先日、傘がボロボロで買い替えました。

 

最近、ファッションで迷走していたこともあり何を基準で選べばいいか、傘は迷いますね。

欲しい傘雨は分からないけれど、嫌な傘は分かるんです雨

昔、晴雨兼用を買って雨の時の物足りなさを痛感してこれは候補から外しました。

東京って年に何回かゲリラ豪雨もあるし、そんな日に当たったら新品だって壊れると思うんです。

だから消耗品と考えてあまり、高すぎないものにしたい。

 

カワイイとか似合うで決めるものでもないと思うけれど、

機能重視でごつすぎたり重いのも嫌。

 

あまりに持ち物と色がマッチしないのも嫌だけれど、傘は広げないと柄もよくわからない。

希望の柄や色があるわけでもないんです。

 

売り場でも傘は閉じて並んでいるので、どんな柄か分からないですよね。

持ち手のシールには「軽量」「グラスファイバーで丈夫」などスペックは並ぶけれど決め手に欠ける。

 

スーツ姿でどれも同じに見える男性の中から決めなければいけない女性の気持ちってこんなのかなぁなんて思いながら眺めてました。

 

ある傘が持ち手に「猫三毛猫がいます」って書いてあったんです。

image

猫しっぽ広げたら猫からだ猫がいた!猫あたま

 

めんこ~い黒猫

 

それで、、、猫がいる傘にしちゃいました。

閉じている分にはそんなファンシー系に見えませんが、開いて見上げて猫がいるだけで少し雨の日もテンションあがりそう。