チョロ助を追いかけろ

チョロ助を追いかけろ

子育て奮闘記とHQとCCさくらな日々

ようこそおいで下さいました。子育てしつつ、漫画を読んている主婦のブログです。
出産や子育てのブログをはじめ、ほんのちょっと二次創作的なこともしてたりします。


■カードキャプターさくら関連は→『はじめに』からどうぞ。
▼△タイトル△▼となっているものがさくらのお話になります。

■ハイキュー!!
二次小説に関しましては★タイトル★がハイキュー!!のお話になります。→こちらへ


※どちらの小説も、こあまりんの妄想の世界でもあります(汗)
苦手な方はお控えください。
※原作者様及び出版者様等関係者様とは一切関係ありません。
ないとは思いますが…無断転載等禁止いたします。


…そして…もし良かったら拍手など頂けたら幸いです…
これを糧に、妄想・子育て共に頑張れます…。


web拍手のお返事は、翌日(翌々日)のブログ内にいたします。
ブログのコメント欄は承認制です。匿名希望の方はその旨お伝えください。
コメント欄にてお返事しています。
お心当たりの方は覗いて見てください。

登録してみました⇨ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ:

 

 …久々に来たらなんかとても見辛い書き辛い…

 

 

改めまして。

お久しぶりでございます。こあまりんです。

 

約半年ぶりのブログ。育児テーマで行きます。

 

 

えーチョロ助は、幼稚園を無事卒園後、めでたく小学校に入学しました。

いろいろあるチョロくんは、支援学級にお世話になってます。

1日の半分を支援級、もう半分を交流級(普通クラス)で過ごしております。

 

我が地域は朝、集団登校なので高学年が学校まで連れて行ってくれるのです。

集合場所まで親御さんが来る子は多いです。

でも私は、最近まで学校について行ってました。

最近やっと、途中で見送っても不安がらずに登校できるようになしました。

朝は40分くらいかけて、帰りは高学年がいないのでゆっくり歩いてくるため、

一時間かかります。一応地区別の班で並んで帰ってきます。

こんなご時世ですし、遠いですしね。

帰りも学校まで迎えに行ってました。最近は途中まで迎えにってます。

 

本人は学校楽しいと言っているのでまぁその辺は良かったかな。

限りなくグレーに近いADHDなので、今のところ問題なく過ごせているようで、

交流級ではむしろもっと要注意なお子さんが多いそうです。(担任より)

 

 

私は半年前の幼稚園の頃より、健康的に過ごしてます…

というか、運動不足なんですねぇ、毎日約二時間歩くわけじゃないですか。

夜バタンキュウですよ。

スマホのアプリの歩数計が毎日すごい数値を表します…が!!

一往復いい運動…と思っていたのに、おにぎり一個分のカロリーも消費しないという。

びっくりしました。

 

そんなこんなで、元気にやってます。

 

 


テーマ:

こんばんは。
今年もあと一時間となりました。

更新しようしようと思って、全然できてませんでしたが最後にご挨拶です。


ここにご訪問していただきまして、さらにはご都合あわせてお会いしていただいたりと、
本年中も大変お世話になりました。
来年はこれまた忙しいとは思いますが、宜しくお願い致します。



良いお年を!

テーマ:

育児のブログ…。


チョロ助け、来年小学生になります。
先日は、給食体験に行きましたし、小学生との交流とかもあります。


その中で、チョロくんの小学校生活をどのようにするか。
支援級か普通教室か。

今、担任の先生とは別に加配の先生にも見てもらってます。
手厚く見てもらっているわけですね。
役所とかにも相談に乗ってもらったり、病院での発達検査も受けました。
前にブログでも、書きましたけど……

セカンドオピニオン行きました。
そこでついた診断名
「ADHD、自閉症スペクトラム」
となりました。

「ADHD」は多動などですね。
これは他人が見たときに気付きやすいところ。
「自閉症スペクトラム」
これは人によって様々なので、上の方が目立つチョロは気付かれにくいところ。
という訳なんですね。

今療育に通っていて、
「チョロくん位の子たくさんいるので、僕が今まで担任した経験だと普通教室でも大丈夫だと思いますよ」
と先生に言ってもらえたんです。

ありがたい事ですが…なにぶんチョロにも私にも小学校生活は未知なものなので、
初めは手厚く見てもらって、いずれ普通教室で生活できる事を目標にしました。

今はまだ来年入学の市内のそういう子達の人数把握段階なので、
同じ学区内に支援級希望者が何人なのか。
教育委員会の人などが、幼稚園に様子を見にきてたりします。
これは公立の幼稚園だからかな。
それもあって公立にしたってのもあります。
入園前からの相談事が書面上ではずっと記録され、引き継ぎしてもらってるので。

それでも「課」が変わると、お母様のお話聞きたいです。
と、同じ事を毎回話す訳なんですけどね←これはどうにかならんのかwww


「自閉症スペクトラム」
診断名が出た時、ショックというよりも、スッキリしました。
この手の行動に名前をつけるのは大変難しいという事も、全く同じ行動をするひとが
いないに等しい。だから「個性」という人もいるのでしょう。
ただ、そう言う子には、私たちの言う「普通」は「普通ではない」のです。
なので、分かりやすく言葉をかけたりしなければなりません。
それを何度もやって、わかってくれるのかどうかも。
前に言ったでしょ?が通じない事の方が多いです。事実そういう状態も多々あるんです。

私自身もどう対応したら、チョロに伝わるか。
もっと知りたいと思って今回本買いました。
少しでも、二人でギャーギャー言い合いになる事を少なくしようと。
お恥ずかしながら、喧嘩してます。
大人なら一歩引いてもいいはずですし、そんな診断でたらなおさらなんですけど、
兄弟がいたり、クラスのお友達とかだったら、そう簡単に出来ない時もあるかなぁとか。
言い訳ですけど、喧嘩の相手も必要かな。と。
でもそんな事を、パパに告げ口とかするんで、
「お前なにやってんの?子供相手に」
とか私が怒られます。

これからどうなるかわかりませんけど、勉強していこうと思います。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス