次世代に遺したい自然や史跡

次世代に遺したい自然や史跡

毎年WEB初公開となる無名伝承地や史跡、マイナーな景勝・奇勝を発表。戦争遺跡や鉄道関連、坂本龍馬等の偉人のマイナー伝承地も。学芸員資格を持つ元高知新聞主管講座講師が解説。

[報道実績]高知放送、NHK徳島局、RKCラジオ、高知新聞、愛媛新聞、徳島新聞、山口新聞、防府日報等々。

自然、戦跡、ときどき龍馬-「長州・龍馬脱藩道」 $自然、戦跡、ときどき龍馬  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-龍馬が辿った道  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-四国の戦争遺跡ハイキング  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-四国の鉄道廃線ハイキング  $自然、戦跡、ときどき龍馬~春野公麻呂のブログ~-土佐のマイナー山part2
「長州・龍馬脱藩道」「大回遊!四国龍馬街道280キロ」「龍馬が辿った道」「四国の戦争遺跡ハイキング」「四国の鉄道廃線ハイキング」「土佐のマイナー山シリーズ」(各ロンプ刊)、出演舞台DVDの購入法については、「プロフィール」ページ を参照下さい。


フォートラベル・サイトへの投稿再開トラベラーページ

高知県内の無名峰(大半が著書未収録峰)や関西のハイキングコースのコースガイドはヤマケイのマイページ

○'13年より、コメントを戴いても「ブログの訪問返し」ができない状態になっております。
○当方は相互読者登録を行っておりません。

<滝の裏側の岩屋には弘法大師作の石仏>
広島県には裏見の滝が少なく、今回紹介する北広島町の龍頭山(928.3m)中腹にある駒ヶ滝も、ダブルクォーテーションを付けて”裏見の滝”と打ってネット検索してもヒットしない。ダブルクォーテーションを付けずに検索するとヒットするかも知れないが、当方は別の文言で検索した。

そんな観光ガイドブックにも載らない滝だが、落差は36mあり、滝の裏側の岩屋には、弘法大師がここで修行時に彫ったとされる石仏が安置されており、昔は滝の行場だった。
藩政期に描かれた絵図を見ると、飛瀑が懸かる岩盤いっぱいに滝が簾のように広がっており、壮観だった模様。現在でも、雨後や長雨時に訪れると豪快に飛沫を上げる。ただ、その際は折畳傘でも持参しないと、滝の裏側に回ろうとすれば、ずぶ濡れになる。

 

 


この滝の最短探訪コースは、一般には「瀧ヶ馬場」駐車場から下って往復するものと思われているが、それでは帰路がしんどい。本当の最短コースは、「龍頭観音四丁」石仏がある龍頭山登山口から登るもので、所要時間は瀧ヶ馬場コースとあまり変わらないが、急登はない。これなら十数分で行ける。

但し、路面が悪い駐車場には2~3台ほどしか駐車できない。尤も、車両通行不可になっている奥の道路に駐車することもできる。小さなトイレはある。
登山口の標高は500m弱、滝の標高は約600m。公式サイトよりも詳しいコースマップは、千代田IC側にある道の駅に事務所がある観光協会で貰うことができる。但し、職員は「龍頭観音四丁」石仏すら知らないので、訊くだけ無駄。

龍頭観音四丁石仏は、正しくは四丁目の丁石地蔵なのだが、この「丁」は、駒ヶ滝までの残りの距離を示すもの。0丁が岩屋の観音になることから、地蔵でありながら、「観音」と呼称されているのだろう。

イベントバナー

 


龍頭山山頂へと続く登山道との分岐を奥に行った所の石垣の更に奥に滝が懸かっている。石垣の上は広場になっていることから、昔は滝行のための籠り堂的な建物があったことが推測される。

右手上にある木造の祠は駒ヶ滝神社。この裏の岩盤に昭和62年、ネパールの画家が観音像の壁画を描いたらしいが、面影は皆無。神社の奥には「目洗瀧」という、岩場から染み出す水があるが、平常は涸れている。眼病に効く水かも知れない。

添付写真の滝の下部に写る岩屋は、小動物が入る位の小さな洞穴のように見えるかも知れないが、実際は少し背をかがむだけで入ることができる。水量が少ないため、豪快さはないが、岩屋から臨む滝は趣がある。

岩屋に安置されている石仏は座像であり、観音には見えない。当方には弘法大師像に見えるのだが、大師が自分の像を彫ることはないように思う。左手前にあるマトリョーシカのような石に線彫りした石仏の方がどちらかと言うと観音っぽく見える。

この滝の上流にも道が整備されていない滝があるようだが、時間がなかったため、探訪していない。時間がある方は、龍頭山山頂に登り、360度のパノラマを楽しまれたい。

各滝と山頂からの景色を楽しみたい、という方は下のバナーを是非。
 

<実際の跡地ではないがファンは是非>

以前、坂本龍馬が16歳時の嘉永3年、四万十市・赤鉄橋の上流右岸の堤普請の現場監督補佐として着任していた際、堤にあった並松という松林で昼寝をしていたことや、そのもたれかかっていた松が後に「龍馬昼寝の松」と呼ばれるようになったことを何度か述べた。

 

また、2016年、そこより上流の入田にある桜づつみ公園内に、地元の龍馬会がこの伝承に関する看板を設置したことも紹介した。その看板を先日確認してきた。場所は並松(大正期まであった)跡よりかなり上流ではあるが、龍馬ファンにとっては、記念写真を撮りたくなるだろう。

が、道中、公園の方向を示す道標は皆無。道標がないということは、桜づつみ公園については、駐車場の関係なのか分からないが、花見時期は、地域住民以外は歓迎していないのかも知れない。但し、タクシーや公共交通機関利用者は歓迎されるものと思う。

 

 

アクセスの起点は赤鉄橋(四万十橋)西袂の交差点。ここを北に折れる。堤防下に見える広大な広場(古い住宅地図には「サッカー場」と記されている)の四万十川側が並松跡(龍馬昼寝の松跡)である。その北の「四万十キャンプ場」も並松跡に辛うじて含まれるかも知れない。

アクセスの解説に戻るが、車はすぐ堤防の西下の道路を進むことになる。この道路はやがて前方左に逸れ、すぐの三差路(変形四差路だったかも)を北西の狭い道路に右折する。

 

 

記憶にはないが、10数年前の住宅地図に於いては、角に碑のある四差路に到ると、ここも右折して西進する。すると現在、ほどなくして右手に仮設トイレが現れる。その横に駐車する。

本来の桜づつみ公園の駐車場とトイレはこのすぐ先にあるが、樋門工事により、使用禁止になっている。アクセスを文章で綴るとややこしくなるが、要は、四万十川の堤防の西に並行する道路を選んで進む、ということ。

 

 

樋門工事現場の西側の堤防に東屋が見えているが、この側に龍馬の看板がある。本来の桜づつみ公園の駐車場の北西に当たる。

看板の表側には、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」中に登場する、龍馬の現場監督補佐の模様を紹介し、裏側には、維新土佐勤皇史や昔の地元新聞に紹介された龍馬の現場監督補佐に関する記述を掲載している。

 

 

なぜかブログ内検索には10年以上前の記事はヒットし辛くなっているが、当ブログでは龍馬の現場監督補佐に関する記事は何度も投稿している。

看板では「龍馬の居眠り堤跡」としており、龍馬は松林の木陰で居眠りをしていた旨、記載しているが、当方が採集した伝承は、並松の中の特定の木にもたれかかり、昼寝をしていた、というもの。

イベントバナー

 

看板では維新土佐勤皇史の記述を引用し、龍馬は島某の補佐として具同村に出張してきた旨、記述しているが、この「島某」とは過去、説明したように、龍馬の父の友人、島文左衛門のこと。龍馬は島と共に着任の際、幡多郡奉行所に行ったであろうことも述べた。→坂本龍馬が訪れた幡多郡奉行所

 

尚、この時、龍馬は奉行所で樋口真吉と出会った旨、主張する者もいるが、前記の記事で解説したように、真吉が奉行所に勤務するのは嘉永7年からである。

 

 

残念ながら、中村(四万十市中心街)の各志士の邸宅跡等の写真は以前触れたように、SDが故障しており、殆ど見られなくなっている。

龍馬ファンなら是非、本当の並松跡と桜づつみ公園の看板を訪問されよ。

中村の各志士の史跡と合わせて巡りたい、という方は下のバナーを是非。

にほんブログ村 歴史ブログ 坂本龍馬へ
にほんブログ村

<お山の大心劇場の上映後のミニライブとインクライン>

旅行会社での仕事だが、日々の仕事は配送業務や雑用が多い。当然、当方の企画のツアーは会社の固定客層(高齢者)とはなかなか合わないので、企画ツアーは会社で企画したものを当方が担当し、詳細を決めていく、というパターンになる。と、言っても会社のツアーは修学旅行や部活の遠征等がメイン故、企画ツアー自体は少ない。

 

現在、当方が担当している企画バスツアーは「お山の映画と赤牛満腹ツアー」。「お山の映画」とは、安田町のマイナー映画上映館「大心劇場」のことで、「赤牛満腹」とは、輝るぽーと内のレストラン「望海ノ菜縁」(のぞみのさいえん)での昼食で、赤牛のタタキをメインとする、このツアーのために作って貰うもの。

当初、会社側が考えるツアーの立ち寄り先としては、大心劇場での映画鑑賞、望海ノ菜縁での昼食、馬路村の「ごっくん馬路村」等の製造工場見学、「うまじのパン屋」、ツアーの最後に寄るカフェだった。

しかし当方はこれに加えて、大心劇場と交渉し、映画鑑賞後、映画館経営者でミュージシャンの豆電球さんに10分ほど、ギターでの生歌を披露して貰うことにした。これは個人的に高知で昭和50年代、大野研二氏の「せられん」と人気を二分した大ヒット曲「東京にいる君に」を生で聴きたかったから。

50代以上の高知県出身者なら、この2曲は全員知っているはずだが、「東京にいる君に」は曲調的には、長渕剛の「おいらの家まで」風。「君」とは豆電球さんの妹さんのこと。サビの部分は

♪東京へ 東京へ 東京へ行っちゅう 君に~♪

イベントバナー

 

豆電球さんのCDはツタヤ万々店にも置いているらしい。大心劇場併設の喫茶店でも当然販売している。尚、喫茶店で注文した品を映画館に持ち込み、飲食しながら鑑賞してもいいとのこと。

当該ツアー日の11月6日は、映画「なん・なんだ」の上映初日。通常の上映は午後からだが、ツアーのために特別に午前中に上映して戴く。主演は下元四朗と烏丸せつこ。タイトルから受けるイメージとは違い、残された時間の中で、本来の自分を取り戻そうと懸命に生きる人々の物語である。

詳しくは→大心劇場

馬路村の施設としては当初、会社側が難色を示していたインクラインの乗車を組み入れた。鉄道廃線跡ファンにはお馴染みの乗り物だが、当然、当時の魚梁瀬森林鉄道のものではなく、昭和後期に観光用として整備したもので、麓の観光用周回トロッコ横から出発し、三宝山展望台まで、水力のみで上がっていく。乗車は400円。帰路もインクラインで帰ることもできるが、遊歩道を下って帰ることもできる。

展望台から背後の三宝山山頂(400mほど)までは高度差85mほどだったと思う。但し山頂からの展望は皆無で、コンクリートの三宝神社跡が残るのみ。その先のコルから左に下ると麓のインクライン乗り場まで回遊できる。但し、ツアーでは三宝山山頂は登らない。

ツアー最後の立ち寄り先のカフェは、田野町の雰囲気がいい古民家カフェを選んだ。そこで当方が考案するツアーについてのアンケートを取る予定。土佐清水市の海岸の滝群を巡り、遊覧船に乗るツアー、平成3年まで龍馬の大便が残っていた木製オマルや布団が現存する鎌村邸と琴平の龍馬や高杉晋作の滞在所でカラクリ部屋が残る屋敷、讃岐うどんを自分で作って食べる「龍馬と讃岐うどんツアー」、香川県の「空飛ぶ金魚」で知られる「天空のアクアリウム」や不気味で怪しい球体関節人形の館、醤油画美術館等を巡るツアー等。

アンケートの結果次第では、企画バスツアーとして開催される。

因みに「お山の映画と赤牛満腹ツアー」の旅行代金は全国旅行支援を適用して8,000円(予定)。募集人員20名、最少催行人員11名。申込締切予定日は11月1日、出発は11月6日(日)、高知市春野町に7:20までに集合。興味がある方はコメントやメッセージを戴くと一週間ほどで、申し込み先を返信予定。

少し興味がある、という方は下のバナーを是非。


人気ブログランキング

<知られざる抗原検査の盲点>

新型コロナウイルスは分からないことばかりで、体験入社(会社が仕事への適応を見るためか)期間終了の翌日の先週金曜、会社から連絡があり、当方と一緒に作業していた社員がコロナになったから、抗原検査(キット)をしに会社に来るように、とのことだった。

 

そう言えば体験入社期間終了日、帰社して帰りにスーパーへ寄った際、車からスーパーの入口に行くまで、平衡感覚が少し可笑しくなり、歩行が苦しく感じた。こんな感覚は初めて。更にスーパーに入ると、痛いほどの悪寒を覚えた。まるで風吹の雪山に、肌着で立っているような感覚。

 

 

帰宅後、まだ社内でコロナ感染者が出たことを知らないので、悪寒等に効く漢方薬を飲んで早めに就寝すると、翌朝には症状は完治していた。そんなこともあり、自分はコロナとは無関係だろうと思い、会社に行き、検査キットを受け取り、帰宅して検査すると、「結果」が出ない。

 

よく見るとキット内部のシートの真ん中部分が破れている。不良品だったのである。そこで土曜日、改めて会社に出向き、社長の目の前で検査した。すると陰性だった。

ほっとして帰宅したものの、その夜、風邪の症状が出た。そこでいつものように漢方薬を飲んだのだが、一向に効かず、症状は重くなるばかり。熱はないものの、悪寒と関節痛が酷く、座っていることもできず、ベッドに倒れ込んだ。

 

三連休中、食事とトイレ、入浴時以外は終始ベッドの上で過ごしていたが、症状は日増しに重くなり、扁桃腺も腫れて、咳まで出始めた。過去の経験上、あと1日か2日で肺炎に発展する可能性が大なので、火曜日、朝一で病院へ行くものの、たとえ熱がなくても、風邪の症状がある患者は院内へは入れない、ということで、発

 

 

熱外来の予約を取り、午後、出直した。

 

再度、病院へ行った際は、車とプレハブのような検査小屋を2~3回ほど行き来し、PCR検査や採血をしたが、全ての検査結果と薬を渡されるまでの3時間、マイカーで待機することに。具合が悪いから本等を読んで過ごすこともできないので、かなりしんどかった。

 

 

PCRの結果は陽性、血液検査では、脱水症状を起こしていることも判明した。脱水は関節痛のため、ベッドから離れることが極力なかったためだろう。しかし抗原検査で陰性だったのに、なぜPCR検査で陽性になったのか、最初は理解できなかった。

 

が、看護師に話を聞くと納得した。コロナは感染してもすぐには抗原検査等の結果には表れない、ということだった。当方は感染したのが木曜で抗原検査したのは土曜日。二日しか経っていない。数日位経たないと正確な結果が出ないようである。

本来、正式な入社日だった今日から自宅療養期間に入ったのだが、辛いのはコロナ専用薬の副作用。三日分、一日一回、空腹時に飲む錠剤なのだが、大小の程度はあれ、殆どの者に副作用が起きる。

 

当方の場合は飲用後、1分以内に便意を催し、下痢をする。軽い吐き気もあり、2~3回ほどえずく。そして立っていられなくなり、ベッドに横になる。そんな状態故、朝食は食べられない。

 

 

だから風邪の各症状に効く、処方された薬は朝の分は飲むことができない。

午後は立つことも座ることもでき、夜からはパソコン操作もできるようになったが、頭は少しボーッとしている。歩く時もややふらつく。

 

本来、社長から、9月上旬に催行予定の県東部のバスツアー(会社はニコニコバスツアーにバスとガイドを派遣したこともある)の計画(複数の施設見学)と添乗業務を任されており、今日、各施設と交渉して行程表を作成する予定だったが、添乗デビューは少し先になるかも知れない。

そのツアーの詳細が決まったら教えて欲しい、という方は下のバナーを是非。

<旅行会社への就職が決定・シニアの「希望」になれるか>

リニューアルとコロナ禍により、長期休館していた広島県府中町のマツダミュージアムが今年初夏に開館していたことを知り、今週月曜(休日はすぐ予約が埋まるため)に行った。

 

目当ては勿論旧車だったが、予想より台数は少なかった。オート三輪を除くと、後期型コスモ・スポーツを筆頭に、キャロル600、ファミリア800、初代ルーチェ(セダン)、初代ボンゴバン、初代サバンナGT、コスモAP、前期型初代サバンナRX-7(ノーマル車以外にレース車も)、ファミリア・プレスト・ロータリークーペ(スパ・フランコルシャン24時間レース出場車)の9台(ダブる車種を除く)だけだったように思う。いや、R360もあったか。

とは言え、当時のマツダは車種自体少なかった。それでも丸型四灯式ヘッドライトのカペラは展示して欲しかった。尚、個人的には昭和50年代半ば以降の車は旧車とは見做さない。

 

 

最新車を展示しているエントランスを除くと、10のゾーンで構成されている。ゾーン1は1920~1959年までの歴史で、コルク作りから出発した東洋工業(マツダ)がオート三輪を製造するまで。

ゾーン2~7(4を除く)は1960年から今日までの代表的な車を展示。近年のマツダ車はフェイスが似たような車ばかりだが、これは空力を始め、総合的にデザインを追及した結果だという。

 

 

ゾーン4には日本車としては初となる、ル・マン24時間で’91年、総合優勝したマツダ787Bを別途エンジンと共に展示している。この車は10年以上前、テレビ番組で見たことはあるが、スタジオに登場した、その車のエンジン音は物凄い爆音だった。

ゾーン8はマツダの「モノ造り」を伝えるコーナーで、衝突実験でフロント部が大破した車等が展示されている。ボンネット部で衝撃を吸収することで、乗車している者への衝撃を抑えているという。余談だが、関根勤は、車の衝突実験時の車内人形の物真似が上手い。

 

 

ゾーン9は移動しながらの製造ラインの見学で、撮影禁止。一つのラインで複数の車種の車を組み立てることで、多品種少量生産を行っている。いや、多品種大量生産か。なにせマツダは工場も敷地も広く、ミュージアム見学時の集合場所からミュージアムまではバスで移動するほど。

ゾーン10は次世代のコンセプトカー等を展示。ゲームに登場した車を実車化したものもある。

見学が終わると皆、グッズ・ショップで買い物をしていたが、ミニカーはどれも高価で当方は手が出ない。マツダ787Bは3,000円台のものがあったが、旧車ではないから購入しなかった。

 

見学は全て案内人の指示によってするが、各ゾーンの各場所でガイドの話を聞いていると、写真を撮る時間がなくなる。故に話は聞かず、写真を撮っていたが、ガイドのお姉さんからは「迷子にならないで下さいね。」と言われた。それでも急いで撮らないと置いてけぼりになる。

月一回位ある土曜日の開館時は案内人がおらず、自由に見て回れるが、すぐ予約が一杯になる。

公式サイトでは、マツダ専用駐車場はミュージアム見学者以外の客も利用するから、混み合うため、マイカー利用者は近隣の駐車場を利用するよう、促しているが、平日の午前の部(9:15までに受付を)は駐車場ががら空き。

 

尚、ガイドのお姉さんと仲良くなりたい場合は、見学時の注意事項説明の際、撮影禁止エリアの説明があると、「あなたも撮影禁止ですか?」と聞いてみられたい。但し、場がシーンとなり、白眼視されたとしても責任は取れない。白眼竜政宗の意気込みで(?)。→公式サイト

ところで話は変わるが、高知県は毎月開催の「USAしおかぜ公園ミーティング」を除き、旧車イベント(ミーティング)は他県と比べると少ない。が、明日と明後日、香美市の土佐山田駅前の商店街で開催される「ゑびす昭和横丁」に於いて、旧車が展示される。

両日、同じ車が展示されるのか、全て変わるのかは分からないが、11日の14時からは、レッドカーペットに車が一台ずつ載り、各オーナーがマイカーを紹介する。

毎年開催されているこのイベントでは、昔の縁日的なことが催される他、レトロミュージアムやミニSL、三ヶ所を発着するアクトランドのボンネットバスも運行する。マジックショーや書道パフォーマンス、よさこい踊り等もある。

土曜日は10~20時、日曜は10~15時、商店街がお祭り騒ぎになる。→公式アメブロ

 

11日は第二日曜故、前述の土佐市でのUSAしおかぜ公園ミーティングも10:00~13:00まで開催される。今月は岡山でも旧車ミーティングがあるが、それはまた後日。

ところで、念願の旅行会社への就職が決まった。定年まで3年しかないが、19年前、社長と会ったことがあるのと、近場というのが良かった模様。しかし普通の社員ではなく、個人事業主的関りで、自分の給料は自分で稼ぐ、という形態。それ故、結果が出ないと解雇もあり得る。

 

今後、土佐清水市の海岸の滝巡りと船上観瀑、美馬市と琴平町の龍馬&高杉晋作の滞在所巡り等、当方にしか企画できないツアーを提供していきたい。

是非そのツアーに参加したい、という方は下のバナーを是非。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ
にほんブログ村