東証が変わるってよ!! | めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~
新型コロナウイルスに関する情報について

めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

すべての方々に、FP3級程度のマネーリテラシーを普及できたら…
キッズ・マネー・ステーションの女性ファイナンシャルプランナーたちが
さまざまなお金の知識をご紹介いたします。

こんにちはニコニコ

 

埼玉県の認定講師なまい ゆきこです。

 

つい先日、こどものハロウィン準備のために100円ショップへ行ったのですが、

 

すでに店舗内はクリスマス仕様サンタ

 

ハロウィンのものはほとんどありませんでした真顔

 

あっという間にクリスマス、年末ですね。

 

直前でバタバタしないように、今度は事前準備をしておきたいと思います。

 

 

 

今回のテーマは『東証が変わるってよ!』です。

 

コロナ禍で投資に関心を持つ人が増えたと思いますが、日本の株式市場が変化を迎えようとしているのはご存じですか?

 

以前から海外投資マネーの流入拡大・取引量増加によって、市場を活性化するための制度が検討されてきました。

 

東京証券取引所において、現状2つ制度変更する見込みです。

 

 

1.市場区分が変わります

 

まずは2022年4月4日からプライム・スタンダード・グロースという3区分に変更します。

 

現状は、東証一部.・二部・マザーズ・ジャスダックの大きく4区分から成り立っています。

 

株主数や時価総額などの上場基準が設けられているんですが、一般の投資家からすると、違いがわかりにくいですよねゲッソリ

 

新区分では、プライムはグローバル企業、スタンダードは大・中小企業、グロースは新興企業と違いがわかりやすくなります

 

また、上場維持基準が今よりも厳しくなるため、企業は価値を高めるため一層努めなければなりません。

 

それにより特にプライム市場には海外投資家からのマネーが流入することを期待されています。

 

 

2.取引時間の延長

 

2024年後半から取引時間を30分延長することも検討されています。

 

日本は1954年以降、前場9時から11時30分、後場12時30分から15時という取引時間が続いています。

 

実は日本の取引時間、海外と比べるとかなり短いんですアメリカイギリスドイツ

 

日本は計5時間に対して、欧米諸国は6~8時間マーケットが開いています。

 

東証が取引時間を延長すれば、15時30分まで取引することができます。

 

取引時間が長くなることによって、取引量も増え、マーケットの成長が期待できますね。

 

 

 

金融所得課税強化!なんてひやりとする話も出てきていましたが、いろいろと変化を迎えようとしている株式マーケット。

 

日本株式への追い風になってくれることを期待しています!

 

個別株の投資であれば、値上がりだけでなく、配当や株主優待なども楽しみですよね。

 

改めて日本の個別株にも目を向けてみませんか。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

投資、不動産、家計整理、子育てのことなどなど、

 

身近なお金の話を5人のママFPたちがclubhouseで発信しています。

 

【水曜12:30~15分「聴くだけ」】FPママたちの昼休みの世間話

 

11月3日は祝日のためお休みしますが、基本的には毎週水曜日に発信する予定です。

 

聴くだけでOK!遊びに来てくださいね爆  笑