自然、戦跡、ときどき龍馬

[報道実績]高知放送、NHK徳島局、RKCラジオ、高知新聞、愛媛新聞、徳島新聞、山口新聞、防府日報等々。

自然、戦跡、ときどき龍馬-「長州・龍馬脱藩道」 $自然、戦跡、ときどき龍馬  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-龍馬が辿った道  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-四国の戦争遺跡ハイキング  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-四国の鉄道廃線ハイキング  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-土佐のマイナー山part2
「長州・龍馬脱藩道」「大回遊!四国龍馬街道280キロ」「龍馬が辿った道」「四国の戦争遺跡ハイキング」「四国の鉄道廃線ハイキング」「土佐のマイナー山シリーズ」(各ロンプ刊)、出演舞台DVDの購入法については、「プロフィール」ページ を参照下さい。


フォートラベル・サイトへの投稿再開トラベラーページ

高知県内の無名峰(大半が著書未収録峰)や関西のハイキングコースのコースガイドはヤマケイのマイページ

○'13年より、コメントを戴いても「ブログの訪問返し」ができない状態になっております。
○当方は相互読者登録を行っておりません。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

四国四県と岡山県のマイナー海食洞門

<愛媛・徳島・岡山は当ブログ初公開>

これまで四国四県の様々な海食洞門を紹介してきたが、今回、愛媛県と徳島県、及び岡山県のものは当ブログ初公開。他の二県は、探訪し易い所のものを選んだ。尚、洞門名は皆、仮称。

 

(1)竜王碆洞門(愛媛県宇和島市)

宇和島市津島町の下松鼻から長い石積み防波堤で繋がった小島、竜王碆は、防波堤から傾斜のある金網橋が架けられ、島の上の竜王神社まで上がっているが、その金網橋の下には海食洞門が開いている。

規模は中規模で、干潮寄りの時間帯なら洞門の中に入ることができる。

防波堤への入り口は下松鼻のトンネルの西口。4~8月の潮位が低い干潮時なら、海岸沿いを防波堤まで歩いて行けると思うが、それ以外の期間と時間帯では、海崖に張られたロープを両手で掴みながら、横歩きで進まなければならない。

因みに宇和島百景の公式サイトに掲載されている二枚の写真は当方が提供したもの。

(2)大角鼻洞門(愛媛県今治市)

今治市本土の最北端、大角鼻(海浜公園突端の西端)から海岸に下り、西に少し進むと地面の岩から小さな海食洞門の上部が見えている。

反対側に回って見ると、以前紹介した香川県丸山島の小さい方の海食洞門のように、上下二段になった洞門が現れる。

因みに大角鼻の沖には、干潮寄りの時間帯、本土からは渡れない灯台の建つ千間磯エンジェルロードが姿を現す。

また、大角鼻突端の東側には、陸軍芸予要塞の関連遺構が残っている。

(3)鹿崎南洞門(高知県宿毛市)

この洞門は以前、高知県の野良猫スポット紹介時に触れた。「道の駅すくも」の南にある二つの小岬には、それぞれ海食洞門が開いているが、南側の岬の洞門は道のすぐ側にあることから、干潮寄りの時間帯なら、洞門内に入ることができる。

景観的には岬と言うより、島が陸続きになったような光景でフォトジェニック。すぐ側に駐車スペースあり。

(4)ビシャゴ磯洞門(徳島県海陽町)

宍喰浦から竹ヶ島橋が架かる竹ヶ島には、四国のみちの回遊コースが巡っている。資料が散逸しており、記憶が定かでない部分もあるが、西側の竹島神社参道口からのコースを登っていくと、途中でビシャゴ磯に下りる道が南に分岐する。

地権者が造林作業時、立入禁止バーを設置していることもあるが、当方は事情を説明して通して貰った。路面には山積みされた木材が覆っていたが、周辺の地形を観察するとルートは大体分かる。

 

海岸に出た地点から西に歩いていくと、突端に竜串・見残海岸にあるような小さな洞門が現れる。四つん這いになれば、くぐれるかも知れない。

(5)丸山島二段洞門(香川県三豊市)

以前、記事を投稿したが、干潮寄りの時間帯に、浦島太郎が助けた亀のいた伝説がある弁天浜から「丸山島エンジェルロード」が出現し、丸山島は陸続きになる。

丸山島の龍王宮(祠の方)の奥には入り口の天井が低い海食洞があるが、その左には、切り立った岩の自然のL字通路があり、その通路を抜け出た左手に、大角鼻のような二段の海食洞門がある。

(6)出崎洞門(岡山県玉野市)

玉野市東部の出崎半島にはかつて海水浴場やハイキングコースがあったが、何年か前、ある企業の私有地になり、半島の付け根にはゲートが設けられた。

但し、その企業は市民から顰蹙を買うことを恐れてか、ゲート脇からの歩行者と自転車の通行については黙認している(と思われるが未確認)。

半島の車道終点にその企業の事務所があるが、その前から西に折れると、反対側の海岸に出ることができる。

その南に岩が出っ張った部分があるが、そこに海食洞門が開いている。干潮寄りの時間帯なら、反対側に抜けることができる。

因みに当方は帰路、尾根の鉄塔巡視路を81.1m峰の北側まで辿った後、ヤブ漕ぎして海水浴場の駐車場跡に出た。

 

尚、九州の城跡上部に開く洞門やエンジェルロードの島に開く洞門等もいずれ投稿したい。

それらの記事を待つ、という方は下のバナーを是非。

四国四県の人気駅と周辺マイナー景勝(四国初心者向け)

<坪尻駅付近の複数の巨大導水隧道等>

四国では香川県以外の三県にロケーションが優れたJRの駅があり、内外に知られているが、その周辺の景勝地や鉄道関連遺構の中には、あまり知られていないものがある。

 

尚、今回紹介する香川県の駅は、駅自体のロケーションは大したことはないが、付近にロケーションの優れた撮り鉄スポットが何ヶ所もある。

 

(1)徳島県・坪尻駅と巨大導水隧道(三好市)

人里離れた谷底にある秘境駅として全国的に有名なJR土讃線の坪尻駅は2014年、最後の地元の利用客が87歳で他界したことから、利用する地元の乗客はいなくなった。

しかしその乗客の孫娘が、坪尻駅に停車する観光列車「四国まんなか千年ものがたり」のアテンダントとして、駅の紹介を乗客にしている。

徳島・香川県境に跨る険しい阿讃山脈を、そのままでは列車が通過できないことから、鮎苦谷川を埋め立て、線路を敷設し、スイッチバックの信号所(後に駅に昇格)やいくつものトンネルを建設した訳だが、埋め立てた川の部分は流路を変更させるため、三基の導水隧道が造られた。

この隧道は付近のJRのトンネルより大きく見応えがある。探訪し易いのは北端のもの。坪尻駅向かいの北側からの小径を10数分ほど進み、Y字路を右折して下って行くと、隧道の西口に出られる。内部の管理道を歩くことができる。

因みに、駅の踏切向かいの小径沿いにある廃屋は、昭和38年に起きた四国連続強盗殺人事件(斧等で10人を死傷)の犯人が押し入った大上商店跡。

 

(2)高知県・土佐北川駅と廃線跡(大豊町)

高知県のロケーションが優れた駅として安和駅を挙げる者もいるが、やはり全国的にも珍しい鉄橋に駅があるJR土讃線土佐北川駅を推奨したい。国鉄時代、土佐北川駅は現在の駅の駐車場東上の山際にあり、線路も穴内川東岸に敷設されていた。

しかし穴内川沿いの山は急峻であり、土砂崩れが頻発していたことから、川の西側にトンネルを掘り、ルートを変更させたが、適当な駅の設置場所がなかったため、穴内川を跨ぐ鉄橋上に駅を置いた。

この付近の廃線跡は、拙著の廃線本刊行時は藪の密林だったが、現在は新大王橋から現在の駅ホームの柵まで辿ることができる。また、廃線跡の鉄橋跡横には歩行者橋(造林作業員用)も新たに設置されているため、安全に廃線跡歩きを楽しむことができる。

(3)愛媛県・下灘駅と天空の水仙(伊予市)

JR予讃線下灘駅も坪尻駅以上に人気があり、中国や韓国の観光客もコロナ前は訪れていた。しかし当方からすれば、その人気には首を傾げる。「日本一海に近い駅」だった昭和期ならいざ知らず、線路と海岸の間に二車線の国道がある今、なぜ?という思いである。

それでもカメラを下方に構えると、恰も海上にホームがあるかのような写真が撮れる。

この駅に一番近い景勝地と言えば、やはり以前紹介した天空の水仙畑であろう。花期ではない季節であっても、胸のすく展望が得られる。

尚、「千と千尋の神隠し」の海原電車の世界が体現できるとして、付近の造船所の線路も知られているが、現在は線路に注意喚起するテープ等が貼られており、被写体としては向かない。

(4)香川県・房前駅と房前の鼻(高松市)

香川県は日本一面積が狭い県であり、駅も殆どが住宅地にあるため、あまり駅自体のロケーションが優れた所はない。しかし、琴電 (高松琴平電気鉄道)志度線房前駅付近は、小岬、房前の鼻があることから、海のロケーションが優れた撮り鉄スポットが多い。

まず、駅南の河口付近にあるミニ鉄橋付近。駅から鉄橋にかけて走行する電車の写真が撮れる。

車は道の駅「源平の里むれ」に駐車することになるが、隣接する房前公園は房前の鼻の真上にあり、一部、藪が途切れた所から、走行する電車越しに海を撮ることができる。この辺り、電車は自転車並みのスピードだから、余裕でシャッターを押せる。

また、駅東にある房前漁港の北側の防波堤の付け根の歩道が線路沿いまで達しており、ここからも電車を狙うことができる。雑誌「せとうちスタイル」の表紙を飾ったこともある撮り鉄スポットである。

干潮寄りの時間帯はそこから房前の鼻(浜に波止があるだけ)に下り、その北西の撮影スポットに行くことができる。満潮寄りの時間帯は、塩屋駅北東の県道36号の三差路を東に折れ、堤防道に突き当たると南下する。

四国の四駅を制覇したい、という方は下のバナーを是非。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ
にほんブログ村

四国の“外国”~四国ふしぎ発見!~

<イタリア、スペイン、ドイツ、ブータン等>

先日の「世界ふしぎ発見!」では、「逆説の世界旅行」というタイトルで、日本にある“外国”の風景が取り上げられ、四国では高知県のサントリーニ島やモネの庭を彷彿させる施設が紹介された。が、過去、当ブログでいくつか紹介したように、四国にはまだまだ外国の風景が見られる。

 

(1)アジア各国の寺院「NEWレオマワールド」

四国の「外国」と言えば、真っ先に香川県丸亀市のテーマパーク「NEWレオマワールド」を思い浮かべる方が多いことと思う。中でも天を衝くかのようにそそり立つ、12~13世紀頃のタイの寺院、プラサット・ヒン、アルンを再現した建物は圧巻。

この建物は「オリエンタル・トリップ」エリアにあるが、他にもブータン仏教総本山タシチョ・ゾン(内部は資料館)、カトマンズのサンティナート等があり、オリエンタルな気分になる。

(2)リューネブルク市庁舎「鳴門市ドイツ館」

徳島県鳴門市ドイツ館は、拙著の戦跡本でも取り上げたと思うが、第一次世界大戦時、鳴門市にドイツ兵捕虜の収容所があったことから、鳴門市とリューネブルク市は姉妹都市になり、リューネブルク市役所庁舎を模した鳴門市ドイツ館が建設された。

館内に入ると大理石のホールが広がり、日本とドイツとの時差が分かる時計塔がある。一階は土産物売り場等だったと思うが、二階は展示スペースで、当時、収容所で使われていた日用品や人形のあるジオラマ、ミニチュアハウスでの立体映像の劇等が楽しめる。

 

(3)フライブルク城「松山総合公園」

以前紹介した、4月中旬に八重桜とツツジのコラボが楽しめる愛媛県松山市の松山総合公園の頂上には、姉妹都市ドイツのフライブルグをイメージした巨大展望台、フライブルク城がある。

二つの城塔には洋風螺旋階段があり、塔とそれを繋ぐ石橋からは松山市一の絶景が広がっている。この景色は松山城からの眺望をはるかに上回っている。

 

(4)スペインの古城「シャトー三宝」

昭和期、高知県にも遊園地が複数あったが、最も有名だったのが香南市の「三宝山レジャーランド」。そのシンボル的存在が、18世紀のスペインの城を模して建設されたシャトー三宝。

こちらも建物前広場や館内、屋上からはフライブルク城に勝るとも劣らない絶景が広がっている(現在、玄関は施錠されている)。

かつて一階はスペインの闘牛に関する資料、二階には中世ヨーロッパの食器等を展示していた。

現在、車道にゲートがあるため、車での乗り入れはできないが、そこより少し手前の電柱が建つ所からの神社(現在、アクトランドに仮移設)の参道を通れば、最後に倒木をよじ登る必要があるものの、シャトー前の広場に出ることができる。

但し、以前触れた井上ワイナリーの施設建設のため、造成中につき、平日や土曜は探訪を避けた方が良い。

 

(5)サントリーニ島「柏島周辺」

「世界ふしぎ発見!」では、サントリーニ島の雰囲気を味わえる高知県須崎市のホテルが紹介されたが、以前紹介したように、大月町の柏島を訪れたイタリア人が、サントリーニ島によく似ていると評した。

それは、柏島橋側の港に停泊している漁船(下図)が夏場、宙に浮いて見えるほど、海が澄み切っていて、エンジェルフィッシュも泳いでいることや、白浜(海水浴場)の遠浅の景観、竜ヶ浜(キャンプ場あり)の絵具を溶かし込んだようなエメラルドグリーンの海の色等を指すものと思われる。

 

最近は週末、晴れることが多い故、足を運んでみては?

四国で世界一周をしたい、という方は下のバナーを是非


人気ブログランキング

戦艦大和の生残り兵基地・由良崎防備衛所の未探訪戦跡等

<貯水池施設にもGHQの爆破跡>

拙著の戦跡本等で取り上げた四国最大の海軍防備衛所(海防基地)、愛媛県愛南町由良岬(ゆらのはな)の由良崎防備衛所だが、以前も説明したように、’00年代の探訪当時、NHKや民放のビデオクラブに所属していたせいで、写真よりビデオを優先しており、横穴壕格納型砲台跡の写真は一枚も撮っていなかった。

それにより、砲台跡の記憶はほぼなくなっており、また、発電室から下方の貯水池関連施設跡も探訪することを忘れていたため、ずっと心残りだった。そこで今年春、15年ぶりに訪れた。が、登山口(下図)までの車でのアプローチの時間を見誤ったせいで、じっくり各戦争遺跡を観察する時間はなかった。やはり前夜泊すべきだった。

 

拙著やブログで説明したように、この基地には戦艦大和の生き残り兵の何割かが送り込まれていた。大和の撃沈は海軍のトップシークレットだったため、陸地からなら、到達するのに2時間半ほどもかかるこの基地なら、基地関係者以外の者に会うことはなく、もし米軍の艦隊が襲来すると、確実に玉砕する故、好都合だった。

各戦争遺跡の場所は愛南町史にコースマップ入りで記載されているが、最初に現われる砲台跡の位置は誤って記載されている。灯台手前の砲台跡は道の西側ではなく、東側である。

この探訪コースで最初に現われる目ぼしい戦争遺跡は、このマップには記載されていない機銃陣地(上の画像)。兵舎群のある三差路(踏み跡程度)のやや手前の山中(目線より下)だったと思うが、直径3mほどの擂鉢状の窪みがあり、北側に、横に少し掘った跡がある(画像上部)。この北側の箇所が銃弾置き場である。同様のものは過去、室戸の電探基地を紹介した記事でも取り上げた。

三差路から灯台までの道の東側には、記憶がやや曖昧だが、二基の横穴壕格納型砲台跡があったように思う。どちらも塹壕の奥に横穴壕がある。内、一基は塹壕の南側にコンクリートの防護壁が設置されてあった(上の画像)ように思う。二基共、終戦時、GHQが進駐してくる前に秘匿のため爆破しており、壕内に入ることはできない。

三差路西の道の北側には拙著で説明した大型兵舎跡の基礎、食糧庫、防空壕等がある。こちらの防空壕は奥まで入ることができる(下の画像)。

道の南側には外壁に迷彩色が残る兵舎と防護壁がある。こちらの兵舎は東側がGHQによって爆破されている。何か機械を設置していたのかも知れない。

そこから支尾根(山襞)を回り込んだ所の右手に、爆破されていない砲台跡の横穴壕(弾薬壕)がある。内部には木材が散乱しているが、これは落盤防止の木材を剥がしたものなのか。それとも大砲の台座関連のものか。

町史のマップにはここよりやや高い位置にも砲台跡が記されているが、トゲのある藪により、探訪は断念した。上着が破れることは必至。

この次の谷の下方に拙著で解説した、GHQによる爆破跡が残る発電室(下の画像)や揚水ポンプ室があるが、そこに下る道は谷を過ぎた後に現われる。入口にはマーキングテープが巻かれていたと思う。

涸れ沢の右岸(西岸)にまたマーキングテープがあり、この踏み跡を辿ると未探訪だった貯水池に到るが、自然の涸れ沢を更に深く掘った地にはかつて、揚水パイプが通っていた。

貯水池の手前の右手にまたGHQによって爆破された揚水ポンプ室程度の大きさのコンクリート構造物がある。ポンプだけならGHQは爆破しないので、ここには何らかの機械設備があったものと思われる。

貯水池は崖の端に堤防を造る形で建設され、西上にはコンクリート造りのポンプ室がある。

横道に戻ると道の終点にある聴音所へと向かう。防備衛所最大の施設で、地上部と半地下部があり、道は聴音所側面の地上部の入り口に繋がり、内部を通って直角に左折し、階段を下りて聴音所の正面の外側に出ることができる。

ここもGHQによって爆破されており、海側の部分は上部が庇のようになって残っている。’90年代に訪れた時は、この庇部分に腰掛けて弁当を食べた。眼前には豊後水道の絶景が広がっている。

この上方には、自然の石を外壁に張り付けて擬装した見張り所がある。ここより上部は、’90年代や’00年代半ばに訪れた時は踏み跡もなく、山の中腹まで、膝の箇所辺りまでの藪だったが、今は薄いものの、コースサインテープが付けられた踏み跡があるため、誰でも一等三角点の由良山(249.1m)に登ることができる。

由良山は四国の標高300m以下の山の中では、最も登頂に時間を要す山だが、直登するコースは、往路の由良神社手前の峠から尾根を上がるもの。ここに’00年代あった手製の道標はなくなっていた。

今まで何度か触れた、このコース随一の展望は三角点の東方にあるが、地形図で見るより、実際は遠く感じる。

自治体からコースマップを取り寄せ、探訪したい、という方は下のバナーを是非クリック。

大正期の土佐十景・大国山碑と加茂山のハイジのブランコ

<飲み水適合の大国山の真清水等>

2011年投稿の当ブログの記事を読んだと思われる、県外在住の市議(在地での)が、土佐十景の大国山とは、いの町の椙本神社北西背後の山中にある「大国山配水池」の所ではないかと推測していたが、当方もその配水池の存在は’00年代初頭、住宅地図で確認していた。因みに現在、配水池のタンクは撤去されている。

しかしそこには100%、土佐十景碑がないことは分かっていたから、最近まで現地を訪れることはなかった。碑は200キロ以上ある自然石碑故、そんな山上に運搬することは困難。基本的に十景碑は車道の近くに設置されている。

そこで注目したのは、以前も触れた、ネットに数枚が公開されていた「土佐十景写真帖」(大正15年発行)の写真。その中に椙本神社によく似た神社が写っていたのである。

 

現在ある狛犬がなかったりと、一致しない点はあるものの、「甲殿住吉」の十景碑も住吉神社境内にあることから、もしや、と思って先月、椙本神社を訪れると案の定、拝殿前の隅に「大國山」と刻字された十景碑があった。

裏面には「神垣の杉のみどりのとことはにたち 栄ゆらん大國の山」と刻まれている。つまりこれは、大国山は椙本神社の社叢であることを意味している。大国山は、それ自体が観光地なのではなく、椙本神社のロケーションとして十景に選ばれた、ということである。

境内には大木もあり、また、境内の岩の間が湧き出る水は昔、「大国山の真清水(ましみず)」として知られ、現在でも水質検査で飲料水として適合、という結果が出ている。

大国山は山名ではなく、椙本神社背後の森一帯を指す地名だが、念のため配水池跡(上の画像)に登ってみた。神社の駐車場からも登れるが、十景碑を確認後、境内のトイレ奥からのコースを登った。

このコースはすぐ、バス停「仁淀川橋東詰」の東から上がってくる加茂山(261.3m)の登山コースに合流する。配水池のあった所は標高60m位の地ではなかったかと思うが、そこには斜面を掘下げて整地した広場があるだけ。山のピークでもなければ、展望もない。何のためにここまで登ったのか分からない。そこで16年ぶりに加茂山に登ることにした。

墓地を通り抜け、西下が植林帯の箇所に来ると、驚くことに二階建て(中二階があるから厳密には三層)のログハウスとツリーハウスの中間のような建物がある。これは70代の地元の方が、加茂山登山者の休憩所になれば、と思って一人で建てたもの。展望はないものの、仁淀川から吹く風が心地いい。

途中、地形図に記載の破線道に合流するが、ほどなくして離れる。破線道は尾根を直登しているが、整備されたコースは登り易いよう、西に迂回して鉄塔巡視路に合流する。

このコースは地形図で見る限りは、槙橋コースよりきついような印象を受けるが、思ったほどではなかった。短靴でも極端に疲労感を覚えることはない。

山頂広場や展望台は16年前と変わらず、抜群の展望を誇り、仁淀川沿いから太平洋まで見通すことができる。変わったことは、「ハイジのブランコ」が設置されていたこと。

大分県佐伯市のハイジのブランコは以前紹介したが、展望のいい箇所にある大型のブランコや手造りブランコを俗にこう呼ぶ。

隣に掛けられているロープの輪っかには、間違って首を掛けないように(そんな者はおらん)。

東方の第二展望所のあるさつき公園にも寄ってみた。ここにはこの16年の間に鯉のぼりやターザンロープの遊具等が設置された。今年のさつきの見頃は4月上旬だったようで、花は三輪ほどしか残ってなかった。

 

帰路は椙本神社には下りず、「仁淀川橋東詰」バス停の東に下りたが、登山口手前の階段横に、門のある二階建ての廃屋があった。流石に高齢になるとこの階段の上り下りはきついはず。

加茂山は旧伊野町屈指の景勝地であるため、「土佐の商売の神様」椙本神社参拝時は登ってみては如何か。尚、今回、加茂山に登る際、椙本神社の社務所に断って駐車場を利用させて貰ったが、土日なら少し離れるものの、役場の駐車場に駐車することもできる。

コースの概略図は椙本神社の駐車場入り口に設置されているが、ヤマケイの「高知県の山」(最新版は未確認)等を見て予習しても良い。今回のコースは山中各所に道標が完備されている。

コロナとは無縁の加茂山に登ってパノラマを堪能したい、という方は下のバナーを是非クリック。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ
にほんブログ村

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>