リーダーズ式 合格コーチ 2024

リーダーズ式 合格コーチ 2024

「アタマ」と「こころ」を元気にする経営を科学する!リーダーズ総合事務所・リーダーズ総合研究所代表(中小企業診断士・社会保険労務士・行政書士・産業カウンセラー・キャリアカウンセラー・メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種・FP)コンセプトは人と人の「つながり」

 

 

気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

新しい対談企画である、七転び八起き~合格年と不合格年との7つの違い~の最終回が

youtubeにアップされました。 

 

 

行政書士試験は、3回、4回、5回・・・というように受験回数が増えてくると、どう

すれば180点を取ることができるのか、なかなか自分だけでは答えが見い出せない方

も多いのではないかと思います。 

 

今まで、リーダーズゼミを受講された方も、そのような方が多く、今回の対談シリーズ

のチョコママさんも、まさにそうでした。 

 

 

そこで、今回の対談では、

 

この状態をどうすれば突破できるのかに焦点を当てて、7つの視点から対談を進めてき

ました。 

 

今回の対談シリーズの内容 

 

① 徹底的な自己分析 

② 基礎固め 

③ 六法 

④ 解答までのアプローチ 

⑤ 過去問 

⑥ 記憶 

⑦ メンタルとモチベーション 

 

 

 

 

 

 

 

 

本試験では、

 

問題文に、「条文と判例に照らして」、解答しなさい!という指示が書かれています。 

 

 

したがって、

 

問題を解くためには、まずは、その問題を解くために必要な条文と判例の知識を、問題

文の「テーマ」と「キーワード」から検索(思い出して)して、その「検索」(思い出

した)した前提知識を、問題文の事例に「適用」(あてはめ)して、効果が発生するか

否かの結論を出していきます。 

 

図解すると、以下のようになります。 

 

 

したがって、

 

問題を解くときに、最も重要なことは、問題文の「テーマ」と「キーワード」から、 

 

あの条文ね! 

あの判例ね! 

あるいは、それらを集約した 

あの図表ね! 

あの図解ね! 

 

というように、その問題を解くために必要な条文と判例の知識が、瞬時に、かつ、正確

にアタマの中に出てくるかどうかです。 

 

つまり、

 

行政書士試験の勉強において、どのような勉強をすればいいのかも、問題文の指示を見

ればよくわかるのではないかと思います。 

 

今回の対談も、

 

この問題を解く際の正しい思考プロセスをもとに、問題文の指示に従った正しい勉強法

について対談をしていますので、今年の本試験で、リベンジを果たすためにも、是非、

参考にしてほしいと思います。 

 

問題文の指示に従った正しい勉強法が見えてくると、やるべきことも自ずと見えてくる

のではないかと思います。

 

 

気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

 

 

気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

1 フォロー講義 

 

基本書フレームワーク講座では、 

 

各科目の内容を『体系的』に理解するための大学教授の基本書(「理解」用テキスト)と、

理解した内容を「集約」して記憶するための総整理ノート(「記憶」用テキスト)を併用して

いきます。

 

「理解」用ツール → 大学教授の基本書 

「集約」「記憶」用ツール → 総整理ノート(通常の予備校のテキスト) 

 

基本書フレームワーク講座で使っていく、平野先生のコアテキスト民法は、民法全体を約

700ページに超コンパクトに集約して書かれています。 

 

したがって、ひと通り、民法を学習された再受験生にとっては、民法全体の内容を再確認

したり、学習のまとめを兼ねて復習をしたりする手助けになりますので、是非、「理解」用ツ

ールとして、有効に活用してほしいと思います。 

 

講義の中でもお話していますが、 

 

平野先生は、資格試験の出題のツボを見事に把握されているので、コアテキスト民法の

◇部分は、要注意ですね。 

 

講義中に説明していく◇部分は、総整理ノートの図表とともに、記憶のマークを付けてお

いてください! 

 

2 復習のポイント 

 

① 意思表示(2) 虚偽表示 

 

まずは、アテキストp22、総整理ノートp27、パワーポイント(第2部契約⑤)で、心裡留保

の要件・効果について、知識を確認しておいてください。 

 

要件→効果 

原則→例外 

 

というフレームワークは重要ですね。

 

次にに、コアテキストp23、総整理ノートp28、パワーポイント(第2部契約⑥)で、94条2項

の「第三者」について、基本的な知識を、もう一度、確認しておいてください。 

 

本試験では、 

 

総整理ノートp29の図表問題が頻出していますので、パーフェクト過去問集問題16、20、

25を使って、図解をしながら、事例処理が出来るようにしておいてください。 

 

こういう本試験でも頻出している典型的パターン問題=図表問題については、短時間で解

けるように、事前にきちんとパターン化して記憶しておきたいところです。 

 

典型的パターン問題=図表問題で落とさない! 

 

やはり、最初のうちは、講義の中でも書いていったように、図表の各事例を図解化して、第

三者にあたるorあたらないかを理解しておく必要があると思います。

 

図表のキーワードと図解を何回か見ているうちに、あるいは書いているうちに、キーワード

反応ができるようになるのではないかと思います。

 

同一性を認識するためには、

図解とキーワードの同一性が重要になります。

 

もっとも、この94条2項の「第三者」については、令和4年に、直球で出題されましたので、

しばらくはお休みかもしれません。

 

② 制限行為能力 

 

まずは、コアテキストp30以下、総整理ノートp12以下で、各制度ごとに、原則→例外の視

点から、制限行為能力者制度の静的安全の保護の制度について、知識を整理しておい

てください。 

 

制限行為能力制度は、 

 

制限行為能力者の保護とともに、ノーマライゼーション・自己決定権の視点が、今回の制

限能力者制度の改正において重要になってきます。 

 

この点に関する問題が、本試験でも頻出していますので、この出題のツボを、総整理ノート

p23の図表で、整理→記憶しておいてください。 

 

あれ?どっちだっけ? となってしまうのが、本試験では、一番まずいパターンです! 

 

次に、コアテキストp34以下、総整理ノートp10、パワーポイント(第2部契約⑩)で、行為

能力者と取引をした相手方の保護(動的安全の保護)について、知識を整理しておいて

ください。 

 

総整理ノートp10の図表は、択一式や記述式でも頻繁に問われている図表ですから、こう

いう図表を、きちんとアタマに入れておきたいところです。 

 

民法は、

 

制度趣旨=静的安全と動的安全の調和の視点から、条文・判例の知識を集約化していくと、

上手く知識が整理できると思います。 

 

青い目玉と赤い目玉の調和の視点ですね。

 

基本書フレームワーク講座では、 本試験で頻出してテーマについて、パワポのスライドに

書き込みながら、出題のツボを1枚に集約していきます。 

 

受講生の皆さんは、このパワポのスライドを、総整理ノートにフィードバックして、記憶用ツ

ールとしても、活用してほしいと思います。 

 

パワポ1枚に集約! 

 

こうやって、パーフェクト過去問集を使って、出題のツボを、パワポのスライド1枚に集約化

(パターン化)しておくことで、もう何回も繰り返し過去問を解く必要がなくなり、その結果、

本試験でも、合格点が取りやすくなるはずです。 

 

③ 意思表示(3) 詐欺・錯誤 

 

まずは、コアテキストp35以下、総整理ノートp34で、詐欺の要件・効果について、知識を

整理しておいてください。 

 

詐欺については、 

 

令和2年に、第三者詐欺について問う記述式の問題が出題されましたが、受験生の出来

はあまりよくありませんでした。 

 

第三者詐欺については、 平成26年と平成22年に択一式で出題されていますが、令和2

年の記述式は、事例が長かったせいか、第三者詐欺と気づかなかった方が多かったよ

うです。 

 

つまり、過去問で何回も問われた知識であっても、問題文の事例を少し変えられると、突

然、答えられなくなる現象です。 

 

講義中も検討したように、問題を解くときに大切なことは、キーワード又は図解による「同

一性の認識」です。 

 

同一性の認識 

 

日頃の学習においても、この「同一性の認識」を意識しながら、学習を進めていくと効果的

であり、これが、問題の解ける化のフェーズでやるべきことです。 

 

次に、コアテキストp37以下、総整理ノートp31以下で、錯誤の要件・効果について、知識

を整理しておいてください。 

 

錯誤は、改正に関わるテーマですので、どこが改正されたのかを、きちんと理解しておい

てほしいと思います。 

 

錯誤については、 

 

行政書士試験の過去問がありますが、改正前の条文に基づいて作問されているため、

改正後は、問題として使える部分が少ないので、必ず、他資格試験の改正対応の問

題を使ってほしいと思います。

 

その意味で、講義中に検討した問題23と問題24で、改正後の錯誤の出題のツボ(出

題パターンと解法パターン)を、総整理ノートに集約しておいてください。 

 

改正後の錯誤は、 

 

未だ本試験には出題されていませんので、問題23と問題24は、出題予想問題として、

活用してみてください。 

 

また、総整理ノートp26の図表で、心裡留保から詐欺までの第三者保護について、表

意者の帰責性と保護要件の視点から、知識を整理しておいてください。 

 

表意者の帰責性=静的安全の保護 

保護要件=動的安全の保護 

 

民法は、こういう静的安全の保護と動的安全の保護のバランスの視点がわかってくると、

よく理解できるようになるのかもしれませんね。 

 

総整理ノートp26の図表は、 

 

本試験でも出題が予想されますので、まずは、きちんと理解した上で、記憶の作業を行っ

てみてください。 

 

この第三者保護の視点の問題が、問題22です。 

 

最後に、コアテキスト民法p40、総整理ノートp57の図表で、無効と取消しの相違点につ

いて、もう一度、知識を整理しておいてください。 

 

総整理ノートp57の図表は、 

 

どこを聞かれても、考えないで、パッとキーワードが出てくるように、早めに常識にして

おいてください。

 

また、コアテキスト民法p40、総整理ノートp54で、原状回復義務の原則と例外について、

知識を整理しておいてください。 

 

無効・取消し後の法律関係である原状回復義務は、今回の改正部分ですので、もう一

度、よく理解しておいてください。 

 

特に、例外的に現存利益の返還のみとされる場合の要件→効果については、記述式

としても要注意です。 

 

 

気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

 

 

 

気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

令和5年度の憲法は、 

 

出口調査の得点率が約35%というように、最も得点率の低い出来となり、5問中0問

又は1問しか得点できなかった方も多いのではないかと思います。 

 

条文と判例の単純な知識を問う問題ではなく、現場思考型の問題が増えたのが大きな

要因です。

 

 (一方、商法・会社法は条文の単純な知識を問う問題しか出題されないため、得点率

も約48%となっています) 

 

特に、判例問題については、

 

いくつかの出題パターンがありますが、判例サビ型問題ではなく、内容一致型や判例

ロジック型の問題が増えていることが、憲法で得点しずらくなっている要因でもあり

ます。

 

詳しくは、こちらの動画も参考にしてみてください。 

 

 

したがって、判例については、単に過去問を〇×で何回も繰り返し解くのではなく、 

少し長めの判旨が引用してあるツールを使って、事案→争点→理由→結論というよう

に、しっかりと「理解」していくことが重要です。 

 

最近は、過去問と同じ問題はほとんど出題されていないので、過去問は、傾向分析の

ツールとして使っていくと効果的です。

 

その際、

 

定番のフレームワークである三段階審査のフレームワークを使って学習していくと、

判例と判例の比較が可能になり、問題作成者のキキタイコト=出題のツボも見えて

くるのではないかと思います。 

 

フレームワーク思考ですね。 

 

現在配信している動画では、 最近難化している憲法の判例問題の対策について、憲

法判例のフレームワークとツボという視点から、過去問も検討しながらお話してい

ますので、是非、今後の勉強の参考にしてほしいと思います。

 

 

三段階審査のフレームワークについては、基本書フレームワーク講座の中でも使用

する基本書を参考にしてみてください。

 

問題作成者である大学の先生の視点が見えてくると思います。

 

 

気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

 

 

 

気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

1 フォロー講義

 

基本書フレームワーク講座民法が開講致しました。 

 

今年も、3時間の講義につき1回ずつ、復習ブログをアップしていきますので、受講

生の皆さんは、講義の復習又は予習の際に参考にしてみてください。 

 

本講座は、 

 

再受験生の皆さんが、本試験の出題予想の視点から、「知識の「使える化」と問題の

「解ける化」を図ることを講義の主眼としています。 

 

リーダーズ式☆5ステップ学習法 

 

 

受講生の皆さんは、 講義の復習をするときも、パワーポイント(本試験分析④⑤)の

出題サイクル表を参考に、本試験で出題が予想される大問の「テーマ」ごとに、リー

ダーズ式☆総整理ノートに、知識を集約化していってほしいと思います。 

 

大問の「テーマ」という視点 

 

知識の集約化のときに大切なのは、各大問の「テーマ」ごとに、①何を、②どのように

記憶しておけば得点できるのかという、出題の「ツボ」を掴むことです。 

 

①何を、②どのように 

 

この点については、講義の中で、リーダーズ式☆パーフェクト過去問集と総整理ノート

を使って、各テーマごとに、出題のツボを伝授していきますので、その部分を上手に、

記憶用ツールである総整理ノートに、集約化していってほしいと思います。 

 

 

アウトプット→インプットクロスリファレンス学習法ですね

 

リーダーズ式☆総整理ノートには、 

 

余白を多く取っておりますので、直前1カ月に何度も見直すためのオリジナル総整理

ノートを作りあげてほしいと思います。 

 

資格試験に短期間で合格できる方とそうでない方の大きな違いは、おそらく、この知識

の集約化にあるのではないかと思います。 

 

 

その意味で、ただ講義を聴くのではなく、その後の復習が大切になってくるのではない

かと思います。 

 

予習のやり方、講義の受け方、復習のやり方など、最初のうちは、今までの皆さんの

勉強のやり方に応じて、試行錯誤の連続かと思います。 

 

しかし、何をやるにしても、まずは、自分なりの「型」(フレームワーク)を確立し

ていくことが大切ですので、講義の中でお話していく方法論なども参考に、皆さん一

人一人の民法の学習法を、なるべく早いうちに確立してみてください。 

 

要するに、復習は、 

 

過去問を〇×で解ける状態にしておくことではなく、初見の本試験の問題が解けるよ

うに、知識の使える化と問題の解ける化を図っておくことです。 

 

 

また、本科生プラスで、解法ナビゲーション講座も受講されている方は、基本書フレ

ームワーク講座の復習の段階で、視聴するのもいいかと思います。

 

肢別ドリルをやることで、問題作成者のキキタイコト=出題のツボが、さらによく

見えてくるのではないかと思います。

 

2 復習のポイント 

 

①  はじめに 

 

まずは、パワーポイント(リーダーズ式☆5ステップ学習法②で、民法の択一式及び

記述式で、何が問われているのかを、もう一度、確認しておいてください。 

 

リーダーズ式☆5ステップ学習法については、こちらも、ご

視聴ください。

 

 

本試験では、

 

過去問そのものが問われているのではなく、条文と判例の知識が問われていること

がわかれば、過去問をただ〇×で何回も繰り返し解いても、本試験の得点には結び

つかないことがよくわかるはずです。 

 

また、パワーポイント(リーダーズ式☆5ステップ学習法⑥)で、記憶の視点から、

引き出しの話を、是非、実践してみてください。

 

 

本試験当日に、引き出しを開けたら、カードの文字が消えていないことがないよ

うに・・・

 

次に、パワーポイント(民法のフレームワーク⑤~⑧)と六法の目次で、民法典

の構造を、よく理解して、アタマの中に地図として入れておいてください。 

 

森から木、木から枝、枝から葉へ 

 

民法を勉強していると、膨大な量を前に、今何をやっているのかを見失ってしまう

場合もありますので、まずは、大きな「森」をきちんと掴んでほしいと思います。 

 

「物権」(モノ)の世界 と「債権」(カネ)の世界 

 

合格者の多くの方が云っているように、フレームワーク思考とは、仕事・ビジネス

でも、資格試験の勉強でも役立つ「思考法」ではないかと思います。 

 

講義中に、 

 

売買契約で様々なトラブルが生じたときに、どの条文を参照すればいいのか、皆

さんと一緒に条文を引いていきましたが、おそらく、きちんと引けた方は少なかっ

たのではないかと思います。 

 

民法典は、パンデクテン方式を採用しているため、条文の構造がわからないと、な

かなか条文を引いて問題解決ができないのかもしれません。 

 

せっかく民法を学ぶ訳ですから、単に、試験に合格するだけでなく、実務や仕事で

も、きちんと使える民法を身に付けてほしいと思います。 

 

そのためにも、六法を使って、きちんと条文操作ができるかが重要になってきます。 

 

受講生の皆さんは、 六法の目次をコピーして、常に、民法の体系(フレームワーク)

を意識した勉強をしてみてください。 

 

ちなみに、パワーポイント(民法のフレームワーク⑨)の各制度の名前と顔は一致し

ているでしょうか?

 

各制度のテーマ名を見て、その制度がどのような制度なのか、イメージできることが

重要です。

 

最後に、パワーポイント(民法のフレームワーク⑭~)で、民法が数学と同じアタマ

の使い方をする科目であることを確認した上で、どのような勉強をしていくのが効果

的なのかを、もう一度、確認しておいてください。

 

数学≒民法 

 

特に、記述式は、

 

パワーポイント(民法のフレームワーク⑰)の思考フレームワークを使いながら、ト

レーニングをしていきますので、是非、この思考フレームワークを修得してみてく

ださい。

 

記述式の思考フレームワークについては、以下の動画も参照してみてください。

 

 

➁ 権利能力 

 

まずは、平野先生のコアテキストのはしがきで、このテキストのコンセプトを確認して

おいてください。 

 

コアテキストのはしがきp1には、 

 

「法律学の勉強は、「条文に始まり条文に終わる」ものである。しかし、民法の条文

だけでは不十分で解釈が分かれる点は、判例による補完が必要である。その意味

で、「1に条文、2に判例である」。

 

そのため、本書は、条文(その制度趣旨も含む)と判例の説明にとどめ、学説は判

例がない場合や判例の理解に必要な場合のみ記述をした」と書かれています。 

 

行政書士試験も、 

 

択一式は、条文問題と判例問題が、約半分ずつ出題されますので、条文と判例の

知識が、1冊に凝縮されて記載されている本テキストは、まさに効率的に民法の知

識を修得するためにも、最適の一冊ではないかと思います。 

 

平野先生のコアテキストを読むと、 

 

本試験問題を作問している大学教授の出題のツボがよくわかりますし、改正民法

部分は、出題予想ツールとしても使えると思います。 

 

本試験で良く問われているのは、なぜか、小さい◇マークのところです。

 

次に、コアテキストp2、総整理ノートp1、パワーポイント(第1部権利主体①)で、

権利能力の始期について、原則・例外の視点から、知識を整理しておいてください。 

 

また、コアテキストp4以下、総整理ノートp3~5、パワーポイント(第1部権利主体

③④)で、失踪宣告について、問題1、5の知識を使える化して、総整理ノートに集

約しておいてください。 

 

基本書フレームワーク講座では、 

 

出題が予想される問題を検討しながら、出題パターンと解法パターンを伝授してい

きますので、受講生の皆さんは、パーフェクト過去問集と総整理ノートをリンクさせ

ながら、知識の集約化を行ってみてください。 

 

 

知識の集約化を行う際は、

 

最終的には、①何を、②どのように記憶しておけば本試験で得点できるのかという

視点が重要になってきます。 

 

記憶の方法は色々ありますが、視覚で記憶するタイプの方は、パワーポイント(第1

部権利主体④⑤)に、記憶すべき出題のツボを集約化していくのがいいのではない

かと思います。 

 

どのように記憶していくのかは、皆さんの記憶のタイプに合わせて、決めてみてく

ださい。

 

最後に、コアテキストp8以下、総整理ノートp8、パワーポイント(第1部権利

主体⑥)で、パーフェクト過去問集問題2、3で、権利能力なき社団について、組

合との比較から知識を整理しておいてください。 

 

最近の行政書士試験の問題は、 

 

権利能力なき社団と組合の比較の問題のように、いわゆる図表問題が数多く出題

されていますので、要注意です。 

 

制度と制度の比較の視点!

 

出題サイクル的にそろそろ危ない図表問題の図表については、随時、お話してい

きますので、是非、記憶のマークを付けておいてください。 

 

なお、組合については、この後、もう少し詳しく見ていきます。

 

③ 意思表示(1) 

 

まずは、パワーポイント(第2部契約②)、総整理ノートp57の図表で、無効と

取消しについて、比較の視点から知識を集約しておいてください。 

 

制度と制度の比較の視点

 

この総整理ノートp57の図表は、この後の学習において、基本となる図表となり

ますので、次回からは、パッと出てくるようにしてみてください。 

 

無効と取消しについては、

 

契約の解除と合わせて、契約のキャンセルパターンとして集約していきますので、

記述式対策としても、アタマに入れておいてください。

 

 

気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

 

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

先日実施しました無料公開講座(思考フレームワークから逆算する記述式の効果的学習法)

の動画がyoutubeにアップされました。 

 

 

記述式の思考のフレームワーク(雛形)を元に、

 

今からできる民法の記述式対策について、過去問も検討しながらお話していますので、今年

リベンジされる方は、今後の勉強の参考にしてみてください! 

 

 

民法の記述式は、 

 

法律構成(請求)と要件を書かせる問題がほとんどですので、この思考のフレームワークは、

かなり使えるはずです。 

 

 

法律の世界には、 法律の世界の汎用性のある思考のためのフレームワークがあります。 

 

民法の記述式が苦手な方は、 

 

日頃の勉強でも、本試験で問題を解く時も同じ思考のフレームワークを使っていけば、思考

にプレが生じないため、問題が解ける確率も上がってくると思います。 

 

まさに、フレームワーク思考ですね。 

 

今回ご紹介している記述式の思考のフレームワークは、実務でも使える思考のフレームワ

ークですので、開業予定の方は、受験生時代に、是非、修得してみてください! 

 

 

17日~民法が開講する基本書フレームワーク講座でも、この記述式の思考のフレームワー

クを使って、記述式の対策をしていきます。 

 

行政書士試験は、

 

最後は、記述式次第で合否が決まってしまう試験ですから、記述式対策は、なるべく早め早

めにやっておくべきです。

 

受講生の皆さんは、早め早めに、このフレームワークを身に付けてほしいと思います。 

 

 

なお、今年リベンジされる方にお薦めなのが、金井先生の『民法でみる法律学習法』です。 

 

法律の勉強は、ロジカルシンキングそのものなので、その中のフレームワーク思考は、か

なり使える思考法ではないかと思います。 

 

 

フレームワーク思考の使い方が書かれていますので、是非、参考にしてみてください!

 

 

4月21日~は、

 

記述式(事例問題)対策のゼミである、リーダーズゼミ9期生を開講いたします。

 

このゼミでも、記述式の思考フレームワークに沿って、少し長めの事例問題の解き方や

アプローチの仕方をゼミ形式で伝授していきます。

 

 

記述式で得点が伸び悩んでいる方は、是非、ご検討ください。

 

☆☆☆早割&再受講割引☆☆☆ 

 

現在、3月15日まで、早割及び再受講割引(最終弾)を実施しておりますので、こちらも

お見逃しなく! 

 

現在、Zoom等による個別相談を実施しております。 

 

今後の勉強法や講座選択でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。 

 

個別相談会(個別面談)の詳細はこちらから

 

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。