神戸 大人のピアノレッスン

神戸 大人のピアノレッスン

ピアノが初めて、ブランクがあるとあきらめていませんか?

お好きな時間でレッスンが受けられるワンデイレッスン
あこがれの曲が弾ける個別指導ピアノ教室 078-842-6516

【美術館で世界でたった一つのピアノストーリー】

~最愛の人がこの世の私に遺してくれたピアノでラブレター~

ピアノが初めて…、ブランクがある…と、あきらめていませんか? ピアノが初めの方でも、何年もブランクがある方でも、お好きな時間にプライベートレッスンが受けられます。


⇒生徒さんのお声
 ・まずはお試しレッスンから、いかがですか?
 ・お問い合わせ・ご相談お待ちしております


テーマ:

父と母と私のピアノストーリー

 

こんにちは。 神戸大人のピアノ高澤日出子です。

 

あの時の事を 思い出して 自分が愛おしくもあり

 

父と母の親の愛情を 一身に受けていたことを

昨日のように 思い出します。

 

 

幼稚園の頃

ピアノの楽譜 子供用を 一人で読み解いて

 

キーボードでに向かって弾いていた私。

 

小さかったので

「独学」という言葉は 当たらないかもしれないけれど、

 

音符の読み方を 誰にも教わることなく

自分一人で 読んで弾いていた。

 

子供特有のゲーム感覚だったのだと思います。

 

 

 

===============

ある日

 

我が家に ピアノが来た。

 

 丸椅子(今はないよう)に座って クルクルまわりながら

 

 嬉しくて嬉しくて 

 

 ピアノの鍵盤に触って

 

 

 また 丸椅子に座って クルクル天井をみて

 

 そんな自分が誇らしかった。

 

==============

 

今まで 思い出す想いでは ネガティブのものが 多かった私でした。

 

~~~~~~~~~~~~

付属小学校のお受験に落ちて それも音楽の歌のテストがうまく歌えない記憶だけが 鮮明に残っていた。

~~~~~~~~~~

 

けれども

私が

 

東京のヤマハシステム新講師時代

 

生徒の皆さんに「先生の歌っているの 好きだよ」

 

と、言われ

 

びっくりしたり、嬉しかったり

 

当時は 自分の実力だ、

なんて 不遜にも思っていたようです。

 

 

 

 

 

父と母のわたしという子供への愛の結晶が

 

「ピアノ」という 楽器であり

 

「ピアノ教育」受けさせ続けることでも あった。

 

 

 

 

 

 

どれほど自分が 両親への尊敬と感謝なき人間だったのか

恥ずかしい想いでいっぱいです。

 

 

 最近

 嬉しいのは

 

 

 父と母のピアノに絡む楽しい想いでを 沢山思い出すように

 なりました。

 

 

  冒頭の

【ピアノの椅子に座ってクルクルして、夢ごごち】

 

  も、その一つ

 

 

  

 

  小さいころって

  視野が狭いので

 

  カンチガイ 思い違いも

 

  きっと多いのだと思います。

 

 

  

  今 私がここにある陰には

 

  両親はじめ きっといろんな方のご恩をうけてこそです。

 

  自分の人生に対して また受けたご恩を返せるよう

 

  自分の行い すべてに責任をもって 果たせる人間に

 

  なると決めた秋の一日でした。

 

大人になってから ピアノは無理っておもってるあなた

ピアノと一度 むきあってみませんか?

 

 

 

おとなになってからピアノを弾きたいあなたへ 

 

  

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

この曲に自分の想いを込める時

 こんにちは
   神戸大人のピアノ高澤日出子です。
 
 
 ある日のお話し。
 
 「大切な人のために ピアノを弾きたいのですが、、、
  全くピアノは 弾けないのですが。。。
  楽器も用意するので おしえていただけませんか」
 
 
 
 
  私は胸がとても熱くなり、こう答えました。
 
  「期間が限られてるので 厳しいのですが
   練習とレッスン 努力なさいますか?」
 
   「はい」
 
  そう答えられて
   週3回 レッスンに通われ
   3ケ月で
   1曲ひけるように なって
 
  最愛のひとのために 
  
  かけがえのない想いがいっぱいつまった
  1曲を演奏されました。
 
 
  
  
  
 ピアノ演奏をギフトする最愛の彼女には
 当日 サプライズだったのですね。
 
 
 どんな思いで将来を誓った彼のピアノ演奏をきかれたのでしょうか?
 
 
 あとで おききしたところ、
 
 
 
=============
 
  「とても嬉しかった・感激した。いちばんのプレゼントでした。 ずっと 忘れない」
 
 
===========
 
 曲は ビートルズの【Let It Be】
 
 
  

 

日常つたえられない想いや言葉を 

 ピアノに託せることは 素敵ですね。 

 

 

自分の強い決意があれば 

大人の初心者の方でも ピアノで1曲を弾けるようになるのだ

 

そんなことを 学ばせていただいたピアノレッスンでした。

 

 

大人になってから ピアノは無理っておもってるあなた

ピアノと一度 むきあってみませんか?

 

 

 

おとなになってからピアノを弾きたいあなたへ 

届いたお知らせは?

 
 
こんにちは。
神戸大人のピアノ高澤日出子です。
 
『合格していました』
 
 
AO入試の合格発表を
直接掲示発表を見に行かれた
 
 
高さ3女子の生徒さまの お母さまから届いた連絡内容です。
 
 
AO入試の取り組み で集中して課題練習して
 
ほんばんテストでは
 
かなりの受験者数だったようです。
 
 
 
当日だされる小論文と面接は 思ったよりできた感じだと
本人の弁でしたが・・・・
 
 
昨年より、受験者数が3倍以上増えていたようなので
どうかなって思っていたので
 
ご本人も 私も嬉しかったです。
 
 
 
彼女がめざした大学のAO入試では
 
部活動での専攻楽器の演奏の場も
自己表現としてあり、
 
それが合格した要因として かなり大きかったと思います。
 
 
中学からずっと吹奏楽部のパーカッショニストとして
向き合い続けたことは
 
大きな彼女の宝となりました。
 
 
ピアノも続けてきたので
 
選択し、合格した大学では 
 
【人文学部】でありながら
 
音楽も学べるので 彼女は希望しました。
 
 
「吹奏楽アンサンブル ピアノ伴奏」
 
 
今まで続けてきたことが さらに積み重ねることも
できるので 
 
彼女は 希望に満ち溢れる訳です。
 
 
紆余曲折 いろいろありましたが
 
 
彼女が 自分で決めたことが結果にもつながったようです。
 
 
私は そばでずっと見守っただけでしたが
 
彼女から学ぶことは とても多かったです。
 
 
私も 少し視野が広がったように 思います。
 
 
 
===========
年齢を重ねても
 
勉強し、成長し続けなくては
=========
 
 
そう 自分に約束した今日のレッスンでした。
 
 

おとなになてからピアノを弾きたいあなたへ 

私がピアノをする理由「ふか~い愛情物語」が観えたとき

こんにちは。 

神戸大人のピアノ高澤日出子です。

 

私がピアノを始めたきっかけは

 

「自分がピアノが好き」

 

だからと思っていました。

 

 

 

どうも、それが

隠された ふか~い訳が あったようなんです。

 

 

父と母の思い遣りと私を 育てるために 二人できめたことが

 

「ピアノを習わせる」

 

ことだったのが 私の記憶のなかから浮かび上がりました。

 

 

 

========遠い過去の景色

 

幼稚園の時、

ある場所で、

 

一人で歌を歌ったことがありました。

 

声が出にくく、うまく歌えなかったことを

今でも 強烈に覚えています。

 

 

それがどういうことなのか?

 

 

ある付属小学校のいわゆるお受験の一部 だった・・・

 

 

記憶では

私は お受験などとは 露知らず・・・・・

 

 

結果は見事 ×

=============

 

 

 

この事実↑を

あとで 私は知ることになります。(※その事実も後程

私自身の苦しみになるのですが。。。。)

 

 

 

テストの 歌のことがあったのか

 

わたしは、当時 いえにあった

キーボードで 曲を弾くことに夢中になりました。

 

 

 

小学校へ入学し、

わたしの

 

「音楽の成績」はナント

 

 

わるい

 

だった。

 

 

 

父と母は

不合格だったことを

 

 

当時は

あえて、私に知らせませんでした。

 

 

そして、

小学校の音楽成績を憂慮し、

 

ピアノを本格的に習わせようと 両親は決め、

 

ピアノと先生を探して

 

 

 

【わたしのピアノレッスン】は

 

始まったわけです。

 

 

漸く、いまになって

 

 

親のふかい深い愛情がわかるように なりました。

 

ありがとう

 

お父さん

おかあさん

ピアノは素敵ですね。

 

 

 

 

幾つになっても ピアノは弾けます。

 

人生に彩をせるためにも

 

『大人になってからのぴあの』おすすめです。

 

 

迷ってる方は

思い切ってどうぞ!!

 

 

おとなになてからピアノを弾きたいあなたへ 

昨日は 神戸はまた台風で雨・・・

秋 本番の今日 青空  青空
身も心も洗われる

そんな秋のスタート 10月にしましょう。




こんにちは。
神戸大人のピアノ:高澤日出子です。

傘寿記念DVDを制作されたときの
美智子さまのピアノ演奏」の動画を拝見しました。

音楽一家であられ、
皇太子さまもは

ヴィオラをかなでるお姿を披露されてます。

美智子さまは
現在ではなく、傘寿の時の演奏姿ですが

スポーツのテニス以外に,
ピアノにも 向き合って来られたのですね。

私は 人生を通じてピアノも長く続けてこられ、ここまでの積み重ねられ、
ご自分のものとなさっておられる姿に 感銘いたしました。

絵本にもついても、造詣が深く(宮内庁HPに掲載されてます)
日本の皇室に相応しいお方なのだと心より、私は尊敬し、憧れてもおります。

そして、
自分が、この美しい国に生まれたことを、今更ながら誇りに思います。


ピアノ姿を拝見して感じたこと。



「人生の目的」
自分で 出来なかったことができるように なったとき、

大人も嬉しいですよね。

もっと上達したいと励むその過程が楽しく 面白い。

ここまでできるようになったと その達成感こそが
人生の充実感ですね。

美智子さまの傘寿での
ピアノの取り組みをみて 私もそれに続こうと決めた

秋のスタート日です。

動画には
日本古来の衣装のお姿もあり、

ご家族の微笑ましい風景もあり、

ご興味があれば、どうぞ、ごらんくださいませ。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス