2017-02-16 00:02:00

第4話「私にはどうせムリ」の呪いが解ける

テーマ:読者の体験談
 
 

ご相談者の長岡昌子さん(仮名・40歳)の彼氏ができるまでを連載しております。本日4日目。


自分に自信がないから、

親や教師が「やりなさい」ということを優先して進路を選び、

公務員試験を受けるも落ちて高学歴フリーターになった昌子さん。
アルバイト先の学習塾の店長が企画した合コンで彼氏ができるもすぐ失恋。
就職して働いている同級生や結婚している人とは疎遠になります。

親友は非正規図書館司書の美幸ぐらい。

二人で女子会をして寂しさを紛らわしながら時間だけが過ぎていく。

これまでのお話は

1http://ameblo.jp/koakuma-mt/entry-12247095880.html


2http://ameblo.jp/koakuma-mt/entry-12247452548.html
 

3http://ameblo.jp/koakuma-mt/entry-12247741326.html

今日のお話
↓↓↓
↓↓↓
美幸に話すと、なんでも昌子の選択を応援してくれる

だから気持ちが楽になった。
昌子だって、美幸がいうことはなんでも賛成していた。

 

 

仕事の学習塾では子どもに教えるのが楽しくなっていた。

公務員の勉強をしているときは忘れていたけれど、

かつて学校の先生になりたかったこともあったと思いだした。

 

とはいえ、塾講師は夜の仕事。

子どもたちとたまに美幸に会うぐらい。

家に帰れば家族は寝ている。社会と時間がだんだんずれていた。

 

28歳から30歳にかけて高校、大学の同級生はどんどん結婚していくが、

結婚式に呼ばれるほど親しい関係の人がいない。

 

塾の子どもと同じような非正規アルバイト塾講師と美幸と家族という小さな世界の中で、

昌子は30歳になった。

爆弾メラメラ

メラメラ

そして、また一年たちプライベートやキャリアに何の変化もないまま31歳になるゲッソリ


塾講師の中で、教員採用試験に合格して

公立高校の教員になった佐渡仁美から連絡があった。


「昌子さんって英語の教員免許持ってたよね。

臨時教員の空きがあるんだけどやってみない?」


31歳で昌子は英語の非常勤講師になりました。

昼間の生活になり、月20万円の収入。

生徒からは「先生」と呼ばれ諸々の対偶は違えども表向きは正規と変わらない「先生」だ。

 

勉強だけ教えればいい学習塾と違って、大変な点もあったがやりがいもあった。

生意気でも生徒は可愛い。

 

これまであまり行かなかった百貨店の化粧品コーナーにいった。

雑誌に載っているというゴールドのイヴ・サンローランのアイシャドウを買った。

いつもはドラックストアコスメなのに。

イヴ・サンローランのアイシャドウは5000円だった。

サマンサタバサのバッグから、ヴィトンの財布を出しお金を支払う。

 

「あー、なんか大人になった気分

アリスバーリー、Techichi、メルローズ、クレール、ビス・・・

などの駅ビルに入っているブランドで10000円前後のトップス、

20000円前後のボトムを買うようになり、

昌子はすっかり大人気分だった。

 

非正規なのに爆弾
実家暮らしなのにメラメラ

ボーナス・退職金ないのにドンッ
教員採用試験受けてないのにドクロ

 

しかし、学生時代からの友だちは美幸ぐらい。

職場にいる似たような非正規教師とつるむようになると、

先生である自分が社会的弱者とは気がつけなかったそうだ。

 

塾にいたときは仲が良かった佐渡仁美も、

学校が違うし彼女は忙しい部活の顧問もやっていてだんだん疎遠になっていった。

 

実家にいれば小洒落たカフェでお茶するくらいできる。

 

旅行もレジャーもいける。

自分が担当している高校生の親たちよりも贅沢だった。

 

図書館司書の美幸との女子会にメンバーが増えた。
非正規教師のアラフォー恵美。

大学で非常勤臨床心理士をやっている大学院卒の真琴。

 

「公立」「大学」「学校」と爆弾メラメラ安定してるイメージ爆弾

のところに所属し、

それぞれが司書や臨床心理士や教師の「資格」で仕事をしている。

 

低い収入なのに、親も喜ぶ職場で資格や公的機関の中で守られていている錯覚しながら4人は若さをムダにしていった。

滝汗

昌子は33歳になっていた。

その間に正規雇用の佐渡仁美が結婚して産休にはいったとうわさで聞いた。

 

彼女の代わりにまたどこのだれかが代員教諭で補っている。

正規の人だけが私生活を充実させていき自分たちはその穴埋め役ということをまるで疑問を持たなかった。

 

(続きはこちら)

 

実話なんですよ。

働き方改革が進んで恩恵があるとしてもそれは今キャリアがある人の話。
非正規雇用で読んでいる人もいるでしょう。

読みながら「挑戦した気分」に浸らず、
傷つきながら踏み出しましょう。

「安全」と錯覚しているところに居続けることが一番怖いよ。

去年と同じ生活をしていることは同じじゃなくて劣化してるんだよパンチ!

 

もし、正規雇用で働いている方ならそれだけでスタート地点は昌子さんよりずっと進んでいる。キャリアがある女性がパートナーを作るのは簡単ですよ。

(注意 正規で働いているからモテるわけじゃありませんよ)

 

●お試し恋愛・婚活相談

初回 120分 30,000円 (バースデー割引→27,000円)

2回目以降単発セッション120分 25,000円 (バースデー割引→22,500円)

開始時間 10:00~17:00 

場所 品川駅から徒歩3分の会議室にて。遠方の方はLINEでのセッションも可能です。

詳細はこちら

 

●プレミアムコース(6カ月・120分セッション7回) 110,000円
(バースデー割引→99,000円)

・一度もお付き合い経験がない方おススメ

●スタンダードコース(3カ月・120分セッション4回)70,000円
(バースデー割引→63,000円)

・続けられないという方におススメ

●ライトコース(1か月・120分セッション2回)50,000円

(バースデー割引→45,000円)

 

詳細・お問い合わせはコチラ

 

 

●婚活・恋愛コンサルタント菊乃のプロフィールはこちら

ご相談者の体験談・結婚報告・彼氏ができた報告など

過去の人気記事はこちら
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

菊乃さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

おはようございます。
連載、とっても楽しく読ませてもらっています。正規雇用って当たり前だと思っていました!以前、非正規雇用だった友人を理解できないなぁ~と思っていたことを思い出しました!何で正規雇用にしないんだろ~?とか安易に思ってしまってました。
正規雇用について…結婚している私でも耳が痛いですね(^^;
キャリアと子育てなどの家庭の仕事の両立について悩みに悩んで正規雇用→非正規雇用に甘んじている自分がいます。
是非、結婚してからのことも菊乃さんのご意見が聞きたいです‼
あ、私のところはパートでも育休、手当てあり、退職金ありですよ(^-^)今育休(^3^)/です。
そんなところも多いようですよ!でも、キャリアに関してはやっぱり不安です‼パートなど、関係なく、家庭を持ってキャリアに不安を持つ女性が多いのではないでしょうかね?

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。