■新メニュー「パリジェンヌラッシュリフト」導入します | アンドルーチェ代表 睫毛師 西尾育子ブログ

アンドルーチェ代表 睫毛師 西尾育子ブログ

アイラッシュ&ネイル アンドルーチェ株式会社の社長はこんな人。


テーマ:

アンドルーチェの西尾です。

 

 

昨日は新メニュー「フラットセーブル」の話をしましたが、実はもう一つ。


お客様の下りまつげも綺麗に根元から立ち上げることができる、次世代まつげカール「パリジェンヌラッシュリフト」を9月より導入いたします。


次世代って何?って感じではありますが、スクールさんが言ってらっしゃるのでそれにのっかって次世代と私もうたっておきます(笑)



↑レッスンモデル


10数年前、まだまつエクがこんなにも流行っていなかった頃、まつげパーマがとても人気でした。

お手軽だしね。


でもその当時使用していたパーマ液は、頭髪用のパーマ液。何も規制が無かったのでその当時は良かったのです。

ただ、国から規制がかかってからぱったりとまつげパーマのメニューが無くなったんですね。


でもこれ、商材がダメというだけの話ではありません。

まつげパーマでもエクステでもそうですが、いくら良い商材を使っても


・使い方が間違っていたら

・技術者が商材理論を持ち合わせていなければ

・お金をいただけるだけの技術が伴っていなければ


それはそれは無残なまつげになってしまうのです。

 だから、規制もかかってしまう。


↑レッスンモデル


10年経って、再びまつげパーマブームがおとずれました。今度は化粧品登録されたセッティング剤(パーマ液)による施術です。

しかし、また間違った知識が出回っているようにも思います。

「化粧品登録」と聞いただけで、肌につけても良いと思っている技術者がすごく多い。


化粧品登録されていてもパーマ剤ですからね。

肌につけて良いわけないんです。

しかも、目の粘膜ですからね、絶対にダメです。



パリジェンヌラッシュリフトの講習でも、ほとんど商材理論の話はなく、やり方のみでした。


私は理論が頭に入らないと嫌なので自分なりにパーマについて、毛髪について調べていきました。


なので、どんどんとマニアックな話になっていってしまうのですが、知ってるのと知らないのとでは天と地ほどの差がつくと思います。



勉強すればするほど、奥の深いまつげパーマです。



↑レッスンモデル



パリジェンヌラッシュリフトは根元の立ち上げが特徴のパーマで、ロットは一つしか使用しません。


でもデザインにもっとバリエーションが欲しいな。


もっとまつ毛に優しいやり方をしたいな。


そう思って今、私なりに独自メニューを作り上げているところです。



もう少しで完成。



これこそ、次世代って自信持って言えるかもー^_^




↑レッスンモデル



 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

当社はマツエクスクールも運営しています。

アイリストになりたい!という方は

スクール説明会でお話している内容をまとめたこちらの記事もぜひご覧ください。

 

美容師国家資格取得支援コースへの入学をお考えの皆様へ

 

サロン実習って何するの?

 

美容専門学校通信課程はどれくらい通えばいいの?

 

卒業までにまつエクのテストはありますか?

 

まつエクはスクールの授業だけで上達しますか?

 

 

■■【在校生の声】

保育園児と小学生のママ。自宅ネイルサロンをしています

 

週5~6日フルタイムで働いています

 

23歳と18歳の子供。5か月の孫もいます

 

1歳と3歳の子供。週3日はフルタイムで仕事

 

自宅ネイルサロン経営。今後は美容関係を中心とそて色々な事業に参入したい

 

週5日ホテルでの接客業。北陸地方から1泊2日で通っています

 

 

お申し込み(無料体験付きのスクール説明会)はこちらから


まつげエクステ専門校

アンドルーチェテクニカルスクール東京銀座校・大阪本校

でんわ0120-011-669

HP:http://www.andruche-school.com

Ikuko Nishioさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス