたは大丈夫。

しなやかに、たおやかに

かっこいい生き方をしよう音符

 

 

 

最近は、メンタル的な記事が多くなってきました。

介護日記カテゴリでいいのかな(笑)

 

今日は、介護うつの方のご相談があります。心ゆるっとなるといいな。。


 

 

今日も穏やな一日でありますようにピンクハート

 

 

私もOK。

あなたもOK。

エイエイオー!

 

認知症と鬱のコミュニケーションは似ています

 

 

右【個別相談】介護のことで相談したいと思ったことはないですか?

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

 

 

 

やる気スイッチが入らない

処理能力の低下

敗北感がある

等々

共通点があります。

 

 

介護を仕事にしている私にとっては、そんな方とのコミュニケーション能力が不可欠ですから、

この利用者とはどのように接していったらいいんだろうを日々考えます。

 

きっと、鉛を背負った身体なんだろうなぁと察したり、話しを聞いて欲しいんだけどきっかけを掴めないんだろうなあと思ったり、そっとしてて欲しいんだろうと思ったり。


沈黙も大切なコミュニケーションです。

 

 

認知症も鬱も、とても身近に感じています。

私もきっとあの時が鬱状態だったんだろうなぁと思う時期がありますから。



 

心理学を学んだ理由も、

どうして私は鬱にならなかったんだ?どうして?ということを知りたかったのがありました。

やっぱり私は、ならんわ!ってこともようやく理解も出来ました。


 

 

話がブレましたが、認知症と鬱のコミュニケーションはとても似ています。

 

負荷がかからないように、言葉掛けには注意しています。



思考能力が低下していますので、ヘルパーであれば、


「今日は何を作りましょうか」

ではなくて、


「肉じゃがかカレーが作れます。どっちが食べたい?」

と、選択肢をAかBにしています。

 

重度になってくると、水分補給を

コーヒー、紅茶、ココア、お茶、ジュースetc

どっちにするかなんてわからないんですから。

 


だから、手を伸ばせば届くように

2、3種類を置いて、

「ここに置いてるので、飲んで下さいね」

と言って、お声掛けをしています。

 


 

厄介なのは、入浴です。

10年ほど入浴出来なかった利用者を、入浴していただいた経験があります。


精神疾患で長期入院されていた方です。

その方と信頼関係を構築出来たことが

大きな自信に繋がっています。

 

いまは、週一回のペースでコンスタントに入って下さるようになっていますよ音符

 

 

 

この方には

長期戦の覚悟で関わりました。家族にさえ心を閉ざしていましたから。。


お風呂に入って欲しいはこちらの欲求で、本人はまったく困ってはいないんです。

 

目標は入浴をしていただくこと。

入浴までの過程は、信頼してもらうことでした。

 

訪問の度に、表情を見ながらこの方の、心の声と会話したと思います。

いまや、すっかり信頼関係が出来ていますので、冗談ばっかりで、

過去の話になります。

 

 

ホットタオルで、顔を拭いて差し上げる。

ホットタオルを渡して、自分で顔を拭いていただく。

ホットタオルで拭いて差し上げる箇所を広げていく。

 

気持ちがいいを感じていただく。

少しずつ少しずつ、出来る自信を持っていただく。

 

 

期間が長かったために、

訪問のたびに

カーテンを少しづつ、少しづつ・・

開けて部屋を明るくしていきました。

無理強いはしない。

 

 

部屋も少しずつ少しずつ片付けていきました。

 

会話も出来るようになったころに

「お湯が貯まってるから、入りませんか」

とお尋ねしたら、スッと入って下さったんです。



家族の方は長期戦を覚悟することだと思うんです。。

大変ですけど、

まずは自分を一番に大切にして、その次が認知症や鬱の方のことです。


 

 

 

こころの病には、部屋が整っていくと、脳の処理能力が改善されていくんだと思います。


整った部屋は選択肢が少ないから、脳に負担を掛けません。


そこに、花を一輪飾ってみる。

心が優しくなりますもの…

 

 

部屋の整理整頓は、認知症や鬱の方にとってはプラスα的なものです。


それでも、部屋を整理整頓することで、心の整理整頓が出来るんです。


整理整頓は

生きていく上で、欠かせないものだと思います。


慌てなくていい。

 

 

きっと、新たな一歩が歩めます。




 

 

私もOK。

あなたもOK。

エイエイオー!