七夕はキャリア教育!? | めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

すべての方々に、FP3級程度のマネーリテラシーを普及できたら…
キッズ・マネー・ステーションの女性ファイナンシャルプランナーたちが
さまざまなお金の知識をご紹介いたします。

こんにちは!第1週担当、宮城県のじさまです。

 

8月上旬は東北夏祭りの期間。宮城でも6日~8日に仙台七夕祭りが開催されましたぞ!

 

 

さて、七夕の由来には幾つかの説があるようじゃが、一般的に良く知られているのはこんな話ですかな。

<あらすじ>
機織りの名手「織姫」と、働き者の牛使い「彦星」が、織姫の父親である天帝のすすめで結婚した。

しかし2人は、愛に溺れてしまって、大切な仕事を全然しなくなってしまった。

これに怒った天帝が、天の川を隔てて2人を対岸に引き離したが、今度は悲しみに明け暮れるばかりで、なおさら働かなくなってしまった。
そこで、真面目に仕事に励むことを条件に、年に1回、七夕の夜にだけ再会することが許されることになった。。。というお話じゃ。

 

 

つまり七夕の話は、ロマンチックな「恋愛」がテーマだと、つい思ってしまうが、本当のテーマは「仕事」や「働く」ということではないじゃろか?

コツコツと社会のために働くことがまず大切で、その結果、ご褒美として年に1度会うことができる。

「働く」という視点からすると、七夕のお話も一種のキャリア教育といえるかも知れませんのう。・・・ちょっとこじつけでしたかな?(笑)

 

キッズ・マネー・ステーションでも、お金と仕事の大切さをお子さんたちに楽しく伝えていこうと、全国の認定講師が頑張っていますぞ。是非、親子マネー講座にお越し下さい。

 

 

ところで、仙台には「ベガルタ仙台」というサッカーチームがあるのじゃが、この「ベガルタ」というクラブ名は、天の川を挟んで光輝く織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)の2つの星の名前を合体したもので、「県民・市民と融合し、ともに夢を実現する」という願いが込められているそうじゃ。

 

ではまた、来月じゃ!うぉっほっほ~。