ペースを合わせて | ココミラランド 子供達の心と未来を守る会

ココミラランド 子供達の心と未来を守る会

配偶者のDVやモラハラ、浮気不倫等を原因として離婚をし、面会交流に悩んでいる生の親子の声を、親子断絶防 止法全国連絡会に届けるために、面会交流で悩んでいる親子とそれを支援する人、賛同する人達で組織した会です。

おはようございます
子供達の心と未来を守る会
東海林 華です。

みんなからはとことこと呼ばれています。




突然ですが、

私は足が遅いです。笑。


足だけでなく行動もかな。


小さい頃からのんびり、

マイペース、

本人はテキパキ普通に動いているつもりですが、

どうやらそうではなさそうです。笑。


子どもたちがもっともっと小さかった頃は

ヨチヨチ歩くペースが

ちょうどよかったのですが、

最近は子どもたちが速くて速くて。。。


毎回、「おーい、待ってくれー」で、

子どもたちに

ペースを合わせてもらってます。。。




先日、

子どもたちと一緒にお出かけをしていた時に、

ふと思い出したことがあります。



家族でのお出かけが

苦痛だったということ。



歩いていると

元夫と私たちの距離が

どんどん離れていくんです。


当時は下の子を抱っこしていたため、

もっともっと足が遅かったと思います。


何度待ってくれるように言っても

願いは叶わず、

姿が見えなくなることも。。。


目的地に到着すると

元夫はひとりスマホを弄っているんです。


汗だくになりながら

必死で追いかけていたような気がします。



この頃は不倫のことは

知らなかったものの、

普段も夫婦の距離が離れていっているように

感じていました。


だから、

どんどん離れていく元夫の後ろ姿を見ると、

家族がバラバラになっているようで悲しくて、

なんだか必死で歩いていたような気がします。


それまでずっと隣を歩いてこられたのは、

元夫が私や子どもたちに

ペースを合わせてくれていたからなんですよね。


今思えば、

まだ家族っぽい行動をしていたけど、

とっくに元夫は私たちと家族であることを

やめていたんだなと思います。



今子どもたちは私の遅いペースに

子どもたちのペースで合わせてくれています。


先に行っちゃったかと思えば

競争しながら走って戻ってきたり、

「おそーい」と言いながらも

ニコニコ待ってくれる、

そんな家族でのお出かけが最高に楽しいです!!



☆この記事を書いた人☆