自然、戦跡、ときどき龍馬

[報道実績]高知放送、NHK徳島局、RKCラジオ、高知新聞、愛媛新聞、徳島新聞、山口新聞、防府日報等々。

自然、戦跡、ときどき龍馬-「長州・龍馬脱藩道」 $自然、戦跡、ときどき龍馬  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-龍馬が辿った道  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-四国の戦争遺跡ハイキング  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-四国の鉄道廃線ハイキング  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-土佐のマイナー山part2
「長州・龍馬脱藩道」「大回遊!四国龍馬街道280キロ」「龍馬が辿った道」「四国の戦争遺跡ハイキング」「四国の鉄道廃線ハイキング」「土佐のマイナー山シリーズ」(各ロンプ刊)、出演舞台DVDの購入法については、「プロフィール」ページ を参照下さい。


フォートラベル・サイトへの投稿再開トラベラーページ

高知県内の無名峰(大半が著書未収録峰)や関西のハイキングコースのコースガイドはヤマケイのマイページ

○'13年より、コメントを戴いても「ブログの訪問返し」ができない状態になっております。
○当方は相互読者登録を行っておりません。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

徳島県の新旧エンジェルロード(現行は三ツ島)

<松ヶ磯は消滅したため、二子島東の三ツ島に>

徳島県は四国で一番エンジェルロード(トンボロ地形の海割れ道)が少ない県で、何年か前までは「四国八十八景」(四国地方整備局が選定)の一つ、牟岐町松ヶ磯エンジェルロードが有名(徳島県下に於いて)だった。磯(外観は小島のよう)の中腹に建つ、沖島神社の鳥居も点景になっていた。

 

しかしこのエンジェルロードの両側からは波が打ち寄せているため、幾度となく襲来する台風によって海底の砂が流出して水深が深くなり、たとえ潮位が0センチであっても、陸続きにならないようになった。ウェーダーを着用して海底を歩こうとしても流される危険性がある。

そこでお勧めなのが、牟岐町に隣接する海陽町那佐湾の最奥にある三ツ島エンジェルロード(上の写真)である。元亀2年(1571)春、那佐湾近隣に在住していた安芸国虎の旧臣らの陰謀により、海部城主、海部越前守宗寿(むねとし)によって殺害された長宗我部元親の末弟、島弥九郎を祭る祠があった二子(ふたご)島のすぐ東にある無名の小島が三ツ島である。

「二子島」の名称は、二つの島が並んでいるように見えることから名付けられたことが推測されるが、「三ツ島」は双子の他に一人合わせた「三つ子」の意味合いがあるものと思われる。

尚、グーグルマップや住宅地図等では、三ツ島の箇所に「二子島」表示がある。

三ツ島エンジェルロードは松ヶ磯エンジェルロード(上の写真とその上の写真及び下の地図)よりやや距離が短いものの、すぐ沖に二子島があることから、景観的には高知市の玉島と衣ヶ島エンジェルロードに似ている。

 

場所は国道55号沿いだから分かり易い。現地に「島弥九郎事件跡」看板も建っており、その側に車二台分位のスペースもある。

看板の近くからも浜に降りられるが、堤防の外側の歩道を少し南に進んだ所からの階段の方が下り易い。

 

水深は衣ヶ島エンジェルロードよりは深いが、先日(9月中旬)、干潮時の潮位が32cmの日、干潮時刻を1時間以上過ぎてもエンジェルロードはまだ出ていた。

ところでエンジェルロード探訪に適した時期があるのをご存知だろうか。それは4~8月。この時期、日中の干潮時の潮位が低くなる。逆に9~3月は夜間の干潮時の潮位が低くなる。

 

故に滅多に陸続きにならない宿毛市咸陽島エンジェルロード等は4~8月でないと渡れない(夜間は危険故)。三ツ島エンジェルロードは秋でも現れると思うが、当該月の潮位表を見て、なるだけ潮位が低い日を選んだ方が無難。

三ツ島は一周するのは厳しいが、南側からなら島の東端へ行くことができ、二子島を望むことができる(上の写真)。

「島弥九郎事件跡」看板の横には、乳ノ崎狼煙(烽火)跡の看板も建っているが、岬の尾根に登るには、堤防の外側の歩道を一部ヤブ漕ぎしながら岬の山際まで行き、少し南に下った後、北東に上がる歩道を進む。

 

谷状地形に達したら、赤いマーキングテープのある所から一旦、東側に上がり、竹藪の倒木の少ない斜面をトラバースする。

二重山稜のような地形の間にある谷状地形になり、少々登ると南の鞍部に上がる踏み跡が現れるからこれを登る。後は尾根上を進むのみ。

当方はこの日、体調が優れなかったことから途中で断念した。近年は夏場、直射日光を浴びるとすぐ日射病的症状が出るようになったからである。

次回投稿予定(予定は未定)の記事は、二ヶ所目の徳島県の裏見の滝か、種崎の龍馬と長宗我部元親関係の史跡回遊コース等。

両方の記事を早く投稿して欲しい、という方は次のバナーを是非クリック。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へにほんブログ村ブログランキング

3月迄入山禁止だった志和滝(四万十町)

《三つの滝が秘境的山中に》

今年3月、高知県四万十町の六川山から志和滝(轟の滝、女滝、男滝の総称)の男滝天辺付近まで行った探訪記を投稿したが、その時、男滝(おだき)だと思っていた滝は、本当の男滝より上流にある無名滝だったことが今回分かった。

 

3月上旬、役場に滝のことを照会した時は前回説明したように、地権者が特に許可を出した団体でないと入山を認めないとのことだったが、先週、町の公式サイトを再確認すると、3月19日に観光ページが更新されており、志和滝が掲載されていた。

サイトに掲載された、ということは、入山が自由になったのではないかと思い、先日探訪してみると、特に柵等もなく、入山できた。実際に探訪してみると、地権者が個人に対して入山を許可しなかった理由が分かった。

 

ルートには一応、所々コースサイン・テープが付けられているものの、肝心な大規模な土砂崩れ跡等のテープは消失しており、足元が悪い崖道もあり、未整備の山を登ったことがない者は遭難や谷へ転落する危険がある。

 

但し、マイナー峰登山や沢登り経験者からすると、大した労苦もなく、探訪できる。ただ、後半は急登続きになるので、ある程度体力は消耗されるが。登山口(上の地図)と三番目の滝との高度差は200mほどだが、ネットで他者が記述していたように、2時間ほどかかると思っていた方が良い。

 

登山口は分かり易い。志和地区の志和川沿いの公道の車道終点手前の歩道のコンクリート橋が登山口。尚、公道終点は三差路になっており、右に上がる車道は空き家の民家への私道。直進の未舗装歩道は別の空き家を経て志和川の源流へと向かっている。

猪除け柵の扉を開けて橋を渡り、ヤブ化した野良道のような道を辿るとすぐ轟谷川左岸(西岸)の平坦な道に出る。が、5~7分ほど歩くと、道の路盤が崩落しているため、10mほど引き返し、右岸へ一旦渡渉した後、すぐ渡り直す。増水時は厳しいかも知れない。

 

再び左岸の道を歩くが、路盤や山際が石垣となっており、森林軌道跡(下の石垣は橋台に似ている)のような雰囲気。しかし進むに連れ、「道」は「踏み跡」へと変貌していく。それ故、高度100m弱ほどでルートを誤ってしまった。

往路は一本道だと思っていたが、そこはY字路で、前方右上のコースサインテープを見逃してしまったのである。直進してしまい、二つ目か三つ目の砂防ダムに出てしまったように記憶している。それでも獣道のようなものを辿り、北東に張り出した痩せ尾根を登り、鞍部の分岐で正規ルートに合流することができた。

 

高度計高度175m地点のY字路で左の踏み跡沿いの木に白いコースサインテープがあったが、下ると大規模な土砂崩れを起こした沢に出て、踏み跡が途絶えてしまった。そこでY字路まで戻り、上の踏み跡を辿ったが、これも同じく土砂崩れ跡に達して踏み跡は消えていた(下の写真)。

そこでやや上の植林帯を迂回気味にトラバースすると、下方に土砂崩れ跡から先に続く踏み跡を捉えることができ、正規ルートに戻った。

 

高度計高度190mになると、前方下方の木の間越しに轟の滝(下の写真)が見えた。直瀑で落差は15~18mほど。轟谷川の本流ではなく、支流に懸かっており、滝壺は本流にある。

三つの滝の内、最も滝壺が広くて深く、神威を感じるがザイルがないと滝壺に降りることができない。志和城主の娘「おまん」が片思いの挙句、大蛇と化し、道行く男を悉く滝壺に引きずり込んでいたという。

 

高度計高度210m地点で前方右下に女滝(めだき)、そして奥に男滝が見えている。女滝(下の写真)は唯一、装備なしで滝壺に降りることができる。

滝壺は二番目に広いが、深さはあまりないように思われ、周囲は明るく気持ちいい。

飛瀑の落差は10mほどで、凸凹の岩盤に弾かれるように落下している。

 

女滝の天辺のやや上から男滝の全容(下の写真)を捉えることができる。迫力は志和滝随一で、轟音を轟かせ、滝風が吹き付けている。高知新聞では落差が30m以上となっていたが、それは「二段の滝」と見た場合の落差ではないだろうか。

当方からすると、「二段目」は滝ではなく、ただの激流で、一段目の落差は20m弱位のように思える。但し、この周辺の谷幅は狭く、且つ深く切り立っているため、実際より規模が大きく見える。

こちらもザイルがないと滝壺に降りられないが、滝壺自体は小さい(下の写真)。しかし長雨時等は男滝とその下の激流部、女滝が一つとなり、落差50mほどの巨瀑になるという。

現在、本当に入山が自由になっているか否か確認していないが、探訪に不安を感じる場合は自治体にガイドを紹介して貰うといいだろう。

まずは一人で訪れてみる、という方は次のバナーをプリーズクリック。

人気ブログランキング

横倉山の赤滝洞穴と横地見洞穴(越知町)

<道沿いにある赤滝洞穴は規模が大きい>

高知県越知町・横倉山南面には洞穴が多い。但し道が整備されているのは「平家の穴」だけで、その洞穴はケイビング装備がないと入洞は厳しい。

 

以前、四国第二位の深さを誇る星ヶ滝洞穴の横穴部を紹介したが、そこより横穴部の規模が大きく、車道からの道が存在するのが赤滝洞穴。

現在、ネットで画像を公開しているものでは、入口のみの画像を添付したものと、横地見洞穴を赤滝洞穴だと勘違いして記述しているブログが見られる。後者のブログ運営者は多分以前、当方のことをキティ山岳会(個人の男性)だと思い込んでいた者と思われる。

 

さて、赤滝洞穴と横地見洞穴についてだが、双方は直通道の登山口は違えど、いずれも青ぬた峠(横倉宮の鎮座する横倉山中嶽の東方)の峠道沿いにある。当方は赤滝洞穴から横倉山中嶽を往復して一旦車道に戻った後、横地見洞穴登山口に回り、洞穴を往復した。後者の洞穴は登山口から徒歩1分ほどの所にあるからである。

双方の洞穴の登山口は、五味の市原集落の車道終点手前から南東に分岐する林道沿いにあるが、この林道はボンネットがあまり出ていない四駆車でないと通行できない。更に対向車が来ると万事休す。兎に角幅員が狭く、急勾配で、待避所も殆どない。

 

四駆車所有者のためにアプローチを解説すると、まず、集落の車道終点手前の沢の更に手前、一見すると私道のような急角度で南東に上がる、地形図には記載されていない狭い林道に入る。マニュアル車なら一速でないと上がれない。

狭いX字路を見送るとすぐY字路に到る。直進道の先に墓が見えている所である。ここを左に折り返して上がる。後は「本道」を道なりに上がっていく。

 

林道が尾根に乗ると、真正面に横倉山の山塊が見えるようになり、そこの左手路肩が広くなっているので、そこに駐車する。この先、駐車スペースはないが、一週間前はその先に倒木があったので、車の走行はそこから先、不可になっていた。

 

二輪駆動車で向かう場合は、集落の少々手前の分岐(「市山」の看板がある所=上の地図)を上がった所の路肩に駐車し、そこから歩くことになる。そこの標高が170m弱で、赤滝洞穴登山口の高度計での標高数値が435mだったから、そこから登山口までは50分以上、歩くことになると思う。市山バス停から歩いても10分も変わらないが、バスの便が今でもあるのか否かは自治体に確認を。

 

四駆車での駐車場所から林道を10分ほど上った所の右ヘアピンカーブ部が登山口。ここは林道終点の手前のカーブ。その終点付近に横地見洞穴登山口がある。

そこは無名の滝の天辺横で、登山口奥には土砂で曲がった鉄製の手摺があり、滝の天辺を渡渉する。

そこからまた10分ほど登ると、土砂崩れを起こした涸れ沢に到る。杉の倒木が道を塞ぐように倒れている所である。その右手上を見ると、地面に赤滝洞穴が開口している。

 

入口から岩を掴みながら一旦降りると、横穴の下り坂となっている。立って歩ける規模で、星ヶ滝洞穴より遙かに大きい。立って歩ける区間の奥行は20m弱ほどだろうか。そこから奥は穴が極端に細くなるため、腹這いでないと進めない。

鍾乳石は殆ど見当たらず、コウモリも一匹しかいなかったが、夏場は心地良い。

ここから青ぬた峠に上る場合は、洞穴から30分ほど登った所に大規模な土砂崩れ跡があり、道が完全に消えているから要注意。但し、青や白、ピンクのマーキングテープが進路を示してくれている。ただ、「いつまでもあると思うな親とテープ」である。

 

尚、この洞穴は安徳帝の避難所の一つと言われており、もし源氏が攻めて来た場合は、帝は青ぬた峠からここへと下りてくることになっていた模様。

一旦登山口に戻り、林道終点手前まで行く。そこに雑草に覆われた丸木階段があるが、それが横地見洞穴の登山口だ。1分ほど登って樹林帯に入るとすぐ道の左下を見る。洞穴を擁する岩盤の一部が見えている。

入口の外観はまるで回天の格納壕のようだが、立って歩ける区間の奥行は短い。しかし落盤箇所から先へはまだ洞穴は続いているので、ザイルを使用してその先に降りると、まだ奥に進めるはずである。

両方の洞穴共、形成している岩盤は凝灰岩。

 

尚、一人で行くのに不安を感じる方は、越知町観光協会に連絡してガイドを紹介して貰うと良い。

一人で集落から登って行く、という方は次のバナーをプリーズクリック。

坂本龍馬の仁井田砲台跡

<跡地が地名として残る>

坂本龍馬は安政2(1855)116日から7日にかけて、砲術の師・徳弘孝蔵に就いて仁井田浜で砲術の訓練をしていた(徳弘家資料による)。その仁井田浜にあった仁井田砲台は、戦時中、高知海軍第二飛行場の造成時、取り壊されたことは以前、述べた。

 

しかしその跡地が「台場」という地名として残っていることが分かった。その具体的な場所を探すのは少々手こずったが、平成初期にその跡地を撮った写真が掲載された文献を発見し、電信柱の位置や背後に写る大平山及び周囲のビニールハウスの角度等から、そこは現在の「きてみいや農場」周辺であることが分かった。

 

砲台跡の規模は東西約30m、南北約10m、高さ3m弱で、東端の内側に弾薬庫があった。飛行場ができる前は、上に67本ほど「台場の松」と呼ばれる松の大木があった。最大の松は胸高周囲5.1m、根周りは12.6mにも及ぶ巨大なものだった。

 

ここを探訪する際の駐車場所は、高知新港緑地駐車場や三里中学校向かいのグランドの駐車場等が比較的近い。前者の場合は、麒麟像の北側から新港の敷地沿いの道路に出て、西進する。そして最初のT字路を北に折れ、県道を横断する。

 

ビニールハウス群の十字路に到ると東に折れる。徒歩1分ほどで右手にきてみいや農場が現れるが、その前の道路も砲台跡地に含まれる。

 

グランドから向かう場合は、西進し、漁協組合三里支所を過ぎて最初の十字路を南に折れる。ビニールハウス群内の道路に突き当たると西に折れる。すぐ農場が左手に現れる。

そこから比較的近い場所に、先祖が才谷屋の仕事を請け負ったこともある小説家・田中貢太郎邸跡もある。

 

以前、龍馬は種崎砲台でも訓練をしていた旨、解説し、その跡地の写真も掲載したが、台場の土塁跡の一部が残っていることも分かった。その跡地は、長宗我部関連史跡と共に機会があれば紹介したい。

 

PS:当方の企画による龍馬の生まれたまち記念館でのコーナー展「四国に残る龍馬の伝承と無名史跡」は今月19日まで。まだ来館してない方はお急ぎを。

近いうちに種崎砲台の土塁等の記事を投稿してほしい、という方は次のバナーをプリーズクリック。

高知市の歴史最大の謎・弥勒島と厳島

<旧弘化台と厳島は入れ替わったのか>

当ブログでは過去、触れたかどうか忘れたが、高知市弘化台のすぐ東の国分川内には、周囲を石垣で覆われた謎の人工島がある。干潮時なら堤防から上陸できる、猫の額ほどの島である。

 

古地図の中には、この島の側に「玄夫島」、或いは「黒磯」と表記されていることから、それが島名だと思い込んでいる者もいるが、黒磯は玄夫島の別称で、その人工島の東の白い石がいくつか立つ磯を指す。満潮時には陸地が水没し、白い石だけになり、よく白鷺が翼を休めている。

川なのに「磯」とは奇異に感じるかも知れないが、埋立地である弘化台が造成されるまで、この地は国分川ではなく、浦戸湾だった。尚、今の弘化台は正確に言えば「新弘化台」或いは「二代目弘化台」となる。

 

前述の人工島については’00年代半ば、旧デジモリでブログをやっていた頃、記事を投稿したことがあるが、昭和21年から47年まで、現在南国市にある銃砲製造企業「ミロク製作所」が捕鯨砲試射場として使用していた。この会社の前身の会社を興したのは鉄砲鍛冶の流れを汲む弥勒武吉。だから当方はこの島を「弥勒島」と仮称している。

島の東端にある半円形のようなコンクリート台座が捕鯨砲台跡で、北西隅にあるコンクリート造りの建物は、各種機材の保管庫だった。「ミロク砲」は世界に名を馳せた日本を代表する捕鯨砲だったのである。

 

しかし昭和21年より前、この島がどのように使用されていたのか、来歴や島の名称等、ミロク製作所に問い合わせても分からなかった。が、幕末には既にこの島が誕生していたことは分かっている。

それは画人・橋本小霞が幕末に製作した「吸江図絵」に描かれているからである。尚、高知市教育委員会が発行したある冊子には、吸江寺下方にあった呑海亭の石垣を近代、移設して弥勒島を造成した旨の記述があるが、吸江図絵には弥勒島と呑海亭、両方が描かれているから、その説は誤りである。

 

この吸江図絵は近年、所有者である高知県立図書館がデジタルライブラリーで高解像の画像として公開したが、それを見ると弥勒島誕生の謎を解く「カギ」が見えてくる。

画像をズームアップして見ると、島の上には稲のようなものが描かれており、周囲に注連縄のような物が張られている。そこで笠を被り、蓑を着用した者が何らかの作業をしている。但し、降雨のため、笠や蓑を着用している訳ではない。それは日除けのためである。

 

この光景は神饌の米を収穫する神田での作業を彷彿させる。しかし、こんな小さな島の上で稲を育てるのはあまりにも不効率。もし神田だとすると、ここに神田を作る必要性のある神社が側にないと可笑しい。

そこで考えられるのは、すぐ西にあった旧弘化台に鎮座していた厳島神社である。現在の弘化台が造成される前、そこには東西に並ぶ二つの島があった。

 

東側の島が弘化台(旧弘化台)、西側の島が厳島である。厳島の西には現在もある丸山台が浮かんでいた。そして丸山台に此君亭(料亭)の支店があった頃のある時期、丸山台と厳島は橋で繋がっていた。

ただ、ここで疑問が残る。なぜ厳島ではなく、弘化台に厳島神社があるのか。この謎を解くカギは河田小龍が明治11年に作成した「高知市街全図」にあった。この地図では、他の地図で弘化台と表記されている島に「厳島」と表記され、厳島の所に「弘化台」と表記されていたのである。

 

河田小龍は高知城下出身で坂本龍馬にも影響を与えた文化人。県内外で多数の地図を制作している。地元の島の名を間違えるはずがない。しかし大正14年発行の「高知市図」以降の地図では、前述の島名の表記が逆になっている。

これから推察すると、何らかの事情で明治中期以降、二つの島の名が入れ替わった、ということが考えられる。全国的に見ても隣接する二つの島や地域の名称が入れ替わることは珍しいことではない。

 

明治11年の地図では二つの島は陸続きになっているが、この辺りは干潮時、白鷺洲という浦戸湾最大の干潟が出現していた。満潮時は、島は離れていたはず。

しかし二つの島とも小さい故、神田を作るスペースがなかった。だから、干潮時は白鷺洲の中でも特に陸地らしい陸地が現れる玄夫島の西側、つまり、旧弘化台(旧厳島)と玄夫島の間に神田を作るための島を造成したのではないだろうか。石垣は水漏れ防止のためか。

因みに「新弘化台」の高知中央卸売市場管理棟横には、「弘化厳島神社」が祭られている。

皆さんも機会があれば干潮時、弥勒島に上陸されたい。

上陸して往時を偲びたい、という方は次のバナーをプリーズクリック。

にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村ブログランキング

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>