自然、戦跡、ときどき龍馬

[報道実績]高知放送、NHK徳島局、RKCラジオ、高知新聞、愛媛新聞、徳島新聞、山口新聞、防府日報等々。

自然、戦跡、ときどき龍馬-「長州・龍馬脱藩道」 $自然、戦跡、ときどき龍馬  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-龍馬が辿った道  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-四国の戦争遺跡ハイキング  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-四国の鉄道廃線ハイキング  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-土佐のマイナー山part2
「長州・龍馬脱藩道」「大回遊!四国龍馬街道280キロ」「龍馬が辿った道」「四国の戦争遺跡ハイキング」「四国の鉄道廃線ハイキング」「土佐のマイナー山シリーズ」(各ロンプ刊)、出演舞台DVDの購入法については、「プロフィール」ページ を参照下さい。


フォートラベル・サイトへの投稿再開トラベラーページ

高知県内の無名峰(大半が著書未収録峰)や関西のハイキングコースのコースガイドはヤマケイのマイページ

○'13年より、コメントを戴いても「ブログの訪問返し」ができない状態になっております。
○当方は相互読者登録を行っておりません。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

2020年至極の探訪地ベスト5

<史上初、四国の地がランクインせず>

今年も非常事態宣言期間を除き、県外に出向き、何度かGoToトラベルを利用した。が、今回、’88年以降(ネットがない時代は一人でノートに記していた)、史上初、年間探訪地ベスト5に四国の地がランクインしなかった。

 

5位・目白鍾乳洞(福岡県北九州市)

全国有数のカルスト地形、平尾台にある福岡県三大観光洞の中で最長の鍾乳洞。複数の洞路を合わせた総延長は2kmに及ぶが200mが観光客向けに公開されている。他にケイバー向けコースもある。

発達した石灰崋や石柱、カーテン等見所は多いが、最大の特徴は日本最大、全長20m以上の一枚岩の天井岩。

 

4位・犬島(岡山市)

岡山市東区の本土から比較的近距離にある周囲3.6kmの離島。この島は近代化産業遺産とアートの島として山陽地方では知られている。

島には1909年から10年間だけ操業していた赤煉瓦造りの銅の犬島精錬所跡が残り、それがまるで明治の要塞を彷彿させる外観。高さ30~40mある6本の煉瓦の煙突も威容を誇っている。

 

精錬所跡の一部を利用した美術館の他、島内にアート作品が点在しているが、最大のものは撮影可の作品で、「犬島の島犬」というもの。二階建ての海の家を犬小屋に見立て、そこに全長5.1m、高さ3mもの犬の像が収められている。

3位・高平山~仙崎山(大分県津久見市・佐伯市界)

以前、登山口のある高平展望公園のハイジのブランコを紹介した。コースからは津久見湾や豊後水道を見渡せる。

 

仙崎山はつつじの名所だが、正月でも一部がフライング開花していた。尾根上の砲台跡からも絶景が広がっているが、山中にはコンクリート造りの戦争遺跡が点在する。

2位・西京橋(大分県中津市)

九州に於ける山上の浸食洞門の中では、熊本県の穿戸岩、中津市の古羅漢に次いで地元では知られている洞門(岩の橋)だが、休日でも探訪者に会わないことが珍しくない。

 

駐車場から僅か20分で到達できるものの、コースの前半は茅のヤブに覆われた箇所があり、後半は沢歩きや倒木を乗り越える箇所もあり、一般観光客向きとは言えない。

西京橋をくぐった先には巨大な岩屋があり、そこから写真を撮ると、まるで洞門が二つ連続しているかのような光景となる。

太古ここが波打ち際だった頃、波が西京橋を作り、その先の岩屋部を浸食している途中で地殻変動が起こり、海岸部が後退していったのであろう。

 

第1位・古羅漢(中津市)

これは以前、詳しく紹介した。羅漢寺の近くにある古羅漢の天人橋(自然の岩橋)とその下にある洞門は、九州のコースが整備されている山上の天然の岩橋と山上洞門の中では最大級のもの。

絶壁に建つ懸造りの簡易堂宇や磨崖仏、断崖の狭い道等、探勝路に見所は多い。大分県に何十ヶ所もある「〇〇耶馬渓の景」の中でも随一の奇勝と言える。

 

来年は残りの九州の山上洞門の他、本州の天空の鳥居も探訪予定。

来年も奇勝や景勝スポットの記事を期待したい、という方は是非下のバナーをクリック。


人気ブログランキング

愛媛県の海中&海上鳥居四景

<今治2、八幡浜1、宇和島1>

四国では愛媛県だけではないかと思うが、海に浮かぶ鳥居が5ヶ所前後ある。これは「海に浮かぶ鳥居」の元祖、宮島の厳島神社がある広島県と愛媛県が瀬戸内海を挟んで隣接していることが関係しているのではないかと思われる。

 

そんな鳥居の内、景観の優れているものを4ヶ所紹介したい。

(1)  九王龍神社(今治市)

今治市の龍神社の「海に浮かぶ鳥居」と言えば、波止浜の龍神社の鳥居が比較的知られており、自治体のサイト等でも紹介されているが、その鳥居は住宅街のコンクリート護岸にへばりつくような感じで建っているため、景観が良くない。

その点、今治市大西町九王にある龍神社の鳥居は、斎灘に面しており、東方から望むと、雄大な海と島々を見通すことができる。また、近くには海の色が鮮やかな砂浜、九王海岸がある他、「海上廃墟」もあり、見所が多い。

龍神社の道標はJRの九王第一踏切北西のY字路にあるが、その北方の九王地蔵堂北角から西に折れた方が、堤防沿いの道に早く出る。

(2)  御崎神社(今治市)

御崎神社の鳥居は、斎灘を挟んで九王龍神社の鳥居と向き合っているようにも見える。但し、こちらの鳥居は堤防の側で水深も浅いため、満潮に近い時間帯でないと「海中鳥居」にはならない。それでも周辺の景観は良い。

社殿は少々離れた御崎という岬の天辺にあるが、「海中鳥居」の近くの住宅の側にも鳥居があることから、そこが神社の大祭時の御旅所ではないかと思われる。

御崎の北側は風光明媚な七五三ヶ浦だが、ここに水深が浅い「七五三ヶ浦エンジェルロード」と呼べるものがある。

尚、道路の復旧が未定の七五三ヶ浦の北にある梶取ノ鼻に昔、御崎神社の前身の香取神社があった。

(3)  舌間厳島神社(八幡浜市)

諏訪崎の半島の付け根に近い所にある神社で、舌間漁港沖に海中鳥居が建つ。ここの海も九王海岸同様美しく、かつては海水浴場になっていたほど。

明和6年(1769)、矢野おたねと云う者が境内の岩の間に霊光を拝し、霊感で厳島大明神であることを知り、社殿を造営したという。

(4)  龍王神社(宇和島市)

この神社の鳥居は、余程潮位の高い満潮時か高潮時でないと海中に支柱が没しないため、「海中鳥居」というより「海上鳥居」と言った方がいい。

この社は架橋された九島の箱崎沖の竜王島にある。地元では「りゅうおうとう」から転訛し、「リオント」と呼称されている。

島の横にもう一つ島が見えるが、これは以前、愛媛県内のエンジェルロードのセレクト記事で紹介した小高島。島陰になって見えないが、実際は三つの島から成り、干潮時にはそれらが陸続きとなって「小高島エンジェルロード」となる。

因みに現在当方は広島県の山陽地方の本家宮島以外の海中鳥居を探索中。それが終了すると、山陽地方の天空の鳥居の探索に入るかも知れない。

海と空、両方の鳥居をこれからも紹介して欲しい、という方は下のバナーを是非クリック。

天空の鳥居・南予版~権現山山高神社(宇和島市)~

<トトロのトンネルもあり>

過去、天空の鳥居は香川県、高知県のものをそれぞれ二山、愛媛県のものを一山紹介したが、愛媛県も二山目の山を紹介したい。

 

それは愛媛県の登山愛好家とハイカーの大半が登ったことのある鬼ヶ城山系のピラミダルな山容をした権現山(952.7m)である。その山頂に建つ山高神社の鳥居が「天空の鳥居・南予版」と言えるのである。

この山頂からも天空の鳥居・中予版「本尊山」のように海の展望が広がっているが、標高がはるかに高いため、高度感のある海の展望が得られ、目線より高い位置に見える宇和海のはるか沖に浮かぶ島は、海原が白く目に映る際、まるで空中に浮いているかのように見える。

 

更に黒尊スーパー林道コースには、「となりのトトロ」に出てくる、メイたちがトトロに会いに行くために通った「トトロのトンネル」を彷彿させるような、樹木のトンネルもある。

当方が今まで、わざわざ誰もが知っているメジャー峰の神社や祠の鳥居を「天空の鳥居」として改めて紹介してきたのは、当該山に登山愛好家やハイカー以外に一般行楽客や観光客をいざなうためであり、そのため、最短登山コースを紹介している。

権現山の往復路を総合して最短コースになるのは、アザミ峠の東方の林道からのものであるが、このコースは未整備で道標も完備していないものと思われることから、黒尊スーパー林道コースを推奨したい。

但し、このコースの登山口の標高は山頂より高い約990m。高度に於いて120m、一旦下った後、上りとなる。往路は30数分で、帰路は10分ほど多めにかかる。

コースは最初、尾根の西側斜面を、大きくジグザグを繰り返しながら下って行き、尾根に乗る。そこからアザミ峠(「狭間峠」が転訛)までの緩やかな起伏の区間が「トトロのトンネル」区間で、道の両側の中低木が頭上で合わさっている。

アザミ峠からもしばらく平坦な道が続くが、勾配が急になる地点に銀色の鳥居が設置されている。ここから神域となるのである。その先、道は尾根上を行くコースと尾根直下を行くコースとに分かれるが、ほどなくして二本の道は合流するため、どちらを登っても良い。

標高930m地点はいくつもの尾根の合流地であるが、コースがそのジャンクション・ピークの西に乗ると、そのピークの東端に寄ってみられたい。正面に鬼ヶ城山を望むことができる。そこから数分で山頂である。

尖峰だけに山頂は狭く、山高神社の天空の鳥居は銀の光を放っている。

三角点は鳥居の外側にあり、その斜め下には3人も立てばいっぱいになる展望岩があり、宇和島城下と宇和海を一望できる。

 

下山後、山とは正反対の場所の鳥居を見に行ったが、その記事は来月投稿したい。

その記事に期待する、という方は下のバナーを是非クリック。

隧道型海食洞を抜けると洞門が!馬島(しまなみ海道)

<来島海峡の渦潮を間近に>

しまなみ海道の島の中には、小型バイク、自転車、徒歩でしか海道から上陸できない(島民を除く)島が二つある。無人島の見近島と有人島の馬島(いずれも今治市)である。この二島に架かる橋は短い故、徒歩でも難はない。

見近島は何もない(キャンプ場と海水浴場はあるが)島だが、馬島は人口が10人弱の小島ながら、隠れた奇勝やグランピング施設を備えたホテルがある。

その隠れた奇勝とは海食洞門なのだが、普通の洞門と違うのは、隧道型海食洞を抜けるとすぐ目の前に一回り大きな海食洞門が現れ、それも抜けた先には、来島海峡の渦潮が現れるところ。

当方はこれまで四国の三県の海食洞門をいくつも取り上げて来たが、このような二つの洞門が連続しているケースは初めて。まして渦潮や渦潮観潮船をこんなに間近に見られるのも初めて。しまなみ海道屈指の奇勝・景勝と言って良い。

馬島には定期船も出ているが、便数を考えるとしまなみ海道から行った方が良い。アプローチに車を利用した場合の徒歩時の起点は、糸山の来島海峡展望館の駐車場。満車時は糸山展望台の駐車場へ。

車で来た道を徒歩で少し引き返し、来島海峡第三大橋に繋がる、自転車・歩行者用のループ橋へ上がる。糸山から馬島間は、自転車・歩行者とバイクが別々の道になっているため、地元の歩行者が多い。因みに見近島では歩行者に会うことはなかった。

30数分で馬島上陸口に到るが、そのやや手前にはベンチもあるから、休止後、上陸することもできる。来島海峡大橋からの上陸は、上陸口から大橋の下を通り、反対側まで進むとガラス張りのエレベーターに乗って(自転車やバイクも)一階に降りる。エレベーターのドアが開くとそこはもう馬島である。

階段を下り、T字路を西に進むが、すぐ先の十字路で自転車と歩行者は進む道が分かれる(島民を除く)。歩行者は直進。

その先の三叉路では、島外者は右折しなければならない。これは直進道の先が集落のため、島民のプライバシーに配慮しているのである。瀬戸大橋の与島ではこのようなことはなかったが、馬島島民は神経質なのか?

海岸の堤防に出ると、後は南下するだけ。港の先に前述のホテル「グランルーク ホテル」がある。「民宿みはらし」の跡地に建てられているようである。

このホテル、車では上陸できない島にありながらも、各部屋が広いため、一人で宿泊すると5~7万円もする。隣にある「グランピング馬島」も一人で宿泊時はかなりの額になる。

その先に見える灯台と馬島神社の建つ「渦ノ鼻」に洞門はある。馬島神社上り口から左に進み、浜に下りると南西に歩く。尚、洞門探勝時は干潮寄りの時間帯でなくてはならない。潮位が1メートル以下程度でないといけないであろう。

 

砂浜が途切れた所の右手の岩盤に一つ目の隧道型海食洞が開口している。思ったより小さく、背をかがめないと入れない。

抜けた先にあるのが、一回り以上大きな一般的なタイプの海食洞門である。左側の天井部が岩の橋のようになっている。

洞門を抜けた先の海には渦潮がいくつも渦を巻いており、大勢の観光客を乗せた観潮船がその中を通っていた。乗船している観光客はこちら側にいる釣り人や観光客に向かって手を振っている。その光景を見ているとコロナ禍であることを忘れてしまう。

この後、時間があれば島の最高峰「しのん台(88m)」(村上海賊の見張所跡=上の画像)へ登ろうと思っていたが、糸山を出発したのが15時前で時間がなかったため、島に四つある灯台の内、一番高い箇所にある洲ノ崎灯台に登った後、尾根の南東端にある来島海峡第二大橋の橋脚前の好展望地(下の画像)に寄り、帰路に着いた。地形図にはその橋脚手前まで車道が描かれているが、実際はコンクリート歩道。

尚、糸山に向かう前、どこに寄っていたのか、ということについては来月、フォトジェニックな写真と共にセレクト記事を投稿したい。

フォトジェニックな記事を期待する、という方は下のバナーを是非クリック。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へにほんブログ村ブログランキング

高知県スーパー巨木列伝(幹周10m以上)

<雁巻山は道標コースが廃道>

何年か前、四国四県の胸高周囲が10m以上の超巨木を各県一本ずつ紹介し、四国最大の幹周の巨木も後年紹介したが、改めて高知県の五つのスーパー巨木を簡単に紹介したい。尚、有名過ぎる美空ひばりゆかりの「杉の大杉」や枯死している巨木は除く。

 

(1)  雁巻山の宿杉(馬路村)

野根山街道の枯死している宿屋杉(幹周16.6m)のように、下部が空洞(洞門)になっており、そこに泊まることができる巨杉が雁巻山(1124.6m)にもあることは拙著「土佐のマイナー山PART2」でも触れたが、先日、公的道標が設置されてあるルートを登った。

が、ルートの約半分が廃道状態のヤブ山に変貌していたため、往路は急斜面を強引に這い上がり、復路はヤブの深い所に出て苦戦するはめに。

山頂(展望が悪くなっていた)の東にあるその宿杉の幹周は約13mで、中に数人入ることができる。

因みに山の西の雁巻谷沿いの鉄道廃線跡は知られているが、北東中腹にもインクラインで上がってきた魚梁瀬森林鉄道東川線高面支線跡がある(下の写真)。

(2)  朝日出山の大杉(馬路村)

細井山(869.7m=図根点高度)山頂下方にある。胸高周囲10.4m、樹高34m、樹齢約800年だが、平成25年に再測定されるまで、胸高周囲は9m台だった。

ここで馬路城主・馬路若狭頭隆正と長男、若杉丸は長宗我部軍に討たれているが、次男、忠部丸が成長後の天正13年に創祀した大杉山之神の祠が根元に祀られている。

細井山から谷山(822.8m)へと縦走回遊するコースは→超巨木の細井山から谷山回遊

 

(3)  長者の大イチョウ(仁淀川町)

この巨木は傍の十王堂内の十王像を紹介した記事で触れたかも知れない。推定樹齢1,200年、樹高15m、目通り幹周10.8mだが、元々は3本あり、樹高も40mあった。

大正2年の火災では地上9m以上が焼失し、その2年後の台風で幹が1本だけになったが、樹勢が衰えることはなく、現在に至っている。

 

(4)  段ノ谷山の大杉(室戸市)

これも過去紹介済み。室戸ジオパーク「段ノ谷山サイト」には巨木・大木が33本あるが、最大のものが標高720mにある大杉で、樹高35m、根回り12mを誇る。

かつてこの木に登ることができた時代、この巨木を天狗杉と紹介した本もあったが、その名の木は標高710m超にある。また、ドラゴンボールの孫悟空から名を取った「悟空杉」なるものもある。

段ノ谷山から野根山街道に登るコースは→野根山から全山巨木山へ

 

(5)  大谷のクス(須崎市)

これも戦争遺跡の記事で紹介済み。推定樹齢2,000年、樹高18m、根周りは四国一の25mを誇る。この巨木もあまりにも大きいため、「杉の大杉」のように内部の空洞部に入ることができる。そこに祀られている楠神様に参ると病気平癒にご利益があると言う。

以前の記事で昭和の南海地震時、この樟がある須賀神社の拝殿まで津波が押し寄せたことは述べたが、この木が芽吹いた頃、この辺りは波打ち際だったという説もある。

当方は巨木ファンではないため、これらの巨木は他の目的での探訪のついでに寄ったもの。

 

尚、四国第二位の巨杉である馬路村の傘杉については、「傘杉の滝」側にある祠の上の尾根を探ったことがあったが、発見できなかった。平成以降、誰もその姿を確認していないという。

是非傘杉を発見して欲しい、という方は下のバナーをクリック。


人気ブログランキング

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>