本気の社長のための100年続く会社をつくる方法

本気の社長のための100年続く会社をつくる方法

あなたの会社に継続的な売上を生む、"ファンづくり"のノウハウをお届けします。

Amebaでブログを始めよう!

ご無沙汰しています!

いつのまにやら12月になり、皆さんお忙しくされていることと思います!

1か月ぶりの更新で、ご報告させていただくことがございますカナヘイきらきら

 

ケイ・ネット売上相談室ブログ

お引越ししました!

     ☟     ☟     ☟

 

 

実は、、

自社サイトもリニューアルしたのですカナヘイうさぎカナヘイハート

 

今後は上記のリンクに更新していきますので

チェックしにきてくださいね唇!!!

 
おっはよーございます!!!!
売上相談室 物を売るプロ、俵けいです流れ星
 
 
さてさて前回は
広告効果がガタ落ちしちゃったクライアント
からの相談でしたね(^^)♪
 
広告原稿を作り直そうかぁ?
っていう時に担当の方がおっしゃった
今どき体験談なんて効くのか?
というご質問
 
それに私がキッパリはっきり
効きますっ✨!
って答えたまでをお話ししました
 
 
実は体験談にはいくつかの
目的があります
 
 
1薬事的に明確に伝えられない効果効能を
愛用者のお話しの中で感じてもらうことができる
上矢印これたまたまサプリメントを販売してる会社さんだったので
 
2この商品を飲んでる人が
こんなにいることを感じてもらえる
 
3自分と同じ悩みを持ってる人がいるんだ!
ということ
 
つまり一言でいうと

ズバリ「安心感」お茶

です
買おうかどうしようか迷ってる方の心理は
・失敗したくないなぁガーン
・だまされたくないなぁガーン
・損したくないなぁガーン
です
 
一方的に会社が発信するメッセージ(広告内容)は、
売りたいがための宣伝文句だろ!って知っている
 
だからそこにすでにその商品を使ってる人の声があると
参考にしたくなるわけです
 
アマゾンや楽天のショッピングサイトでも
必ずあるレビュー、あれです
 
{84D349EE-A638-4EED-A9FD-6BA3E2085D43}

(「アマゾンレビュー ネタ」と検索すると朝からひと笑いできますよ。

通勤電車の中の方、注意💛)

 
ところが広告の場合、
アマゾンのレビューと違って、良いことしか書いてない
そらそうです!
限られた広告スペースで
悪いレビューだけ入れる意味はないですもんね
 
となると自然、
この商品よかったわ〜という体験談を入れたくなるわけです(^◇^)
 
でも読む人はそれが作りもんじゃないの?
って疑いを持ってる(たぶん)
 
じゃどうすればいいかっていうとひらめき電球
 
・なるべく具体的に
・その方のリアルな言葉を使って
・マイナス点も含めて
書くんですっ!!
 
具体的に、ってのは例えば、
 
「私はパートに出てて繁盛してるスーパーで
朝から晩までレジ打ってるんですけどー」
とか
「毎朝子供を混んでる道を運転して
駅まで送らないといけないんだけどー」

みたいな
その人の生活や人となりがわかるようなことです
次のリアルな言葉ってのは
方言とか固有名詞とかそういったもの
で、最後のマイナス点っていうのは
 
「実は大して期待してなかったけど
とりあえず子供が買ってきたから飲んでみた」
とか
「使ってはみたけどはじめの1週間、
全然良いと思わなかって一回やめてみた。
やめてみてはじめてやっぱよかったんやなと気づいた」
とか、そういうこと
 
つまり全体を通して愛用者の体験談って
真実を伝えないとあかんわけです
真実だと信じてもらえてナンボ
なんです
ここね、重要
テストにでます☝︎💯
 
あ、それとひと昔前、
体験談なんて勝手に作っちゃえ(創作しちゃえ)ばいいじゃん、
とかひどいこと言ってた会社さんがいましたけど
お客様をなめちゃいけません
ちゃんとバレてますから💀注意
 
てことで今日のおさらい
体験談は載せ方を間違わなければ効く!
むしろ読む人の参考になって
喜ばれる!
以上です
 
ではまた次の出番に〜(^◇^)ラブラブ
 
/////////////////////////////////
継続的な売上を生むファンづくり研究所
改め 売上相談室
代表 俵 けい
 
image
 
おっはよーございます!!
ファンづくり研究所、改め
売上相談室 代表の村田、改め
俵けいですキラキラ←ようやく結婚した
 
何回改めんねんというご指摘はお許しいただき
早速今日の売上相談、参りましょう〜ルンルン
 
 
今回のクライアントはとある大手の通販会社さま
通販、私たちの最も得意な業界です!
 
で、最近広告が効かない
新規のお客様獲得するのにものすごい費用がかかる
というお悩みでした
 
これ、通販業界だけじゃありません
ありとあらゆる業界でみなさん口を揃えておっしゃいます
理由は2つ
1どこも飽和状態で競合が多すぎる
2マスメディアのパワーがガチで落ちてる
 
その中で工夫努力して戦ってくわけですからみなさん大変です
先ほどの課題を裏返せば
1競合さんとの圧倒的な違いを出せば選ばれる
2マスメディアに頼らない自分のメディアを持ってしまう
のが正解なんですが

それでもいきなり今までの販促を全部変えるのは勇気が要るし、
少なくともテストは必要
 

というわけでこのクライアントも
今、主力でやってる新聞広告のクリエイティブをなんとかしたい、
となったわけです
 
うん、クリエイティブ!
広告原稿です
得意、任せて!OK
 
 
そんな中で担当さんから出て来た疑問が今日のタイトル
 
「今どきさぁ、
お客様の体験談なんてほんとに効くのかなぁ?」
 
今どき、っておっしゃったのは、
見る人はこれ嘘っぽい広告だってわかってんじゃないの?
っていうことですね
 
わかるわ〜
テレビショッピングとか見てても
いかにもモデルさんみたいな人が愛用者って出てるもの
あれ、興ざめしちゃいますよね、ほんと
でも私はキッパリはっきり
こう言ったのです
 
いや、効くんですよ!
載せ方さえちゃんとしてればっ!
載せ方?
そうです
ちゃんと秘訣があるのです
続きはまた次回に!
 
/////////////////////////////////
継続的な売上を生むファンづくり研究所
改め
売上相談室
代表 俵 佳子
image