ご訪問ありがとうございます♡

 

 

私は両親を看取り、介護業界で15年、今は介護家族の相談をよく受ける立場で働いています

だから、客観的に介護家族が見えます

 

 

 

介護が初めての方は、いきなりの専門用語で戸惑われたと思います。。。

 

介護認定?ケアマネ?地域包括支援センター?要支援?要介護??なんだ??って思いませんでしたか

 

 

きっとそんな方、多いと思います。。

 

初めて介護をする方が、ケアマネを藁をも掴む気持ちでいるので

あえて勘違いしないように。。

 

 

ケアマネはただのサポーターだということ

 

 

何もわからないからと言って、ケアマネに全てをお任せしてて、不満の声をよく聞きます

 

 

ケアマネは素晴らしい人もたくさん、そして残念なケアマネもたくさんいます

だから、素晴らしいケアマネに当たるとラッキーですが、残念なケアマネだと悲惨で、私もよく衝突してしまいます

 

 

わからないことはどんどんケアマネに聞いてアドバイスしてもらえばいいのですが

 

決めるのは

本人や家族の選択です!!

 

 

ケアマネに勧められたから、それだけで決めた!になっていませんか?

 

 

 

ケアマネが紹介した老健施設に入り、認知症が進んで歩けなくなったと家族の愚痴を聞きました

 

 

見学に行きましたか?

 

行ってない…ケアマネが紹介したから…

隣の市の老健施設を紹介された、その時に不便だと思ったけど、ケアマネが紹介してくれたから言えなかったと。。

 

その時に、不便だと言えば良かったのに!

 

 

その方が、いまは私にいろいろと困りごとを話して下さるので

 

ケアマネはヘルパー、訪問看護師などのチームリーダー

だから、このチームが上手く動いているように感じるのであれば安心出来ると思いますよ

と伝えています

 

 

ヘルパーは、ケアマネが紹介するので、最初はわかりませんよね!

でもしばらく入ってもらったらわかりますよね

 

人と人…相性がありますし

 

 

介護保険を使ってのヘルパーさんには、希望をしっかり伝えて下さいね。

でも規制があるので、出来る事出来ない事をしっかり家族は確認して欲しい

 

 

一時間とか、プランが決まっています

最後の5分は、サービス実施記録の記入の時間です

はい!時間です!と話を切り上げるのはなかなか出来ない

それはヘルパーさんの優しさです

 

またお嫁さんの場合には、関わりたくない事も多く、ケアマネ任せな事も多くて、こんな状況ではいい介護は出来るはずがありません

 

 

ヘルパーさんに不満があれば、本人や家族がその時に注意をしてあげて欲しいと思います(なかなか言えませんよね…)

言えなければ、訪問介護事業所のサービス担当責任者へ連絡をすればいいと思います

そうすれば、必ずケアマネに報告するので連携は取れます

 

ケアマネに連絡するのでも構いません

 

 

ケアマネと訪問介護事業所が上手く連携が取れてると、いいケアが出来ます!!

 

 

 

 

以前、私の事業所のヘルパーさんが泥棒扱いされました

 

ケアマネは家族からずいぶん前に聞いていたそうです

 

私はヘルパーさんを信じていますので、ケアマネに、家族から聞いた時にどうしてすぐに連絡をしてくれなかったのかと抗議しました

 

そのケアマネは問題を大きくしたくなかったからだと

 

はぁ??

泥棒扱いされたままでですか??

 

 

結局ケアマネは問題解決はせずにスルーでした

私はヘルパーの汚名返上のために家族に直接出向きました

 

 

一年前に仏壇に置いてたのに無くなった!とお怒りになってましたが

 

 

私「お金が無くなった時点で、警察をどうして呼ばなかったんですか?」

 

家族「事が大きくなったら困るから。。」

 

私「どうして一年前にわかってたのに、今なんですか?」

 

と聞くと、答えがしどろもどろ

 

 

ヘルパーさんに不満があったのなら尚の事、一年も我慢するのはオカシイです!

認知症のお父様で、物とられ妄想のある方の家族でした

 

 

 

 

利用者側の不満が小さいうちに、ケアマネが対処してれば、このように噴火はせずに処理が出来ていたと思います

 

 

わからない事、不安な事は我慢しないで、関わる周りの介護従事者(ケアマネ、ヘルパー、看護師、福祉用具貸与業者 等)

に聞いて、最終的に自分で決めること!

 

 

介護は受け身では誰も助けてはくれない

 

ケアマネはただのサポーター

 

介護は本人や家族の選択の連続

 

 

 

 

戸惑われてる介護家族の方にこの思いが届きますようにラブラブラブラブ

 

 

 

たくさんのいいね!

読者登録、コメントをありがとうございます。

心から感謝いたしますラブラブラブラブ

こんなご褒美が毎日あるって、ほんとしあわせですドキドキ

 

今日も穏やかな一日でありますように(#^^#)

 

ご訪問ありがとうございます♡

 

 

自分のために始めたブログですが

私が、今日なにかあっても、娘たちに伝えておきたいことも綴ってます

 

 

私の老後のこと、まだまだ、先ですけどね!!((笑)) 

きっと、あっと言う間だから、娘たち、これ悩むだろうと思うから

元気なうちに宣言しときます

 

 

在宅か施設

 

娘たちへ(きっと、悩むやろ。。)

 

在宅か施設かで、悩む時が来たなら、おかあさんは、施設でお世話になろうと思っています。

それまでは、デイサービスやショートスティで繋げてね(*^^*)

 

じいちゃんの場合、おかあさんが家で世話が出来る!

と思ったからそうしただけ

 

だから

 

そこにこだわらなくていい❣

 

 

出来る限り家で暮らし、あなたたちが、そろそろ無理だなと思ったら、迷わず施設

 

 

 

 

私は、親を在宅にこだわりました

 

 

在宅にこだわったのは、

施設に預けても、私が満足出来ないと思ったから

 

きっと、施設に預けたら、あれもしてくれない、こうしてくれたらいいのに!

と、きっと不満が固まりで残って、私が一生後悔するとわかっていたから

 

 

在宅で看取れて、いま全く後悔がないウインク

 

 

 

一番には仕事を辞めずにやりくりが出来たから

二番目には、介護の経験と介護保険の知識が少しあったから

 

 

施設にあずけたら、全てをお任せする気持ちがないといけないと思ってます

 

 

 

施設は、入所されてる方が多いのに、人員配置は手薄です。

以前デイケアサービスで働いていまして、下の階は老健施設で、対応も理解して、介護職の気持ちも痛いほどよくわかっています。

 

その他、現在も仕事で施設を見てます。

施設長、施設ケアマネ、相談員側からの話から、そこで働く職員、預けている家族、本人からの話、いろんな角度からみれます

 

 

 

私の親を預けるのはしたくなかった…

 

 

 

施設に預けている方を、否定しているわけでは決してありません

在宅か施設、それぞれが正しい選択だと思っています

 

 

 

このブログを読んで、親を在宅か施設かを悩んでいる方がおられたら

早めに、施設の見学をされるのもいいかと思います。

 

 

 

娘たちよ!

家から負担の少ない距離で

優しい介護職員さんのいる施設を

早めに見学に行ってちょうだい(*´▽`*)

 

 

 

その時になってからでは慌てるぞ❣

 

なかなか大変やで!

 

 

 

 

 

たくさんのいいね!

読者登録、コメントをありがとうございます。

心から感謝いたしますラブラブラブラブ

こんなご褒美が毎日あるって、ほんとしあわせですドキドキ

 

今日も穏やかな一日でありますように(#^^#)

ご訪問下さりありがとうございます❢

 

 
私は現在、訪問介護事業所を担っています。
 
 
今回はT様の件を書こうと思います。
T様の情報(家庭環境、既往歴etc個人情報)が少なくて
ケアマネも「ごめん!この人、私もさっぱりわからへんねんショボーン」と笑い泣き
 
 
T様、週二回×一時間の掃除を希望されてます
薬に執着心があり、服薬管理が出来ていないから確認もお願いしたい
家族は子供が居るが、関わりたくない
 
すごくこだわりがあって、細かい指示をする人だけど、
部屋はとっ散らかってます〜って情報でしたびっくり
 
 
 
T様をどんな方か見極めて、どのヘルパーさんに入ってもらうのかが私の仕事でもあります。
が、こりゃどのヘルパーさんにも、しばらく振れない(-_-;)と思いました。事業所を転々と変わるのも納得できる・・・と
 
しばらく私が入って、軌道修正が出来たら、ヘルパーさんに入ってもらう事に決めましたキョロキョロ
 
 
介護保険での掃除内容は、ただのお手伝いさんや掃除屋さんではありません。
出来ることと出来ない事があります。
 
 
難しい方ほど、出来る事と出来ない事の線引きをきっちりとしなければいけません。
 
現状は、やらないと機嫌が悪くなるとか、可哀想だからとか現場のヘルパーさんがボランティア意識でしていると思います。
 
 
T様も多分に漏れず、以前の事業所がT様の言いなりになんでもしていたために、介護保険内の掃除以上の事をしていました。
 
 
 
私の訪問してからの一時間は
付いて回って、細々指示をして、
「前のヘルパーさんはこうしてくれた、あぁしてくれたのに!」とプンプンと言ってました。
 
 
 
風呂場の水滴の拭き上げは出来ません
花の水やりは出来ません
大掃除は出来ません
留守番は出来ません
 
エトセトラ
 
 
T様がすごい剣幕でまくし立てても介護保険内での掃除内容を理解してもらう事が私の目的なので、私には通用しないと理解してもらうのに徹していました…前の事業所のヘルパーさんは大サービスを今までしてくれてたのに、縮小されるのは、それは文句も出るはずです。
 
 
 
でも、私の事業所に変更になったからには、出来る事と出来ない事の線引きはきっちりとさせてもらいます。
 
あとで、ヘルパーさんが現場で困るから。 
 
T様が嫌なら、他の事業所に移行すればいいだけ
 
 
 
スタート当初は、気に入らない!!とケアマネを通してクレームがバンバンありました。
が、ケアマネも同じく、それは出来ない事だと本人に納得してもらうのに四苦八苦、足並みを揃えて統一していました。
 
 
それでも週2回は私と顔を合わせる訳ですから、コミュニケーションも少しずつ出来、自分の体の調子が悪いことや今までの人生のことを涙ながらに話すまでになりました。
転んで転倒したと言うので、駆けつけて安心してもらった事、通院してると聞くと私は病院をのぞいたり、そんなことで私への信頼も繋がっていったと思います。
淋しいとか不安だとかをよく口にするようにもなり、可愛いところもたくさんある方だと私が理解出来たところで、ヘルパーさんに入ってもらうことにしました
 
 
ここに来るまでに四か月かかりました。
(普通の方なら初回同行だけです。手順が細かい方ならに2~3回で把握して、すぐにヘルパーさんに振れます)
 
 
 
ヘルパーさんに入ってもらうようになって一ヶ月経過した頃
ベテランのヘルパーさんが
 
「もう無理です!!毎回言うことが全く違うし、チクチク言われて・・どうしてあそこまで偉そうに言われないといけないのか!」
と報告がありました。
 
 
私は
「わかった!あと一回だけ行ってもらえるかな・・その時に私が行って話をします。大丈夫かな?」
と言い
「最後のお勤めですよね(笑)」と快く了解してくれました。
なかなかこんなヘルパーさんも居ません…本当にありがたいです。
 
 
 
「こんにちは~」
 
「久しぶりやね~今日は血圧が高いねん、薬飲むわ!あっ!あんた!そこもちゃんと掃除機かけてな!!」
とヘルパーさんに指示をしてます
 
 
「雑巾は熱湯消毒しないとあかんで!!素手で絞りなさい!あんたの手のばい菌が雑巾に付く!」
 
(また言ってます・・私が伝えた事を忘れたのか、忘れた振りをしてるのか…手のばい菌が雑巾に付くってね~爆、)
 
 
私    「Tさん、素手では絞れないから、Tさんが絞ってくれたら私が拭きますよ」
 
Tさん  「そんなっ!!あんた!私は手が痛いねん!!ビニール手袋で絞ったらいいやろ!!」
 
私    「ビニール手袋、どこにありますか?」
 
Tさん  「ビニール手袋を持ってないんか?!掃除をしに来てるのに!!」
 
私    「持ってません。Tさんのお宅のお掃除ですから、Tさんが準備するものだと、以前に私は説明しましたよ」
 
Tさん  「そんなの聞いてないけど、これ使ったらいいわ!」
 
私は黙ってビニール手袋をして、雑巾を絞って拭きました。
 
 
Tさん  「ほんまに前の人は黙って言う事なんでも聞いてくれたのに。。ほんまにうるさいなぁ。。ブツクサブツクサ」
 
 
ヘルパーさんに
 
Tさん  「あんた!!ここもちゃんと拭かなあかんやろ!!」
 
 
(待ってましたよ~この時をハートブレイク
 
 
 
 
 
Tさん。。
ヘルパーは仕事を選べるんです
 
あんた!と呼ばれる筋合いは、ありません
 
譲れるとこは譲ってやってきましたが、うちの事業所では、もうTさんに入ってもらえる人材が居ません
 
と、伝えました。
 
 
Tさんは、いや〜そんなつもりはないねんで~いつもきれいにしてくれてるし~
なんやかんや、オタオタ、オドオド
 
 
(そんなの関係ない♪)
 今日で終了とさせて下さい
 
と告げてヘルパーさんと退室しました。
 
 
 
直ぐにケアマネに報告!
 
私  「ヘルパーは仕事を選べる事と、これ以上うちでは無理ですって言いましたよ!」
 
ケアマネ 「言うたったん?」
 
私   「はい、言うたった」
 
ケアマネ 「言うたったら、え~ねん!そやけど〜どないしょう!もう他の事業所ない!えーん
 
私  「大丈夫です!そのうち連絡が必ず!!あるある」
 
ケアマネ 「そうやろかショボーン
 
私  「頭冷やして反省したらいいんです!!反省して自分が困って、謝罪して来たら!私がまたケアに入りますから」
 
ケアマネ 「マジで!?切ったんちゃうんビックリマーク
 
私 「向こうが切ってきたら知らんけど
 
 
見捨ててませんよドキドキ
 
 私は女優にだってなるのだよ爆  笑
     
 
ケアマネ  「えっ!?ほんまに~!? ありがとうラブラブ 私もこれからは女優になるわぁ!!
 
 
 
 
後日、本人から会いたいと連絡があり、丁重に謝罪がありました!!
そして、以前のヘルパーさんが行ってくれてます。。
 
ヘルパーさんはホントに大切な仲間ですラブラブラブラブ
 
 
そうそう!! あんた!!とはもう絶対に言わないそうですてへぺろ
チャンチャン!これにて一件落着笑い泣き
 
 
 
 
 
 
ほんま
なめたらいかんぜよビックリマークビックリマーク
 
 
 
 
たくさんのいいね!
読者登録、コメントをありがとうございます。
心から感謝いたしますラブラブラブラブ
 
今日も穏やかな一日でありますように(#^^#)

在宅介護の愚痴トーク

テーマ:

ご訪問いただきありがとうございます

 

 

お年頃の間では、実親、義親の愚痴トークが益々多いです笑い泣き

 

すっかり聞く側になったのですが、

帰り際には、「また頑張るわ~」でいつも解散ウインク

 

そんなトークで感じることをひとつ

 

 

 

一言で「介護」といっても、介護状態や環境もさまざま

 

実父が金銭に細かいために、母親の介護にかかる費用を出し渋り、サービスを減らしてしまうこと

母親は父親に従順に生活をしていたために、父親の顔色を見ながら我慢している。サービスは内心受けたいのに。。

 

 

嫁の立場では、義理の親の面倒は見たくないけど、同居をし始めた。義理親は、嫁が介護するから、まあいいっか~くらいの態度。。

動かなくならないように頑張って努力しているなら我慢も出来るが、何もせず、人任せの親を見てると、介護を支えたいと思えない。

そしてそんな自分に嫌悪感を感じる

 

 

親の依存心が強いので疲れ果てたわ

 

 

認知症の人に、否定をしてはいけない!とわかってても、つい感情的になってしまって、あとで罪悪感を感じて、自分自身辛い

 

介護サービスを拒否して、引きこもりになっていて、辛い

 

お金問題

 

悲観的なストレス

 

 

両親を看取りました、お舅を見送り、嫁姑問題もあったから

うんうん!わっかるわぁな話ばっかりえーん

 

実親問題、義理親問題から夫婦問題に家族問題、みんないろいろあるよね…

 

 

 

 

そこでなんですが

あれ??と思うことが私の中であるんです

 

介護サービスを受ける発想がない方が多い

確かに、介護はほとんどの人が素人ですもんね。。。

 

 

 

親の変化で、どうしたらいいのって友人から相談を受けました

 

もう少し様子を見るわ。。と言います

 

様子見てどうするの?

 

そんときにまた相談するわって言ってました(爆)

 

 

介護認定を受けたらどう?

 

と伝えると、

なんなんそれって

と言ってましたが

すぐに介護認定を受け、ヘルパーさんに入ってもらえてます

 

 

 

介護認定を受けるってことを知らない人って多いんだなと感じます

 

 

 

親の変化にあれ?と思った時に相談出来る人が居ない場合は

まず役所や地域包括支援センターにSOS

 

 

初めての介護サービスの利用の仕方を

もっとわかりやすくするシステム作りを行政はしていかないとなぁと思います

 

 

 

それにしても地域包括支援センターも相談件数が多すぎて

機能が回ってないのが実情ですが

初めての介護で悩んでおられる方はGoogle先生も居ますが

まずは役所や地域包括支援センターに足を運んで、相談されたら丁寧に説明して下さると思いますビックリマーク

 

 

 

 

たくさんの

いいね!温かいコメントそして読者登録

メッセージをいただいて

心から感謝しています

本当にありがとうございますドキドキ

 

 

今日も穏やかにいましょっ(#^^#)

 

ご訪問ありがとうございます

 

 

休みの朝も、目覚ましなくても目が覚めるんだなぁえーん

 

 

家事を済ませて、買い物して、銀行行って~二度寝して~読書して~

あらまぁびっくりもう夕方だわびっくり

 

 

 

今日の読書は

京都大学教官の瀧本哲史さんの

 

「ミライの授業」

 

14歳の少年少女に向けられたもので、私も子供のころにこんな本が読みたかった!!!

 

勉強があまり好きでない子供に読ませてあげて欲しいと思う一冊です。

 

 

 

未来をつくる5つの法則

法則1:世界を変える旅は「?」からはじまる

法則2:冒険には「?」が必要だ

法則3:一行の「?」が世界を変える

法則4:全ての冒険には「?」がいる

法則5:未来は「?」の向こうにある

 

 

 

大人だって未来を変えることが出来ると示してくれています。

 

 

 

そのためにも大人の今、「?」を大切に

いつもフレッシュな気持ちで生きることが大事

 

 

 

 

そんな読書しながらメモ書きして

らくがきしてたら、献立表になってましたびっくり

 

1525875481031.jpg

 

 

 

あおさのお味噌汁が大好きラブラブ磯の香りがたまらなく好き

 

 

 

鳥取砂丘のお土産をフル活用爆  笑 

 

白いかの麹漬けはサラダに添えて口笛

らっきょう漬けもカリカリの食感のあるのが好き

わらびは、道の駅でしっかり灰も頂いて、アク抜きして佃煮にしたしウインク

 

 

で、普通の晩ごはん口笛

 

1525871790966.jpg

 

 

美味しくいただきましたぁ~口笛

 

 

こんな普通の日常がすご~く幸せラブラブ

 

 

普通がいちばんクローバーウインク

 

 

 

 

今日の天気は晴れだぁ晴れ晴れ晴れウインク

空を見たらお日様出てるウインク

今日も穏やかに笑顔でいましょっ(#^^#)

 

 

 

たくさんの

いいね!温かいコメントそして読者登録

メッセージをいただいて

心から感謝しています

本当にありがとうございますドキドキ

 

 

今日も穏やかにいましょっ(#^^#)