フォロワー500人とブログ100記事記念イベント~笑える介護の相談会

 

 

11月18日(日)にフォロワー500人とブログ100記事記念イベント~笑える介護の相談会のイベントを開催します。

このイベントは、フォロワー500人とブログ100記事に達したことでの感謝の気持ちで開催させていただきます。

 

 

介護についてのフリートーク形式の相談会と、希望者にはヘッドケアエステを受けることが可能です。



どんな生き方で生きたいか。。

自分は何が出来るんだろ。。。


 
過去、いろんな事ありました。
戦い終わって、心が穏やかになって、勝ち負けじゃなくて、素直なこころを取り戻しました。

 


介護は報酬があるわけでもなく、周囲の評価が上がるわけでもない。

親の介護を引き受ける覚悟はしてるのに・・・。



のしかかる介護のストレスに押しつぶされかけた私ですが。
基本、私は根っからの楽天家だと思います。
 

笑える介護でないと私が私らしくではないのです。

 

 

このイベントでは、

 

 

なぜ介護やそれを仕事にしてきた私が鬱などにならなかったか?

 

 

というお話もさせていただこうと思います。

 


今回は、イベントのスペシャル特典として、我が娘とのコラボです。

娘はプロのエステティシャンです。
エステティックの知識・技術が世界水準にある、CIDESCOディプロマ資格を取得しています。
介護で悩んでる方の身体とこころを癒やして差し上げたい、喜ぶ顔が見たい、ということで、コラボでヘッドケアエステをさせていただきます。


エステといっても、チケットなどの販売などの営業は一切ありません。
ヘッドケアエステもよかったらお受けくださいね。

 

 

 

 

‬‬‬‬

こんな方に

 

 

ハート介護に疲れたよ・・そんな風に心がクタクタになってませんか

 

ハート一人思い悩んで涙が止まらなくなったことはありませんか

 

ハート私が頑張らなきゃって頑張りすぎていませんか

 

ハート理由なんてないけど、介護のストレス発散をしたい

 

ハート直子に会ってみたい方

 

 

 

‬‬‬‬

イベントの内容

 


笑える介護の相談会

 

♪.・。*相談会:なぜ介護などやそれを仕事にしてきた私が鬱などにならなかったか?

 

♪.・。*ヘッドケアエステ体験 約20分/人

 

 

相談会で話をしている間にヘッドケアエステ体験を1人ずつ受けていただく形になります。

 

 

【心のサポーター】 直子

プロフィール



私は介護の現場で15年で約3000人以上の高齢者とその家族と接してきました。
しかし仕事で介護は経験していますが、親の介護となると心労はまったく別ものでした。

仕事をつづけながら両親を看取りまで経験した者として、また事業所をまとめる者として、高齢者、その家族、ヘルパー、ケアマネージャー、ナースなど業界で働くものとしての目線が理解できます。

人として、女として、母として、また痛みを分かる人間として
命、愛、心、勇気、耐える事、そして強さを学びました

わたしは「介護福祉士」の資格はありますが、カウンセラーの資格はありません。

私が経験したことで、あなたのたくさんに共感ができると思います

悩めるあなたに安心感をもってもらえるように、そっと寄り添います

 

敷居の低い、気軽な気持ちで、少しだけ前に進んでみませんか

 

笑顔のきっかけになれたら、幸せです

 

 

 

 

 

 

「フォロワー500人とブログ100記事記念イベント~笑える介護の相談会」

 

【日時】11月18日(日)13時~16時

 

【場所】阪急塚口駅 約5分(参加者のみにお知らせします)

 

【人数】6名

 

【代金】3000円

※代金はお振込みでお願いします。

 

お申込みはこちらです。

 


 

 

 

ご訪問下さりありがとうございます♡

 

 

随時受け付けてます。

右【個別相談】介護のことで相談したいと思ったことはないですか?

 

線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)線(花)

 

 

ホウレンソウ音符

よく聞きますよね

報告、連絡、相談は大事。

 

 

今回の記事は

訪問ヘルパーとしてのお悩み記事です。

 

悪口、告げ口みたいに感じて、我慢して困っておられるヘルパーさん多くないですか。

 

名前を出すと、ヘルパーさんの悪口になってしまうから止めとこうって

感じてしまうんだよね…私がそうだった。

 

 

言い方、聴き方にも問題があるけど、今回はそういう事はまず、棚に上げといて口笛

 

 

 

報告しないで、自分の中にしまって

 

もし問題が出た時は

 

自分の責任になってしまうよ。

自分で責任が取れる??

 

 

 

金銭的に余裕がないお宅でのお話です。

 

カレーを作って欲しいと言われて

 

材料は、

カレー粉とコンニャクとジャガイモだけなんですけど!って

ヘルパーさんから連絡がありました。

 

ある材料で作るしかないからって伝えました。

 

ヘルパーさんは、えー・・・って言ってました。

私も内心は、えー・・・です。

 

 

しばらく期間が空いて、風のうわさで笑

(不思議と風のうわさは、耳に入るよね)

 

あのヘルパーさんが

桃をたくさん持って行ってるみたいですと報告がありました。

 

 

ヘルパーさんに聞き取りました。

 

その後、

気になってる事はなぁい?

 

可哀想です。だってね!

冷蔵庫にものが入ってへんねん。ジャガイモと缶詰だけですよ・・

可哀想じゃないですか!

可哀想で、家で余ったのをたまに持って行ってます。

 

そうなんや。。

ほんまに可哀想やもんね・・・

 

その場はそれでしのげると思う。

でもずっとそれをしてあげれるのかな。

 

長い目で見たら、

家族が、なおさら年金を使い込み

出来るのかも。。

この額で、ヘルパーが

やり繰り出来るんだと思うと、

今以上に家族は遠のくのかもしれないけど、

どう思う?。。

 

あっ!そうかぁ。。

可哀想でね、

余ったおかずやら頂き物の桃、食べきれないから持って行ってました。

 

これって、優しさじゃないんだよね。。

 

 

 

そこで感じてもらえました。

 

そっかぁ。。

そう考えてもらえて良かった。

いつもありがとう!

報告してくれて助かった!

 

内心、おかずも持って行ってたんや笑い泣き

 

 

 

ヘルパーが、

可哀想だからって

立て替えて、

肉、玉ねぎを買うわけにはいかないのです。

 

ずっとそうしてあげれるなら

それはそれでいいんだよ。。

 

でもずっと

それをしてあげれるのかな。

 

 

その場の可哀想に視点を向けるのは、

優しさじゃないと思うんです。

 

 

 

早く報告すれば、

早く解決するのが優しさだと思えばどうでしょう。

 

 

 

良心で持って行った食べ物で、

食中毒になったら責任取れますか?

 

チームの中で自分だけ、

差し入れをしてたら

 

その利用者は?

他のヘルパーさんは?

どんな風に思うのかなを考えてみる。

 

 

 

あるヘルパーさんは、

ゼンザイを食べたいって言う方のために

鍋を持参でゼンザイを作ってあげてました。

 

これは、ヘルパーの仕事ではないんです。

 

ヘルパーは優しい近所のおばちゃん

じゃないんです。

 

 

 

ヘルパーは仕事です。

そのお宅の中にあるもので

時間内の仕事をする。

 

 

 

寂しいって言うから

長時間滞在して

お話を聞いてしまうのもそう。

 

退室のきっかけを作るのも

ヘルパーのスキルです。

 

退室のきっかけを責任者に相談すれば

解決出来ます。

 

 

 

訪問先で利用者がお留守の場合もそう。

 

心配になって先回りして、

家に勝手に入って

 

家の中で

もし亡くなってたらどうする?

 

 

ヘルパーさん個人で

警察の事情聴取です。

 

まず訪問先で応答がなければ、

事務所に連絡する。

 

 

 事務所に報告をすれば

ヘルパーは責任を手放せます。

 

 

 

責任者も

忙しいからといって

ヘルパーさんに

お任せする感覚は違うと思うんです。

 

 

 

気にせずに、

いつものように入ってしまう

ヘルパーさん!

ここ、要注意ですよ!

 

 

 

 

個の問題は解決出来る方法を

外に向けて考えることで

解決していけばいいと思うんです。

 

それには、ホウレンソウ。

 

 

 

決して

ホウレンソウは

ヘルパーさんに対しての

悪口じゃないよ!

 

自分の身を守るため!

 

 

報告すれば、

気持ちも軽くなります!

 

 

あとは、任せればいいんです。

 

訪問ヘルパーさんは

孤独で抱え込む傾向にあると思います。

 

優しさと優柔不断をはき違えないように。

 

 

 

難しいけど

この事を

いつも心にとめて

います。

 

 

 

 

ホウレンソウ!

これが肝。

 

 

笑顔とホウレンソウ!!

 

これだけあれば十分!!

 

スキルなんて、やってれば

自然に身につくから心配ないよピンクハート

 

 

 

そこで

11月18日(日)イベントをします。

今月の17日(水)20時に募集開始します。

楽しみに待っててくださいピンクハート

 

電車の中吊り広告でみつけた。

 

 

 

おとなには、

卒業がない。

いつ始めても、
いつまでやっててもいいってことだ。

おとなは、ながい。

 

 

 

このキャチコピー

すごくいい!!



 

そっかぁ…


そうなんだよね。

これでいいんだ。

 

このさらっと感が好きだな。

 

 

 

 

 

点と点が繋がった。

 

 

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

介護で悩む心を軽くしませんか♡

 

右【個別相談】介護のことについて相談したいと思ったことはないですか?

 

ご訪問下さりありがとうございます♡

 

 

入浴拒否って、

無理矢理もなかなか出来ませんし、

高齢者は入浴がとても大儀なことみたいです。

 

 

 

私は精神疾患担当みたいな所がありまして、

とても難しいけど、懐に入ってしまうので、楽しいしやりがいがあります。

 

 

5年以上も入らない?!って

思われる方

いらっしゃるかもしれませんが、

実際問題こんな方は居ます。

 

1ヶ月に1回の入浴なんて、ザラかもしれませんね。

 

 

 

 

この方は女性で、ご夫婦でお暮らしです。

精神疾患で長期入院されてて、

退院したけど、

ご主人が困り果てての仕事依頼でした。

 

話せば長くなりますが、

ゴミ屋敷…ご主人が片付けては、奥様が取り込んでしまう。

 

ご主人がノイローゼ気味でした。

 

まず、外部の人を入れなくては!

から、私に依頼が来ました。

 

 

 

初めは、玄関のドアの隙間から話す所からのスタート。

 

挨拶して帰る。

顔を覚えてもらい、安心出来る人間だと思ってもらうことが一番です。

 

 

なんせ

人を入れたくない!

捨てるゴミは、我が家にはない!

と言われてました。

 

 

 

とにかく

訪問拒否だけにはならないように

 

慎重に慎重に

コミュニケーションを取っていきました。

 

玄関から始まり、1メートルだけお掃除させてもらって帰る、次は50センチ進む!

 

3歩進んで2歩下がる。

そんな訪問を何度したでしょう…

 

 

 

だんだんと心を開いてくれて、笑顔も出て、笑い声も出るようになりました。

 

ご主人がおっしゃるんですよね、

私が来ると、お花が咲いたみたい!だって。

 

 嬉しかったな♡

 

 

 

会話も弾むようになり、

お風呂の話題をするんですが

 

「入っております。」

とおっしゃるので、

「入ってないでしょ??」

とは、口が裂けても言えません。

 

 

その日も、ひょっとしたらお風呂に入ってくれるかもしれないと思って、

お湯張りはしてました。

 

 

「直子さんに今日もオメモジ出来ました。嬉しいです。」

 

「ん?オメモジ??」

 

「はい、オメモジ!オメモジ出来て、嬉しいの!」

 

 

「ありがとうございます!です。

 

で、オメモジってなぁに??」

 

 

「えっ?」

 

「えっ?!」

 

二人して爆笑。爆  笑

 

 

 

間髪入れず

 

「あの~~、お風呂いま入れますよ~~♡

 

 

オメモジってなんですか??」

 

 

オ・メ・モ・ジ!

で誘導して

 

 

湯船にチャップーン!

 

 

 

(小声でご主人に)

お風呂に入ったよぉ♪

 

ご主人、涙ぐまれてました。。

 

ホントに良かったね。。

 

 

 

 

御目文字とは!

「お目もじする」は「会う」の敬語で、自分のことをへりくだって言う謙譲語にあたります。

宮中に仕える位の高い女官たちの間で広まった女房詞(にょうぼうことば)の1つで、室町時代の初めごろから使われているようです。

 

 

一つ、賢くなりました爆  笑

 

 

 

入浴拒否で困っておられませんか?

対応にもお声掛けにも人それぞれです。

 

私にお手伝い出来ることはありませんか。

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

介護で悩む心を軽くしませんか♡

 

右【個別相談】介護のことについて相談したいと思ったことはないですか?

 

ご訪問下さりありがとうございます♡

 

 

 

10月3日㈬プチセッション会に参加しました。

 

フリートークでなんでもありスタイルが私のやり方なので、出たとこ勝負!

 

 

手帳にこれだけは!と思うことをメモ書きだけして参加しました。

 

笑う介護を目指して欲しい

介護は一人で抱え込まないこと

介護の話し合いで大切な事

相談の仕方

 

など話したと思います。

 

と言うのも、脱線、脱線しましたから爆  笑

 

 

 

 

参加者の方は、介護がこれからの方だと思いましたので

私がこうしてれば良かったな!と思うことを話しました。

 

そんな思いがあって、プチセッション講座のポイントになりました。

 

 

 

 

親が元気なうちに

介護者が心のゆとりのあるうちに

 

 

 

介護が始まった時の話し合いで大切なこと

 

 

介護される本人の意向を見失わないこと。

 

介護者が介護を義務として考え、

自分が出来ることと出来ないことばかりに話が集中してしまう。

 

自分の時間を奪われてしまう!!

そんな気持ちが強いばっかりだと、家族関係も悪化してしまいます。

 

 

介護される側は、その介護をほんとに望んでいますか。

 

 

 

 

 

いまはまだ親の介護が必要でないという方へ

 

親が元気な今のうちに、

どんな老後を望んでいるのか話しておいて下さい。

 

 

介護はある日、突然に始まります。

 

その時になってからだと、落ち着いた判断が出来なくなることが多いから…

 

 

親の気持ちを

ご自身の身に置き換えて考えてみて下さい。

 

心のゆとりがあるうちに、やっていて損はありません。

 

 

 

いま介護をされている方が、

親の通帳管理が出来ないなど、

現実に行き詰まり、悩んでいる方がとても多いのです。

 

だから、この想いを記事にします。

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

介護で悩む心を軽くしませんか♡

 

右【個別相談】介護のことについて相談したいと思ったことはないですか?