■自分のことが許せない理由 | 心屋仁之助オフィシャルブログ「心が風に、なる」Powered by Ameba

心屋仁之助オフィシャルブログ「心が風に、なる」Powered by Ameba

見えないけれど、やさしく包んでくれる。
風のように、水のように、普通の幸せに気づける、
そんなお話をお届けしようと思います。


テーマ:

スゴイ面白いの見つけたので
忘れないうちにシェア(*'▽')

--- ここから -----


「だいたい、“罪悪感”、“罪悪感”

って言うけどさー、

うん、それはもうわかったけん(-""-;)

...

確かに○○な私でごめんなさい…

と思っとったさ。 

けど、それで?? それから??」

って思ってた。

罪悪感があったのは、わかった。

で??


全然しんどいの楽にならんけど??

それから、どうしたらいいとよ??


だから??

自分を許す??

自分を許すって??


てか、私、なんか悪いことした??

罪の償い??

てか、なんも悪いことしてないけど??

何が悪いと??

あれ??



そもそも、私、何も悪くなかった??



お母さんに小さい頃から、

「あんたが悪い!!」と八つ当たりされ

理不尽な理由で怒られてきました。



だから、

なんかわからんけど、

私が悪いことにしとけば、

丸く収まるんだ…。


私が悪いことにすれば、

全てがうまくまわるんだ。


ホントは自分が悪いと思ってないけど、

お母さんが「あんたが悪い」って言うなら

お母さんの機嫌を収めるために

私が悪かったらそれでいいんやろう…。



「はいはい┐(-。ー;)┌

どうせ私が悪いですよーだっ!!(-""-;)」


ていうか、お母さんがそう言うなら、

それが正しいんだと思ってました。

でも、何が悪いかわからない…(;´д`)



何が悪いか、よくわからん罪を背負って

私は有罪者だと思って生きてきました。


自分を許すって言っても

ピンっ!とこんかったのは、コレか!


そもそも、私、無罪やし(^^;

私、なぁーんも悪くなかった!



でも、お母さんは「あんたが悪い」って言うけん

有罪者になるための罪が必要だったんだ!


だから、遅刻癖も、借金も、不倫も、

持病も、あんなことやこんなことも、



いろんな手を使って、
私は有罪者になろうとしていたんだ!!




私が有罪者になれば、お母さんが納得する。


ご機嫌がなおる。と思ってたらしい!



ガーーン( ̄▽ ̄;)

もーー!!まぢ、バカちんっ(爆)


苦笑

ふははははっww

もう、笑うしかないー(笑)

アホ過ぎるーー(^o^;)


パッカーーン!!

キターー(°▽°)ーー!!



そもそも、私は何も悪くなかったー!!

そもそも、ない罪を自責するから、

苦しかったんだーΣ(゜Д゜)



私が私を有罪者に仕立てあげるため

自分を責めるための材料集めをしてただけの

自作自演劇場!!大根役者でした!!(爆)



おつかれさまでしたーー( ̄▽ ̄;)


-----------------------------------------------


心屋です。


こやつです(笑)
だいたい、“罪悪感”、“罪悪感”って言うけどさー。。。


つーーーて
いままで説明してきたつもりじったんじゃけんどのぉ



■小さい頃の愛情不足が原因といわれても、今さらそのころに戻ってやり直すことはできません。
■変態シリーズ①大変な人生は変態の人生/お金も恋人も魅力も全部欲しいなと思って生きていました。
■愛せないひと、愛されなかったひと
★「出来なかった自分」と戦ってる


なんにせよ
気づいてよかった。

みんなも同じよ。


あなたは
ノットギルティ(*^▽^*)


自由に生きよう。



image 
   アメーバ大喜利

■心屋公式サイト ●講演会情報など
■心屋に頂いたメッセージやコメントを記事や著書で許可なく紹介させていただくことがあります
■心屋の記事はリンクフリーです




性格リフォーム心理カウンセラー ぢんのすけ/心屋black さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース