高校生向け講座と奨学金新制度 | めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

すべての方々に、FP3級程度のマネーリテラシーを普及できたら…
キッズ・マネー・ステーションの女性ファイナンシャルプランナーたちが
さまざまなお金の知識をご紹介いたします。

こんにちは。第1週目のカオリンです。

 

気が付けは今年もあと2か月切りました。

時の流れの早さに時折カレンダーを二度見するくらい時の流れの速度

衝撃をうけてます。

 

さて来月、高校生向けの講座をすることになりました。

テーマ的に「進学・就職・お金」を身近な視点からイメージをつけて

もらう事。

そしてざっくりと返済イメージをしてもらう事。

そんな「ねらい」をつけてカリキュラムを作成中です。

あ、もちろん楽しく!は必須♪

 

こちらのイベント目的は川崎市役所側の

「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」説明会と情報共有提供の場。

 

その一コマとしての高校生講座となります。

 

お近くにお住いの方で対象に当てはまる方、是非いらしてください。

詳細はこちらをクリック →→

 

「貸付金」や「奨学金」は、高校、大学と一番お金がかかる時期に、

上手に計画利用し、将来の夢や希望を叶える手段の一つとして活用

することが一番よいとおもっています。

 

 

そうそう、「奨学金」といえば!

 

ひとり親家庭だけではなく、全ての高校生をを持つご家庭にチェック

してもらいたい奨学金の新制度が始まりますね。

最近は、大学生の二人に一人以上が

何らかの形で利用しているといわれている奨学金制度。

 

その支援が更に『給付型奨学金』と『学費減免制度』導入という形で

拡充されます。ご存じでしたか?

 

基本的に日本の奨学金制度は、

国や自治体、様々な育英団体などから進学費用を借り、

卒業後、長い年月をかけて返済していく仕組みです。

※ 借主(返済者)=学生自身

 

大きく分けると以下2つに分かれます。

--公的な奨学金(国、都道府県、市区町村)と、

民間の奨学金(企業、学校独自、新聞奨学金 他)

 

そして、貸与型と給付型があります。

--貸与型は卒業後に返済が必要で、

給付型は卒業後に返済が不要。つまり貰える奨学金となっています。

 

その中でも日本学生支援機構には3つの種類があります。

 

①第一種奨学金

 (無利息、成績基準・収入基準が厳密、貸与金額が限定)

②第二種奨学金

 (有利息<上限3%以内>、成績基準・収入基準が緩やか、

 貸与金額は自由選択)

③入学時特別増額貸与奨学金

 (有利息、入学初年度の一時金)

 

基本的な奨学金に関しての情報は、日本学生支援機構のサイト

ご確認ください。

 

残念ながら日本の奨学金は殆どが貸与型の奨学金になっています。

が、なんと、今回はその給付型が拡充されます。

 

◆給付型奨学金と学費減免制度

来年2020年度から始まる大学無償化制度に関し、

学費(入学金+授業料)の減免認定校が公表されました。

 

注意してほしいのは、

大学無償化制度は、国の給付型奨学金と学費の減免はセット

である、ということ。

 

たとえ給付型奨学金に採用されても、進学先が減免認定校でなければ

両方の支援制度が受けられないので要注意です。

独自の判断で減免認定を申請しなかった大学・短大・専門学校もあり

ますので、必ず受験を希望される大学の状況をお調べください。 

 

そして進学したらどのくらいお金がかかるのか、他にも利用できる

奨学金があるのか知りたいですよね。

進学資金シュミレーター 調べる事ができます。

            

 

給付月額は、世帯の収入区分、学校の種別や通学環境により

異なります。

例)現行の給付型奨学金の最大月額は40,000円(年額480,000円)

それが、月額最大75,800円(年額909,600円)と大幅に支援が拡大

されます。是非シュミレーターを活用して調べてみてください。

 

◆学費減免制度と給付型奨学金はセットと考える

学費の減免制度と先に解説した給付型奨学金はセットで考えます。

そのため、国公立であれば進学費用が実質ゼロ円、

私立でも大幅に進学費用負担が軽減されます。

 

これからは、低収入の家庭ほど経済負担が軽くなるという逆転現象が

始まるかもしれない、などともいわれているくらいです。

 

色々ありますが、せっかく利用できる制度があるのであれば使わない

手はないです。

でも借りる際には、返済時の事を考えて、どのくらいで返済できるか、

等よく考えて金額を決めたいものですね。

 

 

それでは、インフルエンザが流行っているようですが、

皆様くれぐれもご自愛ください。では、また次回。