ご訪問いただきありがとうございます(^^)
こころ整体院の船山武です。

 

 

 

昨日は、

千葉県の市川の方に招いて頂いて

SLTフリー出張講座を行わせて頂きました。

 

 

SLTフリー講座は、

誰でも簡単に高い効果を出せる

波動療法SLTフリーを修得する講座です。

 

 

この施術法は、

エッこれでいいの!?」というくらい簡単にできるのに

驚くような効果が出ます。

 

 

講座では施術のやり方を学ぶのに加えて、

その概念を学ぶのですが、

かなりスピリチュアルなお話が出てくるため、

受講者の方がどのくらい理解してくれるか、

受け入れてくれるのか、僕は毎回ドキドキです(~_~;)

 

 

ですが、

今回ご参加頂いた受講者の皆さんは、

そのようなお話をすんなり受け入れて下さり、

違和感なく入ってきたという感想も頂けて、

とても嬉しく感じました。

 

 

 

 

僕の波動療法は、

一般的な整体施術から比べると、

かなり異質な部類に入ると思います。

 

 

 

患者さんに触れずに行う施術が非常に多いため、

一般的な整体をイメージして来られる方は、

不可思議に思われたり、怪しいと感じる方もいるようです。

 

 

そして、

当院に来院される患者さんの1割強くらいは、

「ヤバいところに来てしまった…」

という顔をして話を聞いている方や

施術後に逃げるようにして帰っていく方がたまにいらっしゃいます(-_-;)

 

 

僕はどのような方にもベストを尽くしているので、

そのような方がいるとやはり凹みます。

 

 

 

ですから、

施術を紹介する時は施術内容を控えめに話したり、

名刺には「理学療法士」という肩書も入れて安心してもらいやすいようにしていました。

※一応僕は理学療法士の資格を持っています

 

 

さらに、

より確実な結果を出せなければ、

自分のやっている波動療法を信頼してもらえないと思い、

とにかく結果を出すことに関しては

かなり厳しい基準を自分に設けていました。

 

 

ですが、

最近思います。

 

どんなに心をくだいても

受け入れない人というのは必ず一定数いるので、

それはもうしょうがない…と。

 

 

 

それよりも

波動療法という施術を堂々と前面に打ち出して、

波動療法で新しい健康文化を創っていこうと思うのです。

 

 

 

ですから、

名刺を新しくして、

自分の肩書きを「波動療法士」とし、

波動療法についての説明も載せました。

※波動療法士という資格がある訳ではなく、自分で勝手に名乗っているだけです(^^)/

 

 

怪しがる人は一定数いますが、

僕の施術を信じてくれて、

その効果に喜んでいただき、

人生を変えるきっかけとしてくれている人はその何倍もいらっしゃいます。

 

 

 

波動療法は体の健康だけでなく、

心の健康や意識の変容も促進できるので

健康な心身で、主体的に人生を生きる人を増やし、

文化が変容する土壌を創っていこうと思っています。

 

 

今回も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

 

 

追伸

1/29(日)開催のSLTフリー講座は満員になっていますが、

キャンセル待ちの方が多い場合、

近いうちに臨時で講座を企画するかもしれません。

 

参加ご希望の方は、

こころ整体院(kokoroin@gmail.com)まで「SLTフリー講座キャンセル待ち」とお送りください。

 

 

<情報>

『こころ整体院』ウェブサイト

SLTフリー講座

SLTフリー2セミナー

波動施術ボランティア

 

 

ご訪問いただきありがとうございます(^^)
こころ整体院の船山武です。

 

 

 

それまであまり不調を感じてなかったココロさんは、

ある時から突然、そして徐々に

首から背中にかけての痛み息苦しさを自覚しはじめました。

 

 

その症状は、

やがて無視できなくなるほど強くなり、

生活に支障をきたすようになったため、

病院、整体院、セラピスト、ヒーラーと様々なところへ行き、

症状の苦しみからの解放を求めました。

 

 

 

ですが、

どこへ行っても症状の原因がはっきりせず

対処療法的な対応(服薬・マッサージ・波動機械・ヒーリング等)に頼らざるを得ず、

症状が寛解・増悪を繰り返す状態が続いていました。

 

 

ココロさんは、

原因が明確に分かる検査と

症状の確実な変化が得られる治療を必要としていました。

 

 

ここでココロさんが強く求めているのは、

変わらない症状に対する不安からの解放と、

症状の苦痛からの解放です

 

 

 

症状が無かった頃のココロさん

日々の生活の事を中心に考えていたのですが、

つらい症状によって以前のように生活を送ることはできず、

心のエネルギーは体の苦痛将来への不安に浪費されるようになります。

 

 

 

 

縁あってキネシオロジーと波動療法を使う整体院に辿り着いたココロさんは、

そこで症状の原因は、

深層心理にある間違ったビリーフ(信じ込み)霊的な問題であり、

それが心臓甲状腺に現れていると告げられ、

施術を受けました。

 

 

施術直後から身体が軽くなり、

次の日にはあれほど苦しかった首から背中にかけての痛みと息苦しさ

消えてしまったことに驚きます。

 

 

それだけでなく、

心が軽くなり、なぜか周囲の人の態度が穏やかになってきて、

現実が少しずつ変わってきていることに氣がつくのです。

 

 

ですが、

想像以上に心も体も楽になったココロさんは、

この状態を維持したいと強く思い、

わずかな不調もすぐに解消せずにはいられなくなり、

キネシオロジー検査波動施術に頼るようになるのです。

 

 

 

ですが、

本当に健康になるというのは、

自分の状態に責任を持てるようになることです。

 

 

それは、

「自分の現実は100%自分で創っている」

ということを本当に理解することであり、

現実の問題や体の症状が生じたとき、

それを受け入れ、

その原因を自分の内側に見出せるようになることなのです

 

 

 

ココロさんは、

施術に来るたびに少しずつそのことをセラピストから教わりました。

 

 

 

そして、

自分自身の在り方が少しずつ変わっていき、

心身の不調が起きても自分で対処できるようになり、

自分を感じながら人生を生きていけるようになったのです。

 

 

施術に関しては、

支援が必要と感じるときだけセラピストにサポートしてもらうことで、

何があっても「なんとかなる!」という氣持ちを持つことができています。

 

 

 

 

 

 

以上は、

当院で自律神経症状が本当の意味で良くなっていく人の経過です。

 

 

この症例から分かることは、

施術によって症状が消失することはゴールにはならず

本当の意味で健康を得ることにもならないということです。

 

 

 

 

よく世間一般で、

思い違いされていることがあります。

 

それは、

素晴らしい治療法やセラピストに出会い、

抱えている問題を完全に取り除いてもらえたら、

その後は体の不調や病氣が生じることはなくなり、

心は常に平和で穏やかで

いつもイキイキしたバラ色の人生が送れるようになる~(´▽`*)/

 

これは完全な思い違いです。

 

 

人間は生きている以上、

元氣で最高!と感じる日もあれば、

体が不調で氣持ちが落ち込み、

自分は最低だ…!

と感じる日もあります。

 

 

そのような浮き沈みの中、

自分と向き合い成長していくのが人間なのだと思います。

 

 

つまり、

苦しみも人生の一部であり、

それがあるからこそ喜びや成長が生まれてくるのではないでしょうか。

 

 

 

 

本当の意味で健康を得るというのは、

自分の状態(現実責任を持てるようになることであり、

自分の人生を主体的に生きていくことなのです。

 

 

 

逆に、

被害者的視点にとどまり、

外的治療で症状の苦しさを取り除くことだけに固執する人は、

同じことを繰り返し、

いずれはまた異なる治療法へと移っていくことになります。

 

 

 

これは、

自律神経症状で苦しまれている方だけではなく、

膝・股関節・腰痛・肩の痛み

ガン・糖尿病・うつ・アトピー・過敏症…等々

全ての病氣、心身の不調の方に当てはまります。

 

 

 

治療の役割というのは、

①その人の中の何が問題として投影されているのかを明確にする

②体を浄化し、心の枷を外し、霊的問題を解消する

③魂との繋がりを強め、その人の自然治癒力を高める

以上によって、

今まで変わらなかった心身の状態に変化を起こすことで、

自分は変われるという実感希望を与え、

心と体にスペースをつくり、

その人が主体的に生きていく“きっかけ”を提供することだと僕は思っています。

 

 

その“きっかけ”を掴んで本当に健康になるかどうかは、

その人自身に委ねられているのです

 

 

 

今回も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

 

 

<情報>

『こころ整体院』ウェブサイト

SLTフリー講座

SLTフリー2セミナー

波動施術ボランティア

ご訪問いただきありがとうございます(^^)
こころ整体院の船山武です。

 

 

 

新年が明けても、

ほとんどの場所で99%の人達はマスク姿

 

 

誰もがマスクをつけている風景に、

少々ウンザリしてきている今日この頃です。

 

 

 

僕自身は、

コロナ茶番が始まって以来、

基本的にはマスクをつけることはありません。

 

 

デパートだろうがスーパーだろうが、

満員電車の中だろうが、

セミナー教室だろうが、

同じです。

 

 

ただ、

パン屋とか、ドーナツ屋とか、うどん屋など

むき出しでお惣菜や食べ物が置かれているお店などでは、

他の人が嫌がるかと思って一応つけます(鼻出しで)。

 

 

 

ちなみに、

当院こころ整体院マスクフリーを謳っているので、

患者さんはつけても、つけなくてもどちらでもOKです。

(僕はず~っとつけていません)

 

 

普通に考えると、世の中の人は、

マスクが効果ないことは分かってくる頃だろうし…

枠チンを5回も打たされて、

打てば打つほどPCR陽性者が増えているのにも氣づく頃だろうし…

マスコミは偏った報道しかしていないことにも氣づく頃だろうし…

政府の言っていることはコロコロ変わることにも氣づく頃だろうし…

と思えるのですが、

氣づこうとしない人は全く氣づかないようです。

(;゚Д゚)マジですか…

 

 

これはこれで、

ここ最近の七不思議の一つなのですが…

 

氣づこうとしない、知ろうとしない、お上の言いなりでいる、

そういう選択もありなのかなと思ったりもしています。

 

 

 

 

幸い、僕の家族や親しい人は、

何が起きているのかを伝えると理解してくれるので、

このことに関する考えや意見はだいたい一致しています。

 

 

ですが、

当院に来院される患者さんの多くは、

家族や友人の間で意見の対立が起きていて、

苦しい思いをされていることを打ち明けられます。

 

 

なんとか家族や友人が、

枠チンで病氣にならないようにと

一生懸命に自身が知っている情報を伝えても

理解されずキチガイ扱いされたり、喧嘩になったりして

とても苦しまれているようです。

 

 

 

 

僕は、

仮に相手が間違った方向に進んでいたとしても

それがその人の“選択”なので、

その“選択”を尊重することが大切ではないかと思っています。

 

 

 

もちろん、伝えることは伝えます。

 

それにより、相手は“選択”の幅を広げる機会を得るわけですが、

そこから「どう選択するか」は相手に委ねられているのです。

 

 

 

人が自分の考えを変えるのには、

自分のタイミングというのがあります。

 

 

どんなに正しいと思われることを伝えたとしても

その人のタイミングではなければ、

全く入っていかないのです。

 

 

 

 

ですから、

誰かの考えを変えようとするのではなく、

皆、自分の考えに沿った行動をし、

(マスクが必要ないと思えばつけない、必要あると思えばつける)

それぞれの人の選択をそれぞれが尊重していけたらいいと思います

 

つまり、

マスクを他者に強要するような風潮は早く解消されてほしいし、

枠チンを打つのが当然みたいな風潮も解消されてほしいと願っています。

 

 

 

今回も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

 

 

<情報>

『こころ整体院』ウェブサイト

SLTフリー講座

SLTフリー2セミナー

波動施術ボランティア